市民サービスは切っても、談合は続けてきた財政再建中の岸和田市

私は「西日本一高額な岸和田市のゴミ袋の実質無償化宣言」を公約にしております。
公約にするからには、できる見込みがあるということで、仮に目標に到達しなくとも、市民も一定納得できるような落としどころも考えております。
できもしないものを公約にするなら、「市民全員に1兆円プレゼント!」などと言うようなもので、そのような甘言で票を得て、何もしない議員を追求しているのが私ですから、同じことをするはずがありませんし、これが嘘公約となった際には、磔の上、市中引き回し、獄門の刑に処してください。
ところで、市民から岸和田市の市民サービスカットについてこのようなコメントを貰いました。
「今年、金婚式を迎える夫婦には、毎年渡されていた記念品の高砂の人形がなかったそうです。そんなに、岸和田にはお金がないのかと愕然としたと言ってました。」
「高砂の人形に、こだわるわけでは、ありませんが、私の両親は、金婚式の記念に高砂をもらい、すごく喜んでたことをおもいだし、今年から、廃止になったのが、ショックでした。」
確かに、市民サービスにおいて、岸和田市は“住みよい街”とは言えないと、堺から引っ越してきた時に実感しています。
そこでどんな市民サービスがカットされているのかを、役場に訊いてみました。
Q:
昨今、金婚式での記念品が廃止になるなど、財政悪化の影響を市民が受けることが目に見えてきました。
市民体育大会に対する補助金も削られようとしておりますが、財政悪化のため、市民生活に影響のあった事業削減について、教えてください。
これは、ゴミ袋の有料化もその収益を収集費用として一般財源に組み込んでいますので、含まれます。
年度と変更前後の金額、廃止や削減理由も教えてください。
A:
「財政健全化3カ年アクションプラン(まとめ)」や
「きしわだ行財政再生プラン効果額表」あたりをご覧いただくのがよいかと思います。
ということでしたので、岸和田市HPから確認してみました。
すると、市民サービスは切っているのに、建設費はむしろ増大しており、「談合市政」と私が指摘していることを、経費削減の旗を振っている最中でも具現化し続けていると証明されてしまいました・・・・
職員の賃金カットなどでなく、カットされた市民サービスを重点に抜粋します。
「財政健全化3カ年アクションプラン(まとめ)」 2001~2003年度
https://www.city.kishiwada.osaka.jp/uploaded/attachment/54748.pdf
より
I歳出削減に向けた取り組み
2.事務事業の見直し
①市単独扶助費(見舞金等)の見直し
ア 難病者見舞金特定疾患、小児性慢性特定疾 患者等を対象とする難病者見舞金(年額13,000円)を、年次的に減額しました。平成13年度(12,000円)・平成14年度(11,000円)・平成15年度(10,000円)

イ 障害者給付金障害者給付金を年次的に減額しました。年額:38,500円~29,500円→25,000円~10,000円

ウ 寝たきり老人等見舞金寝たきり老人等見舞金等を廃止しました。寝たきり独居老人見舞金:年額42,000円寝たきり老人見舞金:年額10,000円独居老人見舞金:年額10,000円

エ 敬老祝金の減額(H14年度から節目支給とする)敬老祝金の支給を、年齢階層別の支給から節目支給としました。現行:77~83歳(12,000円)・84~87歳(15,500円)・88歳以上(22,000円)

13年度においては減額し、14年度からは節目支給としました。13年度:77~83歳(10,000円)84~87歳(15,000円) ・88歳以上(20,000円)14年度以降:77歳(10,000円)・88歳(15,000円)・99歳(20,000円)100歳以上(25,000円)

オ 母子家庭給付金廃止母子家庭給付金の支給を、13年度から廃止しました。現行:18歳未満児童(1人世帯:年額9,000円)・(2人世帯:年額10,000円)(3人世帯:年額11,000円)

カ 老人福祉事業委託の廃止77歳・88歳に対しての祝品の贈呈を廃止しました。

②施設の統廃合
ア幼児プールの廃止効率的な運営がなされていないプールについては、公私の役割分担などを踏まえ廃止しました。

④民間賃貸住宅家賃補助事業の一部凍結居住水準の向上、市内への定住促進を図るため、毎年、ファミリー世帯(50世帯)・新婚世帯(80世帯)に対し、月額25,000円を限度の家賃補助をしていましたが、経済状況等の変化・応募 状況を勘案しファミリー世帯の募集を停止しました。

⑤市税前納報奨金の見直し市税の前納報奨金の交付率を、13年度に府内の他市並の率に見直しました。交付率の改正(一納期税額5万円以下)0.7/100→0.5/100(一納期税額5万円超)0.35/100→0.25/100

⑥旅費日当の見直し出張旅費のうち、府内日帰り旅費日当を廃止するとともに、全旅費を縮減しました。

(たかひら注:
私も「ホテル代 議員1万5千円・職員1万4千円の渡し切りを実費にしろ!」と追求し、2019年1月から1万2千円に減額しましたが〈私は「実費にしろ」と更に追求しています〉、府内日帰り出張って、役場から一歩でも外に出たら日当をつけるようなことを、このときまでやってたんですねぇ・・・。
しかも、市民も議会もそれを容認していた・・・・)

⑦地車新調等助成事業の見直し地車新調などの際の助成限度額を改定し、H15年度契約分までについては現行どおりとしました。(平成16年度より)新調限度額:800万円→500万円購入限度額:300万円→200万円

3.補助金等の見直し市単独補助金で団体等に対する補助金等について、原則2割の削減又は廃止としました。

4.繰出金等の抑制
①下水道 事業会計下水道事業特別会計の健全化を図り、一般会計からの繰り出しを抑制する必要があり、また、水洗化の費用対効果を高めるための取り組みを強化するとともに、下水道使用料収入の確保のため、14年度には下水道使用料の改定(改定率15%)を実施しました。

II歳入確保に向けた取り組み
1.市税収入の確保
②入湯税の課税地方税法に基づいて、14年度から浴場施設2箇所の利用者から入湯税を徴収し、税源の確保に努めました。税額:1人1日(宿泊100円・日帰り50円)

2.受益者負担の公平化・公正化
①使用料・手数料の見直し

ア  葬 儀 ・ 火 葬 料 の 改 定 葬 儀 使 用 料 の う ち 、 火 葬 料 を 1 3 年 4 月 か ら 改 定 し ま し た 。 大 人 : 1 0 , 0 0 0 円 → 2 0 , 0 0 0 円 小 人 : 5 , 0 0 0 円 → 1 0 , 0 0 0 円 死 胎 児 : 1 , 0 0 0 円 → 2 , 0 0 0 円 ( 市 外 利 用 者 に つ い て は 、 1 . 5 倍 と す る 。 )

 

イ  市 立 幼 稚 園 保 育 料 の 改 定 幼 稚 園 保 育 料 を 1 3 年 4 月 か ら 改 定 し ま し た 。 4 ・ 5 歳 児 : 月 額 7 , 0 0 0 円 → 月 額 8 , 0 0 0 円

 

ウ  税 証 明 ・ 住 基 ・ 印 鑑 証 明 等 手 数 料 の 改 定 各 種 証 明 ( 閲 覧 を 含 む ) 手 数 料 を 1 3 年 4 月 か ら 改 定 し ま し た 。 手 数 料 1 件 : 2 0 0 円 ( 閲 覧 1 0 0 円 ) → 3 0 0 円

 

