泉房穂・明石市長の暴言擁護の浅さを嗤う

泉房穂・明石市長の暴言は、この第一報から始まった。

明石市長、職員に「火つけてこい」 立ち退き交渉進まず:朝日新聞デジタル
2019年1月29日00時02分
https://www.asahi.com/articles/photo/AS20190128005053.html

その後、29日午前に泉市長は記者会見し、全面謝罪。
ネット炎上やワイドショーが乗って、次には擁護論が出る。

擁護論の元となったのは、この市長発言分掲載。
神戸新聞NEXT|総合|部下に「辞表出しても許さんぞ」「自分の家売れ」 明石市長の暴言詳報
2019/1/29 12:03
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201901/0012019280.shtml

この後、
「報道としての公平さを欠く」明石市長のパワハラ暴言、”テレビが伝えなかった発言”を掲載した神戸新聞記者を直撃  HuffPost News
2019年01月30日 18時42分 (2019年01月30日 15時12分「Abema TIMES」より転載)
https://www.huffingtonpost.jp/2019/01/30/akashi-shicho-fairness_a_23656554/?ncid=other_twitter_cooo9wqtham&utm_campaign=share_twitter
で、
29日放送のAbemaTV『AbemaPrime』に、「暴言詳報」として発言を掲載した神戸新聞の明石総局の藤井伸哉記者が出演。
藤井記者は「東西に抜けるにはこの道しかないこともあり、長年の課題として工事の完成を待ち焦がれていた市民も多い。当初の事業完成予定は、暴言のあった半年前だった。会見から得た情報では、そのビルの逆側から順に買収交渉をかけていっていたため、買収が後手に回ったという経緯があったようだ」と説明する。

現場状況も引用。
2010年に国交省・近畿地方整備局が拡幅工事を決定し、2012年に明石市が用地買収に着手。用地買収が36件、物件補償が27件あったが、暴言のあった2017年6月時点では、条件面で折り合わず、所有者が立ち退きに応じていないビル1棟を残すのみとなっていた。
市長が”職務怠慢”だとして激怒したのは、この所有者との交渉についてだった。その後、用地買収は完了、工事も進められている。
(抜粋・引用ここまで)

市長発言擁護者のネット上の主張も一定見たが、「市職員のサボリに、市民本位の市長が怒り、その熱心さ故に暴言が出た」と受け取っているように見受けられる。
上辺だけ見ているのだろう、他の議員ら、内部事情を知る者の意見なども見た上ですらない。

例えばこんな感じ。
明石市長・泉房穂氏の暴言をよく読むと、市民の命を守るための正論である件(山本一郎) – Y!ニュース
1/29(火) 18:12 山本一郎 | 個人投資家・作家
https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20190129-00112928/
より抜粋。
もうすぐ明石市も市長選間近ということで、2年前の暴言問題がなぜいまクローズアップされるのかを考えるといろんな思いが去来する物件ではあるのですが、物言いについては折り目正しく品行方正な私としてはどんな暴言を明石市長の泉房穂さんが放ったのだろうと興味を持って、見物に行ったわけです。

(たかひら注:
ネット民の間で「見物に行った」は、ネットサーフィンしただけを指すのは周知の事実なのか?
マスメディアとしてのヤフーニュースに投稿するのだから、隠語を使うなよ。
日本語で「見物に行った」は、「現地調査に行った」である。

「作家」などと自称しているのに、日本語をキチンと使えんのか?)

市長、ブチ切れであります。暴言はほんといけませんよね。暴言なんて吐いたことのない私がそう思うんですから、読者もみんなきっとそう思っていると感じます。

でもですね、全文読むと、市長の真意は「道の狭い角で交通事故があり、女性が亡くなったから、道路の拡幅をしなければならないのに、明石市役所の担当者が7年近く放置してきたので、市長がブチ切れている」のが分かります。ブチ切れて暴言を吐くのはいかんと思いつつ、その目線は「市民の安全のために、役人が働かないことに対する怒り」である以上、これってむしろ素晴らしい市長さんなんじゃないの? 市民の安全のために役所がしっかり動くよう激励してブチ切れてとにかく仕事を進めようという気魄さえ感じるわけですよ。

さらには「2人が行って難しければ、私が行きますけど。私が行って土下座でもしますわ」とまで言っています。部下の不始末を見て、彼らの責任を厳しく叱責するだけでなく、駄目だったら自分が現地に行って土下座でもするとまで伝えているのです。良い上司じゃないですか。

その割には土下座する相手の物件を「きょう火付けてこい。燃やしてしまえ」とか言っているあたり市長の前のめり感もあるわけですが、これ、あくまで市民目線、市民の安全のためにこの拡幅工事が必要だ、用地買収を早く進めなければならないという責任感によって出た言葉だとするならば、むしろ人間臭く、明石市民のために働く市長と言えるんじゃないでしょうか。

それに引き換え私たちの東京都知事の小池百合子さんの体たらくは目を覆わんばかりで、築地市場跡地も東京オリンピック対策も選挙公約全滅もすべて酷いことになっています。

泉さん、もし明石市で再選できないようだったら是非東京都に来てくれませんか。一緒にいろんなもの燃やしましょう。
(抜粋ここまで)

この山本某には、以前、さも反ハシシタ派であるかのように装って、テレビ朝日「橋下×羽鳥の番組」に出演し、当然ながら煙に巻かれており、それを本人に「空中戦やらんと、政務活動費ネコババした多数の維新市議ら、犯罪者集団を生み出した責任と、その処分の甘さなどについて問え」と指摘したのだが、自身の取材などもないので、それには答えられるはずもなく、自己擁護主張を繰り返しただけだった。

今回もそのような「権力だ~いすき!」と、耳にかける虫眼鏡=ハヅキルーペCMのように、権力番犬としていじましい主張を行っている。

だが、山本某を番組で論破したハシシタ氏は、逆の主張だ。
29~30日にかけてのTWでは、
「単なる注意・叱責のレベルを超えている。泉さんの功績がどうであれ一発アウトだ」
「政治家や行政の不祥事について、功績や背景事情を全て丁寧に勘案して総合的に許すという論理を認めてしまえば、あらゆる政治行政の不祥事について責任追及はできなくなるだろう」
「どんな功績や背景事情があろうとも、ダメなものはダメというラインを引くのが政治批評の役割であり、野党の役割だ」
「今回の職員への発言は、杉田水脈氏の『LGBTは生産性がない』発言よりも酷いものだ」
と、「民主党から出馬し、衆議院選挙で落選して、市長を腰掛けに再度衆議院を狙う小物は権力じゃない!」と見ているのか、泉市長を批判している。

