永野耕平(維新)府議の市長選挙出馬に伴う辞職と、府議時代の政務活動費チェック

1月18日、いよいよ永野耕平氏が岸和田市長選挙に出馬宣言した。
nagano永野 耕平.jpg
維新は、告示日の自動失職まで税金ネコババを続ける人もいない人もいる。
以下のブログでも書いた、浅田均氏は府議を続け、宮本一孝氏は門真市長選挙前に府議をやめた。
永野耕平氏に関しては、この“岸和田市の伝統”を承継しなかった点に拍手を送る。
そしていよいよ告示までほぼ1週間となった。
DSCF6286_R.JPG
パックは選挙しやすいだろうなと、少し羨ましかったりもするが、2元代表制を愚弄した市長と市議のパック選挙は大いに疑問だ。
仮に永野市長、宇野慎吾・市議となった場合、前田将臣・市議も含めて、維新市議は、維新市長のチェックができるのか?
大阪府市を見ていると、チェックどころか、一体となって愚策遂行のオダを上げているようにしか見えん。
でも
「総合区案は移行に伴う初期コストを庁舎やシステム改修費など約63億円、移行後の年間コストを約1億円と想定。これらを加味した平成48年度までの財政シミュレーションでは収支不足は起こらず、財政調整基金などの“貯金”を取り崩さなくても行政運営が成り立つという試算結果となった。
 一方、初期コストを302億~768億円、年間コストを39億~62億円と見込む特別区案では4通りの区割り案のいずれも、一時的ではあるが収支不足が発生する見通しとなっている。」
と報道されているのに、まだうそぶき続けているからね。
総合区案・特別区案の財政シュミレーション.jpg
先ず、二重行政など存在しない。
これは、住吉市民病院のドタバタ劇でも証明されている。
府県と市は役割が違う。
次に、都市内分権を進め住民自治を拡充することを主張するなら、地域協議会制度を創設して、地域に予算をおろして、そこで責任持って決めてもらえば良い。
維新が推薦した倉田薫・池田市長がやり始めたことだ。
これに回答できる維新政治家は、誰もいない。
私も対面で何度となく「口ごもり、説明できぬなら、ハシシタ氏を呼べ!」と言ってきており、その対話を説明できる議員がいない証拠として使っているほどだ。
そんな岸和田維新。
「岸和田の誇り」が何か不明だが、喪失したのかね?
政治と金の問題?
それはこれまでも続いてきたし、そこに乗っかってきたのは、他ならぬ永野孝男パパだ。
談合が市民にバレた岸工会事件の談合企業の本社用地として土地を売り、その見返りを株で得たとこで、選挙では談合企業の支援を受け、山手の道では検問を張って、鉄壁の囲い込みを行い、自民とも選挙取引をしていた原昇市長に、永野パパはチェック機能としての働きを果たしたのか?
金儲けの隠れ蓑である岸和田学園建設の際にも、議員パワーを使ったりしてきたのではなかったか?
そんなゴミ屋敷を掃除もできず、役場の掃除をするなど、ちゃんちゃらおかしい言い分だ。
そんな耕平氏の府議時代の政務活動費を見てみる。
都合の悪いことに、年度末ではないため、2016年度が公開されている最終で、2017年度分はネット上では見られない。
府議会の政務活動費は、会派に59万円/月×所属人数、議員に59万円/月と、議員一人あたり118万円/月が支出されている。
2016年度の年額で言えば、維新は4301万円、議員は606万円。
これを維新は見事に使い切る。
この使い方は、ネコババ手腕が光っている・・・のではなく、浅はかだ。
維新2016.11月.png
11月は、1362万6542円の残だ。
これを12月から使い切りに走る。
維新12月.png
維新タイムズ③をなぜか㈱メインカラー56万7864円と、吉本印刷㈱395万8390円に分けて印刷。
この会社は違うだろうが、維新は印刷によるネコババが横行しているし(山本修広・柏原市議や黒瀬大・堺市議は辞職、小林由佳・堺市議は居座っている)、高林香織印刷なる、商売が許されない阿倍野マルシェ東館608号室で印刷し、表札は別の名前を使う、維新堺支部の手口もあるしね。
維新3月 タイムズ作成し放題.png
そして3月の最終月になると、こぞって維新タイムズ③の配布委託を各議員がしまくる。
ここには永野耕平氏の名前もある(10万円)。
維新3月.png
そして見事使い切り。
3月の支出は何と1061万6183円!
見事4301万円を1万9489円だけ足出して使い切りました。
こんなう上手い使い方ある?
㈱BLESSへの海外行政調査経費500万円 2017.2.20 内金
そして3.31のギリギリに459万3510円
維新府議団HP
には、
平成29年3月 アメリカ行政調査報告書
平成28年3月 シンガポール行政調査報告書
平成25年4月 イギリス・オランダ行政調査報告書
平成24年8月 ドイツ・フランス行政調査報告書
平成24年3月 シンガポール行政調査報告書
ズラリと観光地が書かれている。
永野耕平氏は、2016年のシンガポールに参加。
報告書も見たが、子どもの遠足としか言えん、お粗末な質問が並ぶ。
今時、府下自治体で税金海外慰安旅行に行ってるとこなんてあるのかね?
市が行かないのに、府は行く理由って何?
こういうことか?
永野耕平氏の政務活動費は、次回。
広告

