本日の大澤地区の状況  今後は片付けなどが必要です。

大澤の状況が情報提供されていますので、お知らせします。
災害後、最も被害にあわれた方々が困るのは、忘れられること。
次々に注目されるような出来事が放送され、災害がはるか昔か、なかったかのように忘れられないよう危惧します。
ヤノ土砂が崩れて作られたヤノダム上流では、まだまだ道路上に水が流れています。
大澤溢れ 上流側.jpg
何度もTVで取り上げられた場所では、亡くなられて方が乗っていた軽4が道路から落ちてしまっていました。
大澤、車落ちた.jpg
車はワイヤーつけられただろうに。
何で、内畑の方に引っ張っていかんかったんかね?
どれだけの政治家が、あの後下流から来たのか?
日にちも余裕を持って、土砂崩れ発生後何日もしてから来たのに、誰も言わんかったんかね?
西田一座の一員でありながら、やっと土砂崩れ後1週間余りを経て、搭乗したのが、エッツジィーこと稲田悦治・市議(名前を忘れてしまいそうなので、久々にフルネームで書く)。
しかもスーツ姿。
府はまだ土砂ダムをどうするとの説明を地域住民にしていないそうですから、市議としても、府から情報を取ってきて、説明をすべきでしょうが、ただただ物見遊山できただけ。
土砂を落としても、絶賛営業中なヤノカントリークラブのクラブハウス2F喫茶ボギーで、妹の入れた芳しいヒーコーでも飲むついでに来たのかしら?
心配していた台風22号に伴う日曜の雨は、夕方に強くなろ、橋ギリギリまで水位が上がり、消防団、水防団で浮遊ゴミ、木々を取り除く作業を行いましたが、その後、雨が上がり警報等解除となったので、解散したとのこと。
橋近くの工場では、また浸水があったようです。
11月1,2日も工場内の機械に積もった泥の清掃・工場敷地内のがれき撤去等のボランティアが募集されています。
先週で一定応急的で大規模な作業は収束しています。今後は、生活やお仕事の再開に向けた細かな作業となるようです。
そのエッツジィー、今朝はご機嫌で散髪に向かっておりました。
下野町で「ネコババの西田は市議を辞職せよ!」チラシをポスティングしていたら、幸運なことにエッツジーに遭遇。

「お、稲田さん、西田宣伝したってるでぇ~」と声をかけ、チラシを渡すと熱心に読んでいました。
今回は珍しく、印刷前に選管に原稿を送ったんですが、庁内で回してなかったのかもしれません。

あれだけ書かれて、久々の遭遇なのに、全く 反論も怒りも見せず。
 
さすが、トンズラ西田一座構成員だけありますわ(笑)
ここでは具体的に書きませんが、せっかく会ったので、チクリと刺しときましたわ。
「オヤジの言うことは聞かんのに、息子のことは聞くんやな」と言うと、「何のことや?」とすっとぼけ。
散髪屋の扉を開けて「○○のことや。 △△にそそのかされたやろ」と言うと、図星だったようで、「営業妨害や」と出ていくように促しました(散髪屋は、私に何も言っていませんよ)。
よぉ喋りよるわ、知られたないことは次々どこからか訊いてきよるわ、西田一座のマスコットにでもしたいかな?
残念ね。
私は一座に入りたいとか、乗っ取りたいとかが目的じゃなく、そのネコババの薄汚れた浅ましい集団の政治生命を絶つのが目的だから、沈みゆくボケ×17回の党こと維新にでもすがって、岸和田市のためにも共にお沈みください。
 
オマケ
大澤に物見遊山で行く政治家に告ぐ。
住民は、議員(特に市議)のが何回大澤入りしているかを、チェックしてはりますよ。
うちスーツ△回とか、表にして公開されるのが、遠足議員らのお望みかしら?
 
