保健センター、売りません。 デマ拡散を阻止。

市内の女性から、「保健センター売るんやって?」と、最近聞かされた。

即座に、「そんな話、議員らからも聞いてへんよ」と回答したものの、確認のため、岸和田市役所の問い合わせてみると、やはり、「売却の予定はない」とのこと。

 

それどころか、「どこからそんな噂が出ているんですか? 寝耳に水です!」とビックリしていた。

 

市内の他の施設についても売却などが予定されているかどうか示す。

 

岸和田市行財政再建プラン
中間報告(2018年8月現在) 2018年8月9日掲載

2018年8月現在の行財政再建プランの取りまとめ状況を公表します。

https://www.city.kishiwada.osaka.jp/uploaded/attachment/66457.pdf

より
5P

3集中改革期間(2018年度~2021年度)に着手する取組み(持続可能な市政運営を実現するための構造改革

 

3 公共施設マネジメントの積極的な推進

 

以下、解説を加える。

ここに施設運用について列挙されているが、「売却」の可能性に言及されているのは、浪切ホールのみ。

 

まだ書いてないが、毎年5億5千万円も赤字を垂れ流し、JTBなども逃げて、ビルの掃除や管理をする南海ビルサービスが指定管理として残っており、興行主としては.力不足の感が否めないのだから、いっそ、興行のプロである吉本興業にでも指定管理を代わってもらうよう、お願いに行くべきだろう。
・浪切ホール

(施設保有量の適正化と公共施設の適正配置の推進)
文化施設・ホール全体で見ると、市の財政規模に比して大きな施設規模を有している状況にあり、文化施設全体のあり方につ
いて再検証が必要である。サウンディング調査等により売却も含む民間活力導入方策を検討する。

 

この時期になってまだ入札要綱を作成中で、今後売るのか、大改修するのかも不明で、指定管理者のカトープレジャーも3月末で予約を打ち切っているいよやかの郷ですら、「売却」との記載はない。
・牛滝温泉やすらぎ荘
民間活用を図り魅力のある施設運営を目指し、サウンディング調査により民間ニーズを把握し、新たな施設の活用手法を検討
する。
バイトも不足し、これこそ売って、きちんと運営できるプールだけを残せよと思う
市営プールですら、
市民体育館及び心技館と同じく、
「老朽化が著しく、耐震未対応の市民体育館2館と心技館について、機能を集約するなど、あり方を検討する」

となっている。

 

他に「売却」を予想されるような書きっぷりなのは、

・青少年広場
・自然資料館
施設の利用状況や費用対効果の観点を踏まえ、青少年広場のあり方について見直しを検討する。

 

以下の施設は、残す方針に読める。
・学校施設の復合化

・高齢者ふれあいセンター朝陽

・城周辺の文化・観光施設等
(岸和田城、二の丸公園、だんじり会館等)
・市営住宅
・公民館

 

 

中核市を中止になった腹いせに、「売却」デマを流しているのかも知らぬが、聞いた方も、せめて市のHP程度は見たり、役場に問い合わせをしてから、正しい情報を広めて欲しい。

広告

岸和田市庁舎移転は、野田町の福祉会館で決定の模様。

色々とと書くことが多く遅れたが、6月議会前に、市役所庁舎移転がほぼ決定として公表されている。

岸和田市役所本庁舎の建替検討について
https://www.city.kishiwada.osaka.jp/soshiki/109/tyousyat.html
2018年6月1日掲載

 

岸和田市庁舎建替庁内検討委員会
岸和田市庁舎建替庁内検討委員会報告書
庁舎    建築年    延床面積    構造    備考
旧館    昭和29年    4,937.89 平方m    鉄筋コンクリート造
新館    昭和46年    4,199.01 平方m
別館    昭和57年    4,346.16 平方m
この3館を、まとめて移設する話。
以前も書いたが、これがボロなのは、福祉センターと共に法定耐用年数の60年を待たず、45年程度で壁の崩れなど、ボロボロさが見えだしたのは、旧耐震であることもさることながら、談合で建てられ、安い海砂をきちんと洗わずに使ったからとも言われます。
ここでも「談合と銭で票を買う岸和田」の歴史は見られます。
談合で建てた庁舎を、また談合で建て直すってんじゃないだろうね?
岸和田の誇る談合の申し子、土砂崩れ殺人企業ヤノコーポレーションとズブズブの関係な永野耕平(維新)市長の時の建て替えタイミングが訪れるのは、時のいたずらだね。
これもシッカリと見張らねば!
選定結果はこの様になった。
第1候補地
福祉総合C敷地
77点