これらの擁護に対する私の見解は、以下の通り。
4月選挙を控えての、今の時期の公表なので、政争の臭いもありますが、以前より他の複数明石市議からも問題点を聞いており、権威主義者であると感じていました。

私が泉市長を偽物だと判断したのは、彼が弁護士であるにもかかわらず、刑事弁護は受けなかったという点です。
「儲からないから」との理由だそうですが、司法研修所の教官としても「1度はキングファイル50冊分もの資料があるような冤罪事件にあたり、弁護士としての社会正義の責務を果たせ」と指導する、刑事弁護しかやってこない弁護士人生を送り続け、生涯をかけて名張毒ぶどう酒殺人事件の冤罪立証に尽力し続ける、神山啓史氏の話を聞いているので、余計にそう見えております。

また、明石市には、私も市議らと視察に同行した神戸刑務所があるが、行政管轄が違うとは言え、弁護士として受刑者の人権問題に熱心でもなく、明石市の人権施策の実効性についても疑問があります。

強い者には弱く(安倍ちゃんなどには抗わない)弱い者には強い(歯を向くのは職員や若者など自分より立場の弱い者へのみ)」とのパワハラ加害者共通項も見える。

しかも、泉市長の暴言は今回が初めてではない。
参考資料として貼り付ける
神戸新聞NEXT|総合|暴言の明石市長 これまでもたびたび“舌禍騒動”
2019/1/29 23:42 (まとめ・藤井伸哉)
では、今回とは別にこれまでの4回の暴言事件が示される。

更に“3倍速の早口”“敏腕” 明石市長「火をつけて捕まってこい」暴走発言の理由は  – 毎日新聞
2019年1月30日 【浜本年弘、反橋希美】
では、
録音の理由が、このように説明される。
泉市長は「普通の人の3倍速」と庁内で評されるほど早口といい、「発言のニュアンスを間違えないため」(男性職員)に録音する部下もいたという。

なので、「何で職員が録音しとんねん! ハナからハメる気やったやろ」との指摘は的外れだ。

4月には立憲民主の兵庫県議候補予定者となっている中西礼皇・明石市議もFB
2019.1.30 11:47

で、こう主張し、泉市長を批判している。

泉市長の市職員への暴言について、「暴言はダメだが内容は正当」という主張に反論と問題提起をします。
①用地買収の交渉を7年間なにもしていないことはありません。
②値段の交渉もしてます。値段の提示もしてる。買収金額は概算から両者が詰めていくものであり、概算で合意できなければ完全な額が出ないのは当然。
③国道の拡幅事業で国からの委託。市がなんでも勝手にできるものではありません。
④権利関係が複雑な案件。市長は土下座しに行くと言う前に、進捗をこれまで管理してなかったのか。
⑤おまけ:24年から請負ってるので、7年じゃなく5年。

あれだけ常軌を逸した発言をしている市長が、怒りにまかせて言ったことを鵜呑みにして、「市職員が怠慢」というのはあまりにいい加減ではないでしょうか。
職員は市長と対等でないので、あの場で反論することは不可能です。あんな発言する市長に反論できるわけない。
(引用ここまで)

そして、泉市長が「市民の信を問う」としている4月選挙の対抗馬は、前市長の北口寛人氏とされている。
この人も、明石と淡路島を結ぶ第三セクターのたこフェリー会社への支援に関して、市議会で公文書と異なる答弁をしたとして市議会から問責決議を受け、3選出馬を断念している。
詳細は、『ウソの上塗り』中西礼皇ブログ
2010-12-07 22:59:31
https://ameblo.jp/nakanishireo/entry-10730178449.html
にあります。

念の為言っておきますが、私は立憲民主党を養護する立場ではないし、立憲入りする前から面識がある中西市議の姿勢には「権威主義的である」と批判もしていますし、他の市議からも泉市長の施策については聞いてた上で判断していますので、お間違えなく。

当時の報道では、北口市長の2011年選挙目当てでたこフェリーを続ける発言もありました。「成果をね、3つくらいだしてなかったら次の選挙負けますよ。だから、どうしてもやらなあかん。だから、どうしてもという思いがあるから、まあ頼むよ」

北口前市長は、経歴も世襲なだけでなく変だ。
1999年に進パパの世襲として県議を交代してもらい、民主公認、社民推薦として、三菱重工社員、党総支部幹事長の立場で出馬、当選。
慶應義塾大学の経済学部卒業なので、ボンボンですな。

進パパは91年選挙は民主党公認だが、95年は無所属。

2003年、岡田進裕・前明石市長辞職に伴い、チャンスと見て、選県議は1期でやめて出馬。
選挙は、自民、民主、公明、自由、社民、保守新推薦。

飯目当てか、再度の市長返り咲きをはじめから狙っていたか、2015年には兵庫県議に戻ります。
しかも自民で。

県議→市長→県議→市長挑戦と、何がしたいのかサッパリ不明で、政治屋と言われるようなこんな候補しか出ない明石市もまた、市民が新住民ばかりのベッドタウンとして、市政に無関心な街です。

なるべくしてなるわな・・・・

岸和田と違って、市議に市政監視する人がいるだけマシか・・・

参考:
1.橋下徹氏、明石市長暴言は「功績どうであれ一発アウト」 デイリースポーツ/神戸新聞社
2019/01/30 10:09
http://a.msn.com/01/ja-jp/BBSVaCo?ocid=st
より
元大阪市長の橋下徹氏が29日から30日にかけてツイッターを更新し、明石市の泉房穂市長が「火を付けて捕まってこい」などと市職員に暴言を吐いたことに「市長として一発失格」などと持論を展開した。

泉市長は17年6月に道路の拡幅事業が進まないことから、担当職員に「(物件に)火を付けて捕まってこい」などと暴言を吐いたことが明らかとなり、謝罪。ただこの発言の後には「市民の安全のためやないか」「そのためにしんどい仕事するんや、役所は」などと話していたことも報じられている。

これに橋下氏は「普段セクハラやパワハラには厳しい人に限って、泉市長を許す傾向が強い。これが人権派のダブルスタンダード」とつぶやき、「俺の出自の問題のときも人権派はダンマリどころか喜んでいた者が多かった。泉市長の言動は市長として一発失格だ。出馬は辞めるべき」とした。

今回の発言が、「不特定多数相手の一般論」でも「メディアやインテリたちとの論戦」の中でのものではなく「市長という絶対的権力を持った者が部下である職員に放った言葉」であることに注目。「単なる注意・叱責のレベルを超えている。泉さんの功績がどうであれ一発アウトだ」と持論をつぶやいた。

その後も「泉さんが一生懸命な人であることは知っている」としたが「政治家や行政の不祥事について、功績や背景事情を全て丁寧に勘案して総合的に許すという論理を認めてしまえば、あらゆる政治行政の不祥事について責任追及はできなくなるだろう」と指摘。これを許せば野党は与党の不祥事を追及できなくなるとし「どんな功績や背景事情があろうとも、ダメなものはダメというラインを引くのが政治批評の役割であり、野党の役割だ」とも訴えていた。

