信貴市長の首を取れだと?  自分で市民責務を果たさないから、これまでコントロールされ続けてんのに、今度は俺がヒーローになるのはまっぴらごめん。

このところ、選挙の後片付けをさせてくれないほど、私への問い合わせなどが多い。
コメントで回答したので、それを元にネタとする。
多いのが、「信貴市長の首を取れ」要望。
私は信貴市長と組んでいないので、首を取ることはやぶさかではない。
しかし、その後の展開を考えずに行動はできない。
再選挙→西田市長&京西副市長&根来副市長OR維新市長→いずれにしてもヤノ排除は無理→信貴市長時代後半よりひどく、市庁舎移転などの巨額工事が土建屋に食われる→土砂崩れの後始末も鴻池組&維新&ヤノのネタとなる→被災者への補償などなく、検証もされずなかったことにされる。
となった場合、議会にいない私が、どう立ち向かうのか?
議会で、私のように立ち向かう議員は絶無だ。
主権者である岸和田市民が、立ち向かうのか?
後述するコメント主が匿名なように、同じ市民である私を盾に憂さ晴らしなのか、ヤノ応援か知らぬが、私を煽ってるだけでしかない。
このように自分で市民責務を果たさないから、これまでコントロールされ続けてんのに、今度は俺がヒーローになるのはまっぴらごめんだ。

私には私の行動指針がある。

それは説明する。
私を煽りたいなら、いつでも対面する。
その真意を私の行動指針と照らし合わせる程度の努力もせずに、岩陰から感情的なストレス発散はおよしなさい。
次は、私の方向性が狂った際に、私がヤノの座に座ることになるだけだよ(そんな方向性はないので、安心していただきたいけれど)。
私が議員になっても、私は私の内実をよく知る支持してくれる人たちにこそ、厳しく監視してもらいたいし、市民派議員の支持者は誰もがそうして、議員を育てている。
維新や、今の岸和田の議員らのように当選すれば、次の選挙まで後援会という天国が待ってはいないのだ。
本当に岸和田市民が、市長に怒っているのなら、苦情が10件程度と報道されるはずがないし、
怒りの声などが私の元にもわんさと寄せられるはずだろうが、それもないし、
「信貴市長辞めろ」集団の出没もない。
堺では、課長夫婦の個人的な市民情報流出について、「竹山修身市長は責任を取って辞職せよ!」と、増木重夫・元在特会関西支部長や、西川知己(維新 南区)堺市議(当時は新金岡の食べ放題焼肉 昭和ホルモン本舗 堺店オーナーの肩書)が、市役所前で抗議活動やっていたがね。
私が行くと、時間をずらしたりして、私に出くわさないように逃げまどい、Fbなどはブロックしまくっていたので、抗議行動に見えるようなカモフラ行動でしかなったが。
職員不祥事で、市長がやめて責任を取れとの主張なら、件数が多く、首長自らがはじめだした民間校長や教育長などの不祥事で、大阪府知事・市長が先にやめて、維新の潔さでも示してから言いなさい。
ともかく、自分で何もせずに、市民である私に何かせよと言う前に、自分でやるか、支持する議員でもやらせてみればよい。
西田一座が束になってかかっても、今の時点で市長は辞職せんだろうし、そこまで議員らも追い込めまい。
私と対面できるはずもないのであえて書いておく。
どうしてもやりたいなら、知恵ぐらいは貸すから、いつでもお越し下さい。
以下、コメントと私の返答。
1. 無題
by愛菜フリー…
11月28日 10:41
IP:36.12.66.102

信貴さん自分でやめるかな?

いまこそ、たかひらパワーであんな不正市長を辞職に追い込んでください。
こういうときこそたかひらさんの出番ではないでしょうか?
誰が見ても不正ですし、信貴さんに投票した人はさぞお怒りだと思います。
不正ハンターたかひら正明の背中には7000票余の期待が乗っかっています。
ここまで全国的な報道がなされてる案件です。
ここで立ち上がらなければ名が廃ります。
このままだとたかひらさんは「やっぱり信貴(革新系)には少し甘いんだな」と思われかねません。
あらゆる不正に立ち上がる不正ハンターに期待しての7000票です。
どうか岸和田の名誉を守るために、立ち上がって下さい。
よろしくお願いいたします。

長文失礼致しました。

たかひら:
>愛菜フリークさん

コメントありがとうございます。

私は、この“安い塗り絵”には乗りません。
なぜなら、
「信貴市長辞職→再度市長選挙→西田市長誕生&市議は選挙なく繰り上がりで、自民の山田市議誕生。
ヤノコーポレーション土建屋チームが、勝利。」
とすらならないからです。

最終的には、チームヤノが押しとどめたであろう、永野耕平・市長誕生となるだけです。

市長選挙やり直しをしても、西田票であった維新票は、永野票となります。

西田氏は、前田氏にすら1.7万VS2.2万で、5千票近く負けているんですよ。

辞職させる方法はあるが、再選挙でまたムダに税金を使うなら、報道で、マイナスからのスタートとなった市長の施策を更に厳しく、市民のためにさせるようコントロールさせて4年間頑張らせたほうが、まだマシ。

「メディアを使うなら、もっと上手く使え」と、チームヤノにはアドバイスしたい。

私は、維新市長が結果的に出現しても、それはそれで、私が議会におれば、止めることができるかもしれませんが、現状では、維新市長となれば、今よりトンズラしまくるだけなので、他の誰かが胴を取ってくれねば、弾切れですから、旗を立てるだけで終わってしまいます。

維新市長誕生の立役者として、適任なのは、前田氏でしょう。
永野一族への恩を返せる、絶好の機会じゃないですか。
現に維新筋からも、信貴辞職の依頼はありますし。

前田氏が、信貴辞職まで追い込めるかどうか、議員としての腕を発揮し、維新勢力がネコババだけではないとアピールすればよろしい。
新人?
同じ議員報酬を市民は払っているんですから、100年やってるベテラン議員も、今日登庁日を迎えたド新人でも、同じように仕事をしてもらわねば困りますねぇ。

前田氏は、信貴辞職だけでなく、財政破綻や土砂崩れについても言及できませんよ。
それをする気があるなら、選挙中でも私のように具体的な名前を出しているはずですが、彼の表現はすべて何を言っているか不明なものです。

知っていないのではなく、言えないんでしょう。

オヤビンの永野耕平・府議が、夏前から永野&松井2連ポスター貼りまくって、市長選挙出馬の気持ちが満々だったのに、ヤノらによって降ろされたのでしょうから、その敵を取ってあげれば良い。
永野氏は、市議会で行動できませんから、前田氏が場の使い分けをしてね。

