岸和田市民体育大会として開催される空手道の試合、市民、誰もが参加できるようになりました。

https://ameblo.jp/s/embed/reblog-card/takahira-masaaki/entry-12367689530.html?reblogAmebaId=takahira-masaaki&isLightPreview=true

↑でお知らせした、岸和田市民体育大会の岸和田空手道連盟(岸空連)による試合&大阪府空手道連盟の予選を、オープン参加ができるようになり、市民、誰でもがルールに則って試合に出場できるようになりました。

これは何年もの懸案事項として、子どもたちが試合に出場できないと困っていた方々のお話もあり、「市税を投入しているのに、市民である岸和田市の子どもが参加できなのはおかしい!」として、交渉したものです。
https://ameblo.jp/s/embed/reblog-card/busyoukan/entry-12360680656.html?reblogAmebaId=takahira-masaaki&isLightPreview=true

結果、今秋の大会より出場できることになった一方、子どもの安全のため、場外にマットが必要なので、マットがない中央体育館でなく、総合体育館だけでしか試合をしないことと、岸空連会議で決めたため、中央体育館で開催している春の大会を取りやめるとの話。

これもおかしな話で、そもそも大阪府大会に春の大会は予選として間に合わない状況ですから、日にちをずらしてもいいわけです。

しかも、岸空連同様、岸和田市体育協会所属の他の競技で春秋の2回試合をしないものはありません。

ですので、今後は、総合体育館を使える日程調整をして、岸空連も他競技同様、年間2大会やるよう働きかけます。

これで交渉を止めると、「たかひらが無理やりオープン参加しにしたので、大会を秋しか開けなくなった」との噂がバラまかれかねませんから。

前述した『岸和田空手道連盟のスカンクトンズラを追い詰め中!!』では、「たかひらが、ヤクザを連れて春の大会会場に乗り込んで、岸空連役員を恫喝し、それを見た子どもたちが怖がった」との噂をバラまかれています。

それについても既に反論しているところですが、原則、私は非暴力であり、交渉には一人で行きますし、恫喝を用いた交渉はしてませんので、そこんとこヨロシク。

大阪府予選について、大阪府空手道連盟にも確認しており、「寝屋川や東大阪でも同様のオープン参加にししていて、そこで勝ち残れば、よその流派だろうが大阪府大会にも出場させるしかなく、大阪府大会で勝てば、全国大会にも出場となる」とのこと。

但し、まだ他流派の子どもが大阪府大会に出られる順位になったことはないそうですが、チャンスは広がりましたので、子どもたちに流した汗が報われる大会にしていきましょう!!

広告

違法看板を撤去させました!

2016年のネタだが、アカウントごと消えてしまっていたので、再録する。

 

岸和田市で公道に設置された井舎英生市議と稲田悦治市議の違法看板を撤去させた話。

春木の駅下がり、春木若松町の泉州池田銀行前に、こんな看板あったの覚えてませんか?

これ、私も気になっていましたが、フェンスが市のものですねん。

この違法議員は、それを知った上で、「市のもんやったら、俺のもんやろ!」として看板を取り付けていました。

撤去済み 若松町 (1)_R.JPG

撤去済み 若松町 (2)_R.JPG

 

私は先ずフェンスについて、誰の品物か、仮に私有物だとしても許可を市が出しているか、無許可設置かを調べました。

その経緯については、建設管理課からの回答を引用します。
「6月8日に財政課より、たかひら様からのメールを受け取り、確認したところ、市の施設に両議員の看板が設置されておりました。
その日の夕方に、両議員に連絡をとり、看板の撤去を依頼しました。

6月9日・6月11日 両議員より、撤去した旨の連絡がありました。
上記が6月8日からの経過であり、以上のとおり回答いたします。」

ということで、
建設管理課はフェンスが設置されている泉州池田銀行春木店前のKさんと、春木若松町町会に事情を聞きます。
ですがKさんも町会もいつ誰が設置したのか不明との回答。

