拉致疑惑を日本で最初に報じた人

前回までの口直しに、ネトウヨの皆様に耳よりな情報をお伝えします。
今でこそ共和国の拉致問題は大きな問題となっており、安倍政権も解決しないようにピクリとも動かない姿勢で、毎度選挙ネタとして消費しておりますが、これを当初伝えたのは、石高健次・朝日放送プロヂューサーです。

1995年5月、ドキュメンタリー「闇の波涛から」を制作し、その過程から北朝鮮による日本人拉致事件で初めて実行犯から犯行を認める証言を引き出す。
 1997年、東京支社 報道部報道部長の時に、報道スペシャル「空白の家族たち–北朝鮮による日本人拉致疑惑」を基にした、「空白の家族たち」で1997年度日本新聞協会賞編集部門を受賞。

横田めぐみさんが生きているとの情報を、最初に両親い伝えたのも石高さんです。
朝日って愛国だなぁ。
ネトウヨは拉致被害を言い立てるなら愛国メデイアな朝日に一札入れてから使うようにね。
特にオツルこと中曾千鶴子さんや在特会関係の立候補者らは、前面に出して使っているんだから、朝日に寄付でもしとかなきゃ仁義にもとるんじゃないの?
北方領土もよく使われるけど、ダレス恫喝に乗っかって日ソ国交正常化に反対する自民党吉田派に負けた鳩山一郎首相が、2島返還でなく全島返還なしで日ソ共同宣言を迎えてしまったのだけれど、その後も日本国内で返還の声は上がらなかった。
国内の返還運動の始まりは、1966年の根室市役所領土対策係による署名運動&全国キャラバン
北方領土の日が制定されたのは、1981年で、77年の200海里問題頃より世間認知されだしたのではなかったか?
いずれにせよ、発生後長らく忘れられていた問題にスポットライトを当てたのは、ネトウヨでも自称愛国者でもイシハラ某のような老害を晒す前から仲間を裏切る小心者政治家らでもなかった事だけは、覚えておかねばならない。

「日本の歴史文化研究会」報告4 パネルディスカッション前の休憩と、後日の水谷氏とのやり取り 

ここで2時間近くが経ち、15分間の休憩。

司会のモリワキ氏から質問は入場時に配られた用紙に書いて出すよう案内がなされる。

ただし、「会の趣旨を逸脱するものにはお答えしかねる」のだと。

 

私は、

関東軍指揮者らが真っ先に逃げた上でのシベリア抑留や皇国農村として満洲に半ば強制的に行かされた分村移民の集団自死、

シベリア抑留帰還兵への平均30万円ほどの涙金だけの超低額補償、

山東省など現地除隊とされた日本兵への無補償、

それらと総額50兆円の恩給との比較、

空襲被害者への無補償、731・1644の医療界復帰とそれら志向の継続による戦後薬害の発生など、

日本人同胞への被害については、どのように教えておられるのでしょうか?

と書いて提出したが、取り上げられず。

 

後に水谷氏とネット上でやりとりしたら、

ご質問ありがとうございます。 

今年は単位数が減り時間の関係でこの辺りまでなかなか教えられていませんが、以前は葛根廟事件など終戦時のドサクサで起きていた悲惨な事件を教えていました。

 

特に、我々日本人からすると国というのは当たり前のように存在しますが、満州国崩壊後の現地の日本人の悲惨さは国家が崩壊するとどうなるか?を示す良い例ですので是非教えていきたいです。

世界史では当たり前のように国は崩壊しますが、日本人にその感覚は皆無です。 この辺りが見えてこないと当時の日本人の踠き苦しみはわからないと思います。

と返答があったので、

更に以下の通り返信した。

返答ありがとうございます。 

水谷さんと私では立ち位置が異なると考えますが、保守本流の私としては、あえて国民を国家が切り捨ててきたのが日本の歴史であると断言し、それについて伺いたく存じます。 

 

これは古くはウタリや琉球の現住日本人を殺し、現在のような明仁氏と同類の混血もしくは渡来人ニューカマーによって侵略された日本時代から脈々と現在に至るまで続くものです。 

戦前からもハワイイや中南米など各地に国民を捨ててき、戦後は米保護領として、現在に至るも日本が独立国であったことは一秒たりともありません。 

 

そのような強気を助け、弱気をくじく性根が、戦後も国民を公害・薬害など経時的事情で殺しまくり、米軍様に首都圏上空の制空権を譲り渡すのみならず、戦後も千人以上の国民を殺されているにもかかわらず、最高検から「任務中として免責せよ」とのお達しを司法が守る体たらくです。

 

満州の皇国農村について
http://tvmatome.net/archives/4800

「皇国農村確立促進ニ関スル件」 (42年)である。

「農民生活ノ健全安定ヲ図ルヲ目途トシ、標準農村トシテノ農業新組織ヲ建設スル為必要ナル施策ヲ実施スルコト」


 皇国農村指定されると、県が農道の拡大などの種々の補助を村に与えた。
 この政策に乗ることで、疲弊した河野村の貧困からの回復を夢見て、胡桃沢村長は分村を決意したのではないか。
 その指定のための必要条件の一つが分村移民だった。

 当初の満州は、豊かな実りがあり、日本の河野村へも便りとして送っている。

 しかし最終的に、満蒙開拓団は、大人の男たちは徴兵で不在だったので、15歳など年長の子どもたちが、小さな子どもや女性を殺すことを手伝うような状況下で、次々に首を絞めあう「集団自決」で、95人中74人が自決などで命を失い、その責任から村長も自死した。

 この阿呆な政策は、平成の大合併なる借金してゼネコンを儲けさせよう政策のルーツのようなものだが、私は、実際に首を絞めて殺したと証言する古老のインタビューを地上波のドキュメントで見た。

 本人も詰まり詰まり言葉を発していた。

 殺す方も殺される方も、苦しかったと思う。

村人は満州へ送られた ~”国策” 71年目の真実~|NHKスペシャル

NHK総合テレビの「NHKスペシャル」で村人は満州へ送られた ~”国策”71年目の真実~が放送されました。71…

自民党政府がシベリア抑留兵にしてきた仕打ち: 

帰還兵には公安が尾行。 

賃金は未払いで、裁判でも敗訴。 

1人25万から最高150万円を一時金として支給したのみ。

 