信貴をやめてヤノ土建屋勢イチ推しダミーの西田を市長にと、ボケる井舎英夫氏

井舎氏のネタは、「不審人物に気をつけましょう!」とか、「井舎氏による身元調査お断り!」などと書く予定だが、その顛末がまだ役場から届いていないので、そちらは届き次第ということで、今回は自分が、私に刑事告発され、被疑者となっている立場で、よくも他人のことが書けるものだと笑けてくる、井舎被疑者のアジビラについて書く。
井舎トリミング.jpg
で書いた、恥さらしを再度自らのチラシでも行う、ズンドコぶりを見せつける井舎氏。
中身を見ていこう。
① 信貴市長答弁を「一身上の都合」だけとするが、出直して禊を済ませる政治家姿勢は、誰が見てもわかること。
書くなら、「市民に説明責任も果たさずトンズラしたくせに、再度出馬する厚顔無恥」と書き、「だが、そんな信貴市長にへばりついてきたのは私も同じ」と書く必要があるね。
確かに井舎氏は、競輪場移転や報酬アップに反対したのだろう(だろうとするのは、裁決を公式記録がなされたのは、2017年12月議会からなので、2016年の競輪場採決の記録はないため。 2014年に私が正副議長に「やれ!」と突きつけた成果がやっと花開いたところ。更に報酬アップも2014年に私が自作自演だと市民にお知らせしたので、議員のアップは自公共もできず)。
だが、他の議案では、中核市移行、予算や決算に賛成しており、
本来、市長に対するチェック機関であらねばならない議員職でありながら、市長に対する補完機関として、そのバッジを使ってきたと言われても仕方がない姿勢を見せてきたのに、
自分が春木中町会館建設を公約として出馬し(こんな地元だけの公約が一番の課題って点を見ても、いかに議会が地元ボスの集いの場かわかる)、市や府から補助金を取れないとわかると、国にすがる道筋をつけてくれた、西田氏や神谷氏の奴隷となって、選挙では「西田を紹介する前にお前が誰やねん!」と春木地区で言われながらも地べたを這ってきた。
しかも銭で自民党の推薦を買ったのは、信貴氏ばかりではない。
西田氏もそうだし、銭で票を買うのは、他の議員も行い続けて来ていることではないのか?
例えば、信者票で当選でき、選挙運動すらする必要がないイメージのある公明党でも、「選挙では、信者が無料で動き、オマケに当選祝まで持参するので、選挙は儲かる」とまで元議員からは聞く。
今では当選祝をもらっていないと言えども、日々議員としての仕事もせずに役場でたむろし、口利きに精を出すのはなぜだ?
この口利きに関して、
以外にも、ネタがあることを予告しておく。
井舎氏は、そんな隣の議員を叩かないどころか、「俺の票は汚いで!」と自画自賛する京西且哲氏と、呉越同舟なのか同床異夢なのか、ともかくヤノ土建屋グループの覚えめでたくなれますようにと念ずる日々を過ごし続ける。
当然、信貴氏と同じく自民党推薦を銭で買った西田氏に、その刃は向かない。
もちろん、銭を分け合ったであろう日田、神谷、自民府連にもね。
「辞職理由について議会で述べるべき」には賛同する。
しかし、これも「どの口が言うとんねん!?」との言葉が付属する。
井舎氏は、市民ではない。
議員だ。
であればこそ、この三文猿芝居について市民への説明&追求責任があるのは、信貴氏のみならず、議員全員だ。
それは、私も以前より「市長と各会派から議員代表が出席して市民への説明会を開催せよ!」と指摘している。
井舎氏や他の議員が、一人でもそんな説明責任を果たしたか?
元市長が不在でも、市民への説明は議会が独自にやり、「元市長にも呼びかけたが、市民に顔向けできないと、出てこない」などと言えばよいのに、それすらもできない。
しない、ではない。
できないのだ。
なぜか?
前述したように、自分たちが推した西田候補も銭で推薦を買い、自分たちも銭で票を買ってきているからだ。
信貴氏が抜け出ようとして、ヤノ土建屋グループがむんずと掴む脚を蹴飛ばしているのを、ドブの中から再度掴みにかかっている間に、新たなドブの使者=維新が湧き出てきたのが、2月選挙の構図だ。
私は維新ハンターとして、各地の維新議員の不正を糺し、税金のネコババを返させ、辞職させてきた。
永野耕平氏は、まだ議員経験が3年弱と染まっていないようにみえる。
しかし、染まるのに長い年月は不要だと、既に私は示している。
この法人設立時、中野氏は3年のキャリアだった。
16年(市議7年府議9年)のベテラン青野氏に引っ張られたとは言え、まだ1期目の中野氏は染まらずに静止できる感覚を持てていたはずだ。
しかし、維新構成員という環境自体が、どう銭を稼ぐかに注力する集団であるからこそ、止めるどころか、「共に稼ぎましょう!」となったのだろうけど。
② 信貴市長の記者クラブへの無記名書類配布について
記者クラブ室に入るのが、大問題みたいな書き方をしているが、そこについては何の問題もない。
市長は会社で言うなら社長で、施設管理者として、原則どこでも入れる(選管など制限がかかる場所はある)。
しかも岸和田市役所記者クラブ室は、通常使われていない。
選挙など特別な時に使われたりはするが、普段、記者は関空記者クラブ室に詰めている。
私物なども置かれてないだろう。
問題なのは、“誰が置いたか不明な文書”状態にした点だ。
これは、担当者である広報室職員に伝えておくべきだった。
と言うか、何でFAXで送信しなかったんだろうかね?
私なら邪魔くさいので、幹事社という代表に渡して、「コピーで回して」とお願いするのが常だ。
「深く反省と謝罪」ってどっから引用してんだ?