第2候補地
防災広場 ときわ公園隣接
46点

第3候補地
現在地
62点

候補地の1次(簡易)評価
評価指標に基づき、現時点での簡易評価を作業部会で実施。
第1・3候補地と比較して第2候補地の評価が明らかに低い。
≪本日の検討事項≫
・評価結果が明らかに低い、第2候補地を建設候補地の対象から除外する。
・第1候補地と第3候補地で、2次(詳細)評価を行う。(30年度委託等で条件見直しの詳細調査をし、評価 結果を今後の検討委員会で提示)
各候補地の比較:
・庁舎の延床面積(総務省基準)(約25,000㎡)
第1候補地(福祉総合センター敷地)  約25,000㎡  新庁舎7階建想定
第2候補地(防災広場)  約21,000㎡  新庁舎5~7階建想定(住宅地への日影を考えるとこ
れ以上高層化は難しい)
第3候補地(現在地) 約25,000㎡  新庁舎7階建想定+別館:4,200㎡(耐用年数(30年)の残る別館は継続利用し事業費を圧縮)
・駐車台数(来庁者・公用車)(約260台)
第1候補地(福祉総合センター敷地)  約300台 (平面+立体駐車場) 職員通勤用は、現状と同じく岸和田駅駐車場を利用
第2候補地(防災広場)  約300台 (平面+立体駐車場) 職員通勤用は、近隣の民間駐車場を利用(分散)

第3候補地(現在地) 約300台 (平面+第2・3・4来庁者駐車場) 職員通勤用は、現状と同じく岸和田駅駐車場を利用

 

・防災性
第1候補地(福祉総合センター敷地)  津波の恐れはない津波の恐れはない
第2候補地(防災広場)  防災公園(ときわ公園)に隣接

第3候補地(現在地) 津波避難計画区域内(浸水区域外)

 

・現状の課題(ハード・インフラ)
第1候補地(福祉総合センター敷地)  岸和田駅東停車場線への車両動線に問題があり、右折入出庫に難がある。
想定する敷地への車両進入路(東光耕地整理32号線)は、幅員が狭く、一方通行で、交通処理上問題がある。
第2候補地(防災広場)  候補地周辺の道路・交差点は、交通量の割に幅員が 狭く脆弱で、交通処理上問題がある(現状でも、地元から交通対策の要望有)。
ときわ公園は都市計画公園として整備済みであり、公園側への道路拡幅は困難。
現庁舎エリアから離れ市民サービス業務の低下。
第3候補地(現在地) 現庁舎の位置に建替えるため、庁舎建設中は、別に仮設庁舎・駐車場が必要。
これを見ると、確かに野田町やむなしとも思える。
建設手法は、PFIなど市が直接施設を整備せずに民間資金を利用して、民間に施設整備と公共サービスの提供をゆだねる手法で行い、ホテルなどと合体させる案もあるようだ。
駅前なので、今なら海外の旅行客などが見込めるが、旅行客が日本に押し寄せているのは、ドアホノミクスの失敗で、日本が世界で稀に見るデフレ国家となっているからに過ぎない。
10年ほど前に日本からタイなどアジアの物価の安さを見るような感じだ。
欧米などと比べると、いかに日本の物価が安いかわかる。
ファストフードなどを見ても、数十年前より安いんじゃないかと思えるぐらいだ。

 

 

2018年2月13日には、奈良県橿原市の近鉄大和八木駅南側に、市役所とホテルがセットになった全国初の複合施設(地上10階、高さ45m)がオープンしている。

奈良県内では最も高いビルとなるこの市庁舎は、市が民間資金を活用したPFI事業で約97億円をかけて建設。

1~4Fの市役所分庁舎には、住民票や戸籍関係証明書の交付など市民サービスを担当する13課が入り、5~10Fには、カンデオホテルズ(客室数139室、)が入居している。

これも橿原市議に話を訊くと、談合の臭いがプンプンする案件だ。
しかも、失敗が目に見えている。
岸和田でも市民が騒いでいない、腐臭がする施設がある。
岸和田駅前の葬儀場ティアだ。

http://www.tear.co.jp/hall/osaka/

経営が南海電鉄グループだから、駅に隣接していると思ってませんか?