2019年統一選挙時に「維新は、議会でやっぱり1年半、無駄飯を食っている!」と言われないための反論材料にもなりますしね。

永野氏にも夏から言っている通り、廊下を控室として与えられて、子犬のように寒さで震えるのが関の山だと考えている、私の推測を覆す働きを前田氏ができれば、「岸和田の維新は違う!」と見直しますよ。

絶対に無理だから、先に言っているだけ。

話を戻すと、
私は、どこかの組織の専従ではないので、仕事をして飯を食うていかねばなりませんし。
しかも、事件としての筋も弱い。

日田氏が、自分の身を捨てて、「○○町会長に5万、△△組織に5万、票取りまとめとして、配った」と言うのなら、話は別ですが、記者会見でも話したように「信貴&神谷憎し」で行っている茶番塗り絵は、信貴市長が「記載忘れてましてん、ごめんね」と言えば、刑事事件としても筋が悪すぎて、司法も動けない程度の事件です。
そして、そのような打ち上げ花火を上げるとすれば、ヤノ本体も火傷をするし、西田陣営も、「同じヤノが支援して動いているのに、今回はどうっだったのか?」と、問われるでしょうから、そんな花火は持っていたとしても打てない。

私が動く条件として、あげるとすれば、
最低でも

・司法が動く
・議会追及が厳しく行われる
・市民のバッシングが盛り上がる
のいずれかがなければ、ヤノの演奏(しかも楽団ではなく、笛一つのみ)に一人で、内田裕也氏よりも激しく、島田紳助ファミリーの高原兄バリに「ロッケンロール!」と、ツイストを踊るだけの、「たかひらは、やっぱりアホやったなぁ」と言われるネタだけをつくることになります。

私は既に信貴市長側に、西田氏が近隣自治体議員に突きつけられていた3広域事業について、やるように要望を始めています。

それと引き換えに、辞職運動は使えるかもしれませんが、当選後、1年間はリコールもできないような手足が縛られた状態で、司法も梯子すらかけてくれない、こんな筋の悪い事件を主になってやる理由がありません。

どなたかが、主となってやりだせば、そこに顔を出して、その組織の内情も含め、あぶり出しはしますよ。

ちなみに、私が出馬していなくとも、市長の確認団体「はばたく岸和田市民の会」は、私の手伝いを断ったはずです。
「岸和田民主市政の会」も。

そのように私は、是々非々で行動し、どこかの勢力だからと、一体となって隷従することはありません。

前述3条件のどれかを満たす事件については、既に準備中ですので、お楽しみに。

2. 無題
by女性 50才
11月28日 13:13
IP:106.130.214.43

四年以上も前の事をなぜ今頃暴露??
土建屋との決別宣言をされてから
ずっとこのネタを温め続けてきた日田氏じゃないですか?
どうしても土建屋系列から市長を選出しなければならない理由があるんでしょうね。
推薦を得た経過より、四年間の実績の方が市民には
大事じゃないですかね。

たかひら:
>女性 50才さん

コメントありがとうございます。

仰る通り、日田氏も出すなら、決別した昨7月に出すべきネタであり、タイミングが悪いですね。
しかし、市長選挙前に出せば、「ヤノお抱えの西田陣営は、そんなことやあんなことはしてないよね?」と探られますし、もし利益供与を受けている人がいれば、怖がって協力しないでしょう。

だからこそ、4年後は市民が忘れると踏んでの、このタイミングであったわけです。

市長選挙関連でも、まだ書けないネタが山のようにあります。
関連ネタが報道でもされれば、後追いですが、補足情報を出していきます。

ということで、私は神谷氏と3市議の買収事件ついて、刑事告発するので、自分たちで違法をしてきて、利権のために正義面するのと、市民のために税の使途を監視しているたかひらと、どちらの成果があるかを比べようじゃないか。

告発でもこんな田舎芝居をしていると、金権政治だけでなく、仲間割れを見せて、更に岸和田の恥を晒すことになる。

12月議会で、ヤノの追求もできん議員らは、ヤノの影に隠れて市民に石を放るような真似をせずに、消防、焼却場、葬祭場の広域化促進と、財政破綻と土砂崩れの原因と責任追求、再発防止をしっかりとやるようにと檄を飛ばしておく。

日田氏は、後生大事に4年前、宿院近くの割烹もち月 一味庵で金の受け渡した際の、駐車場の領収書を出してくるなら(法人の領収書保管期限は7年だから、物持ちが良いと言わないが)、
その爪の垢を国税庁長官に送ってあげたら、喜ばれるんじゃないの?
ガースーや、西田妻のちとせ氏パパが、白浜の先で後援会長をやっている和歌山土建業界のドン二階氏、2,3Fには空席も目立た千数百人の参加者を、会場キャパの1552席を超えて、1700人とチラシで水増しした11.9西田たけし決起集会にも来てた西村副官房長官や、維新の盟友、労働経験ゼロな“永遠のプー太郎”遠藤隆(維新)衆議員にも、その保管術を教えてあげればどうかね。