軍人恩給支給要件を満たさないとした者へは、10万円(遺族については死亡者1人につき10万円)の慰労金と慰労品(銀杯〉が支給されるも、戦傷病者戦没者遺族等援護法の適用を受ける人たちに比較して、著しく低額。

 

現在もシベリアに3万人強の遺体を放置。

 

 

満州で、司令官が真っ先に逃げたのは、ゴトゴタではありません。 

宮田参謀のような者は最も前に東京に逃げ、ソ連侵攻と共に家族を迎えに行った者がいます。 それが覚えめでたく、戦後は政商となっていますね。

と返答した。

 

あえて宮田参謀に恩を売った者の名前は書かなかったので、種明かししておく。

以下の政商が助けたのは、どこぞの皇族詐欺が玄孫だとはしゃいでいる、元のじぃさまである。

 

「昭和の参謀」瀬島龍三氏 日本兵シベリア売り渡し説の真偽NEWSポストセブン 

2015.09.01 07:00 SAPIO20159月号

http://www.news-postseven.com/archives/20150901_341012.html

(返信ここまで)

そして水谷氏からの返事は途絶えた。

「日本の歴史文化研究会」報告3 残り1/6人の発言とパネルディスカッション 水谷真逸編

やっと最後の一人です。

水谷真逸(近江高校 地歴・公民教科書)

近江高校って、公立かいなと思ったら、私立。

コース別で、商業高校から進学校まで兼ねているようですが、3年間で4年分の勉強をして、国公立進学を謳うアカデミーコースで偏差値58。

 

偏差値レベルがわからんので、府下の高校と比較してみます。

2017年の特進のSクラスや文理等最上位で見ると、

最高が76大阪教育大学附属高校天王寺校舎、茨木、北野

74 三国ヶ丘、清風南海

72 岸和田、桃山学院高校

70 近畿大学附属高校、四天王寺高校

69 泉陽高校

67 和泉高校住吉高校清風高校

65 鳳高校

62 佐野高校泉北高校

58 堺東高校

57 羽衣学園高校

55 久米田高校賢明学院高校阪南大学高校

53 高石高校阪南高校

こんな感じで、毎日8時間授業の私学で、公立高校のまぁまぁええやんクラスと同じでは、進学校って言えるのかしら?

 

教科書執筆もしているというので、調べてみたら、渡部昇一氏や櫻井よしこ氏らとの共著、

『最新日本史―日本人の誇りを伝える」であった。

出版元は、日本会議の出版・教宣部門を担っている明成社

 

 

新教育基本法に最も適った高校用歴史教科書『最新日本史』の市販本。 

この教科書は、自虐史観・反日史観にとらわれない初の歴史教科書として、昭和61年に出された『新編日本史』を引き継ぎ、これまで約30年にわたって、高等学校の教育現場で使用されてきました。

等とアマゾンでは紹介されていて、2004年には近江高校も採用していたようだ。

しかし、水谷氏もシェア60%超の最大手である山川を使っていると今回話しているので、自身が教えているコースでは使用していないってことだろうか?

 

高校日本史B教科書。

明成社『最新 日本史』、2013年より採択校にて使用開始。

ともあるが、採用校は少数。

 

子どもと教科書全国ネット21

http://www.ne.jp/asahi/kyokasho/net21/saitaku-1.htm

によれば、

旧版・現行版(明成社)<1993年度検定合格>の採用状況

*旧版は国書刊行会が明成社に版権を譲渡したために2003年度から明成社版となる。

14校で、

2004年度は30校となっている。

http://www.ne.jp/asahi/kyokasho/net21/saitaku2004.htm

 

 

「内外教育」(時事通信社 20150123日 第6389)による、2015年度使用高校教科書採択状況(20149月中旬までに都道府県教委から報告された生徒用・教師用の必要見込数を集計したもの)

http://d.hatena.ne.jp/mmm000mmm/20150129

では、

山川341417冊 63.6

東京書籍74279冊 13.8%となっており、

明成社は4291冊  0.8%となっている。

 

受験に不足する情報しか掲載されていないので、明成社を教科書採択しても山川が必須となれば、はじめから「山川だけでいいや」ってなりますわな。

 

 

それでは水谷主張へ。

 

渡部昇一先生は「歴史は虹である」と言っている。

その言葉のように、全体像をとらえるのが大事。

 

(たかひら注:

ここで氏はパワポを唯一利用しだす。

パワポとは、参加者の知識土台に基本的合意があれば、わかりやすくて利用価値はあるが、「分からないものを分かった気にさせる」しかなく、知識不足を補うには不向きな道具だと認識してるのかと思いつつ見るも、大したスライドではなかった。)

 

アンパンマンのパズルで、カーナちゃんの頬の部分が抜けていて、っこにドラえもんの鼻が入るかと会場に問う。

 

全体像が見えてくると、多少抜けている部分があってもここにドラえもんの鼻は入らないとわかる。

 

次のスライド

       日本  外国

良いところ   ×  〇

悪いところ   〇? ×

の表。

 

日本の良いところは知らない。

台湾で水路をつくった八田與一、乃木希典、東郷平八郎など。

 

(たかひら注:

なぜ水路やダムをつくった官僚と日露戦争の軍人を一緒に並べるのか?

八田氏を例示するなら、像設置を固辞していた点も銅像や勲章の獲得に血道をあげる政治家や経済人と比較しべしだろう 

 

 

今年度は、高校2年生を教えた。

感想を読みます。

「水谷先生がなぜ日本推しかと思っていて、愛国心が半端なくある人と無理やり納得していたが、最近になって『歴史に空いた穴を埋めているだけ』と言われ驚いた。 この考えは他の教科でも参考にする」

 

教員21年目で、はじめの5年ぐらいは自虐史観で教えていた。

あるきっかけで気付き、寺本さん(この会の会長)に教わり、今に至っている。

 

記述のおかしな部分は逐一、教科書会社に連絡している。

(たかひら注:

どこの社か具体名はあげず)

 

南京事件では、揚子江に並んだ死体の写真のほとんどが偽物とされていると指摘すると「朝日グラフからとっている」

「論争中であり、配慮が足りなかったと反省しています」と返答があった。

商品券を贈ってくれる社もある。

これに味を占めてやっている。

(たかひら注:

公立学校教員ではないので問題はないのか知らんが、「味を占めて」などと得意げに語る様子は、“戦果”報告のようだった)

 

ポツダム宣言は無条件降伏ではない。

吾等ノ条件ハ左ノ如シ」として、条件が明示されている。

 

つまり対日無条件降伏はおかしい。

誤解を招く表現であり、今後「無条件降伏の勧告」と改めるべきだと主張している。

 

(たかひら注:)

これは、

五、吾等ノ条件ハ左ノ如シ
吾等ハ右条件ヨリ離脱スルコトナカルヘシ右ニ代ル条件存在セス吾等ハ遅延ヲ認ムルヲ得ス

を指している。

 

日本で食えなくなったが、ネトウヨ転向で仕事を獲得した米弁護士も同様の論を主張する。

 

ケント氏が食えなくなった話↓

「慰安婦なかった」とのデタラメを吐き続ける藤岡&池田氏が、日本軍加害補償を求めている弁護士への誹謗中傷について謝罪・賠償。 弁護士だけでなく、本丸の被害者に謝罪せよ!

ポツダム宣言は「無条件降伏」ではない 日本政府は条件付きで降伏した – ZAKZAK 

2015.05.30 ケント=ギルバート

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150530/dms1505301000005-n1.htm 

より

日本人がポツダム宣言受諾を「無条件降伏」と呼ぶのも大間違いだ。

 第5条は『Following are our terms』で始まる。「我々の条件を以下に示す」という意味だ。日本政府は条件付きで降伏したのである。

 具体的には「軍国主義の追放」「領土占領」「日本領土は本州、北海道、九州、四国と諸小島」「戦争犯罪人の処罰」「民主主義復活」「平和的政府の樹立」などである。

 そして、第12条には「条件が達成された場合に占領軍は撤退する」と明記してある。

(ケント氏の引用ここまで)

 

ケント氏の日本語不自由であるかどうかは不明だが、少なくとも話し言葉は流暢だ。

なら読解力が渡部昇一氏や谷沢永一氏よりもないのであろう。

両氏と小室直樹による対談本から引用する。

『新世紀の英知』祥伝社 (2001/02)、p122

http://tinyurl.com/95klt7q

より

小室:

ポツダム宣言と言えば、日本人はだれもが「無条件降伏」だったと思っていますが、本当はそんなことはありません。

ポツダム宣言にどういうふうに書いてあるのかというと、「吾等(われら)は、日本人を民族として奴隷化せんとし又は国民として滅亡せしめんとするものに非(あら)ざるも」、すなわち、「われわれは日本人を奴隷にする意思もなければ皆殺しにする意思もないけれども」と書いてあるでしょう。

あそこを読み落としてはいけない。

その前に、「五、吾等の条件は左のごとし」と明記してあるでしょう。

 

日本人もどうかしていると思うのは、誰も気がつかないけれど、白人というのは無条件降伏をさせたら皆殺しにしても奴隷にしてもよろしい、というのが今までの歴史の前例でした。

無条件降伏というのは、そういうことです。

 

しかし、ナポレオンの戦争のときでも、第一次世界大戦のときでも、いろいろな戦争のときでも、どんなにボロ負けに負けても無条件降伏ということはなかったでしょう。

 

谷沢:

ありうるわけがない。

「無条件」ということは、全員を海へ突き落としてもかまわないという意味になります。

 

小室:

 だからポツダム宣言も無条件降伏ではないのです。

われわれの降伏条件はかくの如しだとズラッと書いてあるでしょう。あれが条件です。

 

いちばん大事な条件は、さきほど言った二つです。

 

渡部:

もちろん、軍は無条件で武器を引き渡しとかいう項目はいい。

 

小室:

軍は無条件降伏です。

しかし、そういう意味での無条件降伏だったら、連合国も負けた局面ではずいぶんやっているはずです。

 

谷沢:

いまからだいぶ前に、無条件降伏論争というものが文壇でありました。

何もわからない本多秋五(ほんだしゅうご)という文芸評論家が、無条件降伏だと言った。

 

それをそうでないと言ったら、それで論争になった。

 

小室:

論争する必要もありません。

「無条件降伏」と言っている人は、ポツダム宣言の最も重要なところを読み落としているだけです。

(本の引用ここまで)

 

確かに水谷氏やケント氏が言うように、無条件ではない。

軍国主義勢力の排除、

一定期間の占領、

カイロ宣言の履行による植民地の返還と領土の制限、

軍隊の武装解除、・戦争犯罪の処罰、

民主主義と言論宗教思想の自由、

基本的人権の尊重の確立などが「条件」だ。

 

だが、これらは水谷氏らの思惑の「条件」ではないだろう。

それは最後の〆の文章を見ればわかる。

 

  • 十三、吾等ハ日本国政府カ直ニ全日本国軍隊ノ無条件降伏ヲ宣言シ且右行動ニ於ケル同政府ノ誠意ニ付適当且充分ナル保障ヲ提供センコトヲ同政府ニ対シ要求ス右以外ノ日本国ノ選択ハ迅速且完全ナル壊滅アルノミトス

 

現代文では、

我等は、日本国政府が直ちに全ての日本国軍隊の無条件降伏を宣言し、その行動における誠意を適当かつ充分に保障することを要求する。

これら以外の日本国の選択は迅速かつ完全な壊滅があるだけである。

といった内容だ。

 

つまりこれが「無条件」であり、それは軍に対するものである。

 

この指摘は小室氏もしてるが、これを水谷氏らはしない。

さも日本帝国=軍が何かしらの有利な条件をつけて、降伏し、それで日本人同胞310万人を殺戮せしめたヒロヒトが戦後も天皇であり続けたとミスリードするのだ。

 

そのような論を吐きたければ、まず第一のターゲットは前述した小室氏に何ら反論しなかった渡部・谷沢両氏に向けてはいかがか?

 

テレビ東京 3月15日放送 ゆうがたサテライトで、辻元清美と田原総一朗に詰められる片山さつき

さすが、自民が誇る片山さつきさん!!!

