今年、解体されてしまった、岸和田市の近代建築な歴史的財産。 福祉センター分館

岸和田の近代建築 福祉センター分館 1937年竣工 設計 山口一二
岸和田駅の近くにあるアールデコ風の校舎
旧泉南高等女学校の新校舎として建てられ1971年の学校の移転まで使われていましたその後、福祉センター分館として使用されましたが施設の移転に伴い、解体されてしまいました。
保全運動があったようには聞いていませんが、そこも岸和田の民度を現しているのかもしれません。
頑丈さでは、法定耐用年数の60年を待たず、45年程度で外壁の崩れなど、ボロボロさが増して、建て替えの必要があった福祉センターに勝るもので、耐震補強して、内装を変えて使うべきだったのではないかとも思っております。
このように北支センターや市役所が、法定耐用年数も持たなかったのは、談合で建てられ、安い海砂をきちんと洗わずに使ったからとも言われます。
ここでも「談合と銭で票を買う岸和田」の歴史は見られます。
せめて写真だけでも解体前の姿を残しておきたいと考え、美留町まこと @BIRUMACHIOSAKA氏がアップしていた写真を拝借してます。
岸和田市福祉センター分館 1937年竣工 設計 山口一二.jpg
福祉センター分館 建物裏側
福祉センター分館 建物裏側 3階部分の窓が当時のまま.jpg
 
こちらも3階部分の窓が当時のまま残っています。
福祉センター分館 建物裏側 こちらも3階部分の窓が当時のまま残っています。.jpg
1階玄関 1階の大部分は児童施設として使われていました。
福祉センター分館 1階玄関.jpg
1階玄関床
福祉センター分館 1階玄関 床.jpg
1階玄関から階段へ
福祉センター分館 1階玄関から階段へ.jpg
塔屋まで続く階段 弧を描いた階段の壁がモダン
階段 塔屋まで続く階段です 弧をえがいた階段の壁が結構斬新.jpg
2、3階の洗面所 アールのかかった窓
福祉センター分館 2、3階の洗面所 アールのかかった窓見下ろし.jpg
 アールのかかった窓
福祉センター分館 2、3階の洗面所 アールのかかった窓.jpg
3階廊下  廊下部分にもアーチ型で出っ張ったりしています。 教室などが、会議室などとして使用されているため解放されています。
福祉センター分館 3階廊下.jpg
アーチ型の梁などがええ感じです。
福祉センター分館 3階廊下 アーチ型の梁.jpg
「よくぞ、写真をアップしてくれてました!」とありがたがっていましたら、TVアニメの「Free!」の舞台となっていたのでした。
アニメとの対比があります↓
実物だけですが、沢山の写真があります↓
これを岸和田市役所が知っていたかどうかか不明ですが、壊すにしても、その前にイベントをやるとか、観光資産としての利用価値があったはずなんですが・・・・
広告

大沢町土砂崩れ現場、見た目は道路が復旧だが、積んだ土砂は手付かずで大丈夫か?

などで、
大澤町土砂崩れ現場の写真を何度かアップした。
実は今月も現場を見学していたが、ユンボやタンク車が入っていたものの、変化はヤノダムの水位が下がった程度だった。
TWを見ていて、かなり変わった直近の現場の様子がアップされていたので、シェアさせて頂く。
復旧している3枚の写真は、
ALBERT‏ @georgereds12
2017.12.30 22:08
より
復旧1
車が流され、寸断した道路が通行できるように、仮復旧しています。
大澤 大晦日.jpg
10月末の状態
土砂崩れ 大澤から.jpg
大澤 神谷 .jpg
復旧2
手前の土砂がなくなり、排水管が敷設されています。
大澤 大晦日 ポンプ場.jpg
土砂が崩れて、上流からは大澤地区集落排水処理施設(水色の屋根)が見えなかった。
大澤溢れ 上流側.jpg
復旧3
流れ出た土砂が排出されました。
しかし、元の積んだ土砂が、また崩れるかもしれません。
府は「私有地内の土砂だから」と撤去をしない予定であり、今後も注視する必要があります。
大澤 大晦日 土砂部分.jpg
この崩れてきた奥の土砂は手付かずのままなのが、土砂崩れ当時の写真からもわかります。
土砂崩れ正面.jpg