フェンスが設置されて10年も経過していないはずであり、Kさんが勝手に自分の家の前にフェンスを設置されて、市に事情を聞かないとは思い難いので、Kさんは知っていると思われます。
そりゃそうでしょ。
工事する側もその家の人には工事前には承諾を得るでしょうし、看板を設置した井舎さんや稲田さんもその家の人に何も言わずに看板を設置するはずがありませんから。

で、指摘を受けてあわてる・・・といった構図以外の可能性がありますか?と、Kさんには聞きたいぐらいです。

フェンスが公共物となれば、市の財産を管理する財政課担当となりますので、そちらからの回答もいただきました。

「お問い合わせの件につきましては、6月9日 稲田議員 6月11日 井舎議員より連絡がありました。ご指摘の公共施設については、順次点検を行っているところですが、今後、より一層の点検を推進してまいります。」

 

議員らには、建設管理課から6月8日夕方に撤去依頼がなされています。
それ以前から私が指摘しているのを両議員は知っていますから(「知らん」と言うなら、議会内で情報を回してもらってないか、余程地震の情報アンテナが錆びついているかですから、議員としての情報収集能力に難ありです)、
当日に撤去すべきですが、翌日になった稲田さんは往生際が良いとしましょう。

それより2日遅れた井舎さんは、どのような言い訳をするのでしょうか?

稲田さんから「もう外したで」と、聞いてないのでしょうか?
それとも市からの撤去依頼にも、逃げ切れると思っていたのでしょうか?

こういうところで、人間性としての性根が見えるのかもしれません。

稲田さんも褒められたものではなく、「単に老獪で、逃げ時がわかっているだけ」だとしておきます。

私の想像では、
「たかひらからの指摘はわかっていた。 しかし、看板設置時に、Kさんにも了解を取っており、ダメだと確信できなかったので、静観していた。市から撤去要請が正式にあったので、速やかに撤去した。」
と言うでしょうね。

これは政治家としてはよくある逃げ口上なので、それにも王手をかけておきます。
「議員として、たかひらのような私人よりも法に触れるか触れないかの知識はあり、確認手段も持っているはずだが、それをどう駆使したのか?」
と聞けばいかがでしょうか、答えられますか、稲田さん?

 

突っ込まれて困るような、恥ずかしい言い訳は、先読みしてしないようにした方がよろしいね。

大阪府南部市議会議長会、夏の税金避暑&慰安旅行を改善

大阪府南部市議会議長会の税金慰安旅行、夏はやっぱり避暑で北海道やねんのねんのねん! 

で書いた、毎年恒例となっていた夏に税金で行く、北海道避暑の旅。

田中学(自民)貝塚市議長と協力して、せめて目的を持った行き先へと改善させました。

 

学さんには、彼が議長としてのこの1年間、議会改善で協力をしてもらった。

田中学(自民)貝塚市議の議長職を評価する。
にも書いたが、

南議連 政政務活動費との二重ネコババを改善!!

では、“銭の亡者”と他市議会から思われている岸和田市議を躾けてもらってもいる。

 

稲田悦治・市議、雪本清浩・議長といった面々が、私の指摘を受けてのネコババ改善に対し、愚痴っていたようだが、南議連でも、南部市議長会でも、学さんが出した私の名前は効いているようで、「文句があるなら、たかひらに言え! 俺(学)は、ネコババがあれば、たかひらに情報を流す!」、

「雪本さん、あんた、ここでよぉそんな事言うなぁ。 岸和田でたかひらを黙らしてから言うたらどうですか?」と両名を撃退した。

他の会議参加者が反論するわけがない。

反論するなら、私がその議員の眼前に現れ、自らの政治姿勢が問われることになるからだ。

 

京西且哲・市議などというコールタールな岸和田市議会でしか行きられない政治ゴロも参加していたが、私の名前を出されて何か言えるはずもなく、それ以前にも学さんから京西仕切りで行った南議連研修のお粗末さを「誰がこんなしょうもない講師を呼んだんじゃ!!」と面罵されていたこともあり、岸和田市議会、水面下での暗躍ぶりや、西田武史・元市長候補に対する恫喝などとは打って変わった修行僧のポーズで、やり過ごすしかなかった。

