選挙雑感 

私の活動は、今後、4年間、スピードダウンしますが、継続します。

私が懸念するのは、この4年間で取り返しのつかない事になりはしないかということです。
既に人口減少傾向の中、19万5千人を切りました。
年間千人ずつ減少しており、3年後の市長選挙、4年後の市議選挙で、談合と利権を止める政治家が当選して、即座に止まったとしても、予算編成はその翌年となり、4年から5年間は住民サービス低下傾向は続きます。

しかも人口減=税収減ですから、再度住民サービスを向上させ得るかどうか疑問ですし、新たな市長が議員が生まれても、1任期の4年間でそれができなければ、また“変えてくれる幻想”の維新や他の「変える宣伝」の上手い政治家に取って代わられてしまいます。

また、慢性的な人口減によって予算が減れば、住民サービスの向上はできなくなります。
そのターニングポイントが今であったのに(既に遅すぎた館もありますが)、新議会メンバーでは誰も談合と利権市政を止める議員がいません。
談合などに乗っかり、また良心的議員でも談合土建屋などの圧力に見て見ぬふりをすることが続くでしょう。

岸和田市において、この4年間は非常に重要であったと、後に判明するかもしれません。

維新が政治を変えるというのは、当たっていますが、その方向性は市民が考える逆の方向です。
市民にとってより住みにくくなっています。

私は維新ウオッチャーとして、維新議員と対話もしてきましたが、維新が住民サービスを良くしたことはありませんし、
対話の中で私に説明できた議員はいません。
本筋の質問を深く続ければ、必ず、口ごもります。

維新市長が保育の無償化を行った守口市でも、子ども数が増え、待機児童は増え、詰め込むので保育の質は落ち、カネがないので民営化が進んでいます。

これを保護者は知っていますが、一般の市民は「保育無償化」だけを見るので、現状の問題を見過ごすため、当事者である子どもや保護者が少人数でもあり、仕事で忙しく、「保育の質を担保せよ!」などと運動をやれずに分断され、その声は市政に届きません。

財政についても、ハシシタ氏が府知事時代、「黒字になった」と発表しましたが、嘘です。
後に3月末だけの数字操作で、民間企業で言う粉飾決算であることはバレました。
就任後の2008年以後、太田房江知事時代よりも借金額の増加角度は急になっています。
その証拠に、2011年から2019年3月末まで、府が借金をする際、総務省にお尋ねをしなければならなかった起債許可団体でありました。

毎度毎度デマ宣伝選挙の度に続け、イメージ戦略と大量宣伝で、有権者を騙し続けています。

あれだけ多くの議員がいるのに、都構想など政策の説明をしてきたのはハシシタ、松井、吉村の各氏以外に見たことがあるでしょうか?
地方議員などは皆無です。

そのようにデマを喧伝する者は、TVや大舞台のように時間を限った中でだけ行い、熟議をさせず、時間の取れる地方議員はシッカリした説明ができないため、公開討論のような場には出てきません。

また、私が維新議員から情報をもらっているように、維新議員軍団の内部事情はとても市民に見せられたものではない。
議員としての資質どころか、「社会人としてどうよ?」といった惨状です。

選挙時だけしか多くの有権者は見ないので、少し付き合えば分かる部分についてすら知りません。

だいたい、議員バッチをつける就職活動のために、風に乗ることができる維新を選んで公認をもらっている候補者しかほぼいないのですから、そんな人達が集まった組織として、健全であるはずがなく、各議員の良心が、私への「何とかして」との意味での情報提供につながっています。

地縁・血縁・談合などでがんじがらめの岸和田有権者ですので、42%という低投票率で、普段も選挙期間中も関心がなく、特に大きなツケ払いをさせられている社会的弱者に対して、世界で最も「自己責任」を押し付ける社会に慣らされていて、それを逆転させようとの気力すら湧かないのかもしれません。