2.橋下氏「功績どうであれアウト」明石市長暴言に言及  日刊スポーツ
2019年1月30日17時12分]
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201901300000504.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp
より
前大阪市長の橋下徹氏(49)が、兵庫県明石市の泉房穂市長(55)の暴言騒動について、「杉田水脈氏の『LGBTは生産性がない』発言よりも酷いものだ」と非難した。

橋下氏は、泉市長が2017年6月、道路拡幅工事に伴うビルの立ち退き交渉を巡って、担当の市幹部に「燃やしてしまえ」などと暴言を浴びせていた問題を受け、29日にツイッターで「単なる注意・叱責のレベルを超えている。泉さんの功績がどうであれ一発アウトだ」と断罪した。

30日のツイートでは「泉さんが一生懸命な人であることは知っている」とした上で、「しかし政治家や行政の不祥事について、功績や背景事情を全て丁寧に勘案して総合的に許すという論理を認めてしまえば、あらゆる政治行政の不祥事について責任追及はできなくなるだろう」と指摘。また、「今回の職員への発言は、杉田水脈氏の『LGBTは生産性がない』発言よりも酷いものだ」と私見を述べた。

3.神戸新聞NEXT|総合|暴言の明石市長 これまでもたびたび“舌禍騒動”
2019/1/29 23:42 (まとめ・藤井伸哉)
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201901/0012019333.shtml
より
道路の拡幅工事を巡り、土地建物の立ち退き交渉を担当した職員に「火付けてこい」などと暴言を浴びせ、29日に謝罪会見を開いた兵庫県明石市の泉房穂市長(55)は、これまでも“舌禍騒動”を度々起こしていた。環境保護イベントを巡って暴言を吐いて謝罪したり、東播磨地域を自虐的にPRする兵庫県の動画に猛抗議したり、感情的な言動が目立ち、資質を問う声が上がっている。

泉市長は2015年、作家玉岡かおるさんからため池に関するフォーラムへの協力を依頼された際、「税金の無駄遣い」などと発言。玉岡さんは「耳を疑うような礼を失した言葉。ぶるぶる震えました」などとブログに投稿し、泉市長は発言を撤回した。2人はその後会談し、泉市長が「感情を害する言葉遣いをしてしまった」と謝罪した。

18年4月には、東播磨県民局が「東播磨ちゃん」というアイドルを地味なキャラクターに仕立て、動画を公開したことを巡り、「明石はそんなにマイナーな街ではない」などと抗議。県民局は一時配信を停止したが、批判や再開を求める声が相次ぎ、そのままの形で再公開された。

17年1月の成人式では、「ざわついていて、皆さんの態度はなっていない。多大な税金を使っているが来年以降の取りやめを考えたくなる」などと声を荒らげた。市会本会議で批判され「反省したい」と述べた。

明石市では昨年6月、元部長の男性が男女計10人の部下にパワハラやセクハラ行為を繰り返したとして、停職6カ月の懲戒処分を受けた。「おまえが休んだ方が世のため」などの暴言もあり、泉市長は「職員が声を上げやすい風土をつくる責任がある」として再発防止策を推進していた。

市幹部の一人は「自分の思い通りにならないと、声を荒らげ、叱責された職員も多い。子育て施策が評価され、最近は落ち着いていたのだが…」と話す。

明石市の女性会社員(67)は「立ち退き現場は長い間工事が続いていて、ずっと不便だと思っていた。言葉は過激だけど同情もできる」と話す。

4.“3倍速の早口”“敏腕” 明石市長「火をつけて捕まってこい」暴走発言の理由は  – 毎日新聞
2019年1月30日 【浜本年弘、反橋希美】
https://mainichi.jp/articles/20190130/mog/00m/040/003000c
より
兵庫県明石市の泉房穂(ふさほ)市長(55)が道路用地買収を巡り「火をつけて捕まってこい」などと担当幹部に暴言を吐いた問題が波紋を広げている。29日の記者会見で自ら「パワハラよりひどい」と非を認めたが、市には30日までに762件の苦情が殺到した。若者世帯の呼び込みや犯罪被害者支援に力を入れ、「敏腕」で知られていた市長に何があったのか、探った。

子育て施策で人口増

泉市長は東京大卒業後、NHK勤務や衆院議員、弁護士を経て2011年に初当選した。「子育てするなら明石」を掲げ、中学3年までの子どもの医療費と2人目以降の保育料を無料化。神戸市などから若年層が流入し、13年から人口が増え続け、17年8月に過去最多を更新した。

「人権派」として全国初の事業も次々に手がけた。14年には犯罪被害者らに損害賠償金を立て替え払いできるよう条例を改正。昨年11月、ひとり親世帯の養育費の受け取りを市が保証するモデル事業を開始した。昨年12月には、元受刑者らの社会復帰を支援する「市更生支援・再犯防止条例」を成立させた。

こうした積極施策とは対照的な暴言。小学生の子どもがいる市内の男性(41)は「子どもを大事にする施策を進める一方で残念だ」と話す。
再発防止のさなか

明石市では昨年6月、元部長がプロレス技をかけるなど部下計10人に暴行やセクハラを繰り返し、停職6カ月の懲戒処分を受けた。まさに再発防止に取り組む中、今回の暴言が明るみに出た。

17年6月に「火をつけてこい」などと数分間、暴言を浴びた市幹部は、毎日新聞の取材に「市長からは厳しくお叱りを受けていた。今回のことは『パワハラ』と感じなかったと言えばうそになるが、深刻には考えていなかった」と話した。泉市長も会見で「これまでもかなり厳しい口調で指示していた。言われる側への想像力が欠けていた」と認めた。市長の発言の厳しさ、きつさは職員や議員の間でも知られていた。

泉市長は「普通の人の3倍速」と庁内で評されるほど早口といい、「発言のニュアンスを間違えないため」(男性職員)に録音する部下もいたという。暴言のきっかけとなった用地買収に関し、泉市長は「交通事故が起きており、待ったなしの事業だった」と語り、その焦りが暴言につながったと自己分析した。別の男性職員は「正義感が強い人で、瞬間的に怒りが沸点に達したのでは」と推測する。

「舌禍」対決か

泉市長は4月の市長選に向け、3選出馬を既に表明。29日の会見でも出馬は見直さない意向だ。前市長の北口寛人氏(53)も立候補を表明しているが、実は北口氏も議会答弁を巡って退任した過去がある。北口氏は10年、第三セクターのフェリー会社への支援に関して市議会で公文書と異なる答弁をしたとして市議会から問責決議を受け、3選出馬を断念した。「舌禍」の2人による争いが予想され、「究極に難しい選択だ」(市OBの男性)と困惑する市民もいる。