 

岸和田市民は知らないので、恥ずかしいと思わないのでしょうが、岸和田市議が他の市議会からどのように思われているかを知れば、「どこに住んでんの?」「○○町」との会話で、「○○町言うたら、△市議を町として推したとこやんかいさ。 あんなドボンクラをよぉ恥ずかしげもなく出してくるわ。 議員としてどうかは知らんとしても、近所で見てたらろくでもないとわかりそうなもんやけどなぁ・・」などと思われていることに気づくでしょう。

 

多数過ぎてどこの町とは書きませんが、町会推薦で、まともな議員を誰も知らんので、荒木町の反甫、土生町の京西、尾生町の池内、下野町の源次、春木泉町の稲田、春木校区の井舎など、殆どの議員がそうです。

 

こんな恥を岸和田は輸出しており、そんな恥が南大阪の各市議会では知れ渡っていることを、岸和田市民は知っておかねばなりません。

知った上で、こんな他の市議会から「ちゃんとやれ!」と叱責を受けるような議員を選ぶのであれば、それも一つの道でしょう。

その場合は、「俺だけがええ目したらええのであって、俺の死後、子どもや家族すらどうなってもかまわん!」宣言もお忘れなく、名前も顔も出して宣言していただきたいわね。

 

では、岸和田市議会の議員の悪事を一覧表にしています。
ぜひ、どれだけひどい議員がそろっているのかを、有権者として許せるのか、ご覧ください。

 