対戦相手の清美さんどころか、仕切りの田原さんにも詰められて、・・・・・
こんなのに口喧嘩で負けるハシシタ氏や維新って、どんだけ口下手やねん!
thouautumn‏ @thouautumnさんのTWより番組を追ってみる。
森友 愛国教育 教育勅語について
片山さつき議員
「あのー、教育勅語の問題を取り上げるときは、ほんとに慎重にしなければいけないのですよ。
衆参両院で決議をしておりますから。
私は、あの、ガチガチの保守派ですし。
皆様からはきっとその、すごく古くてかたい(硬い?)と言われているあの憲法案も起草委員の一人ですけどね、
そういう文章を作っていくときにどれだけ、そのー、歴史修正主義や軍事的なってとられないような言葉を使い、その精神を(?)きちっとさせるためにどれだけ気を遣ったかを考えると、無神経すぎるんですよね、
この学校さん。あ、学校さんじゃない、この幼稚園さん」
田原さん
「自民党も無神経」
片山さつきさん
「ぶほっ」(って吹いた)
辻元清美さん
「ただね、片山(さつき)さんそうおっしゃってるわけだけれども、今の自民党、教育勅語的なものを復活させたいっていう動きがあるわけですよ。
で、安倍政権もやっぱりね、安倍さんも昔そういうことを仰っていたいたわけ。
稲田さんはそういうネットワークでですね、籠池さんと同じような考えて繋がっていたわけですよ。ですからそこの大きな問題なんですね

今の日本の政治をですね、そういうような、ま右派っていうか、(右派)の人達みたいなのが私物化というか、(私物化)しかけている」

田原さん

「総理にならなければ森友講演に行くと安倍さんが言っていた」
13日 予算委での答弁を紹介
辻元清美さん
「ですからあの幼稚園に感動して、感激して、賛同してたんじゃないですか。そこも大きな問題なんですよ。違います?」
片山さつきさん
「その辺は、そのー、わたくしは事実関係がよくわからないんですが、総理はともかく、この件についてはご本人も奥様も一切関係してないと。私たちはそれを信じる」
田原さん
「じゃあね、参考人招致すべきだよ、国会に」
森友問題 >ここで時間切れ。
片山さつき議員も辻元清美議員もものすごく落ち着いて発話されていたのでとても聞きやすかったです(国会の安倍総理や稲田防衛大臣の答弁に比較して)

TWでの他のコメント

asano7‏ @asano7
稲田さんについて。
片山「総理が守る以上、私達も彼女を守ります。」
辻元「今回の虚偽だけではない。南スーダン日報隠蔽や、靖国について私ごときの質問に泣くような人が防衛大臣なんて務まるのか」
片山「…。」
 
 
kmokmos.‏ @kmokmos
#森友学園」疑惑、教育勅語の扱い等。
片山「安倍夫妻は一切関係ない、安倍首相を信じる」
田原「じゃあ、参考人招致に応じるべきだよ」

片山「無言で固まる」w 時間で打切り。#アッキード事件

ツブヤキメガネ‏ @y7design77
片山さつき「この問題には、総理夫妻は関わってらっしゃらないと言っておられる。その言葉を信じていくしかないと思っています」
辻元清美「だから国会招致しましょうよ」
 
辻元清美氏の言ってることが世論でしょ。信じる?過去遡っても、どこをどう信じられるんだあの夫婦のことを。


よしぞう‏ @yunicoron 1時間1時間前

さつきはあくまで籠池の補助金詐欺、悪いのは籠池、という話で終わらせたいんだね。
さつき「安倍夫妻は一切関係していない」
田原&辻元「じゃあ参考人招致すべきだ!」
自民党の説得力のなさが際立って、なかなか良かったです。 

♡産経とネトウヨをしばきたい♡‏ @sankei_netouyo
辻元清美「籠池泰典・稲田朋美・安倍晋三、いずれも「教育勅語」を礼賛しているような人たち」
田原総一郎「先の大戦の反省を踏まえればこれは大きな問題」
片山さつき「…」
みたいなやりとりで片山さつきが一方的に押し切られた感じで終わってよかったー🙌🙌🙌


テレ東「ゆうがたサテライト」3月15日(水曜) 田原総一朗、辻元清美、片山さつき.jpg


こんな議論に弱い片山さんを自民は切り札として考え、維新は彼女からトンズラするのだとか。

『田中学(自民)貝塚市議とのお茶会 学ブログのお話内容編』

より

「片山先生は橋下に対してTWで最もやりあった人だ。 片山先生があの幼稚な論を論破するので、橋下は噛みつかれると(片山氏が噛みついてくると)TWするのをやめる。  

選挙演説でも他の自民議員がしていると維新は『うそつき自民が喋ってる』とか言うて通るんだが、片山先生が話していれば、黙って通り過ぎる」

たかひら

「生保デマを俺に指摘されても、よぉ反論できん彼女が、役に立つんかいな?

維新にどんな攻撃してんのか知らんけど、行政書士会にも行政書士の議員として時々来てるみたいやから、直接訊いてみるわ。

他の自民議員も片山さんみたいにやればいいんじゃないの」

自民党自体が社会福祉をないがしろにしてき続けている政党ではあるのだけれど、彼女は

その先兵となって、生保デマを飛ばし、その不正利用をなくすためにマイナンバーが必要だと主張してきた。

しかし、その根拠はとうに崩れている。

私も指摘してきたし、彼女自身、私からトンズラした。

『片山デマと、それを膾炙するフジグループ』

『片山さつきの生保デマ』
より

たかひら 正明
片山さん、あなたが吐いた河本デマはどこぞで訂正されたんでしょうかね?
 
政治家が著名人とは言え市民に対してデマを吐きっぱなしてよいはずがないですよね?
河本氏を庇うわけではないが、あれが生保の不正受給だと証明してください。
 
既に岡山市役所は返還金でなく寄付として、河本マネーを受け入れていますがね。
片山さんのページに書き込んだら、本人登場!!
でも後から消したようですが。
 
片山 さつき
不正がないなら変換する必要はないはず。語るに落ちる話でしょう。
 
たかひら 正明
片山 さつき>>
行政書士なのに、文章誤読はおやめください。
 
岡山市は、返還でなく、寄付として受け入れていると示してるんですよ。
違法支出なら返還でしょ?
なぜ寄付扱いにする必要があったか?
 
違法支出じゃないからですよ。
 
私のコメントで、どこに「返還して入金した」って書いてますか?
 