不透明にする指定管理契約で、ヤノコーポレーションの隠れ蓑タイガーは儲ける。

私は、これまで「ヤノコーポレーションを始めとする土建屋利権」と書いてきた。
信貴芳則氏も再度の市長選挙に向けて、「土建政治からの脱却」を掲げるようだ。
だが、これは建設に関するものだけではない。
市長選挙後には、ヤノにはおっかなビックリな逃げ腰議会にすら手を突っ込まれるであろう、競輪場利権などについて、どのようなからくりであるかを少しずつ示していく。
今回は、ヤノ傀儡は岸工会からの西田工務店を出自とする“土建屋のプリンス“西田武史氏だけではなく、ヤノの衣装替えな会社についてお知らせする。
それは、㈱タイガーだ。
タイガー登記簿 (2).JPG
タイガー登記簿 (1).JPG
この経営陣は、ヤノと同じ部分があることから、私は「衣装替え」と呼ぶ。
代表 西村貢
これはヤノコーポレーション前身の矢野組工業取締役
取締役 矢倉賢三 
これはヤノコーポレーション代表
日田孝志
これは言わずと知れたヤノコーポレーション専務
他の2取締役は出てこないとは言え、代表を含む取締役の3/5が被れば、「同じ会社」と外形上見られても仕方あるまい。
で、そんなタイガーが市のどんな仕事を受けているか?
矢野組工業には、反甫旭レンタルビデオのような業務も定款(24項目)に記載されていたが、ヤノコーポレーションでは産廃、労働者派遣、不動産業が入っているものの、基本的には建築業を主にした20項目が記されている。
付帯業務とは言えない、岸和田カントリークラブ内のエッツジィー妹である稲田孝代氏がカウンターで、稲田家の味なヒーコーをたててくれる喫茶ボギーの経営や、
レンタルビデオ、ゴキブリ駆除などは、タイガーに移したのだろう。
私にバレたので、喫茶ボギーの経営権は2018年1月をもって手放すようだが、岸和田CCの経営主体であるPGMに雇用してもらわんでも、稲田孝代氏は、そもそも午前中しかボギーカウンターに立っていなかったのだから、相川周りの通勤がなくなって、逆に楽になるわと思ってるのかもね。
タイガーの主業務は警備業だ。
これが上手く市に食い込んでいる。
表からは見えないように。
先ず、市がタイガーに直接業務委託しているのは、マドカホールだけだ。
ここも利用者には、現場で業務にあたっているクロスサービスしか見えない。
他には浪切ホールと競輪場がある。
いずれもタイガーとクロスサービスがセットで請けている。
更に見えにくいのは、競輪場では、警備が場内と場外に分かれていて、道路を通行するだけでは、章栄しか見えず、競輪場内の市役所職員に訊いても、その元請けの都市警備保障しか回答しないからだ。
競輪場では、場内警備をタイガーとクロスサービスがセットで請けている。
タイガーは実質はトンネル会社であり、現場のクロスサービスや章栄が直接請ければ良いのだが、そうはなっていない。
この発注元は、市ではない。
指定管理者制度を上手く隠れ蓑にしているのだ。
浪切では、JTB・南海グループ→南海ビルサービス、競輪場は、競輪選手の天下り先である日本トーターだ。
手が込んでいることに、市は「指定管理者がどこの企業と契約しようが知ったこっちゃないし、そこで揉め事が起きようが、民ー民契約なのだから、市は知らん」と回答している。
赤井優世・魅力創造部理事(兼)文化国際課長魅力創造部理事(兼)文化国際課長(兼)文化会館長によって。
ちなみに彼女の職歴は、

自治振興課参事兼市立女性セ.ンター館長
春木市民センター参事<市民センター担当>
東岸和田市民センター所長 企画調整部理事(兼)文化国際課長(兼). 文化会館長。
この返答は、現場労働者がパワハラや過労死しても、現場に許可された就労VISA以外の労働を行う外国人労働者がいて、入管に踏み込まれた場合にでも通用するだろうか?
指定管理者制度であるものの、「市立」である以上、市の責任は免除されるはずがない。
だからこそ、堺市のような多くの施設を指定管理させている自治体でも、「民ー民契約であっても契約状態を含めて労務管理も一定見ているし、指定管理者と再委託されている業者が揉めたなど聞いたことがない」と、私の問いに回答している。
これについては後日書くとして、兎にも角にも
この市役所の見て見ぬふりで、日田孝志氏のような「汚れ役」の暗躍が進んできた点に、今こそ光を当てる時が来たのである。
指定管理や再委託など下請けを重ねる度に、経費は膨れ上がる。
浪切ホールで言えば、2016年度市からの指定管理料が2億9089万5千円(施設運営管理費1億8312万円、企画事業費5703万円、駐車場運営・管理費5074万5千円)が支払われている。
この市の支払い圧縮ができるのではないか?
ちなみに全体収支のプラスは465万9469円で、施設運営管理費+駐車場運営・管理費の合計1093万9295円を企画事業費627万9826円が食っており、興行主としての能力が指定管理者にないと示している。
競輪は詳しい数字を持たないので、あえてヤノ傀儡の西田陣営から井舎英夫氏の発言を引く。
2016年08月30日:平成28年第3回定例会(本会議 第3日目) 本文
http://www.db-search.com/kishiwada-c/index.php/4823057?Template=doc-one-frame&VoiceType=OneHit&VoiceID=19775
より抜粋
97:◯7番 井舎英生議員
7月に会派の視察で行った別府競輪などは、岸和田競輪よりも売り上げが少ない中で、本市よりも毎年多い利益を上げています。聞きますと、外部委託は部分的であって、市の職員が直接運営しているということを聞きました。
この10年間の平均を見ますと、別府競輪で3億円、岸和田競輪はこの10年間、1年の平均が2億3,000万円ということで、非常に別府競輪はスリムな設備で運営しているというふうに見えました。
(引用ここまで)
この別府競輪場は、市が直営でやっており、日本トーターを入れていない。
別府と岸和田の売上を見てみる。
総合ランキング.net > 競輪・場別年間売上ランキングTOP
では、
岸和田253.6億円に対して、別府120.6億円と、約半分だ。
他の年度でも50億円~100億円の開きがある。
これでも収支が別府の方が5千万円も岸和田よりも収益が高いとはどういうことか?
競輪場自体の設備に対して、岸和田の方がかかったとしても、毎年設備のハードな部分に何十億円も経費がかかっているならば、岸和田は金ピカになっているだろうから、消えた部分はソフトな部分に消えたのだと考えるしかない。
だとすれば、日本トーターとタイガーなどの中間搾取業者がその収益を食っているのではないかと、先ず考えるのが順当だろう。
日本トーターとタイガーは、別の場所でも組んでいる例があるようだ。
このような税や競輪収益を食う疑いに関して、同社らは領収書を提示して、説明責任を果たさねばならないし、特に岸和田市はそのような市民による情報公開に協力しなければならないが、ヤノ支配の岸和田市役所にそれができるかね?
井舎氏に答弁した山内正資・総務部長は、市立岸和田市民病院事務局長になってしまったが、新しい総務部長として政策推進課長から昇進した大西吉之助氏 も、井舎氏も勿論、協力してくれますよね?
ご存知だとは思うが、抵抗勢力をあげておく。
まちづくり推進部理事(兼)建設指導課長から移ってきた、福井豊文公営競技事業所長
秘書課からの刺客、船橋恵子・公営競技事業所次長サテライト専門官と言う、なんだかわからん役職の、元所長&財政課長な吉野博
野口聖・市長も知らんうちに、勝手にサテライト専門官なる肩書を創設して、名刺刷って外堀固めてた根来慶悟氏も、西田市長誕生で京西氏と並んで副市長になる前に書いとこうか。