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

広告

2017年11月26日執行 岸和田市長 及び市議補欠選挙の公費

情報公開請求から約1年賀経とうとしており、遅筆ではあるが、選挙公費についてお知らせする。

名前、①ポスター(最大@1444円✕338箇所=48万8072円)、②チラシ(最大@7.51円✕1万6千枚=12万160円)、③レンタカー(最大1万5800円✕7日間=11万600円)、④運転手(1万2500円×7日間=8万7500円)、⑤燃料(7560円✕7日間=5万2920円)の順です。
市長はチラシが発行できるので、それを除いた分を市議換算として()で示します。

1.市長選挙
当選 31831票
信貴 芳則
56 男 無所属 現 市長
①泉印刷(株) 八阪町3-19-3 436-1234 代表取締役 柿花 忠佳
MAX
②1と同じ
MAX
③光自動車 岡山町251-2  441-2266 代表 金光光治
軽 堺500わ2507 MAX
④MAX
⑤なし
合計 80万6332円 (68万6172円)

17745票
西田 武史
52 男 無所属 新 市議会議員
①市興企画 並松町23-20 423-3434 代表  佐藤稔行
MAX
②スタジオミグロー 阪南市尾崎町5丁目14-11 代表 稲田 将史 090-8532-3350
MAX
③イイダコーポレーション 大東市中垣内6丁目7-19  0120-35-4970 072-889-6777
代表 冨尾佳孝
大阪502わ2088 MAX
④MAX
⑤東石油(株) 上松町134 22-3069 丸紅エネルギー
1万5716円 @143 109.92L
合計 82万2048円 (70万1888円)

4394票
吉野 富博
69 男 無所属 新 一級建築士

規定得票数に足りないため、供託金100万円没収と共に、選挙公費も自腹支出。

2.市議補選 ②チラシはなし
7316票
たかひら 正明
50 男 無所属 新 行政書士
①有限会社宏正印刷 岸和田市磯上町2丁目6-8 439-2720 代表 横内正法
14万5340円 @430
③大阪580ゆ7141 3万5千円 @5千円
④7万円 @1万円
⑤覚野石油(株)上野町東9-5  072-438-0700 代表取締役社長 竹谷 正彦
1万4119円 100.06L @141
合計 26万4459円
これまで、2015年、2017年、2018年選挙でも最安値で、税金を最も節約している候補となっています。

当選 22521票
前田 将臣
27 男 大阪維新の会 新 無職
①市興企画 並松町23-20 423-3434 代表  佐藤稔行
41万2360円 @1120
③㈱日産レンタリース阪南 東大阪市高井田元町2-4-3 06-6789-0523代表取締役社長 北村 太作
大阪501わ8814 MAX
④ナシ
⑤㈱今本礦油 コスモ石油 小松里町840 445-0317 代表 今本治好
1万5309円 105.01L @143
合計53万8269円

この時点から税金ネコババな水増し詐欺請求を、㈱日産レンタリース阪南・堺中央店(堺区大町東4-2-1)キタムラ職員と共に行っています。
これは、永野耕平・市長が2015年選挙で使った手口を踏襲したもの。

永野家では、良子ママの守銭奴教育が、マキちゃんと耕平氏には特に染み入っているようだね。

14669票
山田 幸夫
69 男 自民 元 無職
①米川印刷所 貝塚市久保198-23 代表米川由太郎
③フクイオートサービス㈱ 土生町786 445-2100 代表 福井信行
和泉484み18 MAX
④MAX
⑤東石油(株) 上松町134 22-3069 丸紅エネルギー
1万2880円 92L @141
合計69万7700円

5996票
野口 徹
68 男 無所属 新 会社経営
①㈱夢工房 泉大津市我孫子131 0725-32-5196 代表辻合伸也
37万9641円 @1123.2
④8万4千円 @1万2千円
合計 46万3641円

車を特定せずに、運転手代だけを請求している。
野口氏は、2015年も含めて、いまだかつて看板を乗せた選挙カーを用意したことはありません。
青島幸男じゃないんだから、どの候補も「選挙、なめとんのか!」と怒ってますよ。
泡沫候補なので、相手してないだけで。

野口聖・元市長の親戚で、それを頼りに票も貰ってんだから、野口氏も指導しなさいよ。

市長候補もチラシ分を引き、市議換算して、安い順に並べます。
たかひら 正明 26万4459円 いつも最安値。 税金を最も節約しています。
野口 徹 46万3641円
前田 将臣 53万8269円 身を切るでなく、税をふんだくる、ですな。
信貴 芳則 68万6172円
山田 幸夫 69万7700円
西田 武史 70万1888円

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

岸和田市庁舎を現在地に建て替えることに、整合性がない理由

新庁舎についての建て替え地問題。

吉野富博・岸和田市町会連合会会長への借りを返すために、既に地域住民を含めて基本的合意を得ていた、福祉センターへの移転を反故にして、現在の場所への建て替えを電撃発言した永野耕平・市長。
まさに中身がない無脳の所業だと、市職員や議会だけでなく、寝耳に水だった多くの住民も怒っていることだろう。

今回は、これまでの議事録などから、この永野発言が、いかに整合性がないものかを検証する。

1.現在地は、津波避難区域である。
2018年06月28日:平成30年庁舎建替特別委員会
http://www.db-search.com/kishiwada-c/index.php/1927967?Template=doc-one-frame&VoiceType=OneHit&VoiceID=69684
より
2:◯坂井永二総務部長
津波からの避難につきましては、津波浸水区域にお住まいの方々に参加していただいたワークショップをもとにして作成しました岸和田市津波避難計画で、南海本線を越えて山側へ避難することを前提に、避難経路の設定と一時避難場所の想定を行っていることから、南海本線より山側なのか海側なのかで丸とペケの評価を行っています。

現在地は、津波の被害地であるとハッキリ示してますね。
そんな場所に、あえて新庁舎を建てるのは、どんな合理的理由があるのかね?
災害の拠点が下松町の消防本部にあるとしても、市役所本庁が津波に洗われていて良いわけがないでしょ。

そんな中身がない、流されてきた車などが柱に当たってヒビが入っている建物で、陣頭指揮をとる覚悟があるんやな、永野市長は。

自分も津波の来ない三田町でなく、「牧・永野」と書かれた、旧信金前の地上げ土地に、懐妊中の4人目の子と一緒に住んで、恐怖にさらされてから言え。

子作りしてる隙があるなら、3.11でどんな被害を海側の建物が受けたか、いくらでも映像はあるので、徹夜してでも見よ!