自分の発言のデマ性に未だに気づいてないようなので、岡山市役所に問い合わせて確認してみてくださいね。
(引用ここまで)
調査しないでデマを飛ばし、調査結果を突き付けられると逃げるのは、自民も維新も呉越同舟だわね。

緊急書名! 芦屋市は、籠池理事長らと考えを同じくする日本の歴史文化研究会を後援しないでく

以下署名を緊急に集めて、芦屋市に届けようとしています。

どうぞ署名、拡散など協力をよろしくお願いします。

 3月19日(日)に、芦屋市市民センターでは、森友学園の籠池泰典こと康博理事長を登壇者とする、「日本の歴史文化研究会 第50回記念講座 これからの歴史教育を話し合おう」が開催されようとしています。

 当初、籠池泰典理事長が登壇予定でしたが、騒動の後、籠池氏が「理事長職を引き継ぐ」としている長女の町浪さんに変更されています。

訂正1. 

管理係が申請を受けた1月19日時点で、登壇者は町浪さんであり、泰典理事長名ではなかったとの指摘がありました。

これについては、裏取りを起こった私の責任です。)

 この団体は、2014年3月1日、 芦屋市民センターで行われた第30回 日本の歴史文化研究会 記念講演「台湾に生きる日本の志」では、
【主催】平成・美しい日本を護る会
【共催】my日本、日本李登輝友の会愛知、日本教育再生機構 兵庫
など日本会議系団体と協力し合っているほか、

「百万人の歴史講座」として、日本だけを礼賛する、いわゆる“歴史修正主義”の立場に立つ黒田裕樹氏らのみを登壇させている団体です。

 日本教育再生機構とは、

八木秀次麗澤大教授を理事長とする、新しい歴史教科書をつくる会から分派した団体。

子どもたちに愛国心を押し付ける道徳教育の充実を掲げ、歴史改竄主義の育鵬社歴史教科書の採択運動を展開するなど“極右教育”を推進している。

 また今回登壇予定の山田憲司(自民)衆議員は、

2014年8月に行われた自民党のヘイトスピーチ対策等に関する検討PT初会合では、

「国連に“チンコロ”しているのはどんな団体か。ネットで調べると、ほとんどが朝鮮総連など朝鮮系の団体だ」
「右翼車両よりもむしろ左翼のほうがうるさい。取り締まりや、排除をすべきではないか」

といったトンデモ&ヘイト発言で注目を浴びた政治家です。

 このような団体と登壇者がどのような歴修正主義に則った、またはヘイトな内容を話すのかは、想像がつきます。

 この後援について芦屋市に対して、前述のような団体であるとの説明を行ってもなお、教育委員会管理課管理係 タカハシ係長は、

・ 芦屋市には教育委員会会議とは別に教育委員会協議会があり、そこで後援は承認された。

 出席者は教育長、教育委員4人、教育委員会部長3人。

 会議は非公開、議事録なしに毎月2回開かれている。

(たかひら注: 後述カニノ係長が証言しているように、この後援については、2017年1月に審議されています。

ところが、教育委員会本会議については、2月のものが芦屋市HPで公開されているのに、1月分は狭義かい名目だからか、非公開となっています。

更に3月3日の教育委員会本会議でも話題に出たようですが、これもいまだに議事録が非公開となっています。

これは意図的に情報隠ぺいをする必要性を市が認めている懸念があります)

訂正2. 

後援は教委や協議会の議決を経ないで、要綱に基づき、事務方が決めています。
1月19日 3月19日集会の後援申請が、市と教委にある。
2月17日 日本の歴史文化研究会の社会教育団体登録について、教委が議決。
議事録も芦屋市HPにあります。

これについて、「事務方の決済だけでなく、審議を行わないのか?」とも管理係に訊きましたが、「協議会に提起するとしても、制度として後援自体が議決するものではないので、事務連絡のみとなります」との回答でした。

要綱のみによって、事務方が決裁する仕組みが問題とは言えますが、これは本件とは別問題です。)

・ 主催団体に便宜は図っていない。

・市の後援と、市教委の後援は続ける。
芦屋市市民参画課 タニノ係長は、

・ 1月に初申請があった当時、籠池氏の名前があったが、今のように報道されておらず知らなかった。

・ 会の趣旨や会則等も書面審査し、
営利でないか、
特定の政党・宗教を応援していないか、
経済的負担を過度に参加者に求めていないか、
広く参加してもらっているか
等を審議して、後援決定した。

としています。

 しかし、

・ 日本の歴史文化研究会は2016年12月に芦屋市社会福祉団体に登録されており、芦屋市条例によれば登録団体は3割引で市民センターを借りられる=便宜便図っている。

訂正3. 

2017年2月17日の教委審議を経た3月1日付で社会教育関係団体として登録がなされています。

よって、その後に続く、「3割引で市民センターを借りられる=便宜便図っている」についても、登録団体となった今後、その可能性はありますが、3月19日集会は、1月19日の登録前の申請ですので、減免はなされておりません。)

・ 後援を決めた教育委員会を非公開で行っており、公開の原則に反する。

「尼崎市も非公開だ」と管理係は言うが、

そもそも、教育委員会に本会議と協議会の2つあることを知っている人自体が少ない。

市教育委員会HPにも協議会がいつ、どこで開かれたかの掲載がない。

ちなみに近隣市では、宝塚市は協議会の傍聴自体はできないが、宝塚市HPに日時と場所と議題は公開していて、非公開自体が不当です。

 このような市民に事実を隠すような形で、日本の歴史文化研究会に便宜供与をし、後援まで行う行為は、籠池氏らと思いを同じくするような団体を市が応援していると対外的に示していると同じです。

 芦屋市は、籠池理事長らと考えを同じくするような内容の集会を行う、日本の歴史文化研究会を後援しないでください!!