不適切な行動だったと認めて謝罪した。

不適切な行動だったと認めて謝罪した。

なぜかこの件で張り切っていて、この件も

男性や陳情者らが全て実名で記され、個人情報に関する法令に違反する可能性がある

「男性や陳情者らが全て実名で記され、個人情報に関する法令に違反する可能性がある」と針小棒大に唯一書いた毎日新聞(12.28付 朝刊)にも「不適切な行動だったと認めて謝罪した」とあるんだが。

井舎氏に日本語を教えておくが「」内は引用で使うんだから、自分が作った言葉を書いちゃダメよ。
「岸和田の恥」も、歴代政治家の多くがやり続けている銭で票を買う岸和田選挙を指すなら的確だろう。
しかし、祭礼にまで寄付を行うなど、私に度々是正させられている井舎被疑者自身こそに返ってくる言葉だね。
③ 百条委員会について
これについては、私が度々「百条委員会の法的位置づけ分かっとんのか? 何でも司法の代替になるはずないだろ!」と、提案者の共産党などに言うてきた言葉をそっくりそのまま、「法律ってなんだ?」と言うしかない井舎氏にも捧げたい。
岸田厚(共産)市議は、

証人喚問で「法に基づいた百条委ではなく、応じる義務はないし、罰則規定も適用できまい!」と拒否された場合、正規の百条委と同じく、罰則がかけられるのか?と問うと、

「そこは調査が必要だ」と回答している。
猪瀬都知事を想定しているが、あの時証言したのは猪瀬氏であって、徳田虎雄氏ら5000万円を猪瀬市に渡した徳洲会病院側ではない。
堺市でも小林由佳や黒瀬大(辞職)の両維新市議は、出席こそしたものの、「刑事訴追のおそれがある」と証言拒否しまくり、架空チラシポスティングの吉田夫妻は、連絡さえ取れずじまいだった。
こうなるのは目に見えているし、岸田氏もその懸念を示しているのに、どうやって「真相究明」するんかね?
④ 意見について

市長選挙の「5450万円」は正しい。総額5451万9千円

内訳 市長選挙4629万9千円、市議補欠選挙822万円
「新市長による正常な市政により岸和田の誇りを取り戻すためにも再選挙は必要です」?
「住民投票は、都構想が勝つまでやる!」との、維新みたいな物言いだね(そもそもあんな首長押しつけの投票を「住民投票」とは呼ばない)。
新市長って永野府議の事かね?
負けた腹いせに三文猿芝居劇場を開幕させたが中折した、日田孝志・ヤノコーポレーション専務と愉快な土建屋仲間&そのダミーを仰せつかった西田一座市議軍団の事だよね。
両維新軍団とも井舎被疑者が主張するように「『政治と金』に健全で誠実で行動力のある」は、大きな間違い。
双方とも世襲議員で、産道から這い出すのもオカンのいきみによってであり、何一つ努力のない世界で行きてきた無菌人間であり、オヤジ泥とゴミがあふれるほど詰まった家の掃除もできぬのに、家の外の掃除などできるはずがない!
表に出たければ、先に利権まみれのゴミ屋敷の実家を掃除せよ!
しかも、西田&永野共にどう担保するようなそんな政治家としての活動を行ってきたのか、具体例を示してみよ!
岸和田政界自体が、何十年もヘドロにまみれてきたのであり、どの候補も足に泥がついている状態だ。
その中から、誰の足の泥のつき具合が、マシかを選ぶ選挙であり、
やっと泥沼から這い出し、泥を拭う素振りを見せている(だからこそ対立候補を立てられ、落選腹いせに再選挙もさせられた)信貴氏か、
信貴氏が払った泥にドップリと温泉のごとく浸かっている、泥まみれな実家出身で泥衣装を身にまとってきた西田氏か、
実家の泥を引きずって、そこに維新という新たな泥が付着しながらも為す術もない状態で、更に岸和田政界の泥沼に転がり込めば浸かりきるしかない永野氏か、
を市民は選ばされる。
「どれも泥がついてる!」と今更市民が叫んでも、もう遅い。
市民も又、泥に浸かるか、それを見ないようにし続けてきたのだから、この際、自らも泥と闘う覚悟を決めるしかない。
維新と討ち死ぬか、否か。
市民は市民で決めれば良い。
私は一人でも、井舎ビラのような泥軍団と闘い続けるし、市長が誰となっても市民や議員の立場として、市政をチェックし、泥軍団を政治的にしばきあげ続ける。
では、岸和田市議会の議員の悪事を一覧表にしています。
ぜひ、どれだけひどい議員がそろっているのかを、有権者として許せるのか、ご覧ください。