それでも、この絶望を希望にまでは行かずとも、少なくとも止めるために、闘い続け情報発信し続けるしかありません。

立ち上がろうとしている人が、まだいる限り。

この投稿の一部は、自民議員や市民にシェアいただきました。
走り書きのように、ブログのコメントへの返信をコピペした投稿が大好評で、こっ恥ずかしくなりました。

以下、市民として、兵庫の方で選挙のお手伝いをした女性の投稿から引用します。

【選挙のお手伝いで感じたこと】

政治は政治家がやるものだと、私自身も政治的なことに関心ないときは思っていました。
だから、自分の一票に力があるなんて思わなかった。
それとよく似ていて、選挙活動を許される時間内で精いっぱいやっている選対さんと、選挙活動をうるさいなとしか思っていない方との温度差がすごい。
ここに目を向けていかないと、いつまでたっても投票率はきっと上がらない。

選挙カー含め候補者が一方的に選挙活動を繰り広げているような状態に見えているんじゃないかな。
選挙カーは、選挙期間中は届出をしていれば普段停めれないような場所にも停車できます。
これを知らないと、迷惑としか思えません。

選挙活動を特別なものとするのではなく、身近な形に変えていけないものだろうか。
日頃の活動の延長線上にあるような選挙活動になれば、もっと身近に感じられるのではと。

政治ってみんなのくらしを良くするためのもので、本来なら候補者さんが頭を下げてお願いしてやるものではないと思う。
候補者さんも市民一人一人もフラットであるはずなのに、そうさせてもらえない選挙活動になっているように感じます。
政治は政治家にお願いしてもいつまでたっても良くなりません。
想いに共感し、実現してもらいたい政策に一票を投じることが民主主義の権利を使うこと。
そして、自らが当事者として、日常の生活の中で民主的に動いていくことが大切です。
それは特別なことをしなければいけないわけではなくて、自分さえ良ければでなはなく、思いやりや優しさを大切に未来に繋ぐ生き方をしていくこと。

民主主義の社会において、社会に存在するシステムならば、受け身ではなく当事者として考えていくことでより良いものへ変えていけるものです。

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

広告

岸和田市議選、今回も多くのご支援頂き、ありがとうございました。

本選で言えば2015年に続く2回目、この間、市長選挙に伴う市議補選が2回あり、合計で4回目の岸和田市議選挙。

2018年2月4日投開票の補選で8163票を頂き、かなり認知度も上がってきましたが、まだまだ不足であったり、知っていただくための手法に改善しなければならない点があり、1626票で3位次点落選となりました。

誰もが立候補できる選挙を目指して、経費や多くのお手伝いの人数なしで、毎回闘っています。

このような選挙手法の候補者は、他にはほぼいませんし、今回もそのような候補は多くとも500票までしか取りえず、多くの現職候補も票数を減らした中、私が2015年よりも400票もの得票を伸ばせたことは、それだけ維新を含めた各候補よりも具体的に政策を訴え、市政だけではなく、行政や議会の無駄遣いを、どの現職議員よりも正してきたからこそ、ご支援いただいたと考えています。

今後、次の市議選までの4年間、まだまだある岸和田の闇について、深く掘り下げ、明らかにして、改善させていきたいと考えています。

毎度の選挙が終わって思うことですが、今回もやりきりました。
辻立ちの回数と総時間数では、私以上にやっている候補いないでしょう。
4年間で15号もの市政報告を配布しまくった候補もいません。

街頭演説のやりすぎで、顔の皮がめくれそうになるほど日焼けしていました。
終盤では、声が出にくくなっており、聞き苦しいしゃがれ声で失礼しました。
酒ヤケではありません(笑)

どの場所に立っても、偶然通りすがった人が聞いてくれたり、集合住宅では窓を開け、ベランダに出てきて聞いてくれました。
通行中や信号待ちの車は窓を開け、手を振ってくれました。

