アニマル ハーモニー大阪の見学。  全施設見学は、2019年以降に持ち越し。

羽曳野ハーモニーランドこと、大阪府動物愛護管理センター(仮称)の殺処分機導入について
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/449721965.html

で書いたまま、2017年8月1日の開所以来、一度も中に入ったことがなかったアニマル ハーモニー大阪に行ってきました。

 

アニマル ハーモニー大阪 HP

http://www.pref.osaka.lg.jp/doaicenter/doaicenter/

 

いつものように隙間時間を利用して、事前通知なく行ってしまったので、保護した動物の健康管理、飼養管理を行う「動物管理エリア」収容棟などは見られず。

 

動物とのふれあいなどを通して動物について考えてもらう「動物学習エリア」だけを見てきました。

 

動物学習エリアには、動物の相談窓口、天候に左右されず動物とのふれあいや飼い方教室などを開催できる部屋、猫とのふれあいや室内飼育のモデル展示を見学できる部屋などがあります。
動物管理エリアには、動物種ごとに個別飼育できる部屋、診察室、手術室、措置室などがあります。
その他、屋外には、傷病野生鳥獣保護施設、適度な運動や必要に応じてしつけ等のできる保護犬専用運動場、多目的広場、駐車場などがあります。

 

犬は1F、猫は2Fと分けて飼われています。

2Fは、室内飼育のモデル展示だけが開放されていて、机やTVが置かれ、リビングのような部屋で、子猫が2頭じゃれて遊んでいました。

 

1Fでは、外に由佳がコンクリートの運動場と、芝生のドッグランのような広場があり、建物内の1頭ずつ分けられている飼育場もガラス越しに見学できました。

 

丁度、お散歩の時間だったようで、飼育場には数頭しか見かけず。

 

運動場では、チワワとビーグルがいて、ケージの外に鼻先を出して、私の手をなめてくれました。

 

芝生では、6歳の白い雑種の女の子がお散歩中でしたが、私を見ると吠えまくり、職員も「触ったらアカンで!」と注意しています。

小さい頃に虐待を受けたようで、放棄など長い棒状のものを持つと、興奮して歯をむき出して威嚇するとのこと。

 

森ノ宮から預かっていて、2018年4月で生後6年となった今も人馴れせず、噛み癖があり、譲渡に至らないようです。

「HP掲載で、引き取りたい方は現れるのですが・・・・」

と、職員も残念そう。

 

「ここでも数名の職員にしか慣れていないので、散歩できる職員も限られている」として、全員が同じ休日にならないよう気を遣っているとか。

 

子どもの時に虐待をする飼い主にこそ、「自分が同じ目にあってみろ!!」と言いたいです!!

その虐待体験が、長く心の傷として残り、人を寄せ付けなくなった犬の生涯は、どれほど不幸でしょうか。

 

保護されている犬で、虐待を受けた割合は高く、秋田犬の雑種は、慣れた飼育員さえ噛んでしまったそうです。

首輪をつける時に、頭の上から手を回して、怖がられ、噛まれてしまいました。

「虐待を受けた犬には特に、頭の下から手を回さねばならない」と、年配の職員は教えてくれました。

 

私も初対面の犬には、噛まれる可能性も想定して、指でなく、拳を突き出します。

座った姿勢で、下から。

 

アジアなど狂犬病がまだ残っている地域では、野良犬もよく見かけますが、飼い主が「なでてもいいよ」と言うか、よほどの子犬でない限り、基本的には触りません。

なでている最中にでも、噛まれるかもしれませんので。

子犬も親犬がそばにいれば、触りません。

子犬をイジメられると勘違いして、親犬に噛まれるかもしれませんので。

 

こういうことは、かつて野良犬が沢山いた時代に生きていた人にとっては、経験値として習得しているものでしょうが、今の時代ではわからないものなんですね。

 

ここでは2019年度から引き取った犬や猫をトリマーや動物トレーナーに預け、見た目を整えたり、しつけをしたりしてから希望者に譲渡する事業を始めます。

これで、新たな飼い主に引き取ってもらいやすくなり、「殺処分ゼロ」の実現に近づけばと願っています。

 

次は事前に予約して、動物管理エリアも見学させてもらおうと考えています。

 

 

 

写真など施設案内は、動物愛護の情報発信サイト「Pawer.」のBlogでよくわかります。

【取材レポート】大阪府動物愛護管理センター

http://pawer.jp/blog/b-218/

 

 

 

参考:

大阪府:保護犬猫、しつけて譲渡 殺処分ゼロ目指す – 毎日新聞
【藤顕一郎】 2018年2月9日
https://mainichi.jp/articles/20180209/ddn/012/010/013000c

より

大阪府動物愛護管理センター(大阪府羽曳野市)は来年度から、引き取った犬や猫をトリマーや動物トレーナーに預け、見た目を整えたり、しつけをしたりしてから希望者に譲渡する事業を始める。新たな飼い主に引き取ってもらいやすくすることで「殺処分ゼロ」の実現に近づける。市民からの寄付金を財源に充てる計画で、全国的にも珍しい取り組みという。