ちゃんと現場で汗流すようにね。
広告

ネットTVに出演してきました。 誰何TV「この指とまれほんまもん」

以前、始発~終電街頭マラソンをご一緒した川戸さんがコメンテーターを務める番組にゲスト出演してきました。
地上波ではないので、選挙違反ではありませんぜ。
トーク番組と見せかけ・・・・
まずは歌から。
ほんまもん 歌.jpg
本当は、ハウンドドッグの歌を歌いたかったのですが、声が出ないので、やしきたかじんの曲です。
「やっぱすっきゃねん」とか、ファンでなくとも知っているような歌を歌いませんよ。
「さよならが言えるまで」です。
ハウンドドッグでも「ff」なんて歌うつもりはなく、「POPCORN」を歌いたかった・・・・
私は基本的に邦楽でなく、洋楽、しかもラテンポップス派ですから、歌える曲はかなり絞られます。
コンサートに何度も行ったほど好きだったドッグやたかじん。
ですが、いずれも歌い手の人間性は、全く感心しません。
いつぞやは、まだハウンドドッグメンバーが揃っていた時の大友康平氏に「メンバーの言うこととか、聞かないので、たかひらさんから説教してやってくれ」と頼まれたこともあります。
実現はしませんでしたし、私が高い位置から説教などできるはずもないのですが、「一度メンバーを切って、今のメジャーの位置に進む道を選んだんだから、メンバーを大事にしてね」ぐらいは言ったでしょうか?
大友さんもその場では承諾の意思を示したはずです。
それぐらい面倒見の良い人に頼まれてたいうことです。
レコード屋の大将だと言えば、分かる人もいるかもね。
そしてトーク。
ターニングポイントに沿って、半生記を問われるのですが、どれもこれもオンブズとか、役場とか議会とかにつながってしまいました。
当然、「ヤノコーポレーションの人災土砂崩れ」と言い、「銭に最もド汚い維新」とも発言してきましたよ。
これまでと毛色が違う出演者だったみたいで、番組構成をされている、私でも名前を知っている有名なスタッフも「面白かった」と言ってくれました。
以前、地上波出演の機会があった時も「生放送でしょ? この怒り狂ってる状態で、放送コードに抵触しない発言をし続けられるとは言えないのですが、言うてはならんことを言いそうだったら、どうにか細工してもらえますかね?」と問うと、出演見合わせになりました(録画出演)。
ほんまもん.jpg
番組の終盤に、相馬達雄・弁護士への相談コーナーがありました。
笑福亭仁鶴さんは出てきませんでしたが。
私の相談をとのことで、「地域猫に餌やりをする人に嫌がらせをする人にどう対処すればよいか?」を相談しました。
動物への虐待を、器物損壊からから入り、動物愛護管理法へと話をまとめてくれました。
カメラが固定の一台で、「(話を振ってくれる女性や、川戸さんの方じゃなく)カメラを見るように!」との注意を受けていたので、ずっと正面を向いて話していましたが、どない映っているんでしょうか?
ワンカットのフリートークに近い番組。
ロフトプラスワンや竹内義和率いるアワーズ、紅鶴とかで、トークショーやらせてくれんかしら?と調子に乗ってます。