エ  胞 衣 汚 物 ・ 死 獣 等 の 収 集 処 分 手 数 料 の 改 定 収 集 手 数 料 を 1 3 年 4 月 か ら 改 定 し ま し た 。 1 個 又 は 1 8 リ ッ ト ル : 5 0 0 円 → 1 , 0 0 0 円

 

オ  境 界 明 示 手 数 料 境 界 明 示 手 数 料 を 1 3 年 4 月 か ら 改 定 し ま し た 。 1 筆 : 5 0 0 円 → 3 , 0 0 0 円

 

② 保 育 料 の 見 直 し 公 私 立 保 育 所 運 営 負 担 金 を 、 1 3 年 度 か ら の 2 ヵ 年 を か け 、 国 の 徴 収 基 準 ( 7 0 % ) の 水 準 に ま で 改 定 し ま し た 。 現 行 : 5 9 . 6 % → 1 3 年 度 の 改 定 : 6 7 . 2 % 1 4 年 度 : 6 7 . 7 % 1 5 年 度 : 6 7 . 4 %

 

③ チ ビ ッ 子 ホ ー ム 協 力 金 の 見 直 し チ ビ ッ コ ホ ー ム 協 力 金 を 、 1 3 年 4 月 か ら 改 定 し ま し た 。 児 童 1 人 月 額 : 4 , 0 0 0 円 → 5 , 0 0 0 円

 

4 . 循 環 型 社 会 に 向 け た 廃 棄 物 減 量 化 へ の 取 り 組 み    循 環 型 社 会 に 対 応 し た ご み 減 量 化 へ の 取 り 組 み の 一 環 と し て 、 「 ご み の 有 料 化 」 の 導 入 ( 平 成 1 3 年 1 0 月 か ら ) を 見 込 み 、 指 定 袋 制 度 ( 有 料 ) の 方 法 で 実 施 す る こ と で の 財 政 的 効 果 を 見 て い ま し た が 、 審 議 会 等 で の 議 論 を 経 て 、 一 般 家 庭 ご み に つ い て は 、 世 帯 の 人 数 別 に 無 料 処 理 券 ( シ ー ル ) を 配 付 し 、 指 定 枚 数 を 超 え る 場 合 に 有 料 ( 粗 大 ご み に つ い て は 全 量 を 有 料 ) と す る 方 法 に よ り 、 平 成 1 4 年 7 月 か ら 「 ご み の 有 料 化 」 を 導 入 し ま し た 。

一 般 家 庭 ご み – – – 4 5 リ ッ ト ル : 1 0 0 円 3 0 リ ッ ト ル : 7 0 円 粗 大 ご み – – – 単 価 5 0 0 円

歳出削減効果額 8,694,216 千円
歳入確保効果額 3,519,804
効果額合計 12,214,020
収支不足額 11,948,113
差し引き 265,907

≪歳出削減効果計画額
歳出削減効果計画額歳出
人件費の適正化等(委託民営化推進分除く)4,001,765
外郭団体への補助金の見直し 4,357,080
各種団体補助金・給付金等の見直し 268,339
事業委託・民営化の推進 324,254

普通建設事業の抑制 ▲ 536,272
(たかひら注:

建設事業だけは削減どころか増えています。
これが、今回タイトルにした「市民サービスは切っても、談合は続けてきた」証拠です)

≪歳入確保効果額≫
収益事業収入の更なる確保 686,968
受益と負担 796,541

●各種団体補助金 ・給付金・見舞金等の見直し
①敬老祝金見直し これまでは、・77歳(1万円)・88歳(1万5千円)・99歳(2万円)・100歳以上(2万5千円)の 支給 であったものを 見直 し、77歳・99歳を廃止 し、88歳・100歳以上 のみ 継続 します。
②私立就園補助金廃止 (担当課    教育委員会総務課 )  平成  20年度  から 私立就園補助金 (年間  36,000円)を廃止 します
③し尿くみ 取り収集助成金廃止 (担当課    生活環境課 )  し尿くみ 取り収集助成金 について 、4区域   に分け、平成 20年度  から 2年ごとに 、段階的 に廃止  します。

●事業委託の推進
①小学校給食委託化 の推進

調理及 び洗浄業務 について民間委託 して、運営経費を節減 します 。
平成 18年度 から 2校で行っており 、平成19年度も1校で予定、平成22年度までには 、トータルで7校程度に拡大します。
②公立保育所民営化の推進
民間活力導入により、施設の改善、より上質な保育 サービス の安定的 な提供を目的  とし、平成21年度から毎年1ヵ所ずつ、計5ヵ所の保育所 を民営化します 。
( 東光保育所 ・大芝保育所 ・新条保育所 ・城東保 育所 ・中央保育所 )

●推計外臨時経費対応分
①消防庁舎建設(H19設計H20~21建設)
老朽化した現在の消防本部庁舎にかえて、緊急時、災害時にその中核となって機能を発揮できるよう市の中心部に近い場所に新消防本部庁舎を建設します。

(たかひら注:
これは「建設費」には入っていません。
このような必須の建設を除いて、建設費は増大し続けていたことになります)
談合がないのであれば、なぜ建設費だけが財政改革プランの真っ最中に増大し続けたのか?
そりゃ、岸工会に中澤米太郎市長が支援を受け、
その一部に原昇市長が支援を受け、
それを野口聖市長が引き継ぎ、
流石に真っ赤っ赤の財政になったので、信貴芳則市長が表に出して、抑制しようとしたら、ヤノ爆弾が炸裂し、
ヤノ一派の議員らが自らの談合勢力からの支援を受けてきたことを隠蔽して、信貴落としを図り、
矢野帝国傀儡の西田武史政権政権樹立に失敗するや、
永年続く矢野友家系の永野耕平市長一家に寄り添い、
私がそれらを明らかにして殺人企業ヤノコーポレーションを頂点とする、談合勢力を市内中で言いまくり、市民周知してもなお、議会では誰ひとりとして「怖いから」矢野のヤの字も口に出さないのが岸和田市政なんですから、
そりゃ市民サービスは食われ続けますわな。
そんな談合市政を止めるのは、私しかおらんでしょ。
岸和田市民は、私が殺されないよう、どうぞお祈りしといてくださいね。
広告

カンカン場でのだんぢり有料観覧席で、騙されて銭を取られた皆様へ

結論

・詐欺罪での立件は無理(一定準備は行われており、大阪文庫が当初より騙すつもりだっとは言い難い)。

・払い戻しを受けるには、民事事件として大阪文庫を提訴するしかなく、その際は年番も共同被告として法廷に引きずり出すべし!

それによって、大阪文庫の主張する1300万円のショバ代を、年番がどのように使ってきたか、帳簿を開示して説明がなされるでしょう。

・訴訟は、「観覧席被害者の会」などを結成し、集団訴訟を行えば、弁護士費用も安くくなるし、メディアも報道しやすくなります。

・年番は、直ちに事情を説明し、払い戻しによる被害者救済を行い、岸和田だんぢり祭礼の名誉を回復せよ!

