竹島を不法占拠した国は? 北方領土も含め、アメリカでしょ。 日本政府も盲従してるけど。

不法に分捕ったのはアメリカです。
竹島記載をあえて消していますから。
 
そしてそれを容認したのは日本外務省です。
竹島については、シーボルトGHQ外交局長の意見を受けて49年12月29日草案で初めて「朝鮮の一部」から「日本領」と明記するが、朝鮮戦争開戦後ダレスの元で作成された50年8月7日以降の草案は簡略化され、「竹島」の表記が消されている。
沖縄や奄美、小笠原などとも放棄対象になっていないが、日本領とも規定されておらず「米国を唯一の施政権者とする信託統治制度の下に置くこととする」とあるだけだ。
日本外務省も条約局が中心となって領土問題に関する7冊の英文書を作成し、GHQに提出している。
そのうち46年11月発行 の「千島列島、歯舞、色丹」では、ヤルタ協定を無視できなかったのか、米12月19日見解と同じく歯舞・色丹を北海道と同じく色を塗り、国後・択捉に関しては南千島として北千島と同じく白抜きで示されている。
この文書は「作成から30年間は開封を禁じる」と表記されており、94年9月、豪国立公文書館で原貴美恵・合国立大院生が発見し、5月には論文発表。
7月12日に朝日新聞が報道すると、日本外務省が待ったをかけたのか、その後原氏が竹島や尖閣のものを公開請求しても公開されることはなかった。
194611Map0_thumb外務省作 北方領土地図 表紙.jpg
194611Map2  外務省作 北方領土地図.jpg
194611Map1外務省作 北方領土地図.jpg
しかも、2006年に鈴木宗男氏にこの地図について質問されると、小泉首相は「答えを差し控えたい」として誤魔化しています。
そんな胡麻化すなら、他国を「不法占拠している」なんていう前に、自国資料とその米奴隷としての立場の検証をなさい。
以下のような記事を書かれている場合じゃないでしょ!
より
 現在、日本のすべての小中教科書には「独島(日本名・竹島)は日本の固有の領土である。韓国が不法占拠している」と記述されている。最近、日本の小学生対象の模擬試験問題に「竹島を不法占拠している国を選びなさい」という問題まで登場した。
 共同通信は20日、東日本地域に拠点を置くある模試会社が今年の試験に「竹島を不法に占領している国」を尋ねる問題を出題したと報じた。同会社の独島関連の問題を見ると、東アジア地域の地図を提示した後、「日本の領土である竹島を不法に占領している国を次から選びなさい」として、ロシア、中国、韓国、北朝鮮の国名と国旗を並べている。共同通信によると、この会社の担当者は「2013年ごろから一部の私立中入試で領土を取り上げるようになり、高学年の社会科教科書を発行する4社全てが竹島と尖閣諸島(中国名・釣魚島)を記述するようになって以降は、『受験生にとって当然の知識になった』」と語ったという。
 安倍晋三首相は、2012年12月に政権を奪還した後、2014年には小学校教科書に、2015年には中学校教科書に「韓国が竹島を不法占拠している」という内容が含まれるようにしており、今年3月には、来年から使われる高校の教科書にも同じ記述を盛り込ませた。日本政府は、以前はロシアと日本が領土紛争を繰り広げている北方領土(千島列島南端の4島)のみ、教科書に記述するように求めていただけで、独島については出版社の自律に任せていた。
参考:
平成十八年二月十五日提出 質問第七二号

一九四六年十一月に外務省が連合軍総司令部に提出した北方領土問題についての調書に関する質問主意書
提出者  鈴木宗男

——————————————————————————–

一九四六年十一月に外務省が連合軍総司令部に提出した北方領土問題についての調書に関する質問主意書

一 一九四六年十一月に外務省が連合軍総司令部外交局に対して、“Minor Islands Adjacent to Japan Proper. Part I. The Kurile Islands, the Habomais and Shikotan”(『日本本土に隣接する諸小島。第一部、クリル列島、歯舞群島及び色丹島』)という英文の本文十頁、巻頭地図二葉、末尾付図七葉の調書を提出した事実があるか。
二 一の調書において、「エンサイクロペディア・ブリタニカ」並びにリッピンコットの「世界地図」では、色丹島はクリル諸島に含められているとの趣旨の記述があるか。
三 一の調書において、近年、日本ではクリル諸島が北部、中部、南部の三つに分けられ、南クリル・グループは国後、択捉、色丹を含んでいたが、歯舞群島はクリル諸島には含まれていないとの趣旨の記述があるか。
四 一の調書は一九四六年十一月時点での政府の公式の立場を反映したものか。

 右質問する。


平成十八年二月二十四日受領 答弁第七二号

  内閣衆質一六四第七二号  平成十八年二月二十四日

内閣総理大臣 小泉純一郎

       衆議院議長 河野洋平 殿

衆議院議員鈴木宗男君提出一九四六年十一月に外務省が連合軍総司令部に提出した北方領土問題についての調書に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。

——————————————————————————–

衆議院議員鈴木宗男君提出一九四六年十一月に外務省が連合軍総司令部に提出した北方領土問題についての調書に関する質問に対する答弁書

一から四までについて

 御指摘の調書の存否を含め、平和条約の締結に関する交渉(以下「交渉」という。)の内容にかかわる事柄について明らかにすることは、今後の交渉に支障を来すおそれがあることから、外務省としてお答えすることは差し控えたい。いずれにせよ、日本国との平和条約(昭和二十七年条約第五号)にいう千島列島とは、我が国がロシアとの間に結んだ千八百五十五年の日魯通好条約及び千八百七十五年の樺太・千島交換条約からも明らかなように、ウルップ島以北の島々を指すものであり、択捉島、国後島、色丹島及び歯舞群島は含まれていない。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中