※「この指とまれほんまもん」過去の番組はこちら

http://humandream.jp/movie

選挙時報道用写真撮影と、市役所前でヤノ人災&西田市議辞職せよ街宣。

新聞社用の写真撮影を役場2Fの記者クラブ室で。
2015年は、幹事社の産経新聞だけが撮影して、各社使いまわしたような気もするんですが、今回は各社が撮影。
私の撮影は自分でできないので、後の山田幸夫・元自民市議の撮影の様子を撮影。
DSCF6013_R.JPG
カッターだけの姿だったので、「ネクタイはいいんですか?」と訊かれましたが、クールビズが終わってもノータイの人が目立つし、ジャケットを着ていたら、その下は無地の白Tシャツだったりなんて姿も見かけるので、カッターだけでも違和感ないでしょ。
基本的に“労働者”なので、普段はポロシャツだし、行政書士として依頼者と話す際も、スーツで決めていたら、依頼人が緊張して、十分に話したいことが話せない事も考えうるので、行政書士会の相談業務の際にもポロシャツに会のジャンパー姿で出席しています。
医師や弁護士でも、白衣やスーツを着ない人も増えているのも、患者や依頼人を緊張させないとの前述理由から。
なら、行政書士も同じ理由で良いんじゃない?
ってことで、スーツを着てねとの会のルールを柔軟に変更してもらっています。
私のもう一つの資格である柔道整復師の仕事をする時も、白衣じゃなくスクラブや、ケーシーだしね。
で、せっかく山田さんがいるんだから、お話してみました。
たかひら
「山田さん、西田一座とパックで売ろうとしてたらしいじゃないの? なんぼなんでもそれはアカンやろ。 自民推薦はええけどね」
山田
「そんなん頼みに行ってへんで」
と言いつつ
「色々よぉ知っとるなぁ」
って、半ば肯定してるようなもんじゃないの。
維新かぶれで、自民からも推薦を力技でもぎ取った西田一座は、後出しジャンケンの維新候補、前田将臣(これでノブミなんて読めんわ)・永野府議秘書とパックでしょ。
当初の近松健二・元浪切ホール館長とのパックもインチキ臭かったが、維新公認候補と“自民と維新の野合パック”で、売り出せば、より銭にド汚い度が素人目にもわかって良いんじゃない?
どっちの政党も構成員も、私のネコババ返還させられているネコババ議員らによるネコババ政党だし、誰も反論できないからねぇ。
私のブログも「関連リンク」として記載されている、こちらのサイトの不祥事って、誰か一人でも説明した者おるんかね?
で、せっかくお車で来たので、職員らにお披露目街宣。
DSCF6014_R.JPG
当然、上の看板にも「西田ネコババ」について、お知らせを表示しますよ。
年俸1015間n2千円の議員報酬もらいまくって、市長選挙準備するような、ネコババやってる方の西田街宣車に負けてられんからね。
写真に写っている側は、
「ヤノの人災土砂崩れを、徹底究明!」
「記者会見して説明せよ!!」
と書いています。
反対側は維新ダメ!絶対!みたいな感じ。
話した内容は、
大澤の人災を起こしたヤノコーポレーションに市は説明と賠償を求めよ!
西田昌パパ&寄生獣武史ファミリーが容認し続けてきた土建行政に、財政破綻するまで、税金を吸われまくった岸和田市役所の不正を厳しく追求する!
土建屋に支援を受けている西田ファミリー&一座を落選させて、まともな政治をやり直そう!
と言った感じでした。
丁度、議長車が帰ってきて、雪本議長とか聞こえてたはず。
他にも立ち止まって聞いてくれる市民や、通行中に目礼的にエールを送ってくれる職員もいて、元気づけられました。
その後、“疑惑の総合商社”西田たけちゃんのチラシをポスティング。
西田ポスターを貼ってあるお家の人に
「この人(西田氏)、どんだけ悪い人かチラシに書いてあるので、読んでください」と声掛けすると、
「西だって誰や? 壁にポスター貼ってる人? そんなん勝手に貼ったんやで」と言いつつ、チラシを読んでくれ、
「兄ちゃん、もう1枚あるか? 市長選の話、集まりでもするねんけど、こんな悪い奴はアカンわ! 俺は入れへんけど、他の者にも教えといちゃらなアカンでなぁ」として、追加でチラシを受け取ってくれました。
たけちゃんよ、
どことは言わないから、私の作り話として読んでくれてもいいけど、必ず選挙に行く年代で、ご本人も行ってるとのことでしたよ。
また別の場所では、子育て世代の女性の方が「コレ面白いですね。 友達にも言うときます」と、これまた追加を受け取ってくれましたわ。
ほぼ全戸配布する程度の枚数で西田宣伝を続けますが、毎度の私のチラシ同様、口コミでも広まると推測されます。
ヤノの人災土砂崩れ&その土建屋グループに支援されている、ネコババ西田
のフレーズで、口コミは広まるやろねぇ。
たけちゃん、ガンバ!!

大澤地区、ヤノコーポレーションによる人災土砂崩れの写真。

報道でも流れているが、現場写真を入手しているので、提示します。
10月23日 土砂崩れが明けた日のもの
信貴市長Fbより
大澤地区集落排水処理施設を上から間近に撮ったもの。
大澤  浄化槽上から 信貴.jpg
10月27日頃、雨天がなく、一旦水が収まりつつある。
神谷昇(自民)衆議員のFbより
大澤 神谷 .jpg
軽4のある場所より内畑側の川沿い
大澤 神谷.jpg
以下は、市民から情報提供いただいたもの
道路は未だ川状態で、台風22号で再度水が溢れないかと心配です。
既に大澤下流の東葛城地区、山滝地区では、避難勧告(避難場所などの安全なところへ速やかに避難しましょう)が、9時半に発令されています。
川状態の道路.jpg
土砂崩れ 大澤から.jpg
土砂崩れを正面から捉えた写真。
土砂崩れ正面.jpg
大澤 崩れ口.JPG
崩れた奥の方
大澤 崩れ奥.JPG
何度でも言いますが、これはヤノコーポレーションが2haもの土地に積んだ、受け入れ残土が崩れた人災です。
土地の名義は、ヤノグループのトップ、矢野繁和氏。
府はこの後、3000㎡以上は地域住民などの合意を得ての許可制の条例を作り、その後、残土引受は止まっています。
今回の土砂崩れで、ヤノグループがどれだけの賠償金を支払うか、どこの土建屋が土砂ダムの撤去を請け負うかを注視して下さい。
私の情報では、ヤノグループと目される土建屋が撤去すると聞いています。
大澤地区集落排水処理施設の修繕も必要でしょう。
ここもヤノグループが工事を行っています。
つまり、人災土砂崩れは、ヤノが建設して儲け、土砂を引き受けて儲け、それが崩れても賠償金を払わず、後始末でも儲けといった構図が浮き彫りになってくると目されます。
これが岸和田スタンダードです。
今に至るも、議会などはヤノのヤの字も公式には出していません(議会内ではたかひら指摘のとおりと話されいるようですが)。
このような土建行政を続けるのか、一つひとつの家庭の幸せを大事にする政策に税金を使うのかが、11.26には問われます。
市議報酬1015万2千円をもらい続けながら市長選挙準備に励む、税金ネコババな西田武司市議が、街宣をド派手に行い始めているようです。
ヤノグループに応援される西田氏が向かうべきは、大澤地区であり、お手伝いをしているヤノコーポレーションの顔である日田隆志・専務にマイクを持たせ、西田支持を表明している京西・金子・稲田・河合・井舎・烏野・反甫の西田一座を引き連れて、謝罪行脚をすべきです。