日田孝志・ヤノコーポレーション専務による、記者会見の背景。 VIVA朝日新聞

前回書いた、日田孝志氏による、猿芝居。
選挙結果が出た翌朝10時に、岸和田天神宮で、内部告発的な自爆ねずみ花火によるもので、面白みのあるネタではないが、メディアはやたら取材対象としているので、書いてみる。
表題の通り、これまでも“汚れ役”として、役所でも強面な日田氏と共に筆を執り、絵を描いたのは、朝日新聞の50代遊軍記者と見える。
会場を押さえたのは、部屋代負担も含めて、関空記者クラブ。
岸和田の管轄だから当然だって?
在阪TV各局も飛びついたんだから、大ネタじゃないの?
ならば、府庁記者クラブが出張ってくるようなもんだが、なぜか支局がお膳立て。
幹事社は、朝日新聞。
よくできた取り合わせだね(但し、会場を押さえたのは、別の新聞社とも言われるので、ダイレクトな関係とは言えないかもしれないが・・・)。
日田氏と親交のある記者の新聞社じゃないの。
なぜかしらね?
そして、27日朝刊でこのネタを取り上げたのも、朝日(と産経)。
いずれも署名記事じゃないね。
記者名が書けない理由があるのかね?
選挙前からこのネタは当然暖められており、西田落選を契機にビックリ箱から飛び出したネタ。
それは、信貴陣営にも記事になる前から知られていた。
朝日の取材も事前に受けているからね。
産経記者からも教えてもらっていただろう。
だからこそ、産経記事には、信貴愛を感じるように感じるのは、私の穿った見方か?
複数の記者も、そのように読めるようだけど。
自民系政治家と産経が仲良しなのは、整合性がある。
権力監視ができているのかとも言えるが、安倍友以外の政治家や公務員切りは、産経の得意技だから、私の思い違いかしら?
しかし、土建屋が朝日新聞と相思相愛では、違和感がある。
現実には、ハシシタ氏好きな朝日新聞だから、新自由主義マンセーと話が合うのかもしれないけれど・・・・
ところで、日田氏と言えば、池尻にあるリハビリの吉川病院前にある3F建ての空きビルとなっている日田重機が思い出される。
山手隣は、日田氏の家だしね。
親から受け継ぎながら、2008年2月8日には破産手続きが、大阪地裁岸和田支部で開始され、2010年8月4日には破産手続き集結。
1973年設立以来、40年足らずで寿命を終えている。
日田氏個人で言えば、ヤノコーポレーションの前身である矢野組工業役員に、日田重機破産の1週間前2008年2月1日に就任し、
ヤノコーポレーション専務としては、2010年10月20日に就任している。
日田重機と同じく1973年設立の矢野組工業は、2009年6月30日に解散するも、7月21日には、清算中の株式会社に清算の遂行に著しい支障をきたす事情がある場合または債務超過の疑いがあると見られ,裁判所の監督下において行われる特別清算手続が開始され、2011年1月11日、めでたく特別清算が集結している。
赤字会社は閉鎖して、新会社へと移行ねぇ・・・
本題はそこではない。
こっちだ。
日田重機.JPG
よく見てほしいのは、「公告をする方法」。
通常は、「官報に掲載する」だが、日田重機では、「大阪市内に於て発行する朝日新聞に掲載してする」とある。
新聞と言えば、日本経済新聞でしょ!
なぜ経済新聞でもない朝日に掲載するのか?
そもそも広告料金が100万円以上はする日刊紙なんて選択するのは、大企業だけだし、それも日経を選択する。
資本金が3600万円で、家族経営な日田重機が、官報と比べて料金の桁が2つ分違う日刊紙の、しかも朝日を選択する理由は何だ?
このように、日田氏と朝日新聞の関係は、周辺事情からも、親交の深さが伺えるね。
それとも入試の受験勉強用かしら?
追記:
複数メディアからの情報によれば、この日田“猿芝居”会見、池尻町、吉川病院前の日田重機山隣にある日田自宅への取材と、矢野繁和氏への取材は固くお断りしますって条件で、始められた。
それでも日田自宅に行ったメディアがあるのだが、やはり取材は断られている。
喫茶店など、別の場所での後日取材は受けているのでトンズラではないにせよ、「汚れ役」な裏から出てきて表の顔となった以上、半公人であり、「家に来んといて!」など、泣き言をよぉ言うわ。
その程度すらも腹を括られんのに、表に出てくるなよ。
京西氏ら西田一座の面々同様、日田氏もやはり恥ずかしい人物だと化けの皮が又剥がれたね。
「密着取材は、絵を描いて協力もしてもらっている、朝日の記者だけに限る!」
とでも、家に貼っておけばどうかしら?

信貴芳則・岸和田市長を擁護しない立場から書く、市長と自民党との関係について

選挙結果が出た11月27日(月)から始まった、信貴市長から、日田孝志・ヤノコーポレーション専務を中継しての神谷昇・自民党第18区支部長への100万円×2回の献金問題。
これについて私は、「本当の花火は隠して、線香花火を見せて、有権者の政治離れをさせただけの、子どもの喧嘩を、岸和田土建業界のドンであるヤノの看板で、よくも恥ずかしげもなくやるわ」との感想で、
「辞職させる方法はあるが、再選挙でまたムダに税金を使うなら、報道で、マイナスからのスタートとなった市長の施策を更に厳しく、市民のためにさせるようコントロールさせて4年間頑張らせたほうが、まだマシ」だと結論づけておく。
その上で、こぼれ話を何回かに分けて書く。
これは、信貴市長擁護ではない。
単に「敵の敵は味方」と外形上見えるだけの話であり、以前書いた公共事業でのヤノカラクリと同様、維新&ヤノ&日田連合の底の浅さを示すために書くものである。
1. 信貴市長は、自民党政治家か?
NO
確かに信貴氏は自民党員ではあるが、自民党政治家ではなく、市議時代にも自民党大会などへの参加はないと言われる。
だからこそ、推薦を銭で買う必要があったわけだ。
山田幸夫(自民)元市議を抑えて、市議時代の信貴氏は市長に出馬する。
その経緯は省くが、議会が“山田市長”誕生に、乗らなかったのは想像に難くない。
2. 誰が政党推薦を決めるか?
地域の支部長が、推薦を決め、それを総支部長は承認するだけで、NOとは原則言わない。
つまり、神谷氏に銭が渡っているなら、実質的に推薦を決めた鳥居弘司・支部長にも銭が渡らなければ、整合性がない。
しかし、鳥居氏の名前は、日田記者会見からは聞かれなった。
それにヤノコーポレーション岸和田駅前支店こと西田事務所には、神谷氏もたった1度、為書きを持っていく時だけしか足を踏み入れなかったほど、西田事務所の維新臭を嫌った神谷氏にこそ、西田陣営はどのように推薦を出させたのかを、説明する必要があろう。
私は、支部での出来事について、その出席者からも、そこから派生したネタが広がった先の遠藤隆(維新)衆議員筋からも、日田氏の功績を聞いている。
「日田流交渉術THE MOVIE」とでも題して、売れば、たいそう売れるんじゃないか?
正しくは、日田氏の背中にヤノを、その更に背中に何者かが見えた人だけにしか通用しない交渉術だが。
3. 神谷氏が、今回の選挙で、信貴市長に為書きを送った経緯
2013年選挙で、信貴氏は、自民党党員の増加を申し付けられる。
それはそうだろう。
山田氏には、党員がついていたのだから、そこにそっぽを向かれても上回る党員と党費が必要だ。
それを信貴氏は果たせぬまま市長選挙で勝つ。
神谷氏と信貴氏の仲が悪いのは、そこも要員の一つだろう。
今回は、その宿題である数百人の増員を、信貴氏はクリアした。
当然、組織によるもので、そのギルド集団である数組織からの要望を、市長となった後は聞くことになる。
その組織が支持している自民党も含め、組織に対抗できる市議はおるまい。
そうなれば、予算付は、その組織に有利に働き、議会のチェックはなされない。
せっかく土建屋を追い出しても、そのような組織に付け替えられ税は垂れ流される。
違うのは、健康関連のギルドの要望には、「用途が悪い!」とはなかなか言えないということだ。
2013年当時、日田氏が銭を神谷氏に送ったのは、党員の代わりとの意味でもあろう。
だからこそ、金が渡された5日後(10月4日と30日に100万円×2回渡され、11月4日に支部推薦が決定し、17日の告示直前、11日に府連が推薦決定)に推薦が得られたと言える。
追記:
11月29日付 毎日新聞朝刊では、このギルドについて、約280名×4千円=約112万円との記事が出たが、これは記者と打ち合わせて発表したものではないと確認しておく。
毎日新聞だけでなく、在阪報道各社と情報交換はしているが、このギルド集団ついて質問があった社はないので、毎日の独自ネタであろう。
より

