森友が逃した府緑化補助金 交付先と維新のただならぬ関係

少し古い記事だが、維新のやり口とリンクする記事なので、紹介する。
これまでも記したように、私は民営化論の政治家は、民営化することによって、自分たちの息のかかった企業参入に門戸を開き、その番犬替わりを行政に対して行っているのではないかと考えている。
これまでも自民らによるこういう事件は多々あった(1991年選挙だけは自民公認で、後は無所属だが、志向が変わったわけではないので自民系とする、)↓
より抜粋
奈良県生駒市の中本幸一前市長(1994年から2006年まで、3期12年)が2003年12月22日、「総合スポーツ公園」とかの事業用地名目で、タダ同然の山林を1億3480万円で生駒市土地開発公社に対して先行取得させた。

この土地は法的(保安林指定、市街化調整区域、地役権設定、宅地造成工事規制区域、環境保全地区)にも、物理的にも(高低差が著しく、進入する道路もない)開発不能土地=およそ山林として利用する以外にほとんど利用方法はない土地であった。

前市長は2003年春、突然「総合スポーツ公園」計画なるものを打ち上げた。前市長と親しい業者が、この付近の土地を地権者から、言い値で購入した。

生駒市に必ず売れるのだから、その業者が、タダ同然の土地をいくら高く購入しても採算の合う仕事。

この利権に生駒市の議員も入りこみ、その年の12月に、その業者が上記の通り生駒市開発公社に買わせた。

わずか半年で約1億近い金をもうけた。

中本前市長は、その業者から「謝礼」として1000万円を市長室で受け取り、背任罪などで逮捕起訴された。

この土地購入事件は、議会で当時、野党の議員から追及されたが、ウヤムヤにされた。

2006年1月の市長選で被告人の中本前市長が無党派の37歳の山下市長(弁護士)に負けた。

~中略~
山下市長は自治体の透明性や情報公開、入札改革などの改革の中で、この山林事件の真相解明にも取り組んだ。
2006年4月から、この山林高額購入事件の住民訴訟が起こり、私も生駒市山下市長側で、この事件を受任し、関係者から事情聴取などを実施した。

山下市長の大きな改革のうねりの中で、口が堅い職員達も少しずつ当時の内容を語り始めた。

この動きの中で、この事件が「点から線まで」明らかになり、ついに大阪地検の特捜部が動きだし「線から面まで」全面展開となり、2007年5月に中本前市長が逮捕され起訴された。

今回の判決は、この事件の結末。

中本被告人の逮捕前の、2007年4月に生駒市の議会の酒井議員も市議会議員の投票日の当選当日の夜に逮捕された。

この議員は2006年2月の山下市長の初登庁日に

【酒井隆議長は「議会制民主主義だから、首長がなんぼ、いちびって走り回っても、議会がついて行かなければ何もならない」と冷ややかな態度。
「議会と市長は車の両輪」と返す山下氏に、「暴走しないようにやってほしい。両輪になるかどうかはあなたのやり方次第」とくぎを刺した】
と報道された。

(たかひら注:
この収賄事件は↓)
公園用地巡る汚職、前生駒市長に実刑判決(2009年3月16日15時07分 読売新聞)

 奈良県生駒市の総合スポーツ公園用地売買を巡る汚職事件で、1000万円のわいろを受け取ったなどとして、加重収賄と背任の罪に問われた前市長・中本幸一被告(72)に対し、大阪地裁の西田真基裁判長は16日、懲役2年8月、追徴金1000万円(求刑・懲役4年、追徴金1000万円)の実刑判決を言い渡した。

 背任罪で起訴された建設会社の旧「ウツミ」元社長・内海武正(62)、元社長・小松秀次(65)両被告も懲役1年2月(いずれも求刑・懲役1年6月)の実刑とした。

 起訴状によると、中本被告らは前市議会議長・酒井隆被告(66)(公判中)と共謀し、2003年12月、ウツミが所有していた生駒市内の山林約4万平方メートルを同社の購入価格の3倍を超える約1億3500万円で市土地開発公社に先行取得させて市に同額の損害を与え、中本被告は謝礼として同社側から1000万円を受け取った、とされる。

 同社側は贈賄罪の公訴時効(3年)が成立しているとして起訴されなかった。

 中本被告らは捜査段階で容疑を認めたが、公判では否認。〈1〉公社の取得価格は妥当〈2〉1000万円は借金の返済――などとし、自白調書について「釈放などをちらつかせて作成された」と任意性を争っていた。

 検察側は〈1〉取得価格は小松被告らの意向で決まった〈2〉借金の存在を示す証拠はない〈3〉自白調書はわいろ授受のやり取りが具体的で信用できる――などと主張していた。