3.23 3月議会最終日 予算特別委員会で、就学援助の前倒し支給とゴミ袋値下げの私の提言を議会が後追い。

これまでも提言や追求によって、議会を動かしてきた事項は色々ある。
この他にも、まだ政策として形になってはいなくとも、議事録に載せたり、他の政治家の公約にさせたとのものもあり、それをカテゴリーとしては「達成しました!」に入れてはイカンだろうとも思うが、後から検索しやすいように「達成」に入れていることをご勘弁願いたい。
今回もその口。
予算特別委員会の「審査過程におきまして、各委員から多くの意見・要望が出されましたが、主なものを申し上げます」として岩崎雅秋(公明)委員長から語られたのは、就学援助を前倒しして3月中に利用者に渡せゴミ袋価格値下げしろ
他にもあるが、この2点が冒頭に語られた。
これは、私が、「岸和田市って忠岡町にも負けてるんかい!!」
と指摘していたものでもある。
また、ゴミ袋については、私が2度の選挙で、岸和田中に「かつては貝塚の5倍、今でも倍以上払ってゴミ袋を買わされている!」と周知を図った結果、議員も市民から詰められまくって、議会で言わざるを得なくなったもの。
貝塚のゴミ袋価格については、
藤原龍男・貝塚市長が、私に「いずれにしてもゴミ袋は買う必要があるんだから、それなら原価で出すので買ってくださいと、市民にお願いしている」と、対面で説明している。
私はゴミ袋有料化自体に反対する立場にあるが、この理由は一定市民理解を得られるだろう。
岸和田市議会は、こっそりとこんな要望を言うのなら、議会報告会でもやって、支持者以外の市民に岸和田市のゴミ袋の高額さについて説明して回れば良い。
ちなみに
 一つ、市民生活を守るため、安全な市庁舎を早期に建設されたい。
 一つ、債権回収部門の設置により、未収金を改善されたい。
 一つ、安心して子育てと仕事が両立できるよう、待機児童解消を含む支援に努められたい。
 一つ、SNSによる発信や企画、広報に努めるとともに、広域連携により魅力ある観光施策に努められたい。
 一つ、企業型経営手法を研究し、その長所を本市の行政経営に導入した岸和田型行政経営を構築されたい。
 一つ、通学路の安全対策に努められたい。
 一つ、DV対策の向上や児童・障害者及び高齢者虐待防止に向けた専門職の増員に努められたい。
 一つ、岸和田の教育のため、少人数学級の拡充を早期に実施されたい。
 一つ、市民活動サポートセンターについては体制を充実させ、自主的な市民活動の発展に資するものとされたい。
2016年03月23日:平成28年第1回定例会(本会議 第5日目) 本文
http://www.db-search.com/kishiwada-c/index.php/3769736?Template=doc-one-frame&VoiceType=OneHit&DocumentID=206
で、松本妙子(公明)委員長が説明したのは、
一つ、本市の財政力は極めて厳しい状況にあるため、さらなる負担となり得る中核市移行は再考されたい。
 一つ、障害者虐待防止事業、高齢者虐待防止事業、いじめ問題対策事業では、現場においても、見回りなど発生予防に取り組まれたい。
 一つ、債権回収部門の設置及び未収金の改善に取り組まれたい。
 一つ、生活保護におけるケースワーカーの担当世帯数を早期に国基準に近づけるとともに、住宅費の支払い方法について改善されたい。
 一つ、公共施設の再配置計画や今後市民生活に影響がある施策については、自治基本条例の精神を生かし、市民協働、参画の手法を十分検討されたい。
 一つ、少人数学級について、早急に学年を引き上げられたい。
 一つ、フェイスブックなどのSNSをより活用し市政情報を発信するなど、広報活動を充実されたい。
 一つ、子育て世代のニーズにしっかり応え、待機児童の解消に努められたい。
 一つ、認知症対策や障害者対策のさらなる充実に努められたい。
 一つ、有効に活用できるような斎場の建てかえを検討されたい。
この時、松本氏が常任委員会の委員長でなく、予算特別委員会の委員長にしかなれなかったのは、彼女に幹事長を引き継いだ“拝み屋”米田バッタが、初幹事長の彼女に幹事長職について、他会派との交渉事について、底意地の悪さを発揮して、何も教えなかったから。
この2年分を見るだけで「SNS発信」や「少人数学級」が被っているとわかるように、実現されていない課題は次年度にも引き継がれる。
就学援助とゴミ袋値下げは、今年初めて要望された課題であり、それが私の市民周知にあることは明らかだ。
今朝も春木での駅立ちでリタイヤ世代の男性に「たかひらさんに入れたけど、組織がなかったらアカン」と言われたが、2014年以降、組織どころか議員でもない私一人に議会がすり寄って、政策に取り組まざるを得なくなっているというのは、前述ブログ記事でも示した通り。
確かに議会を二分するような課題では、「数は力」となる場合もある(今の安倍政権がやっている強行採決しまくりは、議会制民主主義を蔑ろにする反則で、そんなものと比べてはいけません)。
それでも競輪場の移転では、自公共の方が数で勝り、議会では勝ったが、その後、少数派の「移転しない」市長決断となっているように、何でもかんでも「数は力」は通用しない(競輪場移転は、ヤノ利権で、それに信貴市長が反対したのであり、例とは異なっているかもしれないが・・・)。
岸和田では、市民派議員がいまだかつて誕生していないので、「一人の力、組織のしがらみ」を市民が見た経験がなく、「一人で何ができるねん!?」と懐疑的なのも理解する。
だが、各地の市民派議員によって行われてきた議会改善や、この3年間強で役場や議会が私にどれだけ変わらされたかをブログやチラシなどで知ってもらえれば、「一人でなければ変えられないものがある。 市民目線で変えられるのは、市民派議員だけ」だとご理解いただけると信じています。
「達成しました」には、達成したことだけを書き残せるように、今後共努力します。