 大阪府岸和田市の信貴(しぎ)芳則市長(56)が2013年の前回市長選で自民党の推薦を得るため現金を提供した問題で、今回の市長選前の9月、信貴氏と神谷昇・衆院議員(68)が、同党岸和田支部役員に、民間団体が集めた党費約112万円と党員名簿(約280人分)の提供を申し出ていたことが28日、同党関係者への取材で分かった。信貴氏は「選挙直前で支援がほしかった」と、推薦の要求だったことを認めた。

 推薦は通常、岸和田支部の組織決定を党府連が追認して出される。26日投開票の今回の市長選では8月、支部が現職の信貴氏への推薦を見送り、無所属の市議だった西田武史氏(52)への推薦を決めていた。

 関係者によると、岸和田市を含む同党府第18選挙区支部長の神谷氏が9月上旬、この役員に「話があるから来てほしい」と連絡。役員が同府内の神谷氏の事務所を訪れると、信貴氏や民間団体の関係者らがいた。

 神谷氏らは「ここに280人分の党員名簿と党費がある。受け取ってほしい」と役員に袋を提示。自民党員の年間党費は4000円で計約112万円となり、役員は「こんなことをされたら困る」と拒否した。「推薦を変更するための揺さぶりと受け取った」と、役員は取材に答えている。

 岸和田市長選を巡っては、信貴氏が前回選の直前、党の推薦を取り付けるために党支持者に200万円を渡したことが明らかになっている。この支持者は「現金を神谷氏に提供した」と証言しているが、神谷氏は否定。信貴氏は推薦を得て初当選を果たした。今回選では、自民の推薦を得られなかったが、再選した。

 神谷氏の事務所は、今回選に絡む推薦依頼について「そうした事実はない」とのコメントを出した。

安い絵を誰が描いたのか? 信貴辞職で西田市長を狙うだと? 子どもだましもええかげんにせぇ!

昨夜、開票され、私が落選した岸和田市議補選と同時開催の市長選挙。

終わった途端に、現職の違法な金の流れのニュース。

私の対立候補である維新&土建屋連合候補への強烈なバッシングで、ダブルスコアで勝ったのに(私は現職とセットとか、積極的応援でない)、ナンノコッチャですわ。

私が刑事告発予定の神谷・衆議員の買収ともども、「岸和田政治は、銭で動く」と、世間に印象づけられてしまいました。

13時に信貴事務所に初めて行くと、スタッフが「また連絡するので、今日は帰ってくれ」だって?
初めて来るのに、何だこの邪険な態度はと思っていると、記者会見をするとのこと。
喋らんから、様子だけちょい見させてくれと粘るも、断られたので、西田事務所へ。
机などを全て出して、ガランとした事務所跡に、西田武史氏がいたが、電話中。
俺の姿を認めて、事務所らしき部屋に入っていき、電話が終わっても、妻のちとせ氏と打ち合わせ。
森本安夫・後援会長も電話中で、しばらく待ったが、西田夫婦のお話も終わらんので、開いた扉をノックして、話しかける。
たかひら
「西田さん、お疲れ様でした。 政策の話をしに来ました」
西田氏
「俺はもうただの人や。 政策なら、京西や稲田市議に話に行ってくれ!」
たかひら
「たけちゃん、あんたは、そんな市議らの代表やったんやから、市議らに伝えてくれ! また出馬もありうるだろう?」
西田氏
「あんたに『たけちゃん』呼ばわりされる筋合いはない! 帰ってくれ!」
私を事務所外に出るよう促す西田氏。
事務所の外では、森本氏が話を引き取ってくれた。
たかひら
「俺が当選して、彼が落選したのなら、怒りはわかるが、俺も落選運動で、自分の票を削っているとわかっていても、やり続けた。 西田さんの人としての個人的な部分などを攻撃してはいない。 政治家・西田武史としての政治姿勢について、突いているのだから、選挙が終われば、政策面では是々非々で、共闘もありうるのが、政治家でしょう。 私は西田武史氏という個人に恨みはない。 それは私が批判しているどの政治家にも当てはまる。 だからこそ、ヒトとしてではなく、政治家としての姿勢だけを問題にしてきた」
森本氏
「私は理解するが、昨日の今日で、彼は混乱している。 今日のところは、引き取ってくれ」
森本氏とは、にこやかに談笑し、その場を離れた。
さて、夕方の各局報道などを見ると、なんと、日田隆志・ヤノコーポレーション専務が記者会見しているではないか!
なんで、俺を隣に座らせて、インタビュアーをさせんのだ!
十分に、日田氏の“汚れ”としての役割を、引き出したのに!
しかし、私のブログ読者にとっては笑止千万な、安い絵を描いたものだ。
西田事務所になびかなかった神谷昇(自民)衆議員と、信貴市長を同時に葬り去るつもりだろう。
信貴市長辞職→再度市長選挙→西田市長誕生&市議は選挙なく繰り上がりで、自民の山田市議誕生。
ヤノコーポレーション土建屋チームが、勝利。
塗り絵以下だな。
神谷氏は、自民党から切られても、信貴市長を追い込むにはネタが甘い。
味付け次第だが、日田氏はパイセンや組織に逆らえない真面目な面が出てるね。
マリオネットとしても約不足だな。
劇団東俳にでも、通ったほうがいいんじゃないの?
辞職をネタにするなら、海老で鯛を釣ろうなんて、手間を省いちゃダメよ。
私は、消防(泉大津市、貝塚市)、焼却場(忠岡町、熊取町)、葬祭場(貝塚市)との広域加入を突きつけて、辞職との二択を迫るがね。
いずれも信貴市長が首を縦に振らないことで、周辺自治体が困っている案件。
これを、信貴市長に飲ませるのが、本件での私のミッションだ。
葬祭場は、府下全域の公営葬祭場を知る葬儀屋が「すべて揃っている」という堺市の斎場をモデルとすべし(既に信貴を通じて、提言済みだが)。
私が議会に入られないので、非常に歯がゆいが、信貴市長の辞職となれば、私も望まぬ西田市長就任となる。
このチキンレースをどこまで行ききるかの見定めが必要だとしても、当初はトップギアで崖っぷちまで突っ込むよ。
仮に西田市長となっても、土建屋丸出しの姿が市民にも知られている以上、私も不正の抑制をやりやすいからね。
そう言えば、西田事務所で、横に大柄な男性に訊かれた「信貴市長と組んでいたのか?」と。
ブログ読んでよ。
「何べん言わすねん。 誰とも組んでないわ!」
今回の選挙。ヤノコーポレーションにすれば、大誤算の落選。
信貴市長が裏で糸を引いているたかひらの投入で、落選させられた。
かくなる上は、信貴市長と神谷衆議員の裏切り者二人をセットで政治的抹殺するためには、ネタ元として表に出てこない神谷秘書式ではなく、既にたかひらに言われまくっている日田専務を表に出して、捨て身の自爆攻撃に出た。
日田氏がパクられても、その後の保障は、ヤノが行うとの約束があるのが、丸見えだ。
日田氏はフィクサーではないけれど、笹川良一氏や児玉誉士夫氏が生まれる時代じゃないし、岸和田版茶番では、ウォーターゲート事件に遥かに及ばない。
小説のネタにもならんだろう。
私は、ヤノを追っていて、その裏の浅さが気になっていた。
カモフラージュかとも勘ぐったが、誰も逆らってこなかったとの驕りなのだろう、何重もの工作を施していないのだ。
臭いの元となりそうな物へも、薄い皮一枚で覆われているだけ。
カラクリがわかっても、それを立証するのは困難だけどね。
この岸和田の騒乱、原因は俺じゃないの?
たった一人の俺の破壊力に、市長や年収100億円を誇ったヤノグループが、てんやわんやだって?
堺では、維新議員の多くをネコババ議員とし、その後、市民の力もあって、一人を辞職にまで追い込んだ。
しかし、市長など役所本体や、議会のコアを破壊寸前まで揺さぶることなどできてはいない。
岸和田でのこの騒動は、
それだけ濁りと粘りのあるコールタールだったってことよ。
通常の自治体は、泥水だけどね。
26議員&市役所職員1300人連合軍VSたかひら
のハンディキャップマッチなのに、その屋台骨を図らずも私が揺り動かしている。
この程度の活動で、ぐらついてもらっちゃ困るよ!
そんな足腰の弱さも鍛え直して、民主主義の足腰を鍛えねば。
参考:
大阪・岸和田市長が200万円を支持者に提供 平成25年総選挙、自民推薦を依頼 – 産経ニュース
2017.11.27 05:05
http://www.sankei.com/west/news/171127/wst1711270010-n1.html
より
 大阪府岸和田市の信貴(しぎ)芳則市長(56)が平成25年の前回市長選で、自民党の支援を取り付けるために当時の支持者に200万円の資金を提供していたことが26日、信貴氏らへの取材で分かった。資金提供後、信貴氏は実際に自民の推薦を得て初当選を果たしていた。資金は自民側に渡ったとみられるが、関係団体の政治資金収支報告書には記載がないうえ、信貴氏側も政治資金として処理をしておらず、政治資金規正法や公職選挙法に抵触していた疑いがある。
 岸和田市を含む衆院選の大阪18区では、自民党の神谷(かみたに)昇衆院議員(68)=比例近畿=が衆院選前の9月下旬に岸和田市議ら14人に現金計約210万円を配っていたことが問題になったばかり。
 信貴氏は26日投開票された市長選にも立候補し、再選を果たした。産経新聞の取材に「金を渡したことは事実。認識が甘かった」と資金提供の事実を認めた。
 25年11月の前回市長選では当初、自民市議だった信貴氏のほか、自民の岸和田支部長も立候補を表明。支部長が党の推薦を得る公算が大きいとみられていたが、自民府連が「勝てる候補を支援する」として候補を信貴氏に一本化するという経過をたどった。