注目されないから、炎上狙い? さすが長谷川豊氏を公認する維新だけあるわ(笑)

千葉1区で比例復活すらできずに落選した長谷川豊氏のデマについては以前書いた。
暴言を炎上狙いで書いたとするあたりが、既に政治家でなくデマ屋だと示している。
その二番煎じをやった「ボケ」がいる。
久々にそのハシシタ氏ネタでもかく。
より 日本維新の会に不穏な空気が流れています。国会議員の言葉遣いが悪いとして橋下前代表がツイッターで「ボケ!」と激怒、法律顧問を辞めると表明しました。感情的な行動に見えますが、伸び悩む維新の現状を踏まえた方針転換の狙いもありそうです。

「丸山のボケ。/代表選を求めるにも言い方があるやろ。ボケ!」(橋下氏のツイート・10月24日)

橋下氏に「ボケ」と連呼されたのは今回、大阪19区から当選した丸山穂高議員。議席を減らした日本維新の会は代表選をやるべきだ、と松井代表の責任を問うかのようなツイートをしたところ、橋下氏の逆鱗に触れたのです。

「お前が勝てたのは松井さんが知事をやっているからだ。ボケ!/一度大阪維新と日本維新を切り離して、丸山のボケに大阪維新の力を学ばせるしかなさそうだ。それとまず言葉遣いから学べ、ボケ!」(橋下氏のツイート)

身内に対しあまりに感情的なツイート。それでも怒りは収まらなかったのか…

「先ほど松井さんと話しまして、日本維新の会の法律顧問を辞しました。/ふざけた物言いをする国会議員がいるところと付き合うと、精神衛生上良くないので」(橋下氏のツイート)

いち議員の言葉遣いを理由に維新を見捨てるかのような行動。ただ、維新の地方議員はこのやりとりを冷静に見ていました。

「橋下さんがあれだけ過剰に反応しているのは、何らかの計算があるんだと思う」(維新の大阪府議)

それを裏付けるかのように松井代表もフォローに入ります。

「先ほど橋下さんと話しまして、大阪維新の会とは、これまで通り付き合うと合意いたしました」(松井代表ツイート)

国政政党の日本維新の会とは関わらないが、地域政党の大阪維新の会とは今後も付き合う。これは何を意味しているのでしょうか?

<“ローカル政党”と化した日本維新の会>
5年前の衆院選で、維新は近畿の比例で全体の3割を超える票を獲得するなど躍進しました。維新の党で臨んだ前回は近畿で26%と踏ん張ったものの、多くの地域で2割以上票を減らし…今回は、近畿で18%を獲得したものの、東京や北海道ではわずか3%しか得票できませんでした。

では、原因はどこにあるのか。今回の選挙の出口調査(投票の際に重視した政策は?)を分析すると、自民党に投票した人は安全保障を重視した人が目立ち、立憲民主党は憲法について重視した人が目立ちますが、維新はこれといって目立った特徴がなく、消費税や景気対策といった部分の割合が希望の党とほぼ同じ。同じ保守系野党の希望の党と「被った」ことが、票の減少につながった可能性があります。

26日夜、大阪維新の会の全体会議で、松井代表は大阪での活動に軸足を戻すと強調しました。

「吉村市長と府市一体でさまざまな取り組みを進めてきた。大阪のみなさんは少しずつそれを感じてくれている。来年は都構想に向けて、大阪維新の会が一致団結して進まなければなりません」(日本維新の会 松井一郎代表)