 

 

これまでも書いてきたことだが、

カンカン場でのだんぢり有料観覧席払い戻さずトンズラ問題、夜逃げ完了? http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/462792651.html

の写真のように、大阪文庫の本体である和泉興信所が本格的にトンズラしてしまった以上、被害者が取る手段は、大阪文庫+年番への訴訟しかありません。

 

この問題を書いてきて、メディアだけでなく被害者からの相談が何度も寄せられています。

私の回答は「結論」に書いたことを繰り返しています。

 

先日も、岸和田からなら公共交通機関で4時間はゆうにかかるであろう遠隔地から問い合わせがありました。

被害者は、岸和田市観光振興協会に問い合わせたところ、「『大阪文庫でチケット販売をしている』と案内をされた」というのです。

更に「たかひらさんが言うようにチケットぴあで買っていれば払い戻しを受けられていたなら、どうして観光振興協会はそちらを案内してくれなかったんでしょうねぇ・・・ 私は言われるがままに、直接、大阪文庫に連絡して、郵送で購入したので、払い戻しが受けられなくなってしまい、情けないです・・・」とこぼす。

 

「岸和田市観光振興協会」のような公の団体が案内するのですから間違いないと、この被害者以外でも多くの人がそう考えるのではないでしょうか?

 

観光協会は、組織を調べている人でなければ、岸和田市と同じような市の担当課の一部と勘違いする人も大勢います。

ですから、岸和田市観光課に問い合わせはたくさんあるし、TVでも寺本隆二課長が説明をしています。

 

トンズラ事件後、何人もの市議も「市が、道義上、知らんふりはできない」と、私の意見に賛同していますので、観覧席運営について、何らかの関わりを持つと期待されます。

 

私はこの7000円チケット×4枚の被害者に「遠隔地ですが、訴訟はできますよ。 収入印紙千円+切手5千円ほどで、お住まいの管轄の簡易裁判所に提訴してはいかがですか? 訴状の叩きも裁判所のHPにありますし」とアドバイスしました。

 

被告には、岸和田市観光振興協会や岸和田市を入れたいところですが、それら直接関わりのない期間を相手にするには、責任を立証せねばならず、筋が悪い。

ですので、大阪文庫と1300万円×4年間のショバ代を得てきた年番を被告とするのが現実的でしょう。

 

2018年度 岸和田地車祭禮年番 第216代年番長は、本町の村上信行氏です。

年番が法人登記がなされていれば、法人が被告として、年番長や副年番長、今年から新設された前年番長顧問だけの問題ではなくなりますが、法人ではないので、村上氏をはじめとする各役員が、個人として被告にとなることになります。

 

世界に誇る岸和田だんぢり祭礼のTOPである、年番長となるような大人(たいじん)ですから、以前からの帳簿を持って、法廷では威風堂々とその責任について反論がなされるでしょう。

私も是非、傍聴に行かせていただきます。

 

 

祭礼関係での訴訟と言えば、私も2016年に年番を提訴しています。

1回目の試験曳きで、クーラーボックスのビールをおかわりするなど若協もドン引きするほど飲んだくれ、挙げ句、年番本部が許可しただんぢりの進行を、年番本部に全く訊くことなく独断によって「時間を過ぎているので、コースを逆光して自町に戻れ!」と、強引に指示をして、ハッピーをうさぎやに向けて逆行させて帰らせた、春木中町の田中二三雄年番です。

 

同時に、駅前でも旭町の年番が飲んだくれの末に独断で「戻れ!」として、駅からラパーク方向にだんぢりを戻らせています。

 

これは年番でも問題になり、若協も激怒!

会議では「こんな勝手なことをするなら、若協は協力しない!」とまで言ってくれた若協役員もいました(私は後日、発言してくれた役員をうさぎやで見つけ、ハグして感謝のお礼をしました)。

 

その後、旭町は年番を交代させ、中町は田中二三雄年番をハッピーからラパークに移動させ、本番を迎えます。

 

丁度、私はその戻らされただんぢりの曳き手であり、ハッピーでも「何で逆行させるんじゃ! 年番本部が行かせてるのに、勝手に止めるな!」と田中氏に詰め寄りましたが、私以外の曳き手や曳行役員らがすったもんだの末、曳行責任者が逆行の決断をし、うさぎやへと向かいます。

当然、うさぎやにいた自町年番も「何で逆行してくるねん!」と怒り心頭で、私もそこでその先輩に「お前! 何で行かせへんのじゃ!」と怒られています。

 

入庫後も若、15人組、青年団が、曳行役員に詰め寄ったのですが、後の祭りです。

 

私は町内で揉めるべきではないし、そもそもの責任は田中氏にあると考え、一切曳行役員らに詰め寄らず、終了後の飯もそこそこに帰宅し、田中氏の名前と住所を調べ、翌月曜日には提訴しています。

中身は「やり回しの機会を不当に奪ったので、賠償せよ」。

 

提訴後、曳行役員にも提訴を説明したところ、「祭りの話は祭りでつけよ。 提訴などしたら、誰も年番役員を受けなくなる」と諭されました。

私は交換条件として

・田中氏が町会館まで来て、曳き手全員に謝罪せよ

・曳出し前に本部の足場に上って、マイクで事情説明した後、全町に対して謝罪せよ

の2つを提示。

「その確約が取れるまで、取り下げない」と返答しました。

 

田中氏は、裁判所からの通知に恐れおののいたか、「訴状を受け取らず返送されてきた」との裁判所からの問い合わせに私は再送達をお願いし(これも不在の後、郵便局保管期間中に受け取りに行かず)、一方、裁判所から言われて田中氏の自宅に居住実態があるかの調査をしかかっていたところ、田中氏が年番本部で曳行役員、若頭会、15人組、青年団の役員に対して謝罪したとの報告を受けたので、取り下げをしたということがあります。

 

暴力的な例では「祭りやから」が通用するのは、贔屓目に見ても胸ぐらを掴んだとか、びんた程度まででしょう。

顔の腫れが残るとか、骨が折れるなどすれば、「祭りやから」などと言った言い訳は通用せず、賠償問題となりますし、刑事事件となった事例もあります。

 

同様に、暴力を伴わない不当な行為についても、関係者全体に説明が伴わねば、「公開の場で説明せよ!」として、法廷で争うしかありません。

 

私は日頃から「裁判で闘うなど愚の骨頂」と公言していますし、それは裁判で食っているように思われている弁護士からも聞かれる言葉です。

裁判のような大仰な仕掛けを使わなくとも、話し合いで決着するの方がよりお互いにとっても良い方法だからであり、裁判に係る例など、争いごとのほんの一部でしかありません。

だからこそ、ADR(裁判外裁判外紛争解決手続)が、交通事故、労働問題、土地の境界線、大家と店子、ペットなど日常生活におけるあらゆる分野の問題について、ADR仲裁法(裁判外紛争解決手続の利用促進に関する法律)に基づき、弁護士会だけでなく、司法書士会、行政書士会、土地家屋調査士会などの各士業会でその場が設けられています。

 

それでも裁判を使わねばならないのは、情報隠蔽を図っているからです。

田中氏は、なぜ酔っ払い、本部指示も仰がずに独断でだんぢり進行を妨げたのか?