HPを見ればわかるが、南海が経営している大阪と和歌山の同施設で、駅に隣接しているものなどない。

最短でも徒歩5分の距離だ(岸和田は徒歩1分)。

ここにはホテル誘致の話もあったが、葬儀場に落ち着いたと言われている。

暗躍したのは、世襲議員のパパであるとも言われる。

かように岸和田市は議員らの利権の巣窟となり、それを市民は不思議に思わず、我が町会から議員を出すことだけに腐心し続けてきた。

議員らはもちろん、これら利権について知っているが、岸工会以外の利権話を市民にした議員はいただろうか?

土砂崩れで人が死んでも、どの議員も「ヤノ」と言わないように、利権には誰もが口をつぐみ、利権を食む議員の存在を明らかにせずにいる。

私に情報が入らねば、永久に利権マグマは湧き続け、市民は支払った税金を吸われ続けるだろう。

公用車で春日大社? 遊びに行ってるのかと市民の怒りへの岸和田市役所の回答

市民から問い合わせが入りました。
1月31日(水)、奈良の春日大社で、岸和田市名入り箱バンから、男女3名が降り立った。
平日の昼間に何をしていたのか?
との怒りの連絡でした。
私は、「さすがに、公用車で堂々と観光に行かないでしょう」と回答し、役場に回答を求めました。
結果的には、業務で、ホッとしました。
1月31日の春日大社行きについて、どこの部署・役職が、どのような用事でどの程度の時間をかけて
行ったのかを教えて下さい。
市民から「平日に何をしているのか? 3名も行く必要があるのか?」と
問い合わせが入っております。

【回答】
1月31日に、生涯学習部郷土文化室の担当長ほか2名が
春日大社を訪問しております。

2月21日から、岸和田城天守閣2階展示室において、
企画展「よみがえる甲冑、かがやく刀剣」を開催予定であるので、
展示手法などの参考とするため、展示を担当する職員が
刀 剣に特化した企画展を行っている春日大社を訪問したものです。
展示は職員3名で担当しているため、その3名で訪問する必要がありました。
なお、現地滞在時間は約3時間程度です。
この春日大社は問題なしだったのですが、別件で大いなる問題がある出張を発見しています。
どんな言い訳をするのか、楽しみです。
前にさわりを担当部署には伝えております。
既に終わった後で、隠しようがないわけですが・・・・
間違いなく市民は「なめとんのか!」と怒りますよ。
後日、お知らせしますので、お楽しみに。