「橋下旋風で大量得票することは何回もできない。原点回帰や。小選挙区は大阪中心に強いところを固める」(日本維新の会 幹部)

橋下氏は27日の投稿で、日本維新の会の現状をこう切り捨てました。

「日本維新の会が大阪以外で全く支持されないのは、丸山のボケを筆頭に維新の国会議員団が何もやっていないから。/日本維新の会は消滅の道へ」(橋下氏のツイート)

橋下氏に「ボケ」と連呼された丸山議員は26日…

「私は何度も読み直したが、間違ったことは言っていない。松井代表を代えろという意味ではありませんので、そのへんは誤解のないようにしていただきたい」(丸山穂高議員)

橋下氏としては維新から距離を置いて、よりフリーな立場となった形。野党再編の嵐の中、維新の姿も変わっていくのでしょうか。

(引用ここまで)
ハシシタTWを再現する。
橋下徹@hashimoto_lo

以下、全てのTWでこの記事を付属してつぶやいていいるので、記事も転載。
より

 日本維新の会の丸山穂高衆院議員が26日、大阪市内で取材に応じ、橋下徹前大阪市長が丸山氏が党代表選の必要性を唱えたツイッター文面を「ふざけている」と批判していることに対し、謝罪や撤回も行わない考えも示した。また、橋下氏が代表に向かって使う言葉遣いでないと批判していることには「関西人なのでどうしても関西弁チックにはなる」と釈明した。

 両者を巡っては、橋下氏が、丸山氏が党の代表選の実施などを求め「若造に言われんでも代表は言うだけの人ちゃうし、ちゃんとやりまっせですね、失礼をば」などとツイッターに投稿した際の言葉づかいを問題視。橋下氏は代表選要求は妥当としたうえで、「丸山 のボケのふざけた言い方を批判しただけ」などと批判した。26日未明には「こういう国会議員が一番嫌いなんです」として党の法律顧問を辞任したことも明かしていた。

 取材に応じた丸山氏は、橋下氏から批判を受けている投稿文が、普段の固めの投稿文面とは趣が違うと問われると、自身に届いた他のユーザーからの意見に対し「そこに対して私の思い」を投稿したと説明。「関西人なのでどうしても関西弁チックにはなる」とした上で、「基本的には間違ったことを申し上げているという認識はない。謝罪するということも全くない」と語った。

①日本維新の会の衰退原因の一つに維新の支持者もある。丸山を支持しているような支持者が多い政党は絶対に勢力は拡大しない。かつての在特会のようなもの。グループのメンバーも悪ければ支持者も悪い。丸山は正しいことを言っていると言いながら結局全体会議では一言も発さず
8:22 – 2017年10月27日

②丸山は選挙の総括と代表戦が必要と言っておきながら、いざ大阪維新の会の全体会議になれば黙ったまま。そして会議後の取材で自分の言っていることは正しいだと。正しいなら全体会議で言わんかい!丸山は国会という安全な場所で威勢のイイことを言うだけの議員。

⑦丸山は大阪維新の会地方議員の中堅若手からは最悪の評価。維新を辞めた某女性議員と同じ評価。この2人は維新政治塾出身の同期だが、維新政治塾のチューター役に取材すれば分かる。俺はこういう国会議員が大嫌いい。こんなのを抱えていたら日本維新の会は消滅確実。

日本維新の会は消滅の道へ。コアメンバーは血の結束が必要。大阪維新の会のコアメンバーの結束は任侠モノ。丸山は過去裏切り未遂あり。本来ここでさようならにすべきだった。丸山は肝心なところで裏切る。地方議員を増やしもしない者を国会議員という肩書きだけでのさばらす政党は希望の党と同じ穴の狢
13:52 – 2017年10月27日
そして、ハシシタ奴隷も呼応するように丸山叩き。

東徹(維新)参議員がRTしたお言葉
守島 正  大阪市会議員 大阪維新の会 政調会長代行
@t_morishima

丸山穂高。橋下さんが相手にするだけ時間の無駄レベルの勘違い議員。彼はそもそも今の立場にいることに感謝すべき。議員という立場は、価値を生まなくても、ちやほやされるので、勘違い野郎を作り易い。国会議員となればなおさら。地に足着いていない人間を何者かにしてしまった我々組織の責任でもある
13:50 – 2017年10月27日