「韓国への修学旅行で日本の高校が土下座する」といった、ネトウヨフェイクニュースは駆逐するぜ!

以前、「智辯学園和歌山高等学校で長年続く韓国への修学旅行が、矯正される韓国への謝罪旅行だ」とのネトウヨデマについて、検証した。
私だけでなく、その後、バスフィールドでも同じ内容の記事が出ている。
より
大学入試を受ける先輩を応援する女子高生の姿(韓国・ソウル、2014年11月12日撮影).jpg
ネトウヨらが「日本の修学旅行生の土下座」だとしている2,3の画像は、大学入試を受ける先輩を応援する女子高生の姿(韓国・ソウル、2014年11月12日撮影)
Chung Sung-jun / Getty Images
とキャプションがあり、
韓国での大学入試の当日、受験者と同じ学校の後輩たちが、先輩の健闘を祈るためにクンジョルをしている姿の映像だとして、コリアニュースから引っ張って来たものを使用しているようです。

「クンジョルは感謝の気持ちを伝える時だけでなく、何かを願ったり、ご先祖さまに祈ったりする際などにも行います」

どれが元ネタかどうかわかりませんが、ここでも同様の写真と説明がなされています。
同じ写真ですが、コッチのほうが年代としては古いものです。
Elwood 5566
Suneung 2011. D-0 
Posted in Comparative, customs, Education by ??? on November 18, 2011  
林東哲
ちなみに4は日本の高校生の可能性がありますが、「土下座」はしていません。
これをネトウヨらは、「広島県立世羅高校が土下座をさせている!」とはしゃぐ。
私が発見したデマ拡散投降は、文末に貼る。
そしてこのデマ主である戸ケ崎博章氏、12月29日18:40投降で、FBより7日間アカウント凍結されていたと自白しています。
過去投稿を見ると、せっせとネトウヨ活動に精を出している様子で、現実世界には出てきていない様子でした。
 
戸ケ崎氏が師匠とする鶴崎氏との凍結明けの会話
鶴崎芳浩 2017.12.29 19:14
やられましたか。支那・朝鮮の真実を書くとアカウント停止、有り得ませんね。
鶴崎芳浩 20:50
最近見ないなと思い心配はしていました。自分は実は3つアカウントを持っています。メインのアカウントは通算150日停止中。今のアカウントは、まだ無事です。そしてもう一つのアカウントは、戸ヶ崎さんが初めて知ったアカウントです。こちらの方も1週間くらいの停止を受けました。しかし、まだ生きています。この第二アカウントで友たちになった方には、本当に申し訳ないのですが、今は停止中です。

戸ヶ崎 博章 12.30 2:12

私も、ついに3つになりました
戸ケ崎&鶴崎.png
アカウント確認ができないので、自称とするが、鶴崎芳浩氏のプロフィールでは 1963年7月20日 54歳
戸ケ崎氏は、1974年1月24日 43歳
働き盛りの年代に、こぞってデマ拡散をする人生は虚しいだろうね。
日本でヘイト発言が罪に問われないとしても、ネット世界は欧米の規制が導入されつつあるので、FBやTWもいずれこのようなヘイトデマは駆逐されようが、ネット民としてもこのようなフェイクを根絶やしにすべく、断固たる態度で挑む。
これは「見解の相違」や「意見の違い」への嫌がらせではない。
あくまでもフェイクや差別書き込みへをすべきでないとの考えから行うものである。
参考:
戸ヶ崎 博章さんが写真2件を追加しました。 2017.12.29 3:55

アカウントロック解除早々ですが、余りにも酷すぎるので拡散致します!
日本人に対する、完全に差別です。
「鶴﨑浩」様からシェア致します🎌💕
↓↓↓
 今でも許すことが出来ない事。
 広島県の高校生は韓国に行き、土下座していることを知っているでしょうか?日本の広島県の県立高等学校が韓国に修学旅行に行きましたが、ここで何と、ソウル市内にある独立運動記念公園で謝罪文を朗読するなどの「謝罪行事」をしていたことが明らかになったのです。
 修学旅行先に韓国を選ぶというのは「安価で安全だから」という理由であるようですが、韓国側のオプションには、とんでもないものが
用意されています。土下座です。韓国人の前で土下座させられるのです。この土下座する意味は、過去に日本が犯した過ちを真摯に受け止めて反省せよ。と日本の学生達に諭している事です。
しかし、なぜ日本の学生が韓国で土下座されることを批判しなのか?それは、日本の高校生の土下座について広島県日京素は反対するどころか、諸手を挙げて賛成してるからです。