永野“不動産王”孝男のお宝紹介 天神山で出て行っちゃった編

前回お届けした北町編に続き、今回は天神山編。
永野孝男体制になって以後、岸和田学園はえげつない不動産所持に増殖しまくっているものの、稼働中のものについては、施設として建前上はまだ触れずにおく。
だが、使わなくなれば、“施設”ではなく、単なる所有不動産であるので、個人資産と変わらないとみなす。
DSCF6232_R.JPG
天神山と神須屋町が入り組んだ住宅地にあるこの家は、水道道からも見える、大きめの家だ。
住宅地に入って、入り口から見ればこんな感じ。
DSCF6229_R.JPG
ご丁寧に左に写るオレンジ色の自販機には、岸和田学園の建物だと書かれている。
DSCF6230_R.JPG
施設等の子どもたちのための育成機会をサポートするために、自販機のアガリを使うのだそうだ。
今日び定価販売の自販機のほうが珍しく、¥100自販機をアチコチで見かける状況下においても、定価販売の強気な自販機となっている。
それにしても不動産王になるほどの銭を、税から生み出しているのだから、その銭を目的どおりに子どもたちに使えば、このような偽善自販機を設置する必要性すらないのではないかと首を傾げる。
しかもこんな住宅地では、自販機自体の売れ行きも悪かろうし、消費期限までに売り切れるのかと心配する。
この家は、数年間、小学生が5~6人と職員一人か二人の共同生活が行われていたが、1年経つか経たんか前に突如もぬけの殻になっている。
永野式の常套手段として、ここもいつものように近所への説明はない。
自ら建てる必要があった他の施設と異なり、ここはハナから建っているので、「子どもたちのための畑に使う」とか「運動場に使う」などとウソ説明を近所にする必要もなく、岸和田市農業委員会に申請して、農地を転用する手間もない便利の良い不動産だったはずだ。
どう使い勝手が悪かったのか、子どもたちは三田町周辺に最近建てた幾つかの新築施設に引っ越しを余儀なくされたのだろう。
大人の都合で小学校を転校させるのも、永野第一主義の岸和田学園方式らしいやり口だ。
私は耕平(維新)府議に「オヤジに今更言うても、子どもなど銭を種としか思ってないだろうから聞く耳を持つまい。 世襲はどうかと思うが、あなたが早く代わって、分捕ってきた税金を、子どもたちのために使うようにしてくれ」と懇願している。
府の役人接待によって生み出した助成金を、どれだけ不動産に変えるつもりか?
欲の度合いを矢野繁和氏と張り合っているのか、永野モノポリーは?
そんな欲望の館からはツバメももう寄り付かんとの意思表示をして巣立って行ったのか?
DSCF6227_R.JPG
通常は、同じツバメ(夫婦よりもいずれか一方だけの方が多いようです)が巣を越年で使用するものですが、壊れたのか、壊したのか、袋部分がなくなって、下に集められた状態で落ちていました。
DSCF6228_R.JPG
敗戦を夏に控えた年の3月12日に生まれた永野氏は、もうすぐ終活適齢期な73歳だ。
終活を業務としている私としては、4姉弟と葬儀屋に出向き、自らの葬儀について事前予約しておく事をお勧めする。
と同時に、まだ目を血走らせて俗世のドブに浸かりきるのはよして、水道と電気は生きているこの住宅を、子ども食堂や、学習支援の無料塾でもやって、地域に貢献するということでも覚え、これまで蓄積し続けてきた垢落としをして棺桶に向かう気になるべくアドバイスしておきたい。
銭はあの世に持っていけんよ。
分捕り続けた税が形を変えた不動産も又、税として還流されようし、流れ続ける税の蛇口も絞られようから、不動産王としての落日を目の当たりにする前に、巣立つ子どもたちを財産とできるように一刻も早く方向変換されたい。
そのお手伝い、是非ともさせてもらいたいね。