そんな回数は、選挙をする度に増えています。

私の主張を知って頂き、「10年ぶりに選挙に行った」「初めて行った」といった声も寄せられています。

「主権者としての権利を果たそう!」と、心が動いてくれたことに、民主主義の息吹を感じます!
この思いがそれぞれの市民へと伝播してくれれば、岸和田を変えるチャンスが訪れます。

全市民に、歴史の証人になっていただく機会は、今回ありませんでしたが、私が岸和田にいる以上、必ずそんな時がきます。

地域課題など小さなことでは、既にそんな体験をしている市民もいるでしょう。
学校関連の課題で、「5年かかって、市に言うてきたのに、なんにも変わらんかったが、たかひらさんに言うて、すぐに変えることができたけど、どんな魔法使ったんや?」
などと言われ、その方は今回、お住まいの地区でポスターを貼う手伝いを引き受けてくださいました。

私の選挙は組織の力によるものではなく、ひとりひとりの市民が勝手連的に集い、創り上げていったものです。
私以上に一人ひとりの市民からの気持ちを受け止める機会を得、市民へは私の情熱を受け取ってもらうとの達成感を味わった候補は他にいないでしょう。

この情熱は冷めることはありません。
それを受け止めてくださった皆様の心の中の私の火種もずっと熱を持ち続け、岸和田市政を考える時は、体を熱くするでしょう。

選挙後には、日焼けした額から皮が剥がれ落ちていきました。
時は常に進んでいます。
私の人生に反省はしても後悔はありません。
土建屋なヤクザの絡む、これだけ岸和田の闇の部分を明らかにしまくって、改善への道筋を照らして、殺されないだけでも最大のラッキーです。
ついています。

今後4年間は、仕事と両立していくため、活動時間は限られますが、ボチボチと活動は続けます。
市民からは、駅頭などだけでなく、TVや新聞などメディアで私を見る機会もあるでしょう。
充電しつつも市政改善は続けますので、長い目で見て頂き、市政の問題や役所でのお困り事があれば、お知らせください。
お手伝いさせていただきます。

今後とも、これからの岸和田を、市民みんなで創っていきましょう!!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村

西日本一高いゴミ袋、実質無償化宣言!!

ゴミ袋を実質無償化するとのお約束について解説しています。
・貝塚、泉佐野方式・・・町会加入者に配布
・名古屋方式・・・イオンなどスーパーで購入する有料レジ袋を、市の指定ごみ袋化


ゴミ袋、実質無償化宣言!!

西日本一高い、岸和田市のゴミ袋を実質無償化することから、民主主義な岸和田市政をはじめましょう!!

同じ岸和田市地蔵浜のクリーンセンターで焼却している貝塚市のゴミ袋(45L)は、制度発足当時9円、今でも20円です。

永野耕平(維新)市長は、2018年3月議会で予算委員会から「ゴミ袋の値段を下げよ!」と突きつけられると、
貝塚市に行って「ゴミ袋の値段を岸和田に合わせて引き上げてくれ」と要望しに行き、
「他所の市へ来て、住民サービスを下げるようなことを言いに来るな! 岸和田市長として、岸和田市の住民サービス向上させよ!」と追い返されています。
まさに、岸和田の「誇り」ならぬ、「汚物」です。

財源もあります。
現在、岸和田市では、どんぶり勘定でゴミ収集委託費用が、独占9業者に渡されています。
しかも高齢者の独居などが増えているのに、未だに親子4人を世帯の基礎とする世帯数としており、一人分のゴミしか出していないのに、委託金額は4人分という、更なる水増し金額となっています。

これが従業員への賃金アップに繋がっているならまだしも、そんなことはなく、社長のベンツや呑み代に浪費されているだけですので、労働問題としても、「岸和田市が悪い方向へと手を貸している」と言われても仕方がない現状です。