 3月19日の告知は以下のようになされています。

「日本の歴史文化研究会」第50回記念講座 これからの歴史教育を話し合おう http://heigokai.blog.fc2.com/blog-entry-2011.html

より

次世代になう子供たちの偏見のない健やかな情操を育むため、
先人の営みの何を、どのように伝えればいいか、
その望ましいあり方を参加者みんなで考えましょう。
就学期のお子様をお持ちの親御様、祖父母様など教育に関心のある皆様のご参加を歓迎します。

日時:3月19日(日) 13:30~16:30
会場:芦屋市民センター301号室
会費:500円(会場費及び資料代、学生は無料です)

プログラム
13:30 基調講演「小学校歴史教科書を具体的に検証する」
      日本の歴史文化研究会副会長 石本秀雄
14:00 シンポジュウム「これからの歴史教育を話し合おう」
      パネリスト(50音順)
      一色俊哉(たかひら注:FBでは自由民主党芦屋支部 青年部長。 勤務先: 芦屋青年会議所)
      稲岡正信(たかひら注:甲南大学非常勤講師の肩書で、この手の集会講師として度々登壇)
      籠池町浪(たかひら注:籠池夫妻の娘)
      水谷真逸(たかひら注:同会の2011年11月23日にサンシビック尼崎で行われた第9回 「アメリカの視点で読み解く占領統治」では、近江高校地歴・公民科教諭とある)
      山田憲司 (たかひら注:自民衆議員。 ホンマは「賢司」ではないのか?
16:00~パネリストと参加者の質疑応答

主催:日本の歴史文化研究会
共催:日本教育再生兵庫
後援:芦屋市、芦屋市教育委員会

 なお、芦屋市での開催は初めてではなく、何回か行われており、直近では2015年10月4日(日)にも、芦屋市民会館で、
第四十一回 日本の歴史文化研究会
シリーズ 大日本帝国斯く戦えり
特別編Ⅰ 大日本帝国の教育制度
――今、大日本帝国の教育制度に何を学ぶべきか。――

との集会が開催されています。

 まさに芦屋市が、このような勢力に無防備であったが故の事象であり、公の施設を貸し出すこともヘイト法への抵触が懸念される中、後援まで行うべきでないのは明らかです。

たかひらの主張:

これまでこの会が行ってきた集会における登壇者自体が籠池主張と親和性が高く、共催団体も同様で、日本会議とのつながりも伺わせる。つまり、団体自体が自治体の後援を受け得る体にない。

芦屋市が、審査を団体提出書面のみで行い、団体名などをネット検索すらしていないのは、仕事が粗い。

市への提案:

当日までにこう言えばどうか?

「職員を参加させ、録音なども行う。

それを元にヘイト法に抵触しないかを審議し、抵触する場合、発言者、内容とともに、「ヘイト行為があったので、後援を取り消す」旨、市のHPに記載する。

会場発言者のヘイトについても、毅然と対処しなければ、団体の行為とみなす。」

こう予告すれば、相手方から後援依頼を取り下げるはずだ。 交渉ノウハウがないのだから、ゼロサムだが、これでやるのが手っ取り早い。 もし、このまま後援を続け、事後も手を打たねば、市としてヘイトを擁護・応援しているとなるし、私もそう宣伝する。

タニノ係長は、「上司と相談します」、

タカハシ係長は、「考え直さない」との返答。

考え直してくれることを祈るばかりです。

追記:

2017/3/7 07:10神戸新聞NEXT (前川茂之)
より
 大阪市の学校法人「森友学園」への国有地払い下げ問題に絡み、兵庫県芦屋市で19日に開かれるシンポジウムに出席予定だった自民党の山田賢司衆院議員(兵庫7区)と、同法人「瑞穂の国記念小学院開校準備室長」を務める籠池泰典理事長の親族が出席を辞退していたことが、6日までに分かった。
 シンポジウムは「これからの歴史教育を話し合おう」と題して、「日本の歴史文化研究会」が芦屋市民センター(同市業平町)で開催。芦屋市と同市教育委員会が後援している。

 山田氏や準備室長は大学教授らと歴史教育についてパネル討議する予定だった。同研究会によると、準備室長は「諸事情により欠席」という。

また、山田氏は「騒動の中 では参加を見合わせた方がいいと判断した」と話している。
(引用ここまで)
籠池一家が出ないから問題解決ではなく、この団体自体を地方自治体が後援してよいのかとの部分が問題です。
訂正について
3月16日 17時
教委管理係タカハシ係長より指摘を受け、3点、訂正致しました。
謝罪して訂正します。

誤りの指摘について、芦屋市へも電話などをしていただいているようですが、ご迷惑おかけしました。

芦屋市市民センターでは、森友学園の籠池泰典こと康博理事長を登壇者とする、「日本の歴史文化研究会 第50回記念講座 これからの歴史教育を話し合おう」が開催されようとしています。 当初、籠池泰典理事長が登壇予定でしたが、騒動の後、籠池氏が「理事長職を引き継ぐ」としている長女の町浪さんに変更されています。

 

 この団体は、2014年3月1日、 芦屋市民センターで行われた第30回 日本の歴史文化研究会 記念講演「台湾に生きる日本の志」では、
【主催】平成・美しい日本を護る会
【共催】my日本、日本李登輝友の会愛知、日本教育再生機構 兵庫
など日本会議系団体と協力し合っているほか、

「百万人の歴史講座」として、日本だけを礼賛する、いわゆる“歴史修正主義”の立場に立つ黒田裕樹氏らのみを登壇させている団体です。

 

 日本教育再生機構とは、

八木秀次麗澤大教授を理事長とする、新しい歴史教科書をつくる会から分派した団体。

子どもたちに愛国心を押し付ける道徳教育の充実を掲げ、歴史改竄主義の育鵬社歴史教科書の採択運動を展開するなど“極右教育”を推進している。

 

 また今回登壇予定の山田憲司(自民)衆議員は、

2014年8月に行われた自民党のヘイトスピーチ対策等に関する検討PT初会合では、

「国連に“チンコロ”しているのはどんな団体か。ネットで調べると、ほとんどが朝鮮総連など朝鮮系の団体だ」
「右翼車両よりもむしろ左翼のほうがうるさい。取り締まりや、排除をすべきではないか」

といったトンデモ&ヘイト発言で注目を浴びた政治家です。

 

 このような団体と登壇者がどのような歴修正主義に則った、またはヘイトな内容を話すのかは、想像がつきます。

 

 この後援について芦屋市に対して、前述のような団体であるとの説明を行ってもなお、教育委員会管理課管理係 タカハシ係長は、

・ 芦屋市には教育委員会会議とは別に教育委員会協議会があり、そこで後援は承認された。

 出席者は教育長、教育委員4人、教育委員会部長3人。

 会議は非公開、議事録なしに毎月2回開かれている。

(たかひら注: 後述カニノ係長が証言しているように、この後援については、2017年1月に審議されています。

ところが、教育委員会本会議については、2月のものが芦屋市HPで公開されているのに、1月分は狭義かい名目だからか、非公開となっています。

更に3月3日の教育委員会本会議でも話題に出たようですが、これもいまだに議事録が非公開となっています。

これは意図的に情報隠ぺいをする必要性を市が認めている懸念があります)