というのも、広島県日京素は民進党を支持している組織です。つまり反日団体です。
 韓国に修学旅行に行ったはいいが、土下座させられたのでは堪ったものではありません。

仮に百歩譲って日本が韓半島を侵略したとしても、戦後70年以上経った現在、今の高校生に謝罪の義務は何らありません。まして韓半島を日本が豊かにしたのに、何で70年後の高校生が土下座して謝罪しなけばいけないのか。

狂っている日京素が日本を駄目にしています。
 昨今、日韓情勢を鑑みて、韓国への修学旅行を取りやめると表明した、学校も幾つもあるのですが、逆に言えば「幾つもある」ということは、それ以上に、かなりの学校が修学旅行先に、韓国を選び、土下座謝罪とも呼ばれる謝罪行事を行っている、とも言えます。
 さらに、反日の高校では卒業した子供達の中に「学校行事で一度も『君が代』を聴いたことがない」という子がいます。信じられません。ここまで韓国の反日工作が及んでいます。
 もう滅茶苦茶です。韓国に修学旅行に行って土下座をする必要があるのでしょうか?
しかも、土下座した高校生は当然、戦後生まれ何ら関係はありません

岸和田市長選挙のアホくさい話。 維新が候補擁立を再確認。

私が事前に予告していたとおり、昨夜(29日)浪切ホールで行われた維新岸和田支部会議で、永野耕平・府議と、11月に市議になったばかりの前田将臣・岸和田市議のどっちを市長候補で出そうかとの会議が開かれたと、産経が今朝の朝刊で報じている。

岸和田市長選、維新が候補擁立を再確認 岸和田市の出直し市長選について、.jpg

但し、維新は、まだ永野孝男氏も考えているし、再度の恥かき登板となった、ヤノコーポレーション土建市政を取り戻す会の西田武史氏への相乗りも捨てていない。

又、早々に立候補表明した、11.26の二の舞いメンバーな吉野富博氏は、「信貴元市長しか出ない、無投票なら出馬するが、選挙があるなら降りる」とも逃げ腰な発言をしている。

確かに吉野陣営は、内部での意思疎通が固まらず、分裂しているので、出ないで維新やエセ維新を応援することによって、信貴氏への積年の「町会館の土地、タダにせんかい!」な恨みを果たす効果はあろう。

いずれにしても、後出しジャンケンでも2万2千固定票を持つ維新の動向は注視が必要だ。

しかし、選挙に勝ちさえすれば、後はなんとでもなるって話じゃない。

世襲で府議2年の永野耕平氏もそうだが、市議1ヶ月の前田将臣氏については、25歳で首長立候補できるからって、27歳の政治経験のない若者が、

財政危機と、

土砂崩れの加害&税を吸い取ってきた、談合体質の原因となっている岸和田土建業界のドン、ヤノコーポレーションとの対峙などできるはずがないだろう!!!

議会をママゴトと一緒に考えてんじゃねぇぞ!!

岸和田選挙区の政治家を全て含めても、でヤノの名前を出して責任追及を公言しているのは、私だけだ。

信貴氏ですら、選挙を考えれば、「土建政治からの脱却」とは言えても「ヤノ土建屋談合をぶった斬り、追放し、岸和田で永年続いてきた金権政治を断ち切る!」とは言えない。

矢野姓やその関係票が逃げてしまうと、数万の票を得なければならない市長選挙では苦しいしね。

それでも信貴氏の次の公約は「市役所による土砂崩れのプロジェクトチームを立ち上げ、原因究明と検証をし、責任問題を追求する」であり、

そこに私も後日アップする、これまたヤノコーポレーションの香ばしい面々が絡む競輪利権などを追求する動きが、議会から追加される。

となれば、ヤノ土建屋勢&維新連合軍の支援を受けた、維新や西田氏らが生き血を吸い続けようと抵抗しまくってくるのは必至だ。

この土砂崩れの責任問題や賠償と、土建屋利益の追放を謳うなら、私は西田氏や維新候補とでもその部分だけは協力する。

これは殺処分ゼロの政策で、維新や公明と共闘宣言しているのと同じだ。

私の訪問や、出入りする者のチェックをされたくないがために、事務所も設置しない西田氏が、「ヤノ様様様様な市政を継続し、市民を縊り殺してでも、土建屋の皆様に税投入することを誓います! ハイル!!」とやっている状態で、「土建屋政治追放や、銭を票で買わない選挙」と言えるはずがないのだけれど、さすがにここをスルーして公約つくれるのかと大いに疑問だ。

これは青年会議所(JC)主催の生ぬるい候補者討論会でも問われよう。

どのようにごまかすのかは、大いに見どころだ。

争点がここまではっきりしているのだから、

市長も市議補選も、JCみたいな芝居でなく、フリートークのガチンコ候補者討論会やって、有権者に評価してもらってみよ!!

こちとら、いつでも登壇するぜ!

たかひらが信貴市長後援会の来賓になったって? どんなデマやねん!