委託金額については、北摂方式のような計算根拠のある式を根拠とする方法に変え、「労働者の賃金や、労働環境が改善されるようなことも委託費に含まれているので、それをやれ」と、委託契約時に約束させなければなりません。

たかひらは、西日本一高いゴミ袋の実質無償によって、ゴミ収集への市民負担を減らすと同時に、収集の委託を受けている業者の労働問題をも解決したいと考えています。

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

岸和田市の財政が、土建屋に食われて、大赤字になっている構図

2017年、2018年の市議補選で作成した、岸和田の土建行政サイクルがどのような仕組みになっているかパネルを使って、動画説明。


岸和田市の財政が、土建屋に食われて、大赤字になっている構図

土建屋が合法で談合できるようなシステムを、市長や議会がつくる→
土建屋大儲かり→
岸和田市大赤字→
赤字のツケは住民負担→
選挙時には、土建屋が市長や議員を選挙応援、岸和田式「千円やるから、俺の名前書いてくれ」選挙の横行→
それぞれの市民が応援する、政党や大きな組織のない候補者は当選しない

といった負のサイクルをいつまで続け、市民は踏みつけられ続けているのに、その怒りを岸和田市政に届けないのか?
が問われているのが、今回の選挙。

岸和田市議選、ラスト1日を残すのみとなった。

雑用なども含め、ほぼ一人で切り盛りしており、応援の方々への割り振りも、選挙カーが周るコースも自分で考え、お願いしているので、ハードな1週間となった。

それでもサポーターは遠方よりきてくれ、支えてくれ、大変助かっている。

駅頭に立てば、私からはあまり求めない握手を、逆に求めていただき、
辻立ちでは、毎回、どなたかが立ち止まって聞いてくださり、
選挙カーでは、何台もの車中から手を振って応援してくれる。

数少ない地元からの応援者は、
「演説を聞いて、その熱さが伝播しているのだろう。
この熱気に気持が動かないはずがない」
とまで、言い切ってくれた。

充実度や支えていただいているとの感謝の気持ちは、この4回目の選挙で、毎回アップしている。

これは逆に、それほど岸和田市の現状がどうにもならず、多くの市民が怒りや不安を抱いているとの意味でもある。

「毒をもって毒を制す」との気持ちがあるやもしれぬが、民主主義を議会に届け、住民サービスの向上に勤めるのみだ。

全ては市民のために!!

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

犯罪一族永野(維新)市長の、腰巾着な倉田(維新)候補も違法行為が大好き!

http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/456583316.html4月18日、駅立ち演説をしていると、倉田賢一郎(維新)市議候補の選挙カーが止まる。

マイクをなどを使えば、バッテリーがあがるおそれがあり、エンジンをかけっぱなしにするのは仕方のないことだと思ってみていると、
5分以上、エンジンをかけっぱなしであるにもかかわらず、ただ運転手のオジサンが座っているだけだったので、
アイドリングを続けるのは大阪府条例違反でもあることから、
厚くも寒くもなく、エアコンを入れる必要性もないし、窓を開けているのに、「なぜエンジンをかけっぱなしにしているのか?」と問う。

オジサンは、「降りてくるのを待っている」と言うので、てっきり、他市に住み、当選しても即座に失職する倉田候補のことかと思ったら、
「候補は、下松の駅にいる」と回答。

動画の後で話していると、1名のウグイス嬢が電車から降りてきて、後部座席に乗り込んだ。

結局、全くエンジンを掛け続ける必要がないのに、かけっぱなしにしていたと明らかになる。


犯罪一族永野市長の腰巾着な倉田(維新)候補も違法が大好き!