・ 主催団体に便宜は図っていない。

・市の後援と、市教委の後援は続ける。
芦屋市市民参画課 タニノ係長は、

・ 1月に初申請があった当時、籠池氏の名前があったが、今のように報道されておらず知らなかった。

・ 会の趣旨や会則等も書面審査し、
営利でないか、
特定の政党・宗教を応援していないか、
経済的負担を過度に参加者に求めていないか、
広く参加してもらっているか
等を審議して、後援決定した。

としています。

 

 しかし、

・ 日本の歴史文化研究会は2016年12月に芦屋市社会福祉団体に登録されており、芦屋市条例によれば登録団体は3割引で市民センターを借りられる=便宜便図っている。

・ 後援を決めた教育委員会を非公開で行っており、公開の原則に反する。

「尼崎市も非公開だ」と管理係は言うが、

そもそも、教育委員会に本会議と協議会の2つあることを知っている人自体が少ない。

市教育委員会HPにも協議会がいつ、どこで開かれたかの掲載がない。

ちなみに近隣市では、宝塚市は協議会の傍聴自体はできないが、宝塚市HPに日時と場所と議題は公開していて、非公開自体が不当です。

 

 このような市民に事実を隠すような形で、日本の歴史文化研究会に便宜供与をし、後援まで行う行為は、籠池氏らと思いを同じくするような団体を市が応援していると対外的に示していると同じです。

 芦屋市は、籠池理事長らと考えを同じくするような内容の集会を行う、日本の歴史文化研究会を後援しないでください!!

 

 3月19日の告知は以下のようになされています。

「日本の歴史文化研究会」第50回記念講座 これからの歴史教育を話し合おう http://heigokai.blog.fc2.com/blog-entry-2011.html

より

次世代になう子供たちの偏見のない健やかな情操を育むため、
先人の営みの何を、どのように伝えればいいか、
その望ましいあり方を参加者みんなで考えましょう。
就学期のお子様をお持ちの親御様、祖父母様など教育に関心のある皆様のご参加を歓迎します。

日時:3月19日(日) 13:30~16:30
会場:芦屋市民センター301号室
会費:500円(会場費及び資料代、学生は無料です)

プログラム
13:30 基調講演「小学校歴史教科書を具体的に検証する」
      日本の歴史文化研究会副会長 石本秀雄
14:00 シンポジュウム「これからの歴史教育を話し合おう」
      パネリスト(50音順)
      一色俊哉(たかひら注:FBでは自由民主党芦屋支部 青年部長。 勤務先: 芦屋青年会議所)
      稲岡正信(たかひら注:甲南大学非常勤講師の肩書で、この手の集会講師として度々登壇)
      籠池町浪(たかひら注:籠池夫妻の娘)
      水谷真逸(たかひら注:同会の2011年11月23日にサンシビック尼崎で行われた第9回 「アメリカの視点で読み解く占領統治」では、近江高校地歴・公民科教諭とある)
      山田憲司 (たかひら注:自民衆議員。 ホンマは「賢司」ではないのか?
16:00~パネリストと参加者の質疑応答

主催:日本の歴史文化研究会
共催:日本教育再生兵庫
後援:芦屋市、芦屋市教育委員会

 

 なお、芦屋市での開催は初めてではなく、何回か行われており、直近では2015年10月4日(日)にも、芦屋市民会館で、
第四十一回 日本の歴史文化研究会
シリーズ 大日本帝国斯く戦えり
特別編Ⅰ 大日本帝国の教育制度
――今、大日本帝国の教育制度に何を学ぶべきか。――

との集会が開催されています。

 

 まさに芦屋市が、このような勢力に無防備であったが故の事象であり、公の施設を貸し出すこともヘイト法への抵触が懸念される中、後援まで行うべきでないのは明らかです。

 

たかひらの主張:

これまでこの会が行ってきた集会における登壇者自体が籠池主張と親和性が高く、共催団体も同様で、日本会議とのつながりも伺わせる。つまり、団体自体が自治体の後援を受け得る体にない。

芦屋市が、審査を団体提出書面のみで行い、団体名などをネット検索すらしていないのは、仕事が粗い。

市への提案:

当日までにこう言えばどうか?

「職員を参加させ、録音なども行う。

それを元にヘイト法に抵触しないかを審議し、抵触する場合、発言者、内容とともに、「ヘイト行為があったので、後援を取り消す」旨、市のHPに記載する。

会場発言者のヘイトについても、毅然と対処しなければ、団体の行為とみなす。」

こう予告すれば、相手方から後援依頼を取り下げるはずだ。 交渉ノウハウがないのだから、ゼロサムだが、これでやるのが手っ取り早い。 もし、このまま後援を続け、事後も手を打たねば、市としてヘイトを擁護・応援しているとなるし、私もそう宣伝する。

タニノ係長は、「上司と相談します」、

タカハシ係長は、「考え直さない」との返答。

考え直してくれることを祈るばかりです。

 

追記:

2017/3/7 07:10神戸新聞NEXT (前川茂之)
より
 大阪市の学校法人「森友学園」への国有地払い下げ問題に絡み、兵庫県芦屋市で19日に開かれるシンポジウムに出席予定だった自民党の山田賢司衆院議員(兵庫7区)と、同法人「瑞穂の国記念小学院開校準備室長」を務める籠池泰典理事長の親族が出席を辞退していたことが、6日までに分かった。
 シンポジウムは「これからの歴史教育を話し合おう」と題して、「日本の歴史文化研究会」が芦屋市民センター(同市業平町)で開催。芦屋市と同市教育委員会が後援している。

 山田氏や準備室長は大学教授らと歴史教育についてパネル討議する予定だった。同研究会によると、準備室長は「諸事情により欠席」という。

また、山田氏は「騒動の中 では参加を見合わせた方がいいと判断した」と話している。
(引用ここまで)
籠池一家が出ないから問題解決ではなく、この団体自体を地方自治体が後援してよいのかとの部分が問題です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月4日で、こども夜回り終了しました。