しょうむない内輪もめよりも他のニュースに時間を割けと言いたいが、一応コメントする。
丸山氏は、ハシシタトンズラ劇の立役者として、自民に吸収された後には表彰されるでしょうな。
 
丸山氏を除名にしないのが、八百長だとの何よりの証拠。
自作自演だとの証拠として、維新の常套手段でもあるが、具体的な言及が一つもない点と、これまでのネコババ議員らの公認をした責任を全く取っていないのと同様に、今回も「誰が公認出したんじゃい!」とは一切言わない点をあげておく。

大澤のヤノコーポレーション人災土砂崩れ 10月27日の大臣視察を西田一座が出迎えた編 

より
台風21号の影響で、山の斜面が崩れて土砂や水が流れ込み、車に乗っていた女性が死亡した大阪・岸和田市の現場を、27日、小此木防災担当大臣や大阪府の松井知事が視察しました。
今月22日、岸和田市大沢町では、台風の影響で山の斜面が崩れて川に流れ込み、近くの道路に土砂や水があふれて、車に乗っていた68歳の女性が死亡しました。
27日は午後2時すぎに、小此木防災担当大臣が大阪府の松井知事らとともに現場を訪れました。
現場では、いまも大量の土砂によって川の一部がせき止められ、あふれた水が近くの道路の下の斜面から流れ出していて、一行は、府の担当者から被害の詳しい状況について説明を受けました。
岸和田市役所では、小此木大臣や松井知事らによる今後の復旧作業に向けた意見交換が行われ、このあと小此木大臣は、「早期復旧に向けて、財政的なことも含め、地元の自治体と連携してしっかり取り組んでいきたい」と述べました。
また、松井知事も「人命が失われる甚大な被害を受け、国に対して技術や財政の面で支援を求め、府と自治体も一体となって早期復旧に取り組みたい」と述べました。
小此木大臣は、続いて広い範囲が浸水した和歌山県紀の川市を訪れ、被害の状況を視察しました。
(引用ここまで)
ヤノコーポレーションによる残土が、2haの土地から5万㎥もの土砂となって牛滝川に流れ込み、せき止めた人災。
小此木八郎・防災相も松井知事も、お付きの政治家らもヤノのヤの字も出さず、ただ、見物。
11頃に来て、岸和田名産でも食いに来たのか?
TV画面で確認できたお付きの面々は、
永野耕平(維新 府議)現場に来たの初めてじゃね?
神谷昇 (自民)衆議員(2回目)
ぐらいか。
本日は、石井啓一 (公明)国土交通相が、岸和田市、泉南市を視察する予定だとか。
維新筋からは、
「ガースーにすがりつき、小此木防災相に来てもらえた」
などとの噂が飛び交っているが、台風22号接近と被害に伴い、当選バンザイもしなかった彼は、8月に九州豪雨被害地帯も回っており、今回も元々来る予定があったと推測される。
ガースー力によると言えなくもないのは、他よりも早めに来たよ程度のことだろう。
しかし、11時、岸和田市→夕方、紀の川市と回っているが、大阪入りすれば、その順番の方が効率が良いので、ガースー力によるものと言うのはこじつけ感が強い。
小此木防災相とガースーの関係についても触れておく。
より
1975年、政治家を志して相談した法政大学就職課の伝で、OB会事務局長から法政大学出身の第57代衆議院議長中村梅吉秘書を紹介され、同じ派閥だった衆議院議員小此木彦三郎の秘書となる。
以後11年にわたり秘書を務めた。
1983年、小此木の通商産業大臣就任に伴い大臣秘書官を務める。
つまり、小此木防災相の父、故・小此木彦三郎・元建設相の秘書が、ガースーなのだ。
ガースーと言えば、維新とつながりが深いことで知られる。
キーワードはカシノだ。
今年になって急に「カシノはやめじゃ、観光MICEMeeting(会議・研修・セミナー)、Incentive tour(報奨・招待旅行)、Convention またはConference(大会・学会・国際会議)、Exhibition(展示会)でやる!」と言い出した藤木幸夫氏。
港湾運送会社・藤木企業の会長だけでなく、横浜港の荷役事業者を束ねる横浜港運協会の会長や、社団法人日本港運協会副会長、財団法人横浜港湾福利厚生協会会長、果ては横浜エフエム社長、横浜スタジアム会長も務めるハマの「顔役」である。
彼は、かつて横浜から選出されていた小此木彦三郎・元建設大臣と同窓生で、昵懇だったという。
その縁もあって、30年前に菅氏が横浜市議に初当選、政界デビューした時から支援を受けており、頭が上がらない存在でもある。
更に藤木氏の父は、
京浜一帯の沖仲仕の総元締で大親分だったといわれる藤木幸太郎氏で、
指定暴力団稲川会の二次団体の埋地一家初代を名乗った人物でもあり、
田岡一雄・山口組3代目組長と「全国湾荷役振興協議会」を設立している。