倉田氏は、若い時から永野耕平(維新)市長の腰巾着であり、
今回の市議選で、タカヒラを恐れて、誰も候補がでてこれないことから、無理やり候補に仕立て上げられている者である。

但し、同じく維新の堂本候補と共に、岸和田以外の他市に住んでおり、市議当選しても、即座に失職することが目に見えている。

こんなイカサマ候補を二人も立て、違法行為を選挙期間中も行っていることを報告しておく。

その手法は、公務をほっぽりだして、選挙に血道を上げる永野市長とともに、市民のことなど全く眼中にないと示している。

そして、「公務サボって選挙応援」との維新名物に、永野名物「公私混同」が、今回も加わっている。

永野耕平&牧村正彦の理事長コンビによる、公益社団法人岸和田青年会議所って、維新支部だよね・・・って話。

http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/456583316.html

ここで使った「JC理事長として、OB名簿も選挙に使う」公私混同ぶりについては、指摘をしておいたのに、またぞろ今回も同様の事例が発覚している。

それも政治家コーへーではなく、岸和田市民の代表としての市長の座をも公私混同。

私は

岸和田名物「町会推薦」が違法であること、

他市選管ではそれがHPなどにも記されていること、

岸和田選管もその違法性について、事前候補者説明会で説明していること

などをお知らせしてきたが、

市民の代表としての市長が応援するということは、「岸和田市民全体の総意として応援しているのか?」ということになる。

安倍晋三氏が応援する時、「内閣総理大臣」の肩書を使うかと考えれば、すぐに分かること。

「自民党総裁」とはしても、「内閣総理大臣」とはするまい。

それをやるなら、維新公認候補として市長選を闘うのが先決だ。

そんな候補は誰も見たことがないし、維新長堀本部もそんなことはするまい。

政治の世界では当然だ。

コーヘーは、それすらも勉強していないからこそ、松井一郎氏からも「市長選などまだ早すぎる、出馬するな!」と言われていたのだから。

維新を支持する人がいたとしても、その票は、当選しても失職する倉田&堂本で死に票となるぐらいなら、
コーヘーに無視されるなどいイジメを受けても頑張る、宇野慎吾(維新)市議に集中させるべきであろう。

あえて、「宇野君よ、コーヘーに負けるな! 頑張れ!」とエールを送っておく。

本日は、
4月18日は中学校の全国テストにより、静かな選挙運動へと自粛いたします。 http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/465162726.html
でお知らせした、サイレント選挙デーです。

辻立ちは致しますが、15時半ごろまで、走行中の音声は控えますので、よろしくお願いします。

久米田駅頭で、ファンの男性からお手紙を頂き、「ゴミ袋実質無償化宣言」と、「ブログやYOUTUBEで活躍を見てください」をもっと宣伝するようアドバイスをいただきましたので、更にバージョンアップしてがんばります!!

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

たかひらの選挙戦 木曜、金曜の部 演説予告

以前の選挙戦より更にヴァージョンアップしたこと。

・「写真撮ってくれ」と何度も言われる。
・女性の方から「頑張って!」と手を差し出される。
・「どこで会えるかわからんから、演説スケジュールをブログで予告しといて!」と催促される。

私の選挙戦は参謀がシッカリとスケジュール管理しているものではないので、予告をしにくいのですが、明日木曜日は久米田駅で、金曜は春木駅で立ちます。

時間は、7時前から8時過ぎ頃まで。

生声で話していますが、「ゴミ袋実質無償化」の短いフレーズになると思います。

このような市民の反響は、

いかに永野耕平(維新)市長への怒りや、おかしいことをおかしいと言えない圧力に、多くの市民が怒りを心中に秘めさせられているかということです。

私は、これまでの実績の延長として、一人ひとりの市民の声を、議会に、行政にぶつけ、住民サービスを改善します!!

見とけよ!
岸和田市議会と永野市長!

これが岸和田市民の思いだ!!