50人ほどおる公の場での出来事でも、デマって広がるのね。
ホンマ、怖いわ。
先日の議会傍聴後、執行部筋からこう言われた。
「あんた、役所内では“Tヒラ”って呼ばれてんで。 で、信貴とこの後援会の会合行ったやろ? そこで来賓扱いされて挨拶して、『ガンバロー!の声出しやった』って言われとるで」
確かに、そんな尾ひれの点いた話は聞いていたが、出席者に訊けばすぐにわかるデマ出し、ねたになるような出来事もなかったので放置していた。
しかし、役所の部長らが皆こぞって、そのデマを信じているのであれば、火消しをしておく。
12月1日、はばたく岸和田市民の会の集まりが、グランドホール6Fで19時半から約45分間あった。
結婚式を行う場所なのか、登壇者はチャペル風の壁を背に話した。
事務局長の司会で、話したのは後援会長、鳥居宏次(自民)市議、信貴芳則・市長の3人。
私は後援会から呼ばれて行ったわけではない。
情報が入ったので、突撃したもの。
1Fでは、TVカメラや記者がたむろしており、声をかけられた。
「呼ばれたんですか?」
「何でよ、呼ばれるわけないやん」
「後援会は、入れてくれるんですか?」
「知らんわ。 入れてくれんかったら、『俺のお陰で、西田票を引き離したんちゃうんかえ!』って言うわ(笑)」
他に利用客はいないようで、1Fの受付も何も言わなかったので、そのまま6Fへ。
会場入口に信貴市長は立っていたが、「どないしました?」とは訊かれたものの「参加者に呼ばれて来たよ」と返すと、「あんた、何しに来たんや!」などと騒ぐこともなく、そのまま場内へ徒歩を進めることができた。
市長の側には鳥居氏がいたので、「トリちゃん、練ってもないのに『百条委』みたいなこと、勝手に言うたらアカンわ! 批判や追求したことないんやから、言いたけりゃ、俺のとこに訊きにこんかいな!」と声をかけて、1列目は後援会役員が座るような幹事だったので、2列目に着席。
マスコミを入れない集まりだったが、中身は報道されている以上の話もなく(新ネタと言うかメディアが飛ばしたネタは、日田氏を名誉毀損で提訴検討中とか程度)、市長のか細い声での説明が主体。
面白みに欠けるなぁと思っていたら、事務局長が「もしどうしてもという方がいれば、ご意見を伺いますが・・・・」と、私を牽制するかのような発言。
誰も言わなければ、私がトップバッターにとも考えていたが、他の人が話しだしたので、譲って二番目に発言。
この間のメディア報道も含めて、市民に騒動を説明する責任がある。
これは、市長だけでなく、議会も各会派から代表を出して、6市民センターを回る程度の説明会を行うべきだ。
そしてそこで、市民の生の声を聞き、批判も質問も受け、説明責任を果たせ!
後にも数名が発言をした。
概ね「辞めるな」との内容。
どのコメントにも市長や後援会がコメントすることはなく、「皆さんのご意見を承りまして、再度、考えます」として閉会となった。
私が発言したのはコレだけだ。
来賓で話させてくれるなら、これまでブログに書いてきたヤノコーポレーションや日田氏、西田一座の話をした後、「長年岸和田に住んでいる皆さんこそが、退治してくれなあきまへんねんで! 行動してくださいよ!」と活を入れていただろう。
見送りに市長が立っていたので、「この弱々しさが女性には人気なのだとも聞くが、もっと大股で歩けんか?」などと声かけしてエレベーターに向かい、玄関で記者に囲まれても「別段話すほどの内容もなかった。 皆さんが知ってる話しか出ませんでしたよ」としか言いようもなく、帰途についたというのが全貌だ。
その後、後援会役員は残って相談したのだろうが、私は先に帰ったのだからその内容など知る由もない。
集会の中では「ガンバロー!」などとやってもいないし、私自身、自分の選挙でも応援に行った先でも、そんなコールをしたこともない。
やっている場面に時折出くわすことがあっても、手もふり上げないし、声も出さない。
ただその場で立っているだけだ。
もしその場でガンバローコールがなされたとしても、例えばVS維新丸出しの堺市長選挙ですら「堺はひと~つ!」とのフレーズすら言わんのに、パックで売り出してもないし、自分が寄りかかっているわけでもない(市長側がこっちに寄って来るはずもないのは、信貴氏3万1831票、私7316票のおとろしいほどの乖離で一目瞭然!)政治家の集まりで、言う理由すらない。
今回の私に関するデマは、それほどまでにヤノやその傀儡の西田一座コントロールが、役場内を支配しているとの証明になろう。
話の後で執行部筋に言われた「議場で『ヤノ』って何べん言うねん! 京西議員も他の議員もだいぶ嫌がっとったわ。 議会が始まってもまだ言うてたら、衛視に『出して』と言うとこやったよ」で、場が笑いに包まれたが、別れる前に「ちゃんと『デマらしいで』と訂正しといてつかーさいや」との一言を忘れずに放っておいた。
頼むでしかし、実際!

2017年度第4回議会 周辺のお話 「報酬3割供託」有言実行の前田将臣氏を、他の維新議員も見習うべし!