 信貴氏の説明によると、同年9月に開かれた同党の会合では推薦が受けられない方向で決まり、一度は「(立候補を)あきらめた」というが、選挙に携わっていた当時の支持者から資金提供を求められ、同年10月に2回にわたり計200万円を託したという。「『任せておけ』という話に乗って(金を)渡した」としている。
 信貴氏は「違法性の認識はなかった」としながらも「不徳の致すところであり修正すべきところは修正する」と釈明した。
 一方、岸和田市などを地盤とする自民党大阪府第18選挙区支部の収支報告書には、信貴氏側からの献金に一致する記載はなかった。
 政治資金に詳しい日大法学部の岩井奉信教授(政治学)は「献金の額や団体、個人名などを収支報告書に記載して届け出ていない場合、渡した側と受け取った側のどちらも政治資金規正法に抵触する」と指摘。さらに「地方選挙の候補者が自治体に影響力を持つ政党側に金品を渡して票の取りまとめを依頼していたとすれば、公職選挙法違反の買収にあたる可能性もある」と話している。

 ただ違法性があったとしても、同年の資金移動はいずれも公訴時効(3年)が成立しているとみられる。

より

 2013年11月の大阪府岸和田市長選を巡り、信貴芳則市長(56)が27日、記者会見し、自民党の推薦を得るため同党関係者に現金200万円を提供したと明らかにした。この関係者も同日記者会見し、現金は自民党の神谷昇衆院議員(比例近畿)に渡したと説明したが、神谷氏側は事実関係を否定している。信貴氏は政治資金として処理しておらず、専門家は政治資金規正法などに抵触する疑いもあると指摘する。

 「『おれのところであんばい(いい具合に)しちゃる』という人が現れ、委ねた。自民党の推薦を得るためだった」。同日午後、岸和田市内で開かれた記者会見。26日に再選を果たしたばかりの信貴氏は終始硬い表情を崩さず、自民党関係者への現金提供を認めた。

 信貴氏の説明によると、自身を含む2人の自民市議が市長選への出馬の意向を固め、13年9月ごろ、自民党内の会合で自身は推薦を受けられないことがいったん決まった。しかしその後、当時支持者だった男性から資金提供を持ちかけられ、2回に分けて計200万円を渡したという。

 現金の趣旨について、信貴氏は「自民党の推薦」が目的だったと説明。「個人ではなく、政党に渡る金だと思っていた」としたが、最終的な資金の提供先については「わからない」「彼に委ねていた」と繰り返した。

 この男性は建設会社役員で、同党岸和田支部組織部長の日田孝志氏(55)。日田氏も同日、記者会見し、信貴氏から市長選前の13年10月、現金200万円を受け取り、同市を含む同党大阪府第18選挙区支部長の神谷氏に渡したと証言した。

 そのうち100万円は、13年10月4日、堺市内の料亭で「封筒を座布団の下に入れ、神谷氏に渡した」とし、同30日にも大阪市内のウナギ店でさらに100万円を渡したという。

 神谷氏の事務所は、信貴氏から日田氏を介して神谷氏に現金計200万円が渡ったとする日田氏の証言内容に対して「指摘の事実はない」と否定している。

 信貴氏は翌11月の市長選に自民などの推薦を受けて初当選した。

 一連の現金の支出は、信貴氏が13年12月に市選挙管理委員会に提出した選挙運動費用収支報告書や、13年の関連政治団体の政治資金収支報告書には記載されていない。不記載の理由について、信貴氏は「急な出馬で忙殺され、失念していた」と釈明した。