永野“不動産王”孝男のお宝紹介

互礼会後、1.4東京ドームにも行くことなく、正月の旧市を散策していると、色々と発見したものがある。
先ずは、自らが世襲理事長な児童養護施設の岸和田学園と、
維新会派内ですら、幹事長にも数人しか推してくれない人望あふれる姿で有終の美を飾った府議人生により、
生涯を税金による蓄財に捧げた、
銭儲けと不動産王の座に君臨する永野孝男(自民→維新)元府議の接待場所。
永野孝男.jpg
「市長に出たいねん!」と、野心あふれる顔ですな。
DSCF6225_R.JPG
場所は北町。
息子で世襲の永野耕平(維新)府議でなく、前田将臣(維新)市議の看板を立てているのは奥ゆかしいね。
西ノ内町から北町に越してきた原田筋で繋がった永野氏と西田武史・元市議&市長候補。
今では別所町と、最近では岸城町にお引っ越しというか、近所では破産トンズラとの評判が高い。
私が聞き込みしてたら、「市長選挙でのうのうと西田推ししまくっとったが、『借りた金は返せ!』と言うといてくれ」と言われたと記しておく。
DSCF6224_R.JPG
なぜか表札には「永野」と「牧」の表札。
三田町に里帰り中なのか、呼び出しボタンを押しても不在なようで、ホンマに誰か住んでんのか?とも疑った。
電気メーターのカウントも遅いしねぇ。
だが、牧さんご家族は住んでいるようだ。
上の子どもは、近所の学校にも通っているようだし。
永野さんは、住んでなさそうだけど。
それとも夫婦別姓なのかしら?
耕平府議の妹は。
関西の医大の名誉教授の血筋だそうだが、医師ではなさそうだがね。
永野3兄弟の子どもである4姉弟で、社会的地位を自慢できるのは、婿の弁護士と耕平・府議と、大広告会社勤務だった息子か。
ブラック残業で50万円の罰金を受けた広告会社より、地元で人間らしい働き方の方をオススメしたいね。
それでこそ、孝男氏がすがってきた偏狭な自民や維新とは異なる大アジアな福沢諭吉翁からの学びも活かせるはず。
実はこの家は、こんなに深いウナギの寝床状の家となっている。
このガレージ、以前は貸していたようだが、今は自分たちだけが使っているようだ。
DSCF6226_R.JPG
なぜって?
理由はコレ。
永野孝男 北町のヤグラ.png
たまたま1分10秒ぐらいの北町の映像を切り取ったが、この木で組まれた足場の出っ張りってなんだ?
実は観覧席になっていて、ここへ府の役人だの維新議員だの支持者だのを呼んで接待している。
そのために家をかなり奥にセットバックしているってわけよ。
まさに“票を銭で買う岸和田”を実践してるわね。
しかも小便は北側壁にやり放題で、アルコールチックな尿臭が周囲には漂っていて、近所からの苦情によって簡易便所を設置している。
ここ数年、隣のお家も同様の見物席を設置したので、永野櫓からはだんぢりが見えにくくなり、集客力は落ちたようだ。
WCは、向かいのだんじり劇場で貸してもらえるように話ししたげようか?
この家、土地込みで1億円はくだらない価格で買ったそうだけど、孝男氏は生涯、税金だけしか収入がないのに、どうやってこんな大きな買い物ができるほど蓄財できたのかね?
この農転ハウスな孝男邸も含めて。
DSCF5999_R.JPG
他にも蓄財というか、社会福祉法人 阪南福祉事業会名義の不動産は広げまくっているが、そこはあからさまでないので、私も突きにくい。
それでもこんなに不動産バブリーな社福は珍しいのだけれど。
しかし、この家は社福と何ら関係ない私有財産だからね。
どうやって税金人生から蓄財したか、岸和田学園の子どもたちには、支払われた税金が充当されているのかを、私が議員となれば、泊まり込みで調査させてもらうから、楽しみにね。
それまでに子どもを移動させたりせんように。
ありのままの姿も拝見させてもらうから。
近所からは、パトカーが来るだのといったやんちゃぶりは聞いてるから、子どもたちの不満も是非とも伺わしてもらうわね。
もう一点はオマケ。
堺町を歩いていると、遠藤敬(維新)衆議員ポスターが貼ってある家を見つけた。
DSCF6222_R.JPG
こここそが、
でしました、渋谷和則氏の実家でしたわ。
DSCF6223_R.JPG
表札見ても、ファイナルアンサー。
では、岸和田市議会の議員の悪事を一覧表にしています。
ぜひ、どれだけひどい議員がそろっているのかを、有権者として許せるのか、ご覧ください。

たかひら宛に内部告発を頂いている方々への伝言

何件もの内部通報や市民通報をお寄せいただき、ありがとうございます。

頂いた全ての件において、只今、鋭意調査中です。

但し、個人の不祥事等の案件につきましては、デリケートな問題であり、その職員への誹謗中傷・人権侵害ともなりかねません。

よって、慎重な調査を必要とするのですが、最も重要な事実確認や背景事情が、匿名で寄せられている情報では、私から質問や確認できないでいるのも、調査において、大きな障害となっております。

そのため、情報の真偽について、役所・関係者とも相談の上で行っており、時間がかかっております。

つきましては、情報主が匿名でも結構なのですが、私とだけは連絡が取れるようにしていただきたいと、この場を通じてお願い申し上げます。

情報主が判明している件であれば、共同で調査を行ったりもできておりますし、問題が公になるなどして、早期解決に向かう事例もありますので、“宿題”を溜めない為にもどうぞご協力よろしくお願いします。