こぼれ話としての議会内のエピソード。
毎度毎度、議員の駐車厳禁な市役所側の駐車場に、「市民は奴隷、議員は神様」を体現してはばからないエッツジィー&ゲンジィーの春木泉町&下野町コンビの車が、こなから坂を挟んで旧市民会館跡に停まってるね・・・と思ったが、エッツジィーのは同じ白の三菱コルトでも、ナンバーが和泉501までは同じでも、その後が「も7645」じゃないね。
今、写真を貼ろうと思って気がついたわ。
エッツジィーは改心・・・なんてするわけがないわな。
ともかく、ゲンジィーは今日も役所近くに止めてますよ。
新しいダイハツMOVE 和泉580よ7550
DSCF6206_R.JPG
いつもは議会最終日に来ることのないTV岸和田の中継車も、入り口に鎮座。
DSCF6209_R.JPG
しかし、通常の議会中継のように議員の顔を前方から撮ることはなく、他の各局TVカメラと同じく議会傍聴席の最後列からの中継。
10時始まりだが、20分ほど早めに入り、読書をしながら待つつもりが、他の傍聴者に「たかひらさんと違いますか?」と声をかけてもらったので、そのまま話し出す。
ブログを見てくれているというリタイヤ世代の男性と女性。
どこまで理解されているかわからないので、一連の流れを説明する。
丁度、京西且哲氏が入ってきたので、「このド汚い京西さんが、ヤノコントロールされて、どつき回された日田氏の奴隷となって、西田市長の暁には副市長密約を結んで、ヤノ駅前支店に鎮座しておったんですわ・・・」などと話す。
議場は静かなので、私の声は役場執行部を含め、議員らも全員が聞こえているが、京西氏を含め、議員は一切、傍聴席を見ず。
通常は、あれだけTVカメラが来ていれば(来ていなくとも)、傍聴席にどれほど人がいるか、振り返って見るもんだが、誰ひとりとして見ない。
よほど、私と目を合わしたくないんだろうね。
議場の入退場時には、議員より先に入り後に出るため、座っている執行部に挨拶したり、登壇時には議長や着席している議員に礼をする。
議場には岸和田市の旗とヒノマルが、風もないのでしなだれて立てられている。
「おはようございます!」の声が聞こえるものの、誰ひとりとして旗や御真影の位置に挨拶する議員はいない。
オイオイ、あんた方は不必要なヒノマルを、安倍ちゃんですら国家と地方自治体は同等の関係だとして、地方分権を進めよとしているのに、「おいどんは国の奴隷でごわす」とばかりに忖度して立てたのに、その後は野となれ山となれか?
日本会議理事のエッツジィー、日本会議の金子拓矢氏に反甫旭(自民)氏も、JCの請願を受けた岡林憲二(自民)氏も、せっかく立てたんだから、セレモニー程度はおやりなさいよ。
それから米田バッタ(公明)、駅頭では90°の最敬礼なのに、議場では10°程度しか頭を下げんって、どういう了見かね?
ホンマ、裏表がある人だと、激しくハッキリよく分かるわね。
徘徊老人の井舎氏は、頭が動いたか動かんかの意見すらわかれる程度というか、頷きよりも浅くしか頭を動かしてなかったが。
挨拶するなら、誰が見てもわかるようにせんか!
傍聴してて、毎度思うのだが、登壇、降壇する際の礼もいるんかね?
委員長としてゲンジィーが2度登壇したが、何度同じ人が登降壇しても、毎度同じように礼を繰り返していたが、簡略化できんのかね?
休憩時の礼も含めて、最初と最後にしたらそれでええんとちゃうの?
議長に礼する必要があれば、裁判所みたいに議長入場と同時に全員起立して、礼をすれば良い。
登壇する者だけが礼をして、後の者がしないで良いって、理由説明できる?
中身が無いからこそ形式に拘るのだろうけど、見ていてもその陳腐さが痛々しいわ。
先ずは、議員として仕事してから、セレモニーをやりたきゃやればよい。
終了後、前田将臣(維新)氏に初遭遇。
議員控室がなく、廊下に鍵もなく置かれている現状は、私が当選しても同じなので、秘策を伝授。
前田氏は「そんなん、よぉやりませんわ・・・」と渋ってたが、「私が一人会派なら、必ず控室を取るよ」とも予告しといた。
一人会派寄せ集めで、ドミトリーにしたらいいのよ。
DSCF6211_R.JPG
前田氏の控室は、ロッカー、水屋、机、応接セット(椅子1ケずつの対面)がありました(パーティションが開けられる状態だが、そんなことはせず、隙間から覗いてわかったもの)。
で、選挙前の公約の話で、「チラシに『議員報酬3割削減』とあったけど・・・」と話を持ち出すと、「議会事務局に言ったら、『受取拒否は寄付となるのでできない』と言われたので、供託の準備をしています。 今月分からそうする予定です」との返答。
前田のぶみ 3割カット.jpg
議員の日当であった費用弁償を供託した市民派のレジェンド、長谷川俊英(北区)堺市議に対して「死に金」と発言した、水ノ上成彰(維新 西区)堺市議が、維新市議団としてボーナスアップ分だけを選挙前から供託している矛盾については、以前から批判してきた。
彼は公認会計士ながら、私から2度も政務活動費のネコババを返還させられている一方で、維新ネコババが大挙して私に返還させられまくるや、2015年選挙目当てに、2014年の人事院勧告によるボーナスアップを供託し、被災地に寄付しだした。
これがネコババ打ち消しの選挙目当てでないと言いたいなら、2003年からの議員人生で、早くからやっとけ!と言うしかない。
そんな手垢にまみれたネコババの巣窟にいながら、また、自分の親玉が税収入とその蓄財マネーだけで生涯を終えようとしている“不動産王”永野孝男・元府議とその世襲な耕平氏であるのに、そのナンボ洗っても取れないコールタールのような性根に毒されず、前田氏は、有言実行をするというのである。
確かに維新は支部と本部に上納するみかじめ料は、月額合計2万円と、3割~5割をふんだくられる共産や公明とは異なり格安だ。
維新は選挙費用を候補者が用意せねばならず、その負担が大きいので候補になることを尻込みする人が多く、だからこそ前田氏が耕平秘書として出馬させられたのだが、その費用を永野家が一定負担してくれたとしても(ここは回答を拒否られた)、奨学金返済中であるのに、有言実行する姿は、素直に褒めておく。
ちなみに、維新の箕面市議は、自民と共同で、議員報酬5%継続に反対して、元の金額に2017年度から戻してます。