岸和田市HP上の入札参加資格審査の申請書を、PDFからワードに変更

先日、以下のようなTWを見かけました。
泉佐野の行政書士 中村武  @nakamura_houmu
2月22日14:59
今日は岸和田市の建設業者さんの入札参加資格審査の申請へ。
無事受付が完了。
岸和田市は書式がPDFでしかないので、Word等でも作成できるよう軽くお願いしてみました。
岸和田市役所のあとは、JAいずみのへ申請に行って来ました。
平成30年度の申請も、あとは来月の阪南市を残すのみです。
まさに指摘の通り。
堺市ではPDFどころか、電子申請となっています。
同様に他市でも、電子フォームとすべしと考えましたが、経費を考えると、すぐに変更はできませんが、契約検査課がアップしているPDFをワードに差し替えるのはすぐできることです。
そして、永野耕平・岸和田市長は維新であり、事務の効率化をうたってい るのですから、堺市式に電子申請は一括でまとめ、個別に必要がある書式については、原課でワードやエクセルでアップするよう、全体に網掛けを、今後させる手はずです。
契約検査課に現在の申請状況を訊くと、PDFに書き込めるソフトを利用してPCで作成してくるか、手書きだとのこと。
「手書きよりもPC作成の方が読みやすいでしょ」と水を向けると、その点は賛同したものの、「文章改変のおそれがある」と契約検査課は主張。
それについても、「受付でその改変が見逃されても、審査のようなダブル・トリプルチェックで改変がそのまま通るはずもなく、公文書の改変や偽造ですので、発覚した場合、違法として入札申請自体を一定期間止める罰則も可能ですし、そんなこと をする業者はいないでしょう」と反論すれば、再反論はなされず。
更に、裁判所でもワードによる書式提供はしており、訴訟問題でもワード提供しているのに、争訟でない申請書類をなぜワードにしないのかの理由は見いだせませんので、提起すれば、フォーム作成費用だけがネックとなって くるはずです。

これも個々の原課対応からスタートすれば、費用は不要ですので、実質はワード化されることとなります。

役所もリスクがないこの提案をぜひとも推し進めたいと考え、数時間経過。

契約検査課から、「次回の受付は9月で、文章は8月にアップするが、それはワードにします」との回答を得ました。
まだ府下の各自治体でもPDFのところはあるはずです。
こんな現場の行政書士が仕事をしやすくするのが、大阪府行政書士会や支部役員の仕事ですが、未だにお上意識の役員らは、役場や議員に「使いやすくしろ!」とは言えませんし、行政書士兼務の議員も気付かないのか、自分の自治体だけしか見ていないのか?
例えば、茨木市HPでもPDFの申請書や委任状ばかりが並びます。
私が、「あんたとこ、9人も出して、間違いなく2~3人落ちるからなぁ」と、告示2日前の金曜日にノホホンと大阪府行政書士会賀詞交歓会に出席していたので予告し、それを上回る落選率で落選した山崎明彦(維新)市議も行政書士として、維新スピリッツを発揮して何もせず、そんな無能議員を大阪府行政書士会政治連盟も推していました。
私は政治連盟自体に入っていませんし、「祈 当選」の為書きすらもらっていませんが、市民としても仕事してますからね。
いかに行政書士会も仲間内だけの内向き志向な組織か、私がしがらみと無関係であるかがよくわかります。
ちなみに行政書士会がやれずにいた案件でも、私が解決しているものが他にもあります。
堺市役所内での相談会や、外国人向けの相談告知など。
今後とも、市民が使いやすい役場への改善を進めてまいります。

春木川遊歩道舗装修復完了

2017年12月に、地域住民の方からお知らせを受け、大阪府に要望した春木若松町の春木川遊歩道にできた大きな凹みが修復されたので、お知らせします。
DSCF6173_R.JPG
この、府土木事務所が見に行った際にも自転車を降りて通っていた高齢者がいた大きな凹み。
アスファルトでも詰めるのかしらと思ってましたら、もっと大掛かりに修復がなされました。
DSCF6315_R.JPG
川の方の端にあった隙間もなくなって、きれいになってますね。
当初「1ヶ月ぐらい待ってください」と府から返答があった時、正直「簡易補修ちゃうんかいな? 1ヶ月はナンボ年末挟んでるいうても待たせすぎやろ」とも感じており、教えてくれた方への説明も申し訳なさを含んでさせていただいておりました。
それでも着手がなされたことで、その方は喜んでくれており、お待たせするのに・・・とより申し訳ない気持ちでおったわけで、ようやく完成して、ホッと胸をなでおろしました。
しかも前よりかなりきれいになったことが、ひと目でわかります。
こちらは通行中の事故の原因となる大きな凹みがなくなりましたが、市民病院横の崩れた場所が今でも通行止め状態が続いており、そちらも今年度の予算でやると聞いていますので、注意して見ておきます。
このような小さなこともコツコツと取り組みますので、お困りごとがあれば、お聞かせ下さい。

たかひらVS山口・JR東岸和田駅長  たかひらの完全勝利!