岸和田市長5名&市議補選3名の、事前候補者説明会 1.12

3ヶ月に2回の選挙はキツイね、などと言ってもおれず、必要書類も貰わねばならんので、事前候補者説明会に行ってきた。
1. 市長候補:
信貴芳則・元市長
西田武史・元市議
吉野富博・連合町会長
の11月同じ顔ぶれに二人追加。
永野耕平(維新)府議
西尾敦・元東出雲町議
西尾氏は、遅れてきて、なぜか書類が用意されていないだとかで、説明している部屋で騒ぎ出す。
声は大きいものの、暴れているわけでもないのに、すぐに行政対象暴力だとして、警察を呼びたがる役場の職員に通報され、かけつける刑事たち。
ちなみにソフトな交渉の私は、「警察を呼びますよ」とすら言われてことはありません。
結局、西尾氏は、刑事の取り囲む中、プロフィールを手書きして、メディアに渡し、説明会終了後、NHKの用意した幕の前で写真撮って帰っていった。
2011-09-11
で泡沫候補扱いされている西尾氏。
選挙公報に書かれている内容には、頷く部分も多いが、「正しいことを言うてたら、投票が得られる!」と勘違い丸出しの選挙広報には、「選挙ってわかってる?」と訊くしかない。
私も支持母体などないので、“泡沫”と思われても仕方がない部分もないわけではないが、少なくとも外形上はそう思わせないようにしてますし、2015年はいざしらず、今となっては市政に関心のある人からすれば、そうではないでしょ。
永野陣営は、旧知の維新支持者が来ていたので、翌13日にあると聞く、松井知事も参加の決起集会について訊く。
浪切と勘違いしてましたが、グランドホール。
内容も恒例の新年互礼会だとか。
「招待状送っている人しか入れんよ」と言われたので、「そら、アカンね」と行かない宣言。
都合が良かったわと、12日夜は、闘う、ほんまもんの労働組合である連帯ユニオンの旗開きに、350名のうちの一人として参加。
近年、アチコチの新年会などに呼ばれる機会が増えましたが、連帯の新年会は経営者の会も含めて、何年か前よりお呼ばれしております。
オイ、「闘う労組」やのに、何で「経営者の会」やねん?と気づいたあなた、正解!
連帯は、労働者潰しの連合のように企業ごとの「経営者の奴隷であれば、管理職への花道にしたるから、労働者を押さえつけるすべを学んで来いや!」労組ではなく、産業別労組なので、「価格破壊をするな! 適正価格で会社も儲けて、労働者にキチンと分配せよ! 大企業やメーカーだけが儲けて、中小企業を絞るな!」との闘いも展開し、経営者利益も考慮され、地域の企業組合との共闘しているので、「経営者の会」もあります。
連合のように、原発企業も加盟し、労組なのに企業利益をことさら言い立てる組合に支援されると、「反原発!」など言えるはずがありません。
挨拶でも「安倍政権打倒!」とか「2月の名護市長選挙、11月の沖縄知事選で、オール沖縄の勝利を!」の小気味よい声が聞かれました。
来賓政治家は、立憲民主党(森山府連代表&尾辻衆議員)、社民党、新社会党、無所属市民派議員ら。
抽選会などもあり、食べ物も何度もおかわりが出てくる(普通のパーティーは人数分以下しかでない)、お腹いっぱいの会でした。
2. 市議補選候補:
予告通りの宇野慎吾氏(維新)
野口徹氏
私、たかひら
受付で野口氏を見つけたので、「選挙カー出してないよね?」と確認。
「出してへん。 そういうやり方」と確認した後、「公費で出してない? 税金から借りてもいない選挙カーのレンタカー代とか、ガソリン代出してたら、詐欺とみなすよ」と問い質す。
11月のも確認するけど、2015年のを、今、再度確認すると、確かに選挙カーと燃料代はゼロだけど、運転手2万円支出されとる。
レンターカー代は請求しないけど、運転した人には払ってねとの運用はありだが、看板スピーカーもない自家用車で、運転手代請求するのは違和感あるわぁ~・・・・
宇野氏は、維新陣営として座っていたメガネの兄ちゃんかしら?
そうだとすれば、20代にしては老けてんのね。
説明会終了後、山田幸夫(自民)元市議に電話。
たかひら
「山田さん、説明会、もう終わったで!」
山田
「今回は出ぇへんねん。 維新対峙はあんたに任しといて、来年に向けて準備するわ。 頑張ってや!」
自民支持者が、私に投票するのかともいぶかるが、これで念願の維新との一騎打ちとなりましたな。
相手が同じ市議候補なので、ダイレクトに落選運動をやれば、「そっちの候補でなく、私に投票してね」となるので、公選法違反になるのが辛いところだが、カジノ推進、開発で土建屋とつるみ、政務活動費ネコババ、
痴漢・詐欺・児童買春の犯罪者集団、
辞職で、最も報道されている維新を岸和田有権者が選ぶのか?と、問いかけたいと思います。
訂正:
岸和田署の刑事、西尾氏が呼んだとか。
役場職員が呼ぶ例を聞いているので、確認せず書きました。
訂正してお詫びします。
何で本人が警察に通報したんだんでしょうかね?