大阪文庫と年番の関係や銭のやり取りについて、田中氏や年番は未だ説明を行っていません。

 

日本文化では、「謝罪をすれば水に流す」のですが、これでは再発防止につながりません。

検証が抜けているからです。

 

事実を確認し、なぜそのようになったのかを考え、再発防止策をとる。

この検証がなければ、同じことが繰り返されるおそれがありますし、そんな無駄な不幸は排除すべきです。

 

その検証を行うためにも、情報公開が必要であり、それを年番は行い、金銭面でも被害者救済を行うことで、岸和田だんぢり祭礼の信頼回復がなされるのです。

 

それ以外の信頼回復方法があると言うなら、年番はその手法を説明し、直ちに取り掛かればよろしい。

 

ナンボ、私にプレッシャーをかけてきても、私は屈しないし、被害者の救済も遅れるばかりで、「年番こそが岸和田だんじり祭礼を汚す存在だ」と後世に渡って言われかねませんよ。

 

 

 

 

参考:

カンカン場の有料観覧席が中止の謎。
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/461663408.html

 

有料観覧席のショバ代1300万円を、年番が受け取っていた、ヤクザ顔負けな話 http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/461785991.html

 

カンカン場有料観覧席の払い戻しはされません!
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/461785991.html

 

有料観覧席について、以前からあったショバ代疑惑
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/462165732.html

 

カンカン場有料桟敷席払い戻さずトンズラが、ようやくメディアで報道されだした。 http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/462402394.html

 

カンカン場有料桟敷席の払い戻さずトンズラを、世間はどう見ているか、ヤフーニュースのコメントより
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/462439855.html

 

有料観覧席問題で、痛すぎる腹を私に突かれて困ってますか? 旧市年番の皆様 http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/462756639.html

カンカン場でのだんぢり有料観覧席払い戻さずトンズラ問題、夜逃げ完了?

祭礼期間中から数えれば、既に7回も書いてきたこの問題、更に悪い方に事態が進展したようなので、お知らせします。

これまでの記事まとめについては末尾「参考」にて。

 

進展発覚は、このコメントから↓

太陽  2018-11-12 09:08:42
昨日前を通ったらチェーンがはずされてトラックが3台止まっていました

確認まではしにいけませんでしたが、なにか情報ございますでしょうか??

 

私の返答

太陽さん、コメント、ありがとうございます。

株式会社として破産していると推測されますので、債権者が備品などを売ってタシにしようときたか、債権者会議が行われているにしては早すぎるので、田中社長が「売れるものは売ってしまえ!」と、引取に来てもらったか、従業員が賃金のタシにしたかのいずれかでしょう。

田中社長は自転車で市内を走り回っている情報も入ってきますので、会社か従業員が「何でも売って分配せぇ」として、下取りに出していると推測されます。

 

 

ということで、18日に確認に行ってみた。

 

f:id:kurohata73:20181119110735j:plain

確かに、夜逃げ状態で、和泉興信所の荷物の残骸らしきものが、表に放置されている。

金庫は鍵が刺さったままだったが、中身はカラだろうね。

 

表のチェーンも下ろしたままの状態がつづていたが、上げられていた。

 

債権者会議がどうなっているのか知る由もないが、これで「誠意をもって借金を返します」との姿勢ではなく、後は野となれ山となれのトンズラ姿勢であることは確かとなった。

 

ブログでもお知らせした報道ランナー [ 関西テレビ ]
[ 2018年 10月 26日 16:47 ]放送以外でも、払い戻さずトンズラニュースは報道されている。


2018.岸和田だんじり祭の観覧席問題のニュース かんかん場 岸和田祭り 説明欄あり

 

かんさい情報ネットten. [ 読売テレビ ]

[ 2018年 10月 26日 16:54 ]
「だんじり祭、有料席中止も返金せず」
先月の岸和田「だんじり祭」で設置が中止された有料席の代金が返金されず、請け負っていた業者とは連絡が取れなくなっている事が分かった。祭りの見せ場である”やりまわし”、それを見物できる有料席の設置が今年は中止された、およそ2000席のチケットは事前に完売、3年前から設置・チケット販売をしていた「大阪文庫」、1席1000円~1万円程度であるが、祭りの3日前に「台風の影響で設置できない、返金する」としていた。大阪文庫は祭りのあと、連絡が一切取れなくなり、一部返金がされていないとの事。岸和田だんじり祭りは各町会が運営しており、寺本課長は「一刻も早く解決して欲しい」と話している、苦情は250件となり、大阪府警岸和田所も相談を受け付けて情報収集を進めているとの事。

 

その他

ニュース845 [ NHK総合大阪 ]
[ 2018年 10月 26日 20:45 ]
岸和田だんじり祭で有料の観覧席を販売した会社が台風の影響を理由に席の設置を中止したあと連絡が取れなくなり、代金の払い戻しを受けられない人が出ている。岸和田市の観光課は「市民が楽しみにしていた祭でこのようなことが起きてしまいとても残念」とコメントしている。

ANNニュース
2018年10月26日(金) 11:45~12:00

ABC NEWS
11:57~

岸和田だんじり祭で設置が見送られた有料桟敷席について、一部の購入者に返金されず、チケット販売会社と連絡が取れなくなっていることがわかった。市には200本以上の苦情電話が寄せられ、警察も情報収集を進めている。

 

 

今となっては・・・というか、業務自体が結婚の身元調査など差別助長をしておきながら、看板には「『依頼者は家族です』の心で」とあり、犯罪臭漂う事務所。

 

和泉興信所HP

http://www.izumi-koushinsyo.jp/chousa.html

では、

調査案内

家庭の問題
A 夫や妻の行動 F 家庭を離れた家族の日常
B 子供の動向 G 離別した夫(妻)及び子供の現状
C 雇用人の動向 H 家出した家族の所在
D 婚姻に関して I 就職希望会社の内容
E 交通事故に関して J 永年交流のない方の消息
K 離婚に係る調査及び助言
L 特定人物の写真撮影
M 家系図作成
N 自分を第三者が如何に評価しているか
人事関係調査
素行調査
①浮気(異性関係の確認) ②不審 ③不正 ④不徳 等の疑惑ある人物及び婚姻対象者の徹底した人物考査の判断資科として、尾行を含め、あらゆる角度からの調査を行い、諸事情により写真、ビデオカメラ・録音等にて確証をお届け致します。

 

張込・尾行調査
男女関係其他不審な動静に対する行動監視、調べたい相手の日々の行動を分単位にて、記録し、写真或いはビデオカメラ等にて裏付を添付致します。

 

所在調査
(必要と判断した場合、家族以外の依頼も受理いたします)
①家出人 ②行方不明 ③居所不明 ④逃亡人 ⑤思い出の人 ⑥お世話になった人の発見

 

身上調査
結婚以外の目的で人物判断が必要な時)
①家族 ②生活状況 ③素行 ④性格 ⑤学歴 ⑥資産

 

聞込調査
(自分を第三者が如何に評価しているか)
あなたの勤務先の上司、同僚、現住所、近隣者、及び肉親、同胞よりみたあなたに対する信用度、風評等の調出

 

結構調査A
(本人及び家族関係)
婚姻対象者の出生時より現在に至る迄の育成状況の把握及ぴ人物解明、婚姻対象者の家族関係・家庭環境・生計状況・所有資産等の把握、及び婚姻可能な環境の有無・家庭の沿革を解明することを目的とする。

 

結婚調査B
(家系及び家柄)
家風・宗教・菩提寺等
本人・父・祖父・曾祖父・高祖父・五世の祖内外まで解明

 

資産確認調査
指定する個人或いは法人の不動産等を確認

 

証拠蒐集
刑事、民事、調停等の裁判に於ける証拠及び資料集め
(写真、テープ、VTR)

 

指定人物撮影
指定する人物の生活の一こまを切り取り致します。

 

企業の問題

取引先の信用状態 開業に関する市場調査
合併、買収、企業に係る工作 民事、刑事、訴訟資料蒐集
雇用に関する判断資料 講演等の企画及び助言
倒産に係る蒸発 宗教、思考、信条に係る資料
盗聴器等発見確認及び防御 土地及び建物、購入予備調査
化込、内偵、調査
企業、住民、等の意識統計調査
コンピューター入力資料の蒐集
指定人物の引抜き(ヘッドハンティング)