2.点数の引き上げ理由は、市民理解を得られるか?
2018年12月14日の建て替え委員会では、福祉センター77、現在地62で、15ポイント差で福祉センターで、勝負あった形となっていた。
ところが、2019年1月28日の同委員会では、67.041と67.208と0.167で、現在地が勝ってしまっている。

大きな点では、「現在地の跡地、売れない」であり、他にも「評価を詳細に検討した」と役場は言う。
それでも15ポイントもひっくり返るか?

しかも詰めの段階に入っている1ヶ月で。

12月14日には、「評価点の詳細を見てもわからんような資料出してくるな!」と、各議員から花田陽・公共施設マネジメント課長が責められ、一人で矢面に立たされていた。
そこには永野市長や、これまでも同委員会で答弁をしている土佐邦之・副市長も出席していたが、
議員も「委員会をなめとんのか!」といった発言を花田課長にはしても、
「土佐副市長、上席として、どんな指示出しとったんや! 責められる時は、部下に任せて馬耳東風か? 永野市長もそうや! 職責を果たさんかえ!」とは言わなんだ。

ここを突かんと、何で不十分な資料で委員会に臨んできたかわからんではないか。

それとも委員もグルで、「もっと詳細を示せ」=「現在地が勝つように数字を調整せよ」との意味だったか?
確かに議員は吉野連合町会長に媚びることで、各町会長から票がもらえる可能性があるしな。

委員会全体がそうではないだろうが、元々信用ならん議員ばかりなので、そのように勘ぐられても仕方がないのだ。

3.「1922年の市制施行以来、一貫して市政の中心地である」ことは、時代を越えた汎用性をもつか?
「昔のママで行け」というなら、その中心地と言えば「ものの始まり、みな堺」の言葉通り、堺を日本国の首都にするかと考えてみればよい。
都は京都だったんだから、皇居も京都御所に移すか?
蝦夷地なんか人が住めた場所ではなかったし、東北も琉球も今の日本国籍を持つ多数派が住んでいた地域ではないのだから、引き揚げるのか?

それとも泉南までを岸和田藩として自治体再編するのか?

そのような主張まで一貫して行い、選挙を経ているならば、その主張にも一定民主性はあろう。
しかし、市長選挙時、永野市長候補が市庁舎についての歴史などを、
市庁舎建て替えは、現在地でと、
どこで語ったのか?

ひたすら「中核市」との、市民を将来地獄へと誘う夢物語を語っただけでではないか。

こんなまさに民主主義を永野独裁でひっくり返すようなクーデターを日々やられて、黙ってられるか!

市民は今こそ、その怒りを形にして表さねばなるまい。

具体的には、2月5日~実施可能な永野市長リコールと、和泉市のように市庁舎の場所について、住民投票して決めることだ。

4月の統一選挙と同日であれば、費用も削減できる。

住んでいる人々の多くの合理的理由のある要望でなく、一部の権力者が好き勝手にルールをも捻じ曲げて決めた施策と、どちらを選ぶのかを、主権者である住民に直接問うて決めよ。
それこそが、維新が好きな「民主主義」というものだ。

ハシシタ氏も
2018年10月に上梓した、憲法学者の木村草太氏との対談本『憲法問答』の中で

「憲法は宗教本でも思想本でもない! 憲法というものはなんなのかを理解していない人たちが国会議員に多いんだと衝撃を受けました。 でも僕自身がそういう政治家を誕生させたんだから、衝撃を受けたって仕方がないんだけどね・・・・・・。 そこは反省しながら、でも憲法の基本を知らない人たちが今、国会議員をやっていて憲法を論じている。 びっくりします」

と、維新の国会議員が、議員としてどころか公務員としての「基本のキ」である憲法を知らないと「反省」している。

維新の息のかかった政治屋は、ホンマ、もういっぺん、公民の授業を受け直してから選挙に出てこい!!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

またもや天の声政治!岸和田市庁舎は今の場所に大どんでん返し決定!

「無脳」と私が評しているように、な~んにも考えることが出来ないようなアホボンが市長のような権力者になると、その力は赤子以上に狂った使われ方をするとの典型例が、またもや岸和田で行われた。

1月28日に行われた、庁舎建替え検討委員会。
私は行かなかったが、情報が入ってきたので速報としてお伝えする。

なんと、これまで野田町ありきで2018年に市民や議会に説明していた、その場所を今日になって、突然の大どんでん返しで、「今の場所で建て替える」と永野耕平・市長が断言した。

これには議員らも唖然とし、怒り心頭だ。

理由は、「もっぺん野田町と詳細に比較しなおしたデータ出せって、年末に委員会で言われたやん。 ほなけん、もっぺん見直したら、『この場所の跡地って、5Fまでしか建てられんとか縛りがあるし、売れんよねぇ・・・・』ってなって、点数が0.02とかの差になったわけよ。 だもんで、決定は市長のボクチンに委ねられたの。 僕って、何も考えたことがない人やん。 やけん、どっちゃでもええわと興味なかったんやけど、何や『今の場所にせぇ』とか言う人がいて、ほならそがいすっで、よいよ。 となったわけさ」
などと西から北まで各地の方言が入り混じって、決定されたようだ。

無脳の頭をなんぼ叩いたところで、シワがないどころか、脳自体が入ってないんだから、説明などできようがない。

確かに岸城町(南北)、本町での住民説明会では、「跡地どないすんない!」と言われておった。
https://www.city.kishiwada.osaka.jp/uploaded/attachment/67764.pdf
だが、本当の理由は、吉野富博・岸和田市町会連合会会長が反対したことだろう。

吉野氏は、「歴史、城、役場に多い岸高出身ではないが、岸城中出身者として、近くにあって欲しい」願いを常々語っていた。
「1922年の市制施行以来、一貫して市政の中心地である」とも言われる。
だが、逆説的には1922年の栄光をいつまで経っても引きずり、「昔は良かった」として無策のまま沈没船として海底に沈む将来を求め、それを次の世代にも押し付け続けるとの意味にも取れる。

今では小学生に訊いても、岡部氏ではなく「岩出建設が建てた」と言われてしまう(TV岸和田の宣伝効果による)岸和田城の前の二の丸交流センターを建設した際、吉野氏は城周辺整備協議会の会長であった。
吉野氏は1級建築士として、「二の丸跡は文化財調査があるので、それに備えて建物の軽量化せよ」と提案。
その「提案をした」自慢話は、町会どころかあらゆる場所で、彼の饒舌だが、何を言うているのかサッパリわからんマウスから喧伝されていた。

自慢ができた功績によって、吉野氏は、文化財調査に時間と銭がかかることを広めまくったので、現地での建て替えを提案すれば、二の丸交流センターの時と主張に矛盾が生じるにもかかわらず、現地建て替えを永野市長にプッシュしてきた。

他に委員会や本会議には顔を見せないのに、庁舎建て替え委員会では傍聴するその姿も、その圧力の一つ。
だが、吉野氏は連町会長として、月例の会議に諮っているのか?
私は出席する立場にないが、町会長らからそのような話は聞かない。

一体、吉野氏は、私人として傍聴しているのか、連町会長として傍聴しているのかどっちなんだ?
「私人として」と言うなら、それを分けられるとの主張根拠は何だ?