真似するなら本家を超えられずとも同等程度のレベルで! ネーミングライツ編

一時、ネーミングライツが各自治体で流行っていました。
泉佐野市は市の名前まで売り出していたほどだ。
1970年代に米国から始まったネーミングライツは、米4大プロスポーツ施設の約7割で導入され、欧州・アジアなどへも広がっています。
海外でのネーミングライツ事例の特徴としては、期間も長期でかつ金額も高い、大規模な契約が多いということ。
主な導入事例は、
シアトル=マリナーズの本拠地セーフコ=フィールド  年額約1億7,000万円 20年契約
ワシントン=レッドスキンズ(アメリカンフットボール)のフェデックス=フィールド  年額約7億円 27年契約
英国ではアーセナルFC(サッカー) のエミレーツ・スタジアム  年額約200億円 15年契約
中国ではメルセデス=ベンツ文化センター  年額約10億円 10年契約
など。
日本においては、2003年公共施設での最初の導入事例である味の素スタジアム以降、各地方自治体における公共施設の維持管理手法の一つとして全国的に定着し、一般化してきています。
また、国においても、2009 年 5 月、国立施設初のネーミングライツが、ナショナルトレーニングセンターに導入されています。
しかし上述例と異なり、契約年数は短い。
サッカーや陸上競技場の味の素スタジアム(東京都所有の東京スタジアム)
年額2憶3333万円 6年契約(2014年からは5年契約)
がほぼ最長で、他はそれより短い契約年数になっています。
味の素ナショナルトレーニングセンター(国施設のナショナルトレーニングセンター)
年額8千万円 4年契約
大阪では、2008年、ハシシタ知事が、財政改革の一環で大阪府立体育会館の売却・廃止の方針を打ち出します。
その後撤回し、存続が決まったものの、存続条件として運営費削減などの改善措置が求められ、2012年3月、命名権をBB-SPORTS社に売却し、施設名が「BODYMAKERコロシアム」(ボディメーカーコロシアム)に変更されました。
年額2500万円 契約期間は2015年3月までの3年間。
しかし2015年3月の契約満了とともに、BB-SPORTSは契約を更新せず、命名権名称の使用は終了し、4月1日に元の正式名称に戻します。
空白期間がありつつも、2015年6月17日、大阪市に本社を置く家電量販店大手のエディオンと命名権契約を結び、「エディオンアリーナ大阪」に変更すると発表。
年額2100万円 契約期間は9月1日から3年間。
南大阪では、岸和田市堺町歩道橋 岸和田自動車教習所
松原市別所歩道橋 マクドナルドロゴ
など、府道にかかる陸橋で今も多数募集されています。
年額30万円 5年契約
この歩道橋ネーミングライツ事業は、大阪府が全国で初実施となっており、2010年2月に枚方市の伊加賀歩道橋が大阪スバル枚方パーク店前
と年額45万4千円で5年契約し、2015年には契約更新しています。
有名なのは2013年4月に完成した阿倍野歩道橋でしょう。
道 路の維持管理などを目的に、大阪市建設局が募集していた財政再建事業の一つで、命名は360周年を迎えた(たかひら注:1653年=江戸時代の承応2年創 業)小鯛雀鮨鮨萬の創業者の名前「萬助」にちなみ「鮨屋萬助・阿倍野歩道橋」となっており、歩道橋の5か所に木目調の長方形下地に名前が書かれたものが貼 られていました。
契 約料は年間360万円で、期間は3年間となっていたのですが、契約更新されることはなかったようで、既に木目調の看板は外され、無機質な鉄骨の歩道橋に なっています(開始当初は陸橋のaの形も相まって、華々しくニュースになってましたのにねぇ。 阿倍野歩道橋「鮨屋萬助」と命名 – 産経ニュース
2013.7.24 20:57
このように短期契約では、行政も永続的な収入とならないし、企業としても名前が定着しないのでメリットは少ないし、低額だと冷やかしのようなものでもいいのかとなります。
例えば、嵐山観光駐車場や清水寺境内の公衆トイレは、年額10万円の3年契約。
役所で住民票などを入れるためにおいてある封筒の広告料は年額17万円~ですので、そちらよりCM効果があると言えるかもしれません。
名古屋市中区の名古屋テレビ塔下の公衆トイレでは、0円ネーミングライツも始まりました。
とは言っても、2012年度に開始後、応募は初めてとの不人気でタダにしたわけではなく、
落札した愛知県春日井市のトイレ清掃会社アメニティ尾張は、便器に研磨やコーティングをした後、薬剤を使った清掃を月1回、3年間担うので、清掃代金に換算すると185万円相当だそうですが。
ちなみに同社は「トイレのお医者さん」を商標登録しており、トイレの愛称は「トイレのお医者さん アメニティ尾張公衆トイレ」となります。
どうせ後発として真似をするなら、先発事例をよりよく発展させれば良いのですが、ことネーミングライツでは成功しているとは言い難いと思えます。
行政のような信用度の高い機関がやるなら、もっと長期的視野で安売りしない方がよりよい文化として定着するんじゃないですかねぇ・・・・