 

雇用調査
知りたいことの自由がうすれゆく昨今、あらゆる角度より調査した結果をお届け致します。経営者にとっては重要なる参考資料となるものと確信致しております。
(A)雇用調査(一般)
※本人事項・家族事項
(B)雇用調査(徹底)
※金銭を取り扱う者、上級職員として採用する者等の家族関係を含む、個人的な徹底した人物考査の調出

 

信用資産調査
取引まえの信用調査はもう常識となりつつあります。当社は長年の実績により必ずや貴社のデーターバンクとなり得るものと確信いたしております。
①事業の沿革 ②現況及び将来性 ③取引先信用、取引銀行関係
④保有資産の状況、負債 ⑤代表者の個人的概要、その他

 

企業調査
①競争企業の内容調査 ②市場調査 ③世論調査 ④業界の動静

 

思考調査
経歴、交友、居住、学校、勤務先に於ける動向、家庭状況、政治団体、其の他組織との関係等を糾明して思考傾向の確認

 

特殊調査
①盗聴器等設置確認及び防御立案 ②人事 事業トラブル
③特許商標違反

 

化込・諜報調査
指定企業に入社、或いは指定人物との親交を深め、目標とする資料の調出

 

人材招聘(ヘッドハンティング)
人は城、人は石垣。あなたの指定する人材をピックアウト(引抜き)致します。
当社系列(鼎経済科学研究所)の専門職員が極秘に接触し、招聘後の労賃その他の交渉を重ね双方合意すれば雇用希望法人の名称等を相手側に呈示致します。
(詳細はお間い合わせ下さいませ。)

 

手紙及び電話による伝達工作
事情により、会えない相手に手紙及び電話にて伝達

 

鑑定(訴訟資料にも対応いたします)
筆跡及び文書、印刷物の改ざん鑑定

などとある。

 

中身は身元調査が含まれているように見えるのだが、

顧問弁護士
泉州法律事務所(水谷保)
木下法律事務所(木下準一)

は、そんなのも受けていたのであれば、懲戒請求ものものだよ。

 

 

 

 

 

参考:

カンカン場の有料観覧席が中止の謎。
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/461663408.html

 

有料観覧席のショバ代1300万円を、年番が受け取っていた、ヤクザ顔負けな話 http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/461785991.html

 

カンカン場有料観覧席の払い戻しはされません!
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/461785991.html

 

有料観覧席について、以前からあったショバ代疑惑
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/462165732.html

 

カンカン場有料桟敷席払い戻さずトンズラが、ようやくメディアで報道されだした。 http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/462402394.html

 

カンカン場有料桟敷席の払い戻さずトンズラを、世間はどう見ているか、ヤフーニュースのコメントより
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/462439855.html

 

有料観覧席問題で、痛すぎる腹を私に突かれて困ってますか? 旧市年番の皆様 http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/462756639.html

有料観覧席問題で、痛すぎる腹を私に突かれて困ってますか? 旧市年番の皆様

春木年番の役員が、家を訪ねてくれた。

祭も終わったどころか、来年度からようやく世話人1年生の私に、大先輩が入学式のお誘いかしら?

と思っていたら、岸和田中の年番役員が集まる会で、旧市年番に春木年番が呼ばれて、私のブログのコピーを突きつけられ、たかひらは春木で曳いているんだから、春木年番が有料観覧席の件に口を挟んでこささんようにせよと、強要されたような話であった。

 

私は、私のせいで泥をかぶりそうなった第3者には「直接、たかひらに言え! ワシャ知らんがな」と回避するようにお伝えしています。

こんなことは、私が岸和田市のコールタール議会に手を突っ込み始めた4年前からありましたので、その度に言ってきた台詞。

 

今回も春木年番には、そのようにお伝えしておきました。

 

そもそも、

9月14日

カンカン場の有料観覧席が中止の謎。
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/461663408.html

 

22日

有料観覧席のショバ代1300万円を、年番が受け取っていた、ヤクザ顔負けな話 http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/461785991.html

 

10月12日

カンカン場有料観覧席の払い戻しはされません!
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/462148908.html

 

13日

有料観覧席について、以前からあったショバ代疑惑
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/462165732.html

 

22日

カンカン場、有料観覧席の払い戻しトンズラをした和泉興信所の夜逃げ

で書いてきたことは、私が有料観覧席事業を取り仕切った小田幸平氏(探偵名で本名ではない)や、商工会議所などから直接訊いてきた話で、創作した話ではない。

このような話は、以前から噂として存在しており、それを年番が受け取ってきたショバ代が、商工会議所青年部時代は500万円、大阪文庫になったここ4年間は1300万円、今年は650万円と、年番に代わって金額を示したものだ。

 

本来、ショバ代や、会計帳簿は、年番役員のみならず、曳き手を含めた祭礼関係者に全公開すべきものを、説明責任を怠ってきたからこそ、「〇〇町が☓万円受け取った」など、真偽不明の様々な噂が飛び交い続けてきたものだ。

 

建築確認にしても、岸和田市建建設管理課が、大阪文庫の意向を忖度して、毎年コロコロ変わる設計業者や足場業者について「どないなっとんねん!」と言わず、自死どころか市内をチャリンコで元気に走っている姿を何度も目撃されている、田中茂光・社長に「お願いやから、早く出してくださいよ」と、何度も電話でお願いしてきたではないか!

 

これが、年番、役場ぐるみでなくて何だというのか?

そんな黒い噂を私に公開されて困るなら、なぜ自分たちで包み隠さず公開してこなかったのか?

今になってやれトイレ設置代金だの警備費用だのと、とても1300万円を使い切れない支出項目をもって、取ってつけたように言い訳に終止するぐらいなら、帳簿と領収書を添えて公開していれば、私の出番はなかった。

 

しかも、

だんじりって、「年番を中心とした自主運営」だって?

で、

2017年のヤクザが写っているからと、2017年ポスターを4千枚刷り直した件↓

岸和田だんじりPRポスターに神戸山口組系組員、4千枚作り直しへ – 産経WEST
2017.5.28 14:47
https://www.sankei.com/west/news/170528/wst1705280030-n1.html

だんじり花形の元組員、直前逮捕 大阪府警、在籍時の詐欺容疑 | 2018/10/3 02:04 – 共同通信
https://this.kiji.is/419903116664964193

について

・岸和田警察に言われた時、年番は「放っとけや!」と言いましたっけ?

「自主」運営組織なら、知る人ぞ知る人がだんぢりと一体となって写っていても、「刷り直しになんぼかかると思てんねん! 警察が困るんやったら、刷り直しの銭出せや!」とは言わなんだ。

 

・年番などが「仲間を返せ!」と、岸和田署前で抗議しましたかね?