たかひらVS山口・JR東岸和田駅長  たかひらの完全勝利!

2018.2.1、JR東岸和田駅頭において、山口・同駅駅長ともう一人の駅務員によって、岸和田市議会議員補欠選挙出馬中であるたかひらへの選挙活動に対する妨害があった。

雨のため、たかひらがだんぢり型屋根の軒下で、「ゴミ袋実質無償化」パネルを持って、街頭宣伝していたところ、駅長ともう一人の駅務員が「ここはうち(JR)の土地や、出ていかんかい!」などと当初より喧嘩腰で凄んできたため、最高裁判例によるパブリックフォーラム論を説明した上で、「立ち退かない」と主張。

駅長らの言い分は「法律は関係ない! 一般常識や!」というもののみであり、「一般常識」とかけ離れたものである。

すると、駅長らは、たかひらの耳元で大声をあげ「お前ぇ~、出ていかんかい!!」などと喚き散らし、、腕を掴み、体ごと押してくるなど、暴行を働いた(制服警官現認済み)。

他にも小学生のようにおちょくった言い方で「パァブリッックフォーラムるぉんんん~」などと繰り返し、駅高架下にあるパン屋へ行こうとすると、「タスキもジャンパーも脱いでから行け!」などと通行妨害も行った。

この権力を傘にきた行為に対して、たかひらは、その場を動くことなく、駅務員に110番を要請し、周囲の乗降客には「暴行を働く駅長らから、市民を守っている」と説明した。

その後、土生交番から制服警官5、6人、岸和田署から刑事課長らが来て、駅長らは引き下がる。

8時半を過ぎ、たかひらも駅を離れ、同場所が岸和田市の所有地ではないかと考え、同日15時頃、再度東岸和田駅で岸和田市職員も立会の元、たかひらが立っていた場所の所有権がどこにあるのかを確認したところ、やはり市の土地であった。

山口・駅長は、「2017年12月に所有権が移転していることを知らなかった」と詭弁を弄し、たかひらに謝罪を行った。

たかひらは再度「パブリックフォーラム論」について調べておくように、要請し、話を終えた。

尚、同時に維新の市議補選候補者ら10名ほども同駅頭で選挙活動を行っていたが、たかひらよりも先に駅長らに注意をされ、歩道上へと退去していた。

その中には、土井達也(阪南市)府議や市議らもいたが、権力には無条件で従う維新スピリッツを発揮し、曖昧な駅長の根拠に従ったものである。

これは、政治家として、何が正しいことであるかの調査よりも、権力の言い分こそが全面的に正しいとの奴隷根性であり、調査能力や検証能力すら持ち合わせていない維新軍団が、政治家と名乗ることすらおこがましい具体例となった。

今後、東岸和田駅頭において、歩道から駅側の敷地に侵入し、街頭宣伝を行う政治家らは、たかひらに対して感謝の意を述べてから行うように。
まと、だんぢり型の庇は、空中越境しているが、その許可をJRは工事前にとらず、市も放置しているようであるので、別問題として取り上げる。
ついでに、政策論議すらできず、私からトンズラする土井(維新)府議にも告げておく。
私を貶めようとガラケーで動画を撮って、私に「おい、土井! その動画、アップせぇよ!」と言われてもダンマリしかできなかった木偶の坊ぶりは、以前からわかっているが、動画は準文書提出命令にかかる前にアップして、政治家として、法をも知らん無脳ぶりをさらけ出しておくように。