今年も様々な団体や個人が夜回りに参加してはりました。
教会、神戸や広島の女子大生や教員、子どもたちも。
私も行政書士会で行事に出ると、不服ながら交通費名目で数千円渡されるので、飲み代に使わず、使い捨てカイロとして寄付。
安く買えたので、600ケ持参しました。
CIMG1967_R.JPG
デザインが書かれているくまモンも喜んでくれますやろ。
今年は車で回るコースでなく、地域内や新世界・四天王寺、山王コースに参加。
初回の1月14日には、荘保さんから「飲んで寝てる人がいたら、絶対に連れてきて! 凍死するから!」と注意を受けるほど寒く、京都から来たと思しき乗用車にも雪が積もっているほどでした。
福島から来たという30代の方に地域の案内(医療や炊き出しなど)をしたり、
車道の端にいつもいるおじさんに、一緒に回っている中学生女子が「また来たなぁ、吉永小百合」と言われたり(一緒に回っていたメンバー全員が「どこが吉永小百合やねん!」と突っ込んだんだけど)、
ホテルの場所を探している観光客に道案内したり(これまたメンバー全員が「スマホで見たら、大坂城そばやってわかるのに、なんでここで地下鉄降りたんやろか?」と不思議がってました)、
しながらの声掛け。
CIMG1981_R.JPG
次は衆院選に出るのか、この人のポスターがやたら目につく。
で、夜回り後の報告会で受けたネタ。
CIMG1977_R.JPG
これなんやと思います?
阪神高速松原線高架下で、角に野宿させんようにガードしてますねん。
CIMG1980_R.JPG
この斜めな裾も同じく。
で、その場所が、柳本酒店&自宅の真裏。
さすが地域の柳本ボンボン。
でも書きましたが、柳本支持者以外は地域住民にあらずな姿勢が、すぐ足元でも垣間見えますな。
でも、このガードはもっとミナミに近づくほうが隙間なくやられてもいますが。
別の議員ポスターにはこんな人も。
CIMG1979_R.JPG
辻さんは、
西成区にてアイ薬局経営してる薬剤師で、 
父である辻昭二郎(元大阪市議会議長)もと大阪市議、秘書として経験を積んだ後、  2003年4月 統一地方選挙にて大阪市会議員選挙に自民党から出馬、父 辻昭二郎の地盤を受け継ぎ、2世議員として初当選、西成区で初の女性議員となる。

2010年5月 大阪維新の会大阪市会議員団に入団、三女の母。

などの経歴のほかに、

日本会議系の教育再生地方議員百人と市民の会理事長として、在特会関西支部長だった増木のおじさんと一緒に会を運営していることは、

でも書きました。
夜回りでは、精神年齢が中学生男子と合致するので、映画の主人公的なジョーの弟カイトとも一緒に回ったりもしまして、
これがウケた振り返りでは、小学生の女の子に似顔絵を描かれた(描いてもらったわけではない)ので、それを披露して、この回終わりにします。
CIMG1982_R.JPG
どんな顔やねん!

本年度、こども夜回り終了しました。

映画の公開や自主上映会もあって、昨年からブームになっているこどもの里。
さとにきたらええやん.jpg
岸和田市でも便乗企画を行っていました。
学び舎ゼミ「ほっとけない!!岸和田のこどもたち こどもの貧困 私たちにできること」 5回シリーズ

(1) 1月12日(木曜日)
映画「さとにきたらええやん」のこどもの里のお話を聴き、居場所の大切さ、こどもたちとの日々のかかわりなどを聴く
NPO法人 こどもの里館長 荘保 共子さん

(2)  1月21日(土曜日) 

~学校現場から見えるもの~
健康・生活・心理・経済から見えるこどもたちの様子
天神山小学校養護教諭 多田 直子さん

(3)  1月28日(土曜日)
~岸和田の今の現状と活動~
こども、大人、支援の枠に入れない人たち 支援の形とスタートした「こども食堂」
岸和田市社会福祉協議会 青山 織衣さん

(4) 2月4日(土曜日)
~支援のリアルと実態~
ボランティアの実情と心構え 自分を守りつつ、活動するには
大阪府認定子ども家庭サポーター 辻 由起子さん

(5)  2月19日(日曜日)
~自分なりに何ができるかな~
みんなで考えよう 話しよう

岸和田市社会福祉協議会 青山 織衣さん
私も2回目以外は参加しており、特に日本会議系のネトウヨ辻さんとは、対話もしたので、そこは別途書きます。
荘保さんは、2時間お話しされ、行政に予算付けを迫るよう締めくくっています。
私は主催の生涯学習部生涯学習課に「参加者のアクションを期待しているならば、荘保さんが話していたこども夜回りについて、時間や場所、内容などを案内すべしだ」と申し入れましたが、「学んでから、どう動き出すか・・・」などと意味のわからん回答で、参加者も回を追うごとに少なくなり、最後は20名弱程度でした。
そりゃ、取り組んでいる人に話させるだけで、関りとつばげないんだから、そうなるでしょ。
岸和田市内では最もモデルとされるリビングでも、星ヶ丘に行くと、「ホンマに来てくれたんか!」と資料説明等、歓待していただきました。
「行くと約束してんだから、なるべく早く来るのは当たり前ですよ。 ここは全国的に有名なんですから、議員連中も来まくってるでしょ?」と党も、「来た人もいるけど、殆ど来んわ」ですって。
でお知らせした松本妙子(公明)が行った子ども食堂には、殿本マリ子(2011年の自民府議候補)も行ったというので、
「創価学会やから、松本さん行ったんちゃうんかいな?」と問うと、
「あそこ、創価学会ちゃうで」とのようでしたが、
続けて「日本会議系のネトウヨ組織、倫理法人会やろ?」と問い直せば、「そうや」とのお答えで、
そんなネトウヨネットワークや地域ボスネットワーク以外の場所に、議員らが行かないとの逆証明となってます。
倫理法人会についても潜入記を以前書いたので、リンク貼っときます。
で、私は今年、年末の越冬夜回りと、こども夜回りに2回行ってきました。
学習会では釜の労働者の歴史を学習。
九州の炭鉱の話もされていました。
その時の資料。
炭鉱ルポなら、上野英信作品が代表作です。
最近の炭鉱についての考察なら、これも。
著者の話を聞きにも行きました。
写真で幅を取ったので、夜回りの話は次回。