などと書いてきたように、そのような岸和田署による祭礼への介入には頬かむりをしておきながら、

自分たちのしのぎをバラされると、直接私ではなく、自分たちより弱い存在の春木年番を使って、「お前とこの若い衆やろがい! お前らが抑えとかんかい!」だなんて、

なんと卑怯なことよのぉ。

 

こういう姿勢のことを私は「オッサンのオッサンによるオッサンのための岸和田市」と称し、その中核である議会や役場にメスを入れ、改善させてきたのです。

 

ブログに書いて以後、有料観覧席の件で、何件も電話などを頂戴してきました。

観覧券を購入して、踏み倒された人、「よくぞ書いてくれた!」と称賛し、新たな情報をくれた人など。

このような「これからも頑張って!」との連絡以外に、「事実誤認」との訂正依頼など1件もありません。

旧市年番の様な大勢の祭礼関係者を含む大組織が怒っているなら、大勢の怒りの電話やコメントがあってもよさそうなものなのにねぇ。

 

旧市年番の説明責任と、私の吊し上げの2大目的を果たしてもらうよう、旧市年番には、ご提案をしましょう。

1.旧市年番や、有料観覧席の件で私に怒っておられる方々は、公開でお話したいので、曳き手、マスコミや役場、議員などを含め、私が旧市年番に土下座でもする場面を見てもらう場を設けていただきたい。

 

2.私が吊るし上げられる場は訴訟でもよろしいが、裁判所だけの話ではなく、浪切ホールででも「たかひら被害者の会」を自称する人たちにも集まっていただき、袋叩きにしてくれることを期待しています。

 

いずれにしても、私にその犯罪や税金ネコババを暴かれ、刑事告発されている又はされる予定のものを含め、私の土下座会見を見たい人は岸和田市民だけでも万単位でいるでしょうから、岸和田TVやネット中継を含めて、公開対話集会をやれば、旧市年番側も有料観覧席設置の経緯やその歴史について、帳簿を使って、どこからナンボもらって、どこにナンボ使ったか、明らかにできるチャンスとなり、願ったり叶ったりでしょう。

 

こんなオッサン政治を打破し、「民主主義を岸和田に!」と公言している私の主張と、オッサン政治の正面からの対決は、岸和田TVだけではなく地上波でも生中継もすればよろしい。

 

そしてその場では、大阪文庫が手紙で責任を、1300万円×4年間受け取り続けた旧市年番に

 

何が事実なのか、帳簿を持ってきて説明する責任は、旧市年版と、その前に観覧席を設置していた青年部を含めた商工会議所にありますから、その責任も大言壮語するオッサンらは、十分市民に自らの“正義”を説明してくれるとも期待しています。

 

たとえ何万人集まろうとも、私は一人でその場に出向きますので、袋叩きにできるか、自分たちが火達磨になるかを、試してもらえれば幸いです。

 

 

私には「『旧26号線をだんぢりコースにする』と言えばトップ当選や」とか「『だんぢりをやめさせる』と言えば、トップ当選や」との2つの声が寄せられます。

私は曳き手として、「だんぢりを続けるべし!」との考えではあるものの、そのあり方については、継続するために曳き手側が迷惑だと思っている市民の考えも訊くべきだと思っています。

 

ですから青年団には「地域で何か役に立つようなことを日頃からやれ。

そうしておいてこそ、『祭礼の時期だけ騒がしいけど、辛抱願います』と言うて、了解してもらえるんやないかいな。

俺らの青年団の時みたいに『だんぢりが嫌なら岸和田から出ていけ!』なんぞ言うとったら、『だんぢりこそやめんかえ!』と言われてまうど」

と伝えています。

 

有料観覧席で市民や観光客にババを掴ませた挙げ句、大阪文庫も旧市年番も市も観光協会も揃ってトンズラするようなだんじり祭であれば、「二度と行くか!」と言われても仕方がありません。

現にギャラリー数は年々減少しているのですから、だんぢりの台数が減ったとか、やり回しの迫力がなくなったとかではなく、「観覧席詐欺にあった」などという外野の事情で、市民を含めたギャラリーが失望するような祭礼にしてはイカンのです。

 

それを祭礼の最大組織である年番が「知らんがな」として、訴訟対策用の自分を守るために弁護士を選任することだけは一丁前にして、被害者を無視し続けるような人情味のない組織でどないしまんのや!

 

私が年番長の立場なら、銭をかき集め、来年以降何年かに渡って緊縮財政にしてでも、被害者に幾ばくかの払い戻しができないかと各町にお願いします。

 

幸い、払い戻しを受けられないのは手渡しチケットであり、その多くの名前を、大阪文庫で有料観覧席事業を取り仕切った小田幸平氏が覚えているというのですから、彼にチケット確認してもらいます。

 

手渡しでチケットを購入してくれた市民や近隣住民だけを被害者として放置して、さんざん銭を得てきた自分たちだけが、他人事のように振る舞うのかどうかが、この払い戻し問題では問われています。

 

私に金銭事情を公開されて怒る前に、被害者救済を先にせんかえ!

その後、吊し上げでも何でもしてくれたらヨロシ。

全て受けて立ちますんで、その時になれば、いつでも呼んでくださいな。

 

議会も、このような被害者が出ないよう、市が監査など何らかの形で関わるように仕組みづくりをしてこそ、市民もその仕事を認めてくれますから、12月議会でシッカリやるように!

 

五風荘が、がんこ寿司でなく、グランドホールの手に渡ってしまう!! また、利権かい!?

五風荘と言えば、岸和田の誇る歴史的建造物である。

1998年に国の登録有形文化財に登録され、指定管理者制度導入を機に、2008年、あらためて岸和田市指定有形文化財に指定されている(これに伴い国の登録は抹消)。

 

そんな施設の有効活用の見本のような場所から、立役者でもあるがんこ寿司が追い出された。

 

岸和田市HP 五風荘の指定管理者候補者の選定結果について

https://www.city.kishiwada.osaka.jp/soshiki/5/shinsakekka30.html

より

五風荘の指定管理者候補者について、
平成30年度第4回指定管理者審査委員会にて以下のとおり選定されました。
施設名称
五風荘
募集形態(公募・非公募)
公募(
2
団体による競合)
評価基準
配点
申請団体別採点結果
株式会社岸和田グランドホールVSがんこ寿司
①価格評価 9点×5人=45点
33
33

ア効果的な管理運営業務を実施するための取組み 45点×5人=225点
180
167

イ安定的な管理運営業務を実施するための取組み及び体制 46点×5=230点
156
164

合計100点×5人=500点
369
364

グランドホールが2028年3月末までの10年間、指定管理者として選定される。

 

このド間抜けな選定をした岸和田市指定管理者審査委員会↓
氏名 役職等
中川 幾郎  大学教授
山本 宏昭  公認会計士
相川 康子  シンクタンク専務理事
池内 清一郎  弁護士
山本 政子  社会保険労務士

 

「どこを見て、現在の運営のあり方が悪いのかを説明せよ!」と言いたいね。

 

確かにがんこは、

従業員約100人に対し、残業手当や深夜労働の割増賃金が支払われていなかった疑いが浮上し、2011年12月2日、大阪労働局に労働基準法違反の容疑で捜索されているブラック企業ではある。

 

「飲食業界でブラックでない企業を探すほうが難しい」「ワタミなど、代表の渡邉美樹氏が(自民)参議員であるにもかかわらず、自死者を出しているではないか」と開き直るつもりは毛頭ない。

 

それでも五風荘以外に

平野郷屋敷

宝塚苑三田の里

和歌山六三園

高瀬川二条苑

亀岡楽々荘

など5つの歴史的建造物を「屋敷」として活用してきたがんこ寿司には、グランドホールにはない知恵の蓄積があろう。

 

それをゼロベースに戻してまで、13シティホール(葬儀場)も含めてガッポガッポで、5億円の馬主になる成金趣味な林進&千枝子兄妹の格付け向上へと献上する必要があるのか?

 

岸和田市議は、飯会のオマケの研修をするなら、赤十字で救急法の講習受けたらどうえ?

でも、

地元の居酒屋などではなくグランドホールを利用する、岸和田市議会などとの癒着ぶりを示したが、ここで、そんな“利権”が花開いたのか?