 政治とカネの問題に詳しい岩井奉信・日本大教授(政治学)は「収支報告書への不記載は政治資金規正法に抵触する可能性が高い」と指摘。一方で、「党内で推薦を得るために現金を渡しただけでは、公職選挙法が禁ずる当選を目的とした買収行為とまでは言えない。現金のやり取りの際に、票の取りまとめなどを依頼する趣旨が含まれていたかどうかが問題になる」と話している。

今回のたかひら選挙運動についての検証と成果。

7316票もの大きなご支援をいただき、ありがとうございました。
 
敗因は、岸和田市民が、初めて見るネガティブキャンペーンに、えげつない・品がないとして、市民が引いたのだと想像できます。
 
しかしそれによって、西田ファミリー&土建屋連合を阻止できましたし、ヤノコーポレーションも表舞台に引きずり出され、責任問題を自ら被災された方々にもちかけるようになって来たのが、成果だと考えています。
 
財政破綻を知りながらも、西田&維新陣営が、新しい票を掘り起こしながら、ほぼ7割もの市民が投票 に行かなかったのは、あまりにも無関心が過ぎますが、これも市政への関心を持たせないようにしてきた議会と役所の企みが、まだ岸和田では有効であるとの証左です。
 
それでも、これから私は市民に市政報告を続け、岸和田に民主主義をもたらす一翼を担っていきたいと思います。
 
 
今回は、統一選挙でもなかったので、多くの市民派議員が岸和田まで来て、私の応援をしてくれました。
 
また、街角で話す度に、応援の声をかけていただいたことは、「アカンもんはアカン!」と、まだまだ岸和田では言いにくいクウキであるということであり、その代弁を私にしてくれと託す 声だと受け止め、もっともっと市民への報告の機会を増やしていかねばならないと、ケツを叩かれた気持ちです。
 
市長への方向性は考えておりませんが、今回の市長選挙で、市長にワンコイン医療の中3から高校卒業までの延長、国保や介保料金の値下げという私の政策を公約にさせることができたのは、大きな成果です。
 
2019年4月の統一地方選挙まで、議会や役所を安穏とさせ続けないよう、追求や改善をもっともっと厳しく行っていきますので、どうぞ応援よろしくお願いいたします。
ちなみに、バカ負けして選挙に行かなかった人々の間では、「ヤノと川口の土建屋の利権の取り合いやろ」と言った声も聞かれます。
市長は、選挙前、私にも「ヤノは切った」と告白していますが、必ず、ヤノは岸和田市の税金という利権を貪るために舞い戻ってきます。
現在の議会では、誰もヤノに太刀打ち出来ないどころか、京西・稲田など土建屋や右翼、脱税犯罪者連合に支援を受けた市議らに恫喝され、公に名前すら出せないでしょう。
オンタイムで追えるかどうかはわかりませんが、これからも各方面より情報を得て、土建屋の不当な利益を告発し、市民周知し、税をムダに垂れ流しさせないよう、監視の手を緩めません。
より

土木・建築業の川口建設(株)は、受 注した2件の工事において、建設業法第7条第2号及び第26条第3項の規定に違反して、営業所における専任の技術者を当該工事現場に専任の主任技術者とし て配置した。 このことが建設業法第28条第1項に該当すると認められるとして、平成24年2月10日、建設業許可部局より、監督処分(指示)を受けた。

よって、近畿地整は次の通り指名停止措置を取った。
 
指名停止業者 : 川口建設(株)(大阪府岸和田市藤井町2-20-5)
指名停止期間 : 平成24年3月7日から平成24年4月6日まで(1ヶ月)
指名停止区域 : 近畿地方整備局管内
成果:
・市長が、私の政策を公約として取り入れた。
市長は、選挙前になって「ワンコイン医療の中3から高校卒業までの延長」を、選挙戦中には「国保や介保料金の値下げ」を公約化し始めています。
これは、私が、直接市長に(公の場であり密談ではない)「どこに政策の目玉があるのか? 応援していた堺市長がやっているその手前のことぐらい取り組め!!」と、指摘をしたからであり、これに、いつも後追いして、手柄にしたがる共産や公明からも
・ヤノコーポレーションの虚像が剥がれた。
物を言えば「撃たれる」だの「谷に埋められる」だのと言われていた巨大な権力に、真っ向から立ち向かったが、私はピンピンしている。
ポスター破りや、コメントで嫌がらせがあった程度。
まだまだ岸和田では、表立って、自由に物を言える雰囲気が形成されておらず、私が岸和田市議会のルールと称する「女・子どもは黙っとれ!  俺を誰やと思てんねん!  俺(議員など)はエエけど、お前(市民)はアカン!」が幅を利かせています。
今後とも、「アカンもんはアカン!」と、誰もが言えるクウキに変えていく努力をしていきます。
・ヤノが土砂崩れ賠償の話を持ちかけている動きがある。
私が、「岸和田土建業界のドン、ヤノグループによる、人災土砂崩れ」と言いまくったおかげで、ヤノも遅まきながら顔を出さざるを得なくなっています。
それでも、未だにヤノの名前を出している岸和田を選挙区とする政治家は皆無ですが、メディアも後追いするであろう、ヤノや土砂崩れにまつわる問題に、怖がって取り組まないのであれば、政治家などはじめから志すべきではありません!
・私を盾としてでも、不正追求への協力者が何人も現れた
私の情報は、西田や維新内部からも寄せられています。
面従腹背で、「敵の敵は味方」との考えからかもわかりませんが、裏取りしても確かな情報がドンドン寄せられ、私に公開されることによって、今後も様々な不正はやりにくくなるでしょう。
「残念だったが、次も頑張れ!」
と、顔の見える方々からたくさんメッセージも頂いております。
また、維新支持者からも選挙中に「今回は維新が勝つが、あなたは必要な人だから、必ず統一選挙で議会に入ってくれよ!」と、言われております。
維新候補者として当選した前田氏が、今の財政破綻や土砂崩れ問題を追求できるはずがないので、力を貸してやってくれとのメッセージだと受け取っています。
前田氏の親玉の永野耕平(維新)府議からも、選挙中にローソン駐車場から深々と頭を下げてもらい、“お願い”されています。
当の本人である前田氏は、選挙中にFbで私をブロックしていますが、議会控室で話を聞こうと思っております。
あ、一人会派で、「控室をよこせ!」とは言えないでしょうから、「議員控室」ではなく廊下でしたね。
最後に、匿名で石を投げてくる輩からも挑発コメントが寄せられているので、私の返信と共に紹介します。
1. 維新信者とハッキリわかる人からのもの
ねずみ 小僧
落選おめでとうでやんす。
他人のことをとやかく言う前に自分自身をよく見直してみ!