 

同センターは現在、引き取った犬や猫を希望者に譲渡する際、健康状態や衛生面を事前に確認しているが、毛並みの手入れやしつけまでは手が回っていなかった。外部のトリマーに依頼して毛並みを整えてもらうほか、しつけが不十分な犬や猫はトレーナーに訓練してもらうことにした。

 

府は昨年3月に「おおさか動物愛護アクションプラン」を策定し、殺処分を2023年度までになくすことを目標に掲げている。府内全体の犬と猫の引き取り数は、09年度で犬約2100匹、猫約8800匹だったが、16年度は犬が約470匹、猫が約2600匹まで減少した。新しい飼い主に譲渡したか、元の飼い主に返還した割合も、犬が09年度の約3割から16年度は約7割に、猫も1%程度から約2割に上昇した。同センターはさらに譲渡が円滑になる取り組みを検討した。

 

また、野良猫を減らし、猫の引き取り件数自体を少なくする事業も始める。去勢や避妊の手術を施し住民が世話をする「地域猫」活動の実施を検討している自治会などにアドバイザーを派遣。野良猫の繁殖を抑えることで、飼い主のいない子猫を減らすことを目指す。

 

財源は同センターへの寄付金を活用。トリマーやトレーナーへの委託に29万円、野良猫を減らす事業に57万円を充てる計画で、病気などを理由に引き取られる犬や猫を動物病院に診てもらう事業も実施する予定だ。同センターは「少しでも殺処分を減らせるようにしたい」と話している。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

“アニマル ハーモニー大阪の見学。  全施設見学は、2019年以降に持ち越し。” への4件のフィードバック

  1. 初めまして
    大阪府動物愛護管理センターの
    『子猫育成サポーター』に応募した者です。大阪府の管理センターについて調べるに辺り、こちらの記事にたどり着きました。
    子猫の譲渡率を上げる為の取組ですが、疑問に思う事が多いです。

    ・生後1ヶ月半の子猫を1頭
    1ヶ月半預かるサポーターです。
    しかもセンターに返すと避妊去勢は行われず譲渡対象です。
    春と秋の繁殖期後からなので順当に当たれば年に2頭~。
    しかも順番が回らず、1度も預からない事もあると言われました。

    ほんとうに譲渡率を上げようとしているのでしょうか?
    民間の愛護団体さんが身を削りながら何十等と保護し、里親を探して、避妊去勢は当たり前に行われているのが当たり前な世の中になのに…
    この『子猫育成サポーター』についても調べてほしいです。

    いいね

    1. コメント、ありがとうございます。

      子猫育成サポーターについては、TVでもやっていました。
      私も保護猫の活動をやっている方々を見ていますが、数時間おきにミルクをあげねばならず、大変です。
      一旦寝てしまうと朝まで起きない、私にはとてもできません。

      府の動物愛護基金についても、ハーモニーランドでの譲渡率を上げるために、トリミングや躾代に使われるとの名目ですが、府下39自治体への避妊手術の補助で出せないかと、「ダメとなっているが、市として要望があることを知らせるために、府に要望して」と岸和田市には交渉しています。

      一般的に行政がやることは、非常に臆病に見えます。
      これは、議会や市民などどこからもできる限り苦情のでないことが大前提になっているからです。
      市民は逆に「よく頑張っている、この調子で進めて!」とは電話などしないでしょう。
      そこが苦情だけに対応予測をする行政を生んでいます。

      民間保護団体の底上げと共に、行政の底上げもなされるはずです。

      今は選挙前で、多忙でもあり、調査に手が回りせんが、春以降、調べます。

      それまでにお気づきの点は、市民として、改善交渉をお願いします。

      いいね

  2. お忙しい中返信ありがとうございます。

    授乳期の子猫が一番手が掛かる為
    殺処分の対象になる事を知り、今回
    サポートするに辺り、講習会もあるとの事で応募しましたが
    ミルクボランティアではなく
    子猫育成サポーターとの事で、職員さんが育てられて健康に育った子猫のお世話をお願いします。との事
    職員さんが育てあげれる頭数が少ないので後に廻ってくる数が少ないと思われます。それでは救える命が増える事にならないのでは?

    この疑問については確かではないので
    その辺り、今度講習会に参加するので詳しく聞こうと思っています。

    今回の募集で集まったサポーターは10名程との事なので、その中で2頭3頭お世話できる余裕がある希望者には
    子猫を預ける事が可能か聞こうと思っています。
    大阪府では始まったばかりの取組なので慎重になるのもわかります。

    市民として大阪府の動物愛護の取組に協力していきたいと思います。
    よろしくお願い致します。

    いいね

    1. 返答、ありがとうございます。
      元の出す子猫の数を抑制しているので、ボラに回ってくる子猫の数も少ないということですね。

      引き続き、情報提供をお待ちしております。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中