ガースーと維新のもう一丁の太い縁は、笹川良一ラインだ。
笹川氏は、1931年に右翼団体・国粋大衆党を結成し総裁に就任する。
部下に児玉誉士夫氏がいたこともある。
児玉氏は、後に稲川会となる錦政会の顧問だ。
笹川氏の運転手が、松井良夫・元(自民)府議だ。
笹川氏に言われ、住之江競艇場のうどん屋から、競艇場の照明など電気設備の利権を一手に握るようになった彼の息子が、松井一郎氏。
つながりついでに、笹川&児玉氏の話をもう少し。
笹川氏の部下だった児玉氏は、笹川氏が海軍と親しかった関係で、外務省情報部長である河相達夫と知り合い、1937年に軍の依頼を受けて中国各地を視察した。
更に、1938年には海軍の嘱託となり、1941年12月から上海で、後に児玉氏の人脈、財力の源泉となる「児玉機関」を運営するようになる。
児玉機関とは、 007のMI6など物ともしないネットリした諜報機関。
鉄や塩、さらにモリブデン鉱山を管轄下にもち、現地で農場や養魚場、秘密兵器工場も運営。
銅、潤滑油、雲母、プラチナ等の軍需物資を海軍へ渡していたが、軍の権威を利用し、大陸で拳銃強盗まがいの行為を行ったり、資金を得るために麻薬であるヘロインを売っていたといわれている。

いずれにしても頭から尻尾まで悪党の集いだ。

そのパイプを使って、遠藤敬(維新)衆議員→松井知事→ガースー官房長官→安倍ちゃん→大臣となったのであろう。

そんな大劇団を岸和田市でお迎えしたのは、それらのつま先に引っかかっているアングラ一座こと、西田武司劇団だ。
市役所では、西田座長が、稲田、京西 、金子、井舎の各雑巾がけ軍団を従えお出迎えと相成った。
流石に今日の石井啓一 (公明)国土交通相を、西田一座はお出迎えできんでしょうね。
公明市議団ガードで。
ところで、これも維新筋からによれば、松井知事は、当初土砂崩れについて「人災」と言っていたとか。
ですが、視察後は「天災かなあ」と呟いたとも聞きます。
府もヤノ土砂の崩落と報告しているのに、何を言うとるのか?
  
今回の土砂は、西田一座が支持されているヤノコーポレーションによって大量に積まれ、土砂崩れとなり、それをまたぞろ西田支持の土建屋が掻き出して儲けようとのマッチポンプが、繰り広げられようとしています。
西田市長候補予定者の自民推薦についても、立役者は、ヤノコーポレーション専務の日田隆志氏であると、複数関係者から証言を得ています。
西田氏は、必ず「大澤復興」を語るはずです。
てめぇの支持者が原因を作って儲け、議員としても一切問題視せず、被害を出し、その後も、支持者が復旧工事で儲ける。
まさに現在、西田氏が1015万2千円の議員報酬を得ながら、市長選挙準備を行っているのと同じ、税金ネコババな構図と同じです。
これこそが、現在まで脈々と続いてきた岸和田スタンダード、岸和田スピリッツです。
こんな自民&維新合作の土建屋に税を吸い取られ続ける構図を、いつまで岸和田市民が続けるのかが、11月26日の選挙では問われていることを、強くご承知おき頂きたい。
鳥居宏二(自民)がライオンズの白ジャンパー着て、長靴も履かずにスニーカーで来て、連れと二人で女子高生のように他の参加者や現地の人とも喋ることなく炊き出しを食い逃げしたこと。
私が「書くで」と言うと、「そんなぁ~」と返し、「書かれたなかったら、議員辞職してくればよい。 議員は任期中、24時間議員やからな」と言われて、シュンとなっていたことなど、どうでもええわ!