岸和田市長選挙、永野耕平(維新)府議出馬表明の裏事情

ついに維新が出馬表明。
ここまでの流れを示す。
信貴市長辞職 2017.12.26議会最終日
12.29 浪切ホール 維新会合
市議補選候補者予定の宇野慎吾氏を呼んで、市議補選は候補者決める。
市長候補は、役員に一任。
永野孝男・耕平親子、前田将臣・市議と煙幕を張っていたが、水面下では、歴代副市長にあたっていた。
私の知る限り、4人の候補がいたが、全てに断られる。
松井代表は、永野出馬に難色を示していた。
1.6
西田武史・市長候補事務所開き
遠藤&西田連合も当然この動きを察知しており、先手を打って事務所開きを行うも、遠藤仲間が少人数来たものの、11月市長選で使った駅前マクド跡事務所の時とは比較にならない寂しさが漂った。
自民岸和田支部に100万円を振り込み、自民推薦を銭で買った名義人の森本安夫・後援会長の威光もカラータイマーが点灯しており、町会関係者宅へのポスターも11月のように貼られることなく、ひっそりとしているばかりか、事務所開きがあることすら聞かされていない人が多数。
西田陣営から逃げた人
原田栄夫・元遠藤敬衆議員公設秘書
永野孝男氏の従兄弟筋で、原田姉がたけちゃんママの西田和子氏だが、年末には既に耕平カラーのオレンジジャンパーで徘徊。
稲田悦司・市議
稲田支援者内には、無視できない数の信貴支持者が含まれており、自身の選挙を考えれば、西田べったりの利得よりも距離を取ったほうが得だと考えたか?
京西且哲・市議
永野筋から市長候補者が出る以上、たけちゃんについていても旨味はなく、約束の副市長への道も遠いと計算したのであろう。
また、耕平市長となれば、府議枠が自分に回ってきて、そうなれば「秘書時代の悪名を自民&維新筋からも市長立候補と比較すれば出されにくい」と考えたとも推測される。
なんでもいいので、市議飼い殺し状態から抜け出させてくれとの権威欲から、永野派に擦り寄るため、たけちゃんとは手を切る決意か。
01.07 維新役員会議

永野氏に一任で決める。
これは常套手段で、「本人は出たくないが、周囲に推されたので、立ち上がった」との構図をつくるための安い画策。
「役員に一任」の時点で、耕平氏の出馬は暗黙の了解として確定済み。

なぜならば、支部長耕平、副前田、江川昌克・幹事長、戸口英治・副幹事長、永野祥司・総務会長、山本圭一郎・政務会長、岩橋由延・代表幹事など、出席役員の全てが永野派であり、遠藤敬&西田武史連合は最初から参加しない永野奴隷の会と化した会で集う事自体が、「会として決めた」との体裁を整えるためだけのものであるから。

01.08
今井豊(維新)府議兼維新幹事長を口説く。
今井氏は、吉村・大阪市長を操る、維新の裏番長なので、永野家も無視できない。
01.08 永野耕平・府議を候補として発表。
TVカメラや記者も用意して表明。
こんな水面下を知らない維新信者は、出馬ニュースだけを見て、厚顔無恥ぶりをさらけ出している。
2017.01.09 6:52
https://twitter.com/TaKaNaKa_one/status/950485353885937664

岸和田市は、財政再建団体へ転落寸前(ほぼ確定?)。それなのに公務員の給与増を自民・公明・共産は議会で賛成。滅茶苦茶。
岸和田市ほど、維新の身を切る改革が、今、求められている市はない!!

人物相関関係がややこしく中々維新は市長候補を出せなかったが、満を持して永野氏登場!
必勝祈願!

7:03
前田議員、はじめまして。 永野府議を絶対に岸和田市長に当選させてください。

なぜ、岸和田市に永野市長が必要か、市民に分かり易く、どんどんツイッターで発信して盛り上げて行って下さい!
今こそ恩返しの時!!
永野氏当選の鍵は貴方が握っています。 頼みます。

この信者に私から教授しておく。
偽黒字の大阪府と違って、岸和田市は、借り換えが進んでいるので、財政再建団体にはなりませんよ。
なぜそうなるのか、説明してください。

12月議会で、報酬上げたのは疑問だが。
永野市長は、人勧に対しても議会に提起しないんですか?
その後「上げろ」勧告食らうんだけど。

「職員の給与等に関する報告及び勧告」について
大阪府人事委員会事務局  人事委員会事務局給与課  給与グループ
2017年10月17日 17時0分

大阪府人事委員会は、議会及び知事に対し、以下のとおり、「職員の給与等に関する報告及び勧告」を行いました。

http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=28861

維新は、先に自分の銭に対する闇を説明するのが先でしょ。
数々の政務活動費ネコババについて、説明した議員はいません。
他の例
・学校法人「森友学園」(大阪市)の小学校建設請負業者の藤原工業(大阪府吹田市)が日本維新の会大阪府総支部に献金していた。
 ・10月の衆院選後に日本維新の会へ離党届を提出した丸山穂高(衆議院議員/大阪19区)に対し、国会議員の調査研究経費として国から各会派に支給される「立法事務費」について、10~12月分計195万円を日本維新の会が受け取っている。
丸山氏は無所属での活動を希望しているが、維新は丸山氏の会派離脱を届けていない。
この195万円について、返還などは一切なされていない。
丸山氏は無所属での活動を希望しているが、維新は丸山氏の会派離脱を届けていない。
日本維新の会が、国会議員の調査研究経費として国から各会派に支給される「立法事務費」について、10月の衆院選後に離党届を提出した丸山穂高(ほだか)衆院議員(大阪19区)の10~12月分計195万円を受け取っていた
   
日本維新の会が、国会議員の調査研究経費として国から各会派に支給される「立法事務費」について、10月の衆院選後に離党届を提出した丸山穂高(ほだか)衆院議員(大阪19区)の10~12月分計195万円を受け取っていた

2017年9月 堺市長選挙 『停滞か、成長か。』

10月 神戸市長選挙 『衰退か、成長か。』

11月 岸和田市長選挙 『前進か、停滞か』

今度の岸和田市長選挙で使われる、維新イカサマキャッチフレーズは何になるでしょうか?