まさに、岸和田市特有の公私混同ぶりが、ここでも見られ、そんな力によって、市庁舎の場所選定すら変えられてしまうとの実例だ。

そもそも今の市役所の場所が、市の中心で南端にあるのも、泉南まであった岸和田藩の名残で泉佐野まで一体化して岸和田市となる話があったからこそ、岸和田市内でも中心部でなく、南端である今の位置に市役所をもってきただけのことで、今なら場所さえあれば東岸和田駅近くに移転するのが、住民サービスの観点からも適していると考える市民は多いのではないか?

そんな永野無脳を見透かし、自らが市長になれなくとも、この無能をコントロールすれば同じことかと悟りを開き、供託金没収~トな市長選挙出馬を取りやめ、永野応援に回る。
そのかいあって、永野市長になってからは、同年、議会に蹴られていた議員定数削減(26→24人へ)を決め、今回2度目のシュートも決める。

2019年統一選挙より岸和田市議会は、26→24議席に。 市民の声の市政反映ははますます遠く・・・
https://watchdogkisiwada.wordpress.com/2018/03/30/2019%e5%b9%b4%e7%b5%b1%e4%b8%80%e9%81%b8%e6%8c%99%e3%82%88%e3%82%8a%e5%b2%b8%e5%92%8c%e7%94%b0%e5%b8%82%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e3%81%af%e3%80%8126%e2%86%9224%e8%ad%b0%e5%b8%ad%e3%81%ab%e3%80%82%e3%80%80/
を読めば、吉野連合町会長の要求である定数削減が、何の根拠もない、単なる言いっぱなしで無策な政策だとわかるはずだ。

これは税金ネコババな永野市長の意味なき願いを叶え、議会にタカヒラを入らせないようにとの議会の願いも叶える武器にもなった。

連町会長と市長がタッグを組めば、そのタッグ名は「ヤノ奴隷ブラザース」とでも名付けるのか?
それとも「半グレの手下1,2」か?

しかも時期も無茶苦茶だ。
総務省は、熊本地震を教訓にして、耐震化が未実施となっている市町村の本庁舎の建て替え事業について、地方交付税で支援する「市町村役場機能緊急保全事業」を、2017年予算で新設しており、これを使うのだが、本来、「自前で一定貯金持っとけよ」だった建て替え費用を、
自前の基金取り崩した上で、
費用の90%を、市が「市町村役場機能緊急保全事業債」ちゅー債券発行して借金しても良い、
借金の75%を交付税としてあげちゃうもんね、
更に交付税とする金額について、その元金と利息の30%を必要な一般財源(基準財政需要額)として、計算してもええで、
と、これまでの
一般単独事業債として、借金の75%やったら、沙金してもええ、
でも地方交付税は国からやらん、自前でやれ
と比べると、ずいぶん緩い条件になっている。

耐震化後の本庁舎が、災害時に機能を継続するBCP(業務継続計画)に位置付けられることが要件なのだが、こんなことは言われんでも、中小含めてどこの企業でもやるわいって話で、この条件も緩い。
但し、2020年3月末までに、市と建設業者が、その図面見ながら工事内容と工事費用を確定し、工事請負契約を交わせる実施設計までは終わっとけよ。
詳しい条件↓
ということで、3月議会には7F建て新庁舎建設調査の予算が出されるはずだ。
議会の賛否はどうか?

移転ならば26議員の2/3(議長抜き17人)必要だが、現地建て替えなので、1/2(13人)で決定されてしまう。

これまで公表されている予定通りなら、2022~25年までかかって完成。
しかし、こなから坂を挟んだ駐車場に仮市庁舎をつくって、中身を引っ越しして、今と同じ場所に建った新庁舎に再度引っ越しって、その計画でいけるんかね?

野田町会も渋滞などの懸念はあるものの、一定理解は得られているようだったし、駅から近くなることは高齢化が進み、歩行に不安がある市民が増える今後にとっても、福祉センター前に移転した方が良かったのではないかと考えるのだが・・・・

そして、福祉センター前は売られていくのだろう。
ホテルならまだ良いとしても、どこに売られ、何に使われるのか?

これもしっかりと監視が必要だ。

資料:
岸和田市役所は1954年、新館は71年建設。
98年の耐震診断で、震度6強以上の地震で倒壊の可能性が高いと判断され、2011年から本格的に建て替えを検討してきた。

これが旧福祉センターと共に法定耐用年数の60年を待たず、45年程度で壁の崩れなど、ボロボロさが見えだしたのは、旧耐震であることもさることながら、岸工会事件の談合で建てられ、安い海砂をきちんと洗わずに使ったからとも言われます。

談合で建って、談合で場所が選定され、いずれ潰す仮庁舎も含めて談合で建てる手はずか?

まさに、銭とコネで腐った岸和田市政の本丸にふさわしいと、後世にも語り継がれよう。

岸和田市庁舎移転は、野田町の福祉会館で決定の模様。 http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/460520690.html

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

談合を合法化するプロポーザル入札を駆使して儲けに走る?維新

プロポーザル入札とは、主に業務の委託先や建築物の設計者を選定する際に、複数の者に目的物に対する企画を提案してもらい、その中から優れた提案を行った者を選定すること。

この手法自体は談合やイカサマ入札とイコールではない。
しかし、使いようによっては、イカサマを合法化するデコレーションとなる。

そんなプロポーザル入札というイカサマ入札が、大阪市でも使われていた。
「でも」というのは、ヤノ支配下の岸和田市で既に利権の温床となっていると私が警告しているからだ。
大阪市のそれも岸和田市同様、どんな提案が各企業からあったのかなどが、入札終了後も一切不明で、チャンピオンのものだけが公開される。
各企業を競り競わせ、より良い提案を求めるためにやっているのだから、新潟県魚沼市のように最終的には入札参加前企業の提案を公表すべきだが、それをすると談合が出来ないため、行政もぐるみで結果公開をしないシステムにして、談合を合法化している。

公募型プロポーザル方式における第2次(最終)審査結果 魚沼市
最終更新日 2016年04月15日
http://www.city.uonuma.niigata.jp/docs/2016032500027/