結果が全てでやんす。

岸和田市民に7316票も投じたお頭の賢い人達がいてビックリでやんす。
たかひらの捏造情報に騙されて哀れよのー

先の見える落選?
平成27年4月の市議選でも1227票で今回の補選で10000票を超えれんという落選では先は無いでやんすね。
その事くらいは理解してんでやんすね (笑笑)

今後二度とほざくなよ

不屈の立憲主義、たかひら正明と見つめる岸和田 :
トンズラ一味らしく、ドブ「ねずみ小僧」のネーミングで、書き込み後、すぐトンズラの姿勢、笑わせてもらいました。

さすが、維新の支持者!

これからもたかひらは、議会や役所の不正を、具体的に名前を出して改善していき、街角で報告もしていくので、どうぞ対面でお待ちます。

維新の税金ネコババ政治家も、帯同して面を上げぃ!!

2. どんまい by高橋
11月26日 23:13
IP:182.165.43.102

市役所職員に他に市民が待ってるのに不憫なクレームをつけるような奴が当選するはずないやろ笑
ざまぁ。

たかひら:
>高橋さん

コメント、ありがとうございます。

不憫なクレーム?
そんなクレーマーであれば、行政対象暴力として処理されて終わりですよ。

私によって、役所も情報公開を進めざるを得なくなり、市民対応も変わってきています。

現在の市議らの方が、恫喝を使ったクレーマーでしょ。

和泉市などでも行われている、要望等記録精度で、議員要望や恫喝を職員が記録するようになれば、その恫喝は止まるでしょうね。

但し、その場合、議員の仕事はなくなるんじゃないですか?

3. 万歳
byあ
11月26日 23:26
IP:106.181.83.106

たかひらさん落選おめでとうございます。

たかひら:
>あさん

コメント、ありがとうございます。

ありがたいエールだね。

私は、例え西田氏や維新が落選しても、そうは言わんけどね。

彼らのマリオネットぶりがよくわかっているし、個人として西田氏や前田氏に恨みがあるわけじゃないからね。

政治姿勢についての追求だからこそ、すべての政治家と話せるチャンネルがあるんだけどね。

4. 無題
byあー
11月26日 23:52
IP:106.181.83.106

他人のあら探ししかしてない人が議員にならなくてホッとしてます。あなたは何がしたかったのでしょうか?

たかひら:
>あーさん

コメント、ありがとうございます。

政治家としての責任追及と、個人的なあら捜しの区別もつかぬような、あーさんは、姿を隠さないと私と対話もできないんでしょうね。

まさに、あなたが推しているネコババ議員らと同じ姿勢を、読者にわかりやすく露呈していただき、ありがとうございます。

いつでも、どんな議員とでも公開対話しますので、「あら捜し」に反論してくるよう、言ってくださいね。

5. 無題
by市民
11月27日 00:49
IP:106.181.83.106

どんなけポジティブ思考やねん。アホ丸出しやんけ笑

たかひら:
どうぞ、あなたが首根っこ掴んで、陽ノ本へと連れ出してあげればよろしい。

いつでも、公開対話しますよ。

岸和田市議補選、たかひらへの応援、ありがとうございました。 先の見える落選でした。

私への応援、ありがとうございました。

結果は、維新や自民の政党に負け、3位でした。

ポスターを貼っただけで、何もしなかったと言ってよい野口候補とも差がなかったのは、私の強烈な西田叩き、維新叩きに、ネガティブキャンペーンを見たことのない岸和田市民が、引いたことが原因だったと思われます。

辻立ちでは、メチャクチャ反応が良かったので、期待をしており、この数字は少ないような気がしておりますが、西田候補以外への票も私でなく維新へ行ったのだと考えられ、そうであれば共産票や公明票も含めて維新に投票なされたのかと、複雑な気分です。

すぐにでも、神谷・衆議員の買収問題で、刑事告発を行う予定であり、同時に貰ったが返した岸和田の自民3市議も、受け取った時点で既遂行為として、告発する予定ですし、議会に入った維新議員を主体に、議会と行政を厳しく監視していきます。

次の統一選挙では、当選を目指して、選挙中は、自分の宣伝に力を入れるようにします。


市議補選(定数1)
前田 将臣      大阪維新の会    22,521
山田 幸夫    自由民主党    14,669
たかひら 正明     無所属    7,316
野口 とおる      無所属    5,996


合計    50,502
無効票    4,081
不足票    6
投票者総数    54,589


市長選
しぎ 芳則     無所属    31,831 現職が2期目の当選
西田 たけし     無所属    17,745
吉野 とみひろ      無所属    4,394