大澤町、土砂崩れの人災で、水没した地域への助っ人参加。 3日目

ヤノコーポレーションの名前を出し始めてからは、日々の訪問者数が倍増し、2千人となっています。
助っ人の話を書いた項では、アクセスは伸びていないので、読者の皆さんは、政治がらみを期待しているのだと想像しています。
3日目も、現場と政治は分けて書きます。
山へ向かう前に、調査や挨拶などをして、10時前に大澤山荘着。
中にいる人が20名ほどで、極端に少ないように見えたので、地元の方だけが残って、会議中かと思って尋ねると、さにあらず。
前日は、アリバイのために来た西田市議一座のように、短時間だけいた人も含め、90名だったので、極端に減った印象。
前日と同じく、大きくはマット工場とワイヤー工場に分かれての作業(個人宅もあり)。
私は、旧日本鋼管や千亀利ライオンズクラブの人達と、ワイヤー工場へ。
まずは一人で、プレハブ事務所の泥かきから開始。
床板は剥がしてありますが、鉄の大引があるので、掻き出しにくい。
リフトで移動できないかと思いましたが、電線が接続されているので無理だとわかり、隙間をスコップで、そして大引下をスキで再度掻き出して排出。
その後、機械下の泥かきに移動。
昨日、手で掴み取った部分なども、再度掻き出したり、大きなものをリフトで移動して、その下にたまった泥出しなど。
昼食は、炊き出しのかやくご飯と豚汁。
瓶詰めでなく、皮を細かく切ったような唐辛子を入れて、美味しくいただきました。
ごちそうさまです。
午後からは、機械の上に溜まった泥も清掃。
工場の屋根まで水が来たので、どこもかしこも泥が堆積していますが、今日で助っ人は一時中断なので、何とか目処をつけられるよう、頑張りました。
マット工場の方は、昨日「どうやって出すのか?」と首をひねっていた、巨大なマット群も、リフトで上手くパレットに積み替え、搬出できたようです。
あれだけ1枚が大きいと、裁断しなければ人の手では運べませんからねぇ。
今日は、20代の若手が参加していました。
眞上町の青年団のお兄さん方。
胸につけた名札代わりのガムテープにコンビ名のようなカタカナが書いてあったので、思わず「所属はどっち? 道頓堀? 千日前?」と問いかけましたが、芸人じゃありませんでした。
一人の兄ちゃんの通っている大学に、たまたま知り合いの教授がいたので名前を出すと、知っているとのことだったので、
「元気でやっとるで!と伝えといて」と伝言を託しました。
議員らの「アリバイづくりで来ているだけだろ!」については、その所作を見ているばすぐわかるのですが、一般参加者でもそんな人はいますね。
普段、建築現場などで働いている人と、スコップなどの道具も触ったことがない人との違いも一目瞭然。
固まりつつある泥を竹箒で集めていると、スコップをチリトリ代わりにして、すくってくれる人が来てくれました。
そこまではありがたい。
しかし、
水分が混ざった泥を、スコップに履き入れよとばかりに、微動だにせず待ち構える姿勢(泣)
そこはスコップで荒方すくってから、残りのこぼれを箒で掃き入れんと、重いやろがい!!
最後も、泥を用水路で洗っていると、後で、その上流に入り、靴を洗い出す人が(泣)
靴や道具と違て、手袋洗てるやろがい!
俺の下流に行っても、そないに水は濁ってへんわい!
後から入るなら、下に回らんかい!
更に道具を軽トラに積む際。
一輪車が入るように、スコップなど棒状のものは、端に前に詰めて積んでいたら、後からバサーッ!と、真ん中でアオリからはみ出して床の水を履くゴムがついたカッパギを置かれた(泣)
邪魔になるので、再度移動させた後に一輪車を積み込みました。
放り込んだオジサンもそれを見てましたが、「ごめんやで」とか一切なし(泣)
相手は議員などでもなく、善意で来てくれている人だし、それぞれ1箇所だけだったので、そのまま黙ってましたが、言うたほうが良かったかしら?
話は変わって、山荘へ戻った時、ライオンズの人達に訊いてみました。
たかひら
「ヤノコーポレーションっって、ライオンズのメンバーとちゃいますの?」
ライオンズメンバー
「ヤノさんとこは違うで」
たかひら
「そうですか、そりゃ残念ですわ。 しやけど、山から自分らが溜めた土ぶち込んで、川をせき止めとるんやから、せめて自分で片付けに来るべきですけどなぁ。 ヤノCCものほほんと営業してますけど、そこで銭落として、ヤノの小遣い稼ぎさせてるゴルファーの気分はどんなもんでっしゃろな?」
メンバーは人災だと知らないようでしたので、もう少しお話させていただいときました。
ヤノコーポレーション広報部長として、支援を受けている西田一座からも感謝の印で、マクドのアップルパイでもごちってもらおうかしら。
たけちゃんと俺の仲やから、公選法違反だとか言わんよね。