参考:

永野耕平氏 市長選立候補へ|NHK 関西のニュース  
01月09日 07時02分
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20180109/4178031.html

より

市長の辞職にともなって、2月に行われる大阪・岸和田市の市長選挙について、大阪府議会議員の永野耕平氏が立候補したいという意向を関係者に伝えていたことがわかりました。
大阪・岸和田市では、去年11月の市長選挙で信貴芳則氏が再選を果たしました。
しかし、5年前の市長選挙で自民党の推薦を得るために関係者に現金を渡した問題が明るみになって辞職し、2月に再び市長選挙が行われることになりました。

こうした中、大阪維新の会の府議会議員の永野耕平氏は、8日夜、みずからの後援会の関係者らと会談し、立候補したいという意向を伝えていたことがわかりました。
これを受けて、大阪維新の会は、地元の意向を尊重したいなどとして、公認申請が出されれば、正式に手続きを進めることにしています。

永野氏は、8日夜、NHKなどに対して、「公約としては、岸和田改革。断念した中核市を実現するため財政改革を進める。市職員の人件費にメスを入れ、市長給与も3割カットを打ち出す」と述べました。
永野氏は39歳。
平成27年の府議会議員選挙に初当選しました。

2月に行われる岸和田市長選挙には、これまでのところ、
▽前の市長の信貴芳則氏、
▽元岸和田市議会議員の
 西田武史氏、
▽岸和田市町会連合会長の
 吉野富博氏
が立候補を表明しています。

 学校法人「森友学園」(大阪市)の小学校建設請負業者の藤原工業(大阪府吹田市)が日本維新の会大阪府総支部に献金していたことが21日、わかりました。同日開かれた大阪府議会都市住宅常任委員会で日本共産党の宮原威府議が政治資金収支報告書をもとに明らかにしました。

 宮原氏が示したのは2013年分の政治資金収支報告書で藤原工業は12月27日、日本維新の会大阪府総支部(当時、橋下徹代表)に10万円の献金をしていました。

 藤原工業は府がさかのぼって確認できる02年以降07年までに1件2億4000万円、08年~14年までの7年間に7件22億円の府発注工事を請け負っています。橋下徹氏が知事に就任した08年以降受注額が急激に増えています。

 こうした事実を示した宮原氏に対し松井一郎知事は、献金について「いま初めて知った」と答弁。府の公共事業の受注業者からの献金について「政治資金規正法にのっとって広く献金をいただくことに違法性はない」との認識を示しました。

 藤原工業は「森友学園」の要請で国、府、関西エアポートに提出した金額が異なる3種類の工事請負契約書を作成していたことが明らかになっています。

訂正して謝罪します:

原田氏は、西田事務所に在中とのこと。

オレンジジャンパーは何の布石だったのだろうか?

追憶の西田武史・市長候補事務所 

前回の市長選挙から2ヶ月も経たないのに、西田事務所からは利益で結びついた者共が、金の切れ目が縁の切れ目とばかりにトンズラしている。
原田栄夫・元遠藤敬衆議員公設秘書
稲田悦司・市議
京西且哲・市議
稲田氏以外は、維新な永野耕平事務所に向かったようだ。
政治の世界は義理と人情だ。
思想として違いはあっても、人として違(たが)えてはならん部分がある。
それを、特に京西氏は違えた。
まさに人ではない。
そんな人間性だからこそ、自分のオヤジである中山太郎氏の名簿を、公設第1秘書という側近中の側近の立場を逆利用して、コソ泥するようなアコギな真似ができたのだろう。
そら、武闘派揃いと自画自賛していた中山秘書の中でも、ボディーガードを自認していた日田孝志・ヤノコーポレーション専務にミイラ男にされるわいな。
日田シバキを良しとはしないまでも、叱責程度では済むはずがありませんな。
そして、西田市長の付属品として副市長の椅子を用意してもらうつもりが、維新が出るとなればメがないと先読みして、今度は維新へとその脚は向かった。
私は前回選挙で、東岸和田駅周辺に立つ度に京西氏ら、市議軍団を指して、ダニなどと市民に口汚く宣伝した。
それが、選挙後、まさしく証明されたようだ。
西ノ内のウエルシア隣の元コンビニを、これまた昌パパつながりか、安く借りた西田陣営を見てきた。
DSCF6275_R.JPG
中はまだ事務所然とした雰囲気ではなく、ポスター写真を撮ろうと寄っていくと、事務所内にいた、たけちゃんの息子と目があった。
DSCF6276_R.JPG
構わず更に接写。
DSCF6277_R.JPG
すると武史妻のちとせ氏が、表に出てきたので少し話した。
たかひら
「たけちゃん、かわいそうになぁ。 京西&稲田氏を筆頭に、議員が率先してトンズラしたらしいやないの。 人として全く信用できんわね」
さすがにそこで「ホンマやわ! あいつら、許せへんわ!!」などと言おうものなら、格好のネタになると悟っているちとせ氏は、「それぞれ都合がありますから・・・・」と言葉を濁した。
事務所無許可の千葉真一、維新手回しのガースー官房長官と来て、過去の人シリーズ最新版は向江昇・元泉佐野市長&西田昌パパと関空での集合写真が大変良く似合う松浪健四郎・日体大理事長。
事務所の開所式でエッサッサーでも踊ってくれたのかしら?
私も選手であった時代、何度もやらされそうなタイミングがあったが、お披露目できるほど練習することもなかったエッサッサー。
利権に輝く岸和田は、昌パパの時代で終わったのよぉ~、サントワマミー♫