岸和田市でプロポーザルが、高額入札には行われ、低額なものは一般競争入札となっている。
これも、「高額事業でないと、談合しても利ざやを抜けないので、安い事業は公平・公正な一般競争入札にしているのか?」との疑念を市民にい抱かせる。

1.中学給食センターについて
岸和田市はなぜ給食センターを建設するのか?
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/436946782.html

財政破綻するほどの土建行政! 給食センター建設しなければ、給食無償化可能だったのではないか?
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/453140886.html

整いました。 岸和田公明の古紙&給食センター利権疑惑 http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/463695440.html

2.上松・山下住宅新築工事について
まだまだ土建屋様の城下町で、システムとして税金を土建屋に上納する岸和田市役所。
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/454618488.html

この手法を上手いこと用いて、大阪市が行ったのがこちら(元サイトには登記簿等もあり)。

某大阪市市有地払い下げ入札に疑問の声もーー「維新の会」との関係は?(上場企業も関与)
2019.1.17 22:28 山岡俊介
https://access-journal.jp/17265
より
政界関係者などの間で、昨年後半に大阪市が払い下げした土地の入札に関し疑問の声が出ている。
この土地、敷地面積は約2774坪、売買代金は80億円という大規模なもの。
それだけに、当然ながら入札形式を取ったのだが、関係者によれば、「応募は一社しかなかった。その場合、入札をやり直すのが通例だが、そのまま決まった」という。
また、「一般競争入札ではなく、プロポーザル形式だったから、市側が恣意的に業者選定をすることは可能」(前出・関係者)とも。

そうかと思えば、ある地元大手業者不動産担当者は、「普通なら入札の案内が来るはずだが、うちには来ていない」とも。
その大阪市の市長を15年12月から務めるのは、「大阪維新の会」公認で当選した吉村洋文氏(43。冒頭写真中央人物)。政令指定都市長の中では千葉市長に次いで2番目に若い。
その吉村氏、市長になる前には「維新の党」公認で衆議院選挙(大阪4区)に出馬し1期代議士も務めている。
そんなことからこの払い下げ、「維新の会」さらには松井一郎大阪知事、橋下徹前大阪市長との関係を云々する声さえも出ているのだ。

その疑問の声も出ている土地とは、大阪市北区の市水道局の元扇町庁舎などがあったところ。扇町公園のすぐ南側の一画(横写真の黄色囲みの駐車場)。
ここに地域にも貢献する医療ツーリズムにも対応した国際的な地下1階地上13階の総合病院(560床)を建てるというプロポーザル提案が評価されたとして、医療法人「医誠会」(大阪市東淀川区。谷幸治理事長)が落札した。

もっとも、医誠会は旧富士銀行の銀行店舗ビル管理から出発した不動産会社「ヒューリック」(3003。東証1部。東京都中央区)と業務提携し、下記写真の不動産謄本のように所有権のほとんど(100分の95)は同社が所有。なお、100分の1を所有する「仁厚医学研究所」(倉敷市)の代表理事も医誠会の谷理事長。

この医誠会、大阪府を中心に病院を15、介護老人保健施設を6つ経営している。そして、この医療法人の資産総額は約56億円。
「医誠会は維新の会と親しいという話が出ています。ですがこの医療法人の規模では、こんな大きな病院を作り経営できるのか? 22年開設を目指すというが、そもそも財政的に無理との疑問の声も出ています。

また、例え開設されても、周辺にはそれなりの規模の救急病院が3つあり、医療ツーリズムといってもそれだけで成り立つわけもなく、経営的にやっていけるのかという疑問の声も出ています」(北区の医師会幹部)
そうかと思えば、大阪市においては他にも大型施設建設の入札で市議会からも疑問の声が出ている件がある。

来る参議院選挙を控え、対抗する事情通の自民党筋が流しているとの情報もあるが、確かに疑問に思わないわけにはいかない点もあるだけに、今後の展開も含め要注目だろう。
(引用ここまで)

既に維新には、森友学園問題で籠池のオッサンの番犬となっている過去がある。

もろだし学園番犬な村上栄二氏の「自分から絡んできたのに、即ブロック!こそ逃げの常套手段」な話。
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/447804606.html

村上栄二(東淀川区)&市位謙太(淀川区)の維新合作、もろだし学園番犬の恫喝公式記録
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/449438102.html

森友が逃した府緑化補助金 交付先と維新のただならぬ関係 http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/452290925.html

森友学園問題って、元は維新だと再度言っておく。
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/458027602.html

森友学園番犬の維新(中川隆弘・府議)&自民(黒川治・兵庫県議)を示す出来事 http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/458940989.html

私学無償化も、それで公立を潰した後、私学に有利な金儲けに誘導できる展望があるように見える。

大阪府財政が維新に代わって更に悪化している事実と、維新デマへの反論 http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/448714996.html

維新がよく言う「平松市長時代に比べて、ハシシタ市長時代は教育費を5倍にした」とのさも維新が教育に熱心かのように思わせるデマの検証。
2011年度 平松市長時代:
こども青少年費 1687億円
教育費 980億2200万円
合計 2667億2200万円

2014年度 ハシシタ市長時代
こども青少年費 1713億1900万円
教育費 845億5600万円
合計2558億7500万円

ハシシタ市長時代となって、108億4700万円減。
トータルで4%ほど減っている。

もう一つ言えば、維新の教育改革で、大阪の校内暴力発生件数は全国1位になってます。

教員募集については、どアホノミクス同様、採用枠が少ないので、好況のように見えますが、応募人員は減少傾向です。
そりゃ、どこの不嫌悪試験も受かるのであれば、労働条件の悪い大阪府を選びませんわな。
大阪府/報道発表資料/平成31年度大阪府公立学校教員採用選考テスト志願者数(確定値)について
2018年6月22日 14時0分
http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=31244
では、
・志願者数:8,490名(昨年度9,809名)
・倍率:6.0倍(昨年度6.5倍)
となっています。

新人が入らない穴埋めをしていのは定年後の再任用教員か、講師です。

このように教育予算を削っている維新が、教育の下支えである公教育向上を考えているわけがない。

私学番犬として、つまみ食いしているだけです。

事業と教育、どの面を切っても利権や銭の臭いが溢れてくるのが維新だと、見抜いておかねばなりません。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今更ながらだけれども、市民が活かして欲しい東葛城小の小規模特認校化

今頃、2018年夏の話を書く。
自分でも事務処理能力が低い事は自覚している。
それでも、半年遅れもの遅筆ぶりには、笑うしかない・・・・

東葛城小学校の小規模特認校化の情報が、烏野隆生(自民)市議より寄せられたのは、相川から葛城山頂を回り、いよやかの郷へと抜ける道が、サイクルロードとして活用できないかを確認しに行った時のことだった。

このままやったら、来春から隣接2学年が16人以下となり、ひとまとめにされてまうやん!
と、今更気付いて、エライコッチャどないかならんのか?と騒いで、「小規模特認校制度を導入するしかない」ってなったもの。

遅い!ちゅーねん!!