既に私は

政務活動費、議員年金、議会改革についてのたかひらの考え

でも以下のように示してしています。

私は議員歳費を減額して管理職や職員平均賃金と合わせ、余剰分は政務活動費計上して、議員の仕事の見える化を提唱しています。

当然、使途については人件費・事務所費などの隠し私的使用を市民が厳しく監視できるルールでないとダメです。

また余剰分で、日当制の調査権を持った(議決権はない)市民議員を議席数の半分程度参加させ、議会の表に出てこない裏工作なども発信させるべきだと考えています。

市民議員は、他の議員同様、顔や連絡先、発言も議会HPで公表すれば、誰もが日当目当てに手を挙げることもないでしょう

他の市民派議員を見ていても、政策提言しようと熱心に仕事をすればするほど活動費がかかるので、政務活動費だけでなく報酬についても、半額程度は食い込むと想定しています。

当然、その食い込んだ分も領収書は公開します。

この“議員の仕事の見える化”を、議員報酬の3割も供託して、どのように行うつもりでしょうか?
前述した共産や公明は、動かざること山の如しで、議員控室に居座り、支持者からの苦情を待っています。
それを「議員の仕事ではなく、町会長の仕事だろ!」とまでバッサリ全部不要だとは言いませんが、彼らが政策討論で、私から逃げまくっているように、書籍を購入して勉強することも、市全体を見る姿勢も不足し、議員力に欠けるのが現実の姿です。
議員活動をすればするほど、生活費は減少します。
前田氏は27歳で独身でもあり、今後、子育てなども含めて、一定金額をどうやって弾き出すつもりなんでしょうか?
1015万2千円の年額報酬は、月額60万円です。
ざっと手取りで45万円。
そこから年額300万円を供託するなら(受け取った後の供託なので、全額に所得税などはかかってくる)、ボーナス込みで16.2ヶ月分で割れば、月額18万5千円を供託しなければならない。
残りは26万円ほどです。
ボーナス時にも120万円ほどの金額が半額になります。
私はその25万円程度を生活費として取った上で、残りを政務活動費として、領収書も含めて見える化するとしているので、議員活動が可能な計算となりますが、前田氏はここからどうやって議員活動費を捻出しますか?
議員活動は、「やればやるほど選挙の票とはかけ離れ、費用がかさむ」と言われています。
そこを全国の市民派議員は苦悩しているのです。
前田式が上手くいくのであれば、私も真似させていただきますので、どうぞパイセンとしての手本を見せて頂きたいですね、できるのであれば。

 