2018岸和田市議補選~2019統一地方選挙に向けて、維新市議候補者予想

2017衆議院選挙で、障がい労働したことのない永遠のプー太郎、遠藤敬(維新)衆議員集会で見かけた、前田将臣氏は、2017年11月26日当選を果たした。
同様に表にあぶり出された人の中から、候補予定者をずらりと紹介する。
エントリーNO.1
先ずは2.4市議補選の本命、宇野慎吾氏(26歳)。
生涯税金で食う男、永野孝男氏が子どもをダシにして、税金で不動産王となった隠れ蓑、永野帝国が経営する岸和田学園納入業者である永野酒店の息子。
岡山町在住。
宇野酒店は大西にあるが 山出のだんぢりを曳く。
近所では、しっかりした好青年との評判。
12.29に浪切ホールであった維新岸和田支部会合にも、名簿に載ってないのに大原貫太氏と共に呼ばれているところから、2.4候補の本命。
支部名簿にはこの二人を含み38名の記載があるが、出席しているのは永野派20名のみ。
遠藤敬ー西田武史派は、参加せず。
市議候補もこの永野派名簿からだけ選ばれると想定される。
遠藤氏は岸和田に強固な地盤がなく、空中戦はやれても、岸和田名物の違法ドブ板はやりにくいので、早々に夜警回りもしていた西田氏は、利権に目がくらんだ西田一座に連れ回ってもらわねばならないし、市議を複数出す場合、票割りができないので、遠藤&西田&ヤノ土建屋連合軍から市議は出せないと予想する。
だもんで、永野一家から縁遠くなった加減氏は、残念ながらメがない。
年齢も20代、30代に勝てん、私に近い年齢だしねぇ。
ちなみにヤノを遠藤・西田派にだけくっつけて書いているが、永野派とて、無縁ではいられない。
永野耕平氏は、「ドン矢野繁和氏と話ができる。 土砂崩れの責任問題でも言うべき時が来れば言う」と私に宣言したが、府は既に土砂崩れの責任追及については逃げ腰で、それよりも鴻池組を入札無しで指名し、パーティー券を何枚買わせるかの算段に忙しそうだ。
耕平氏は府議であり、松井一郎・維新代表・府知事がヤノから目をそらしたがっているのに、かなり下位の手下として、ヤノ責任をクローズアップできるはずがない。
耕平氏には、私が追っている岸和田競輪場利権で、松井うどん屋の成れの果てである、電気メンテナンスの大通が、笹川良一運転手の駄賃としておこぼれ利権を頂戴している住之江競艇だけでなく、岸和田競輪場でも仕事を受けている件について、
前任のM電気と現在の電気請負業者イオンデライト、徳洲会カフェテリアくすの木営業権の西田家への譲渡も含め、それら関係性を岸和田市議である前田氏と共に調べて公表するようお願いしておく。
そのうち、私が公表するが、維新も議員として岸和田市で役に立ちたいだろうから、利権課題追求として、維新絡みでもあるし、譲ってもよい。
情報共有したければ、連絡を待つし、取り掛からねば、「維新は、やはり利権に取り込まれれているので、調査もしない」と解釈する。
岸和田の維新は、先に永野帝国の所有財産を公開した上で、不動産王となった銭儲けの仕組みを、府議の肩書の下に府の役員などを接待しまくって分捕った手口とともに白状するのが先だろうけれど。
ヤノ利権は、これまでも私が公表してきた以上に永野家は知っているはずだが、全くそこには手を付けない。
今後、市議会でも問題化すると見込まれている中、前田氏がおっとり刀で駆けつけても、議員としての成果にはならんよ。
私が利権を根絶やしにする前に、私より前に出て「市の公共事業からヤノ土建連合を撤退させて、公平公正な入札に変えよう!」と狼煙を上げてみればよい。
私がピンピンしているように、永野家の誰かが注射器で放射性物質を打たれたりせんよ。
つつき方さえ間違えんかったらね。
エントリーNO.2
渋谷和則氏(34歳)
12.29参加者(代表幹事)&岸和田学園納入業者で永野奴隷。
岸和田JC会員のボンボン。
小松里で、水茄子を使った漬物やキムチを販売する丸作食品代表。
実家は、堺町の乾物屋で、現町会長。
ここも岸和田学園納入業者であり、11.26市長選挙では、町会の集まりで「維新がええ」などと、維新を応援するような言葉を発し、顰蹙を買っている。
町会長による政治の私物化ですな。
又、町内の土建屋(泉佐野でブイブイいわしてきた一家と同じ苗字)を使って、息子の所属する青年団に号令をかけてもいるとの情報あり。
このように町会役員らが維新推しを全面に出しているので、堺町は西田候補に一本化するため、早々に市長選挙に関わらないと決めています。

いっぺんに出し切ったら面白くないので、今回はこのあたりで。
オマケ
本人は否定しているが、周囲から推されるだろうと推測する人もあげておく。
エントリーNO.3
江川昌克氏(43歳)
永野耕平事務所や、その隣の前田将臣事務所が2Fにある、大町406-1 ナガモトビルの401が事務所である㈱オニオンウェブ代表。
永友オーナーは永野孝男支持者なので、前田選挙時は1Fだけでなく空室だった3Fを次の借り手に少し待ってもらって、選対裏事務所としても貸していた。
岸和田JCのOB。
岸和田シティプロモーション推進協議会(kcp)の広報・財務担当理事として、笹部美千代・会長や、他の役員、組織外の人々とも触れ合う機会が多い。
当然、12.29浪切維新会議参加者であり、支部幹事長。
遠藤集会で加減氏とスタッフしていたが、こちらは「義理ですやん・・・。原田さん(栄夫氏、元遠藤秘書。 永野従兄弟だが、西田陣営。 2013年市長候補)にもええ顔しとかなアカンでしょ」とでも永野氏に弁解したんだろうか?
同級生にも12.29参加者(総務会長)の永野祥司氏がいるので、彼もオマケエントリーとしておく。
永野設備(三田町1849)社長
岸和田JCのOB。
彼もJCボンボンらしく、永野孝男氏の同級生のパパの種から生まれただけの苦労しかしていないのかと思ったが、地元水道屋できちんと修行しているので、そこは評価しておく。
関東進出で多忙なようだから、補欠順位もかなり下位だけど。
追記:
維新シンパから、「名前晒すな」といったトチくるったコメントが付いたので、返答も載せる。
イエスタカスクリニック

01月04日 13:49

IP:49.104.32.143

選挙にも出てない個人の名前勝手に晒してますけど、
許可取ってるんですか?