 

2016年度には岸和田市に対して、1242万3457円ががんこ寿司より支払われており、それがグランドホールと取って代われば、市にとってどのくらいの収入増額となることで、

「効果的な管理運営業務を実施するための取組み」の13点差、

「安定的な管理運営業務を実施するための取組み及び体制」の12点差

となるのか?

 

また、それだけでは「歴史的建造物として、後世に伝える利活用だった」と評価できないとも覚悟してから運営に励んでいただきたい。

 

大阪城公園内の歴史的建造物旧第四師団司令部庁舎(もと大阪市立博物館)では、大阪城を訪れる観光客をはじめとした多くの方々を満足させる、大型利便施設として、「MIRAIZA OSAKA-JO」が2017年10月19日にオープンした。

 

株式会社電通 関西支社
讀賣テレビ放送株式会社
大和ハウス工業株式会社 大阪本店
大和リース株式会社
株式会社NTTファシリティーズ

の5社からなる
大阪城パークマネジメント株式会社は、

事業収支の中から基本納付金として、固定額(2億2600万円)+
大阪城公園パークマネジメント全事業の収益から、7%(約2000万円~9000万円)を変動納付金として大阪市に支払う(市が管理運営していた2014年度は、約4千万円の赤字)。

 

観光客頼みのカフェやレストランばかりのこの施設が、長期的に見て五風荘などがんこ寿司の「屋敷」を超えるような歴史的建造物の先駆的利活用例として成功するのか、約40億円を投資した元を取れるのかも不明だ。

 

大阪城公園内移動交通システムとして、ロードトレイン(2台)とエレクトリックカー(ゴルフ場のカートや、クラッシクカー風の3台)の運行が、2016年7月16日(土曜日)から始まり、

2017年10月19日の「MIRAIZA OSAKA-JO」オープンと同時に、堀の外から本丸広場付近まで観光客を乗せる「エレクトリックカー」の運行時間が、20時まで延長される。

しかし、2018年4月15日(日)をもって、エレクトリックカーの夜間運行は終了している。

 

NHK前の大阪城公園南西角からミライザまでを10分間隔で結び、200円。

 

観光客でなくても、「話の種に」と乗りそうなものかもしれぬと皮算用したのかもしれぬが、結局運行会社のマックスコーポレーションへの支払いが割に合わぬとなって、中止したのだろう。

 

今後、円高となれば、必ず海外の観光客は減少する。

その時にミライザなどが市に収益をもたらし続けるのか、空き家となるのかが真価となる。

 

そのような観光客バブルを、グランドホールも成金らしく、市役所移転&ホテル誘致で皮算用しているのかもしれぬが、市民に親しまれる建造物として育てたいとの気持ちがどれほどあるのかも、化けの皮が剥がれるだろう。

カンカン場有料桟敷席の払い戻さずトンズラを、世間はどう見ているか、ヤフーニュースのコメントより

ようやく、26日頃から関西ローカルではあるものの、この事件が報道されだした。

 

報道されたことは一歩前進ですが、被害者の救済がなされておりませんので、市が監査などに関わる事を目標として、まだこの問題の追求は終われません!!

市民や観光客が安心してだんぢりを楽しめるようにしなければなならない!!

 

これを世間がどう見ているか、「岸和田市の埃」氏が、以下のように教えてくれた。

 

〈ネットニュースでも、多くの方々のコメントで
容赦なくボコボコに叩かれてましたね。

このまま、市が何も解決策を講じなければ、
市全体が気色悪い、現代社会からズレまくった
近づくべきではない場所と、世間に認識されて
落ちる所まで落ちて軽蔑されるだけですよね。

ツイッターでにこやかにVサインしてるだけの人も
“市は直接関与してないんでわかりませんですぅ”
とか言うんですかねwww

中核市がどーたらと叫んでたのが今となっては
むなしい限りです。〉

 

 

これを受け、

岸和田のだんじり有料席、中止したのに返金なし(読売新聞) – Yahoo!ニュース
10/27(土) 20:16配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181027-00050121-yom-soci

に書かれている、コメントを転載する。

 

そもそも永野耕平(維新)岸和田市長は、国会議員の踏み台とするべく、孝男パパの世襲で府議となり、市長となっただけの者です。
ですから私は、「無脳」と示しているのです。

こんな者が、岸和田を代表していること自体、市民にとっては不幸であると、しみじみ噛みしめる。

 

また、このように岸和田市外からはイメージを持たれているのだと再確認し、更なるヘドロ議会の浄化に励みたい。

 

 

kat*****
あの場所って、地代っていくらなんでしょか。また、業者ってどの様な経緯で決まっているんでしょうね。

 

 

woo*****
「お気の毒ですが、私達には全く責任が無いので知りません!諦めてくださいね~!!」
っと岸和田市は知らん顔ですよ。民度の低い所やからね!

 

 

nac*****
元々岸和田のだんじりはヤクザの興行やからな。今でも地元のだんじりに協賛しているというていで、住民から一ヶ月1万円ずつ集めてるし。それが嫌で岸和田離れる人もおるし。それをお役所がバックについてサポートしてるんやから、泉州人の感覚はよう分からん

 
kdy*****
これを機に有料席をは廃止するべきだ。
元々、だんじり祭りは、自分の町のプライドを掛けて
地元民同士で楽しむものである。
今でも、観覧ルールを守らない観覧者には、祭りの運営者が、怒鳴り散らしている。
観光客相手に有料席で小銭稼ぐ必要もなく、観光客に媚を売る必要もない。

 

 

bul*****
今の市長、永野なら犯行グループとの関与あるやろな。クロやと思うわ。

 

 

zoo
岸和田市長はあの政党の人間。岸和田市に常識があるわけない。

 

 

名無しの権兵衛
一般家庭への花代強要、参加できるのは地元(出身者)とその紹介者のみ、黙認される未成年の飲酒、暗闇での無差別性行為

そろそろ闇を明らかにしてクリーンにする時では?

 

 

 

 

カンカン場有料桟敷席払い戻さずトンズラが、ようやくメディアで報道されだした。

これまでもお知らせしてきた、カンカン場有料桟敷席についての情報。

ついに払い戻さずトンズラしたことが、メディアで報道されだした。

 

9月14日

カンカン場の有料観覧席が中止の謎。
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/461663408.html

 

22日

有料観覧席のショバ代1300万円を、年番が受け取っていた、ヤクザ顔負けな話 http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/461785991.html

 

10月12日

カンカン場有料観覧席の払い戻しはされません!
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/462148908.html

 

13日

有料観覧席について、以前からあったショバ代疑惑
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/462165732.html

 

22日


カンカン場、有料観覧席の払い戻しトンズラをした和泉興信所の夜逃げ

 

この映像では、以下のように書いた。

 

「チケットぴあや、旅行社を通じて購入した人の観覧券は、まだそれらの会社から大阪文庫に払い込まれていない可能性が高く、払い戻される可能性があります。 しかし、直接大阪文庫から買われた方々の払い戻しは行われない可能性が高い!」 とお知らせした払い戻しについて、

再度、和泉興信所を尋ねたところ、

払い戻しが始まる10月10日以前にトンズラした形成があることがわかった。

 

それは新聞の溜まり状況より。

産経と毎日の両紙を取っている中、10月5日(金)毎日夕刊から取り込まれていない。

産経の夕刊は、14時頃に入ることもある早さなので、それまではいたが、その後の夕方からトンズラに入ったとみられる。

 