ともかく、ゲンジィーは今日も役所近くに止めてますよ。
新しいダイハツMOVE 和泉580よ7550
DSCF6206_R.JPG
いつもは議会最終日に来ることのないTV岸和田の中継車も、入り口に鎮座。
DSCF6209_R.JPG
しかし、通常の議会中継のように議員の顔を前方から撮ることはなく、他の各局TVカメラと同じく議会傍聴席の最後列からの中継。
10時始まりだが、20分ほど早めに入り、読書をしながら待つつもりが、他の傍聴者に「たかひらさんと違いますか?」と声をかけてもらったので、そのまま話し出す。
ブログを見てくれているというリタイヤ世代の男性と女性。
どこまで理解されているかわからないので、一連の流れを説明する。
丁度、京西且哲氏が入ってきたので、「このド汚い京西さんが、ヤノコントロールされて、どつき回された日田氏の奴隷となって、西田市長の暁には副市長密約を結んで、ヤノ駅前支店に鎮座しておったんですわ・・・」などと話す。
議場は静かなので、私の声は役場執行部を含め、議員らも全員が聞こえているが、京西氏を含め、議員は一切、傍聴席を見ず。
通常は、あれだけTVカメラが来ていれば(来ていなくとも)、傍聴席にどれほど人がいるか、振り返って見るもんだが、誰ひとりとして見ない。
よほど、私と目を合わしたくないんだろうね。
議場の入退場時には、議員より先に入り後に出るため、座っている執行部に挨拶したり、登壇時には議長や着席している議員に礼をする。
議場には岸和田市の旗とヒノマルが、風もないのでしなだれて立てられている。
「おはようございます!」の声が聞こえるものの、誰ひとりとして旗や御真影の位置に挨拶する議員はいない。
オイオイ、あんた方は不必要なヒノマルを、安倍ちゃんですら国家と地方自治体は同等の関係だとして、地方分権を進めよとしているのに、「おいどんは国の奴隷でごわす」とばかりに忖度して立てたのに、その後は野となれ山となれか?
日本会議理事のエッツジィー、日本会議の金子拓矢氏に反甫旭(自民)氏も、JCの請願を受けた岡林憲二(自民)氏も、せっかく立てたんだから、セレモニー程度はおやりなさいよ。
それから米田バッタ(公明)、駅頭では90°の最敬礼なのに、議場では10°程度しか頭を下げんって、どういう了見かね?
ホンマ、裏表がある人だと、激しくハッキリよく分かるわね。
徘徊老人の井舎氏は、頭が動いたか動かんかの意見すらわかれる程度というか、頷きよりも浅くしか頭を動かしてなかったが。
挨拶するなら、誰が見てもわかるようにせんか!
傍聴してて、毎度思うのだが、登壇、降壇する際の礼もいるんかね?
委員長としてゲンジィーが2度登壇したが、何度同じ人が登降壇しても、毎度同じように礼を繰り返していたが、簡略化できんのかね?
休憩時の礼も含めて、最初と最後にしたらそれでええんとちゃうの?
議長に礼する必要があれば、裁判所みたいに議長入場と同時に全員起立して、礼をすれば良い。
登壇する者だけが礼をして、後の者がしないで良いって、理由説明できる?
中身が無いからこそ形式に拘るのだろうけど、見ていてもその陳腐さが痛々しいわ。
先ずは、議員として仕事してから、セレモニーをやりたきゃやればよい。
終了後、前田将臣(維新)氏に初遭遇。
議員控室がなく、廊下に鍵もなく置かれている現状は、私が当選しても同じなので、秘策を伝授。
前田氏は「そんなん、よぉやりませんわ・・・」と渋ってたが、「私が一人会派なら、必ず控室を取るよ」とも予告しといた。
一人会派寄せ集めで、ドミトリーにしたらいいのよ。
DSCF6211_R.JPG
前田氏の控室は、ロッカー、水屋、机、応接セット(椅子1ケずつの対面)がありました(パーティションが開けられる状態だが、そんなことはせず、隙間から覗いてわかったもの)。
で、選挙前の公約の話で、「チラシに『議員報酬3割削減』とあったけど・・・」と話を持ち出すと、「議会事務局に言ったら、『受取拒否は寄付となるのでできない』と言われたので、供託の準備をしています。 今月分からそうする予定です」との返答。
議員の日当であった費用弁償を供託した市民派のレジェンド、長谷川俊英(北区)堺市議に対して「死に金」と発言した、水ノ上成彰(維新 西区)堺市議が、維新市議団としてボーナスアップ分だけを選挙前から供託している矛盾については、以前から批判してきた。
彼は公認会計士ながら、私から2度も政務活動費のネコババを返還させられている一方で、維新ネコババが大挙して私に返還させられまくるや、2015年選挙目当てに、2014年の人事院勧告によるボーナスアップを供託し、被災地に寄付しだした。
これがネコババ打ち消しの選挙目当てでないと言いたいなら、2003年からの議員人生で、早くからやっとけ!と言うしかない。
そんな手垢にまみれたネコババの巣窟にいながら、また、自分の親玉が税収入とその蓄財マネーだけで生涯を終えようとしている“不動産王”永野孝男・元府議とその世襲な耕平氏であるのに、そのナンボ洗っても取れないコールタールのような性根に毒されず、前田氏は、有言実行をするというのである。
確かに維新は支部と本部に上納するみかじめ料は、月額合計2万円と、3割~5割をふんだくられる共産や公明とは異なり格安だ。
維新は選挙費用を候補者が用意せねばならず、その負担が大きいので候補になることを尻込みする人が多く、だからこそ前田氏が耕平秘書として出馬させられたのだが、その費用を永野家が一定負担してくれたとしても(ここは回答を拒否られた)、奨学金返済中であるのに、有言実行する姿は、素直に褒めておく。
ちなみに、維新の箕面市議は、自民と共同で、議員報酬5%継続に反対して、元の金額に2017年度から戻してます。

既に私は

政務活動費、議員年金、議会改革についてのたかひらの考え

でも以下のように示してしています。

私は議員歳費を減額して管理職や職員平均賃金と合わせ、余剰分は政務活動費計上して、議員の仕事の見える化を提唱しています。

当然、使途については人件費・事務所費などの隠し私的使用を市民が厳しく監視できるルールでないとダメです。

また余剰分で、日当制の調査権を持った(議決権はない)市民議員を議席数の半分程度参加させ、議会の表に出てこない裏工作なども発信させるべきだと考えています。

市民議員は、他の議員同様、顔や連絡先、発言も議会HPで公表すれば、誰もが日当目当てに手を挙げることもないでしょう

他の市民派議員を見ていても、政策提言しようと熱心に仕事をすればするほど活動費がかかるので、政務活動費だけでなく報酬についても、半額程度は食い込むと想定しています。

当然、その食い込んだ分も領収書は公開します。

この“議員の仕事の見える化”を、議員報酬の3割も供託して、どのように行うつもりでしょうか?
前述した共産や公明は、動かざること山の如しで、議員控室に居座り、支持者からの苦情を待っています。
それを「議員の仕事ではなく、町会長の仕事だろ!」とまでバッサリ全部不要だとは言いませんが、彼らが政策討論で、私から逃げまくっているように、書籍を購入して勉強することも、市全体を見る姿勢も不足し、議員力に欠けるのが現実の姿です。
議員活動をすればするほど、生活費は減少します。
前田氏は27歳で独身でもあり、今後、子育てなども含めて、一定金額をどうやって弾き出すつもりなんでしょうか?
1015万2千円の年額報酬は、月額60万円です。
ざっと手取りで45万円。
そこから年額300万円を供託するなら(受け取った後の供託なので、全額に所得税などはかかってくる)、ボーナス込みで16.2ヶ月分で割れば、月額18万5千円を供託しなければならない。
残りは26万円ほどです。
ボーナス時にも120万円ほどの金額が半額になります。
私はその25万円程度を生活費として取った上で、残りを政務活動費として、領収書も含めて見える化するとしているので、議員活動が可能な計算となりますが、前田氏はここからどうやって議員活動費を捻出しますか?
議員活動は、「やればやるほど選挙の票とはかけ離れ、費用がかさむ」と言われています。
そこを全国の市民派議員は苦悩しているのです。
前田式が上手くいくのであれば、私も真似させていただきますので、どうぞパイセンとしての手本を見せて頂きたいですね、できるのであれば。