ちなみに永野市長は、月曜日“たまたま”休みで、夕方頃、同級生で、無理やり引っ張り出した維新候補である倉田氏の選挙カーに同乗し、久米田周辺を回っており、
火曜日も15時過ぎに仕事を早引けして、また選挙カーに同乗し、岡山町周辺を「永野市長です」などと一言も発せずに、ウグイスならぬカラスとして「倉田倉田」と連呼をしていたようです。

私の応援として、昨日は堺から、今日は神戸から応援がきてくれ、演説をしてもらったんですが、両者とも、聞いている通行中の市民を引きつける話術で、「候補者より目立っとるがな!」と、焦りました。

市長として辻立ちし、そんな人を引きつけるような話が、そばで聞いていた女性を引かせるような女性ネタで盛り上がる若い日々を過ごした、コーヘー&腰巾着倉田氏にできるはずがありません。

また、孝男パパは、三田町や岡山町などで「宇野は維新やないから、倉田に入れてくれ」と言い回り、

「1年前にお前『宇野をよろしく』と言いまわっていたのに、今頃何を言うとんねん!」

と、住民から反感をかい、「やっぱ永野家やな、どしよーもねぇーわ」と呆れさせているとのこと。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村

岸和田市議選3日目 市民力が議会役場を動かし、住民サービスが向上するさまを歴史の証人として体感してください

選挙3日目の火曜日。

朝は、岸和田駅からスタート。
月曜には5陣営ぐらいで場所の取り合いをしていたと聞いていたが、今朝は誰もいない。

公明議員から「明日何処に立つの? 明日はこの駅に立つから、堪忍してくれへんかなぁ・・・」と、頼まれ、
「候補者が32人もいるから、私が別の駅に立っても、他の人が来るでしょ」と言いつつ、「別の駅」として、岸和田駅に立っていたのに、誰も立ってないって・・・

人前に出ずにに、皆、どんな選挙やってるんだ?

この2日間、駅やスーパーに立って、演説していても、車からでも手を振ってくれるなど印象は良いように感じております。
しかし、他の候補の様子もわかりませんし、私だけが地縁・血縁で選挙をせず、「千円渡すから俺の名前書いて」といった“岸和田方式選挙”をやっていませんし、政党や大きな組織の支援を受けず、たかひら正明個人の市民力を全面に打ち出して選挙を行っていますので、21日の20時が過ぎ、蓋を開けてみるまでわかりません。

気を引き締めてあと5日間、がんばります!

それにしても永野市政は本当に評判が悪いですね。
辻立ちして喋っていると、何人もの人に「もっと永野市長のことを言って!」とリクエストされます。
1年2ヶ月も市長をやって、“中核市妄想”を議会に「人が増える政策をやらずに、負担が増える中核市などやったら、住民サービスが悪くなるだけ!」と、2018年6月・9月議会で2回も否決をされたら、そのあとは死に体で、ただただ時を過ごすようなしせいに、「40歳と若い市長だから」、「維新だから」と期待した市民も、呆れています。

私は、この4年間、たった一人のよそ者の市民として、どの現職議員よりも、議会と行政を改善させてきました。

次のステップとして、先ずは西日本一高いゴミ袋の実質無償化についてとりくみ、市民にも岸和田が変わる瞬間、民主主義や市民の力が議会に届くとどうなるかを、市政100周年(2022年)を目前にして、初めて体感してもらい、歴史の証人になっていただきたいと考えています。どの現職議員よりも、議会と行政を改善させてきました。

この4年間、たった一人のよそ者の市民として、岸和田市政を変えられることを実践してきたので、次のステップとして、先ずは西日本一高いゴミ袋の実質無償化についてとりくみ、市民にも岸和田が変わる瞬間、民主主義や市民の力が議会に届くとどうなるかを、市政100周年(2022年)を目前にして、初めて体感してもらい、歴史の証人になっていただきたいと考えています。

21日no投票日まで、「たかひら支援」の呼びかけや、
茶飲み話などで「たかひら、おもろいで。 ブログやYOUTUBE見てみ」と、ネタにしていただければ、市民力の和も広がると思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村