早くに私はそれを指摘し、制度導入を提案していたのだ。

2014年第3回定例会(9月議会) 西田 武史(無所属クラブ)の質問より 小中一貫校編
https://watchdogkisiwada.wordpress.com/2016/04/22/2014%e5%b9%b4%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e5%ae%9a%e4%be%8b%e4%bc%9a%ef%bc%88%ef%bc%99%e6%9c%88%e8%ad%b0%e4%bc%9a%ef%bc%89%e3%80%80%e8%a5%bf%e7%94%b0%e3%80%80%e6%ad%a6%e5%8f%b2%ef%bc%88%e7%84%a1%e6%89%80/

この記事は、既に指摘や説明をした後の日に出てきたタケちゃんの質問を評したもの。

これ自体は、消されたアカウントのキャッシュをまとめた頃の日付となっているとしても、元記事は遅くとも2015年には書かれたものと推測される。

小規模特認校については、こう書かれる。
「和泉市では南横山小学校が特認校として、校区に関係なく全市域から生徒を集めています。
山滝や修斉小学校のように山間部に近い小学校を、そのようにすれば、山と浜の人々の交流が自然と生まれますし、間伐や獣害など山間部でのボランティアの人手も集まりやすくなるでしょう」

この時、プチ山村留学も提案している。

和泉市以外の自治体でも、どんな運営状況かと訊いたところ、実際には不登校の子が登校に向けて利用している例も散見されたりもした。
そのような想定を、岸和田市教委や東葛城小関係者がしているのかと問う必要があるとしても、「山間部に人をあつめよ!」「山と浜の交流を活発にせよ!」を、2015年選挙から提言し、これまでの3回の選挙では必ず毎日、大澤・牛滝と相川の2つの山間部の最高度集落を回り続けてきた私だからこそ、岸和田市でも小規模特認校が発足することは、素直に喜びたいし、山と浜の交流に期待したい。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

永野学園でも必ずあるが、隠蔽してんじゃないのか?な児童の性的被害

永野耕平・岸和田市長のパパ、孝男・元府議は、府議+世襲児童擁護施設の長年の運営+保育施設の運営で、単なる岸和田市議以上のBIGな勲章を楽しみにしていたのに、俺に傷害事件の被害を負わせて、それが遠のくのが、今の最大の悩み。

その後、永野学園職員全員集合で、VSタカヒラ対策会議をやったようだが、更に悪事はバレていくぜぃ!

それがこの「児童入所施設における児童館の暴力党権利被害案件に係る件数及び概要について」だ。
大阪府福祉部子ども室家庭支援課育成グループによって公開されたこの資料は、府下の25社会福祉法人における子どもの被害報告だ。

2009~13年の5年間で28件、2013~17年の5年間で22件の被害があるのだから、これは少なすぎる。

最近、児童入所施設内での性的被害だけでも、各施設の職員が集まって話す番組(確かNHK)で、全職員が「どこの施設でもある」と異口同音に発言していた。

それを裏付けるように、「みえ施設内暴力と性暴力をなくす会」が調べた三重県のデータでは、養護施設内児童間性暴力の数は、2008~12年の5年間に51件144人の児童が加害者、被害者になっていましたとわかっている。

三重県内の児童福祉施設における性的問題を伴う事故報告について
2016年3月11日 児童相談センター家庭児童支援室 若林美奈子 課長
https://mie-nakusu.org/wp-content/uploads/2018/04/d271adfd25f446a98eed609883b517aa.pdf

三重県より大阪府下の入所児童数は多いのだが、どの5年間を切っても、三重よりも件数が半分程度というのはどういうわけか?
これは施設が問題を把握しながら、隠蔽しているとも言えよう。

過去にもそんな事はあった。
2000/03/18(土) 毎日新聞ニュース 【児童虐待取材班】
<特報・性虐待>児童養護施設の指導員が女児に 園長が無策
より抜粋する。

京都市西京区の児童養護施設「積慶園」(古村正園長、入所児約60人)で、元主任指導員の男性が10カ月間にわたり入所女児の体を触るなど性虐待を繰り返し、園長が事実を把握しながら何の処分もしていなかったことが17日、分かった。施設が市へ報告したのは1年後で、既に指導員は退職していた。園長は報告を大幅に遅らせた理由を「指導員の将来に配慮した」と説明している。児童養護施設での性虐待では今月8日、「恩寵園」(千葉県船橋市)の元職員が強制わいせつ容疑で逮捕されたばかり。施設という“密室”で性被害が潜在化している。

◇相次ぐ児童福祉施設での性的虐待◇

児童福祉施設で保護された子供たちが職員らに性的虐待を受ける被害が最近相次いで発覚している。

1998年10月、鹿児島県内の一時保護施設の男性職員が、中学3年の少女(14)に自宅や車の中でみだらな行為をしたとして逮捕▽97年3月、島根県立の児童自立支援施設で男性指導員が担当の複数の少女に暴行やセクハラ発言を繰り返し、停職3カ月の処分▽96年4月、神奈川県内の児童養護施設で男性職員(28)が女児(14)をホテルに連れ込み、みだらな行為をしていたとして逮捕――などのケースがある。

児童福祉法に基づき、自治体は、児童の福祉に有害と認められる場合、法人に改善勧告や業務改善命令を出すことができる。だが、厚生省が把握している勧告は、園生を通学時や帰宅時以外、特定の部屋に閉じ込めていた神奈川県鎌倉市の児童養護施設(99年9月)など、体罰関連の4件にとどまる。

園生13人が施設を脱走した「恩寵園」の問題をきっかけに98年2月、児童福祉法が改正され、施設長が子供を注意する際、「身体的苦痛を与えたり人格を辱めるなどの懲戒権を乱用してはならない」との項目が追加された。また、厚生省は権利侵害が起きた場合は速やかに自治体報告させるよう通知を出したが、抜本的な対策にはほど遠いのが現状だ。
(抜粋ここまで)

そして、この公開された大阪府の資料では、どこの施設でこのような事件が起きたかも明かされていない。
つまり、「全てが永野学園で起きた事案」とも言えんことはないわけだ。

そんなことはなかろうが、永野学園も隠蔽していよう。
「そうではない」と反論したいのでああれば、どのような防止策をとっているかが説明できるはずである。

「できる限り銭をかけずに運用する=銭は永野財布に」が社是となっているような、子どもをネタに得た税金をマネロンするための打ち出の小槌として永野学園を利用してる経営者が、先進的な研修にコストをかけるはずなどない!と断言しておきたい。

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村