合計    53,970
無効票    649
不足票    1
投票者総数    54,620

だんぢりを愚弄し、岸和田を“北朝鮮”呼ばわりするのが、西田市長候補陣営流の岸和田を見下げる発言。

税金ネコババな西田一座だが、岸和田以外から応援に来る政治家もまた、質が悪い。
私も色々な選挙関係の催事に行くが、西田陣営頼みの綱の維新、自民などの陣営でも、選挙区を馬鹿にする発言を繰り返しするようなものに出会ったことがない。
まさに、他所から来て、岸和田をバカにして、西田市長誕生となれば、次はその応援者の配下に入れてやるぞよとの、殿様気分な応援者に、西田陣営が、岸和田の有権者を足蹴にしてでも、土下座をしているとよく分かる。
① 11.9 浪切大ホールで行われた、西田たけし決起集会でのだんじり愚弄発言 BY松浪健四郎・元自民衆議員
ブログに書くのが、全く追いつかなかったが、私は、10.21事務所開きと、決起集会に参加している。
事務所開きでは、私の聞いたところ、岸和田を愚弄する発言はなかったが、浪切では、2度に渡って、岸和田市民をバカにする発言があった。
西田弟の仲人まで努め、家族として付き合いの長い、松浪氏。
岸工会事件で、土建屋を市が優遇する談合がバレ、原昇・市長誕生に一役買った中澤市長についても、
「1928年アムステルダムオリンピックに出場し、棒高跳で6位入賞を果たした」ことをもって、西田氏のアメフト歴とつなげ、「スポーツマンに悪い人はいない」と、西田応援のつまもだったようだが、それなら、私の指摘に反論してみるがよい。
西田ファミリーと、談合組織な岸工会については、西田事務所まで解説したにも関わらず、西田一座から反論は全くなく、私の指摘が真実だと認めざるをえないようだ。
そんな、談合土建屋すら持ち上げる、松浪スポーツマンシップは、同じように汗を流し、それも個人のためでなく、地域の伝統ためでもある、だんぢりについて、侮蔑する感覚らしい。
そりゃ、オリンピックに出るような選挙を育てれば、利権も絡んでくるが、だんぢりをいかに持ち上げても、松浪理事長の日本体育大学にだんぢり種目などなく、何も美味しくないからねぇ。
発言はこうだ。
「だんぢりは、何日やるねん! 年に2、3日でしょ。 そんなだんぢりより、活力ある魅力ある街をつくれ! (西田氏は)そんな街をつくってくれる」
いやいや、松浪パイセンの地元、泉佐野にもだんぢりがあるから、わかるでしょ?
それとも東京住まいが長くなって、地元の泉佐野までバカにするようになったのかしら?
だんぢりの段取りするのに、どれだけの人々が、年中ずっと汗をかいているか、だんぢりのつながりがどれだけ地域の顔の見える関係づくりに寄与して、普段の街づくりや、防犯や防災など生活に密着したコミュニティづくりにつながっているか。
西田氏を持ち上げて、市民を落とすなら、「西田殿様の城下町を、ヤノコーポレーションのような土建屋の傀儡としてつくる!」と言ってるのと同じだとわからんのかね?
② 同じく浪切での岸和田を“北朝鮮”と発言した、杉本太平(自民)府議
選挙運動員として政治家になっている(仕事もせんので、税金ネコババか、選挙応援しか存在価値がない)維新と、遠方の地で出くわすことも多いが、その地域の問題を問うと、「わかりません」と逃げ続ける。
堺市長選挙のような、新聞に載るような大きな自治体の問題でも、「水道代が高い」とか、「借金が多い」などのデマを振りまきまくるだけで、政策質問には「堺の事は知りません」とトンズラし続けるなら、政治家としてよくも恥ずかしげもなく来るものだと、常々思う。
そんな維新勢同様、杉本府議も、和泉市が選挙区なのに、岸和田のことも和泉のことすら知らんようだね。
発言はこうだ。
山直・磯上線を指して「38度線」と揶揄。
「友人が、“38度線”と言っている。 和泉は煌々と明かりが灯り、かたや岸和田は・・・・」
和泉中央は開発されていると言いたいのだろうが、和泉の事情も知ってるのかいな?
私のブログでも読んで、勉強したらどうかね?
より
岸和田市:
神谷・代議士は、「道と鉄道を同時にやれ」と、和泉中央のトリヴェール開発のイメージで一貫して主張している。
しかし、URも大開発しないようになっている。
泉北高速鉄道もある(しかし、乗降客数は年々減少)ニュータウンと、岸和田市の通常の集落を比べるなら、和泉市内でニュータウンでない山手の地域と比べて、「横山地域は、暗いですねぇ。 堺泉北環状線は38度線と、私の友人も言ってます」とでも言えばよい。
全国、どこの住民も、自分の居住地域がニュータウンいなることを望んでいるとでも思っているのか?
ならば、なぜ、若者や子育て世代などがUターンだけでなく、Iターンし、リタイヤ後の田舎暮らしが話題になるのか?
その時点で、勉強不足を露呈しており、政治家失格だがね。
③ 11.19告示日 西田出発式での松川るい(自民)参議員による「岸和田は北朝鮮」発言
さすがに告示日は、西田チェックに行けなかったが、参加者からの情報によれば、このような発言があったとのこと。
これは、②の杉本発言の発展系か?
選挙:岸和田市長選/岸和田市議補選 告示 市長選に3氏 子育て施策など争点 /大阪 – 毎日新聞
2017年11月20日 地方版【山下貴史】
より
 西田氏は午前9時から同市宮本町の南海岸和田駅前の事務所で出陣式。推薦する自民の柳本卓治、松川るい両参院議員に加え、日本維新の会の遠藤敬衆院議員らがあいさつ。松川氏は「(自民と維新が)一緒に応援することは大阪ではめったにない。でも、それが今必要な状況に、岸和田市政があるということだ」と述べ、約300人を前に呼びかけた。

 市議を2期務めた西田氏は「これまで一貫して市の財政と教育の危機を訴えてきた。この二つを立て直さない限り、子供たちの将来は明るくない。命懸けで改革を突き進めたい」と力説。「停滞から再生、そして前進。泉州で一番だった岸和田をもう一度取りに行く覚悟だ」と訴えた。

(引用ここまで)
各陣営の出発式の様子について、最も詳しいのが、毎日新聞なのだが、流石に「岸和田は北朝鮮」発言までは載せられなかったようだ。
この「維新と自民が、大阪で手を組む理由」として、示されたのが、「岸和田は北朝鮮」発言。
これら3例だけを見ても、維新&土建屋合体の西田陣営には、絶対に投票してはならないと、わかるだろう。
 西田氏は午前9時から同市宮本町の南海岸和田駅前の事務所で出陣式。推薦する自民の柳本卓治、松川るい両参院議員に加え、日本維新の会の遠藤敬衆院議員らがあいさつ。松川氏は「(自民と維新が)一緒に応援することは大阪ではめったにない。でも、それが今必要な状況に、岸和田市政があるということだ」と述べ、約300人を前に呼びかけた。
 西田氏は午前9時から同市宮本町の南海岸和田駅前の事務所で出陣式。推薦する自民の柳本卓治、松川るい両参院議員に加え、日本維新の会の遠藤敬衆院議員らがあいさつ。松川氏は「(自民と維新が)一緒に応援することは大阪ではめったにない。でも、それが今必要な状況に、岸和田市政があるということだ」と述べ、約300人を前に呼びかけた。
 西田氏は午前9時から同市宮本町の南海岸和田駅前の事務所で出陣式。推薦する自民の柳本卓治、松川るい両参院議員に加え、日本維新の会の遠藤敬衆院議員らがあいさつ。松川氏は「(自民と維新が)一緒に応援することは大阪ではめったにない。でも、それが今必要な状況に、岸和田市政があるということだ」と述べ、約300人を前に呼びかけた。
 西田氏は午前9時から同市宮本町の南海岸和田駅前の事務所で出陣式。推薦する自民の柳本卓治、松川るい両参院議員に加え、日本維新の会の遠藤敬衆院議員らがあいさつ。松川氏は「(自民と維新が)一緒に応援することは大阪ではめったにない。でも、それが今必要な状況に、岸和田市政があるということだ」と述べ、約300人を前に呼びかけた。
 西田氏は午前9時から同市宮本町の南海岸和田駅前の事務所で出陣式。推薦する自民の柳本卓治、松川るい両参院議員に加え、日本維新の会の遠藤敬衆院議員らがあいさつ。松川氏は「(自民と維新が)一緒に応援することは大阪ではめったにない。でも、それが今必要な状況に、岸和田市政があるということだ」と述べ、約300人を前に呼びかけた。