新聞は15日(月)頃まで配達されていたようで、ガムテープで封印された8つの集合ポストの上に置かれ、14日頃に、一旦、ゴミ箱に捨てられたようだ。

そして、配達は中止される。

 

関係者の姿は、岸和田市内で見かけるとも聞くが、従業員であれば「知らぬ存ぜぬ」でまかり通ってしまう。

「自死の可能性もある」と書いた、田中茂光・社長は以前行方不明で、海外などどこかにいるのか、その生存すら不明である。

 

後日、問題が顕在化するだろうし、最大の観光資源として活用してきた岸和田市としても放置できない問題であることを、再度示しておく。

(引用ここまで)

 

 

昨夜から急にブログアクセスが伸びて「変だな?」と思っていた。

昨夕刊や今朝の朝刊を4祇とも見たが、どこにも載っていなかったのだが、昼にたまたま見かけた8Chカンテーレのニュースで報道されていて、ようやくわかった次第。

 

その後、夕刊に載ったり、東京などからも取材の電話が入ったりしたので、再度まとめておく。

 

・観覧席は、商工会議所青年部が500万円のショバ代を年番に払って2013年、仕切り直したが、1300万円のショバ場代を支払う大阪文庫へと、年番は開催主体を譲った。

 

・5年間、大阪文庫の開催は赤字続き。

当初は保証人を立てたが、その人からも2年分=2千万円を踏み倒していると言われる。

 

・主催は年番とも言われ、だからこそ1300万円も支払っていたのではないか?

そのような大金が支払われていることも、会計も公開されたことはない。

町が分捕っていたとの話もある。

 

・年番は、大阪文庫の保証人であったとも聞く。

そうであるならば、正副年番長や顧問の3町が担当していたのではないか?

 

これらをもって、10月10日の払い戻し第1段が始まる前の10月6日頃からトンズラしたとみられる。

 

今夕、MBS「VOICE」、関西TV「報道ランナー」でも報道されているのを見たが、私のブログ以上の情報は見られなかった。

 

「報道ランナー」では、ここ3年、チケットを買い続けているという高野和雄氏(映像きしわだ 池尻町?)がインタビューに答えていた。

 

岸和田だんじり祭りで『有料席トラブル』 事前販売された桟敷席が設置されず…返金も無し。 – FNNプライムオンライン
2018年10月26日 金曜 午後8:02
https://www.fnn.jp/posts/2018102620020006KTV

より

【有料席のチケットを購入した高野和雄さん】

「大阪文庫の方から2月20日に、今年のだんじり祭りの観覧席、予約販売いたしますと案内が届きまして」

岸和田市にある「大阪文庫」という会社から、去年とおととしに続き、今年も有料席のチケットを購入したという高野和雄さん(64)。今年は「1席・約1万円」のチケットを家族や知人の分など、あわせて「25万円分」購入しましたが…

 

【有料席のチケットを購入した高野和雄さん】

「祭の始まる4、5日前に、いつもだったら観覧席が作ってあるけど、『作ってないな』『おかしいな』とは思っていたんですが、『台風の影響で資材が調達できない、安全が図れない』と案内があり、これは仕方がないなと」

大阪文庫は、『台風21号の影響で資材が調達できなかったため、有料席の設置を中止する』『10月中旬ごろから返金を始める』と購入者たちに連絡。

しかし…

 

【有料席のチケットを購入した高野和雄さん】

「(知人が)10日から返金してもらえるということで事務所に行ったら、警察官が2人立っていて。シャッターも降りていた。『えー、うそやろー絶対そんなことない』と自分は信用していたので。でも、電話をかけても全くつながらない。現場に行っても何人か自分たちと同じ人がたまっていた。これは詐欺やな、業界用語でいう『飛んだな』と」

(引用ここまで)

 

「報道ランナー」では、詐欺の可能性も含めたようなコメントを神崎博・解説委員が出していたが、「当日券の販売を新聞広告していた」と、担当の小田氏が語っており、「当初から騙そうとした」として、詐欺立件するのは容易ではあるまい。

 

単なる倒産案件として処理される可能性が高いと、私は見る。

 

そうなると、高額ショバ代を得ていた年番の責任も問われよう。

私なら、被害者の会を結成し、年番が大阪文庫から1300万円得ていたとの証拠に、帳簿の保全命令を裁判所に出させて、連帯責任を確定させた上で、勝訴後にトンズラ文庫から取り戻せなかった分を、年番に請求する。

 

 

さて、本町と言えば、金子拓矢(創生)市議のお膝元だ。

とは言え、役場内でも市内でも「嫌われている」との噂が絶えない金子氏にとっては、だんぢりに参加していても「知らんがな」と、無責任ぶりを発揮してすり抜けるのだろう。

 

同会派には、西田武史・元市議や京西且哲・議長がおり、いずれも税金ネコババや、中山太郎オヤジの名簿ドロな公設第1秘書として、私が紹介してあげているので、それらパイセンに倣って、金子氏も犯罪に余念がない。

 

「白タクで選挙公費をネコババ」がバレて、陸運局から違法行為だと指導を受けた金子拓矢・市議と岸和田選管。
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/454442643.html

 

金子拓矢・市議は、レンタカー代水増し請求でも、税金ネコババ http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/454604117.html

 

また、本町にある「まちづくりの館」についても、市の税金から700万円以上/年の指定管理料を貰っておいて、約450万の委託料を「本町のまちづくりを考える会」に支払い、マネロンしているようにも見えるが、会の代表は金子零二パパだ。

会については、収支が報告されるNPOでもないし、指定管理契約も入札でなく、銭の流れは不透明である。

 

 

このように本町は金子家の私物として利用されているのではないかとも思えるのだが、

いずれにしても年番長であった本町としては、「知らぬ存ぜぬ」とは言えまい。

 

今後、議会も交えて、どのように収束させるのか、被害者救済はどうなるのかについて、目が離せない。

 

 

では、岸和田市議会の議員の悪事を一覧表にしています。
ぜひ、どれだけひどい議員がそろっているのか、あなたが有権者として許せるのか、ご覧ください。

 

 

参考:

岸和田だんじり祭:有料桟敷席払い戻し、トラブルに – 毎日新聞
10月26日 11時11分 【蒲原明佳】
https://mainichi.jp/articles/20181026/k00/00e/040/334000c

より

大阪府岸和田市で9月15〜16日に開催された岸和田だんじり祭で、設置が中止になった有料桟敷席のチケット払い戻しが進まず、トラブルになっている。チケットを販売した市内の運営会社は連絡がつかず、市や警察に被害の相談が相次ぐ事態になっている。

 

有料桟敷席は、だんじりが角を曲がる「やりまわし」を目前で見られる2カ所に設置される予定だったが、今年の運営会社だった「大阪文庫」は「台風21号で資材の確保ができない」との理由で設置しなかった。

 

市によると、席は2000以上で、価格は1000〜1万円。同社はホームページ(HP)などで、今月10日から12月25日まで販売所や口座振り込みで返金すると告知していたが、実際は返金されず、200本以上の電話で相談を受けた市が同社を訪ねても連絡が取れないという。

 

チケット11枚(計9万8000円分)を購入した男性(57)は、同社からファクスで払い戻し方法の連絡を受け、22日に家族が販売所を訪ねたが、シャッターが閉まったままだった。「このままでは泣き寝入りになってしまう。行政や弁護士会などで相談窓口を設けてほしい」と訴える。市は「民間の運営で市としては対応できないが、事実の把握に努めたい」としている。

 

毎日新聞は同社や代表者に文書で取材を申し込んでいるが、25日までに回答はない。