個人情報とか、身辺情報晒すのはよくないと思いますが・・。
法は犯してないとかおっしゃるかもしれませんが、最低限のモラルって必要だと思いますよ。

たかひら:
コメント、ありがとうございます。

先程、役所の互礼会で、遠藤、永野、前田と岸和田選挙区維新御三家に会って話し、ブログ掲載もお知らせしてますよ。

「情報、早いですね」とは言われたが、「載せんといて」とは誰も言わなかった。

問題あるなら、本人が言ってくるでしょ。

私がここに載せてるのって、誰もが知り得る情報で、この程度の維新支部関係者情報は、名誉毀損にもあたらんと考えている。

以下の「プライバシー侵害が否定される典型例」にすら該当しない。
議員立候補者のプライベートな事情

有権者は投票するかどうかの判断として有用

『プライバシー』よりも『公表』を優先する

当然、当ブログに適当なコメントしているあなたの名前などを晒しても、何ら問題ない。

批判したけりゃ、堂々と正面から対面でドーゾってわけよ。

岸和田市長選挙のアホくさい話。 維新が候補擁立を再確認。

私が事前に予告していたとおり、昨夜(29日)浪切ホールで行われた維新岸和田支部会議で、永野耕平・府議と、11月に市議になったばかりの前田将臣・岸和田市議のどっちを市長候補で出そうかとの会議が開かれたと、産経が今朝の朝刊で報じている。

岸和田市長選、維新が候補擁立を再確認 岸和田市の出直し市長選について、.jpg

但し、維新は、まだ永野孝男氏も考えているし、再度の恥かき登板となった、ヤノコーポレーション土建市政を取り戻す会の西田武史氏への相乗りも捨てていない。

又、早々に立候補表明した、11.26の二の舞いメンバーな吉野富博氏は、「信貴元市長しか出ない、無投票なら出馬するが、選挙があるなら降りる」とも逃げ腰な発言をしている。

確かに吉野陣営は、内部での意思疎通が固まらず、分裂しているので、出ないで維新やエセ維新を応援することによって、信貴氏への積年の「町会館の土地、タダにせんかい!」な恨みを果たす効果はあろう。

いずれにしても、後出しジャンケンでも2万2千固定票を持つ維新の動向は注視が必要だ。

しかし、選挙に勝ちさえすれば、後はなんとでもなるって話じゃない。

世襲で府議2年の永野耕平氏もそうだが、市議1ヶ月の前田将臣氏については、25歳で首長立候補できるからって、27歳の政治経験のない若者が、

財政危機と、

土砂崩れの加害&税を吸い取ってきた、談合体質の原因となっている岸和田土建業界のドン、ヤノコーポレーションとの対峙などできるはずがないだろう!!!

議会をママゴトと一緒に考えてんじゃねぇぞ!!

岸和田選挙区の政治家を全て含めても、でヤノの名前を出して責任追及を公言しているのは、私だけだ。

信貴氏ですら、選挙を考えれば、「土建政治からの脱却」とは言えても「ヤノ土建屋談合をぶった斬り、追放し、岸和田で永年続いてきた金権政治を断ち切る!」とは言えない。

矢野姓やその関係票が逃げてしまうと、数万の票を得なければならない市長選挙では苦しいしね。

それでも信貴氏の次の公約は「市役所による土砂崩れのプロジェクトチームを立ち上げ、原因究明と検証をし、責任問題を追求する」であり、

そこに私も後日アップする、これまたヤノコーポレーションの香ばしい面々が絡む競輪利権などを追求する動きが、議会から追加される。

となれば、ヤノ土建屋勢&維新連合軍の支援を受けた、維新や西田氏らが生き血を吸い続けようと抵抗しまくってくるのは必至だ。

この土砂崩れの責任問題や賠償と、土建屋利益の追放を謳うなら、私は西田氏や維新候補とでもその部分だけは協力する。

これは殺処分ゼロの政策で、維新や公明と共闘宣言しているのと同じだ。

私の訪問や、出入りする者のチェックをされたくないがために、事務所も設置しない西田氏が、「ヤノ様様様様な市政を継続し、市民を縊り殺してでも、土建屋の皆様に税投入することを誓います! ハイル!!」とやっている状態で、「土建屋政治追放や、銭を票で買わない選挙」と言えるはずがないのだけれど、さすがにここをスルーして公約つくれるのかと大いに疑問だ。

これは青年会議所(JC)主催の生ぬるい候補者討論会でも問われよう。

どのようにごまかすのかは、大いに見どころだ。

争点がここまではっきりしているのだから、

市長も市議補選も、JCみたいな芝居でなく、フリートークのガチンコ候補者討論会やって、有権者に評価してもらってみよ!!

こちとら、いつでも登壇するぜ!