(抜粋ここまで)
酒井隆 生駒市議 MOVE.jpg
これに絡んで、当の酒井・市議も当選翌日にセンセーショナルな逮捕をされ、実刑判決を受けている
『奈良・生駒の元市議会議長、実刑確定へ 最高裁上告棄却』 

奈良県生駒市の公園用地取得や市発注の足湯施設の工事をめぐり、計1400万円の賄賂を受け取ったなどとして、あっせん収賄と背任の罪に問われた元市議会議長、酒井隆被告(70)の上告審で、最高裁第二小法廷(竹内行夫裁判長)は、被告の上告を棄却する決定を10月30日付でした。 

懲役3年6カ月、追徴金1400万円の実刑とした一、二審判決が確定する。

酒井さんは、
1992年頃年前にも、議長選挙をめぐる贈収賄事件で逮捕され、実刑判決を受け服役している。
奈良地裁の判決によると、酒井議長は、議長選に当選するために、暴力団員と共謀して偽装の交通事故などを計画。対立候補の擁立を計画していた和田賢生議員が飲酒運転していた車に、故意に車を衝突させ、「事故を発覚させる」などと脅し、議長選の票の取りまとめを依頼。議長に当選した翌日、当選の謝礼として和田議員に現金100万円を渡したという事件だった。
酒井議長は、この事件で刑に服したが、1995年、市議会議員に返り咲き、市議会議長を務めている(生駒市議会の酒井議長を逮捕-NHK  2007年04月23日 どうする香芝市政ー「見張り番」
http://blog.goo.ne.jp/kiyo060/e/72202d2a0dea35c8b8fb3f8e3179f85f
より)。
議員職については、2009年12月28日、リコール運動で、生駒市選挙管理委員会は11月20日、有効署名は約4万4,154人分で住民投票に必要な法定数(3万1,723人分)を超えたと発表した後、強制辞職が濃厚になるや否や、自らトンズラ辞職しています。
2009年11月27日 奈良新聞で、
市選挙管理委員会に対し、署名収集の方法の不備を理由に異議申し立てを行った。

 異議申し立て書に疑問点を指摘。正規の手続きの署名がどの程度あるか判然とせず、相当数の無効署名が存在するとして署名簿の無効を主張している。

 会見した酒井市議は「複数で1人を囲んで署名を求めていた姿もあり、むちゃくちゃなやり方。自宅周辺に街宣車が連日来るなど、人権を無視されたような活動だった」と署名活動方法に憤った

との行動の後であり、そのトンズラぶりは際立ちます。
議員を辞めさせられても、友喜建設や賃貸マンション、グループ会社の代表として、銭には不自由ないのだろうけど。
酒井・元生駒市議で紙幅を割き過ぎた。
表題に戻す。
森友が逃した府緑化補助金 交付先と維新のただならぬ関係
2017年3月24日 DIGITAL日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/202016
より抜粋

 府はみどり豊かな街づくりを目指し、今年度(2016年度)から、緑化事業への補助をスタート。昨年夏、内容を公開し約40日間、事業者を公募した。9月、応募してきた4法人すべてに、府の環境審議会が「採決適当」を答申。後に府が決定した。補助金枠3450万円に対して、決定した補助金の総額は3384万円。ギリギリ収まっている。

「他に5件の問い合わせはあったが、緑化施設の要件がクリアできなかったり、年度内工事完了のスケジュールに間に合わないなどで応募に至らなかった」(環境農林水産部みどり推進室)

 結果的に競争にならなかったというが、府議会関係者は首をかしげる。

「公募期間わずか1カ月半では、普通は補助金の存在を知り得ないのではないか。もちろん公募期間中にたまたま知ることはあるでしょう。しかし、事前に情報を把握していないと、応募して年度内に工事完了は難しい」

 それだけじゃない。943万円が交付される三栄建設は松井知事や維新の会と深い関係にある。維新の会が入居する大阪のビルのオーナー企業なのだ。同ビルにある「経済人・大阪維新の会」の副会長は同社の青山浩章社長が務める。同社が本社を置く大阪・八尾市は松井の出身地だ。

「三栄建設は技術力がある優良企業です。青山社長は、府議会議長を務めた松井知事の父親と昵懇だった。今でも選挙では手伝っているようです」(八尾市議会関係者)

 三栄建設は「担当者が不在で回答できない」ということだった。

 校舎の緑化事業で943万円の補助金を受ける大阪商業大は、松井や維新が熱心に誘致する「カジノ」の研究で有名な大学だ。

「もともと緑化は計画していた。補助金は8月に設計会社に紹介してもらった。松井知事とは一切関係ない」(運営する谷岡学園)

 森友の小学校新設のタイミングで、緑化事業の補助金が創設されたのも気になるところだ。
(抜粋ここまで)

私も補助金については、監査請求を行ったりしてきた。
もろだしならぬ森友学園への府の補助金、「実感できるみどりづくり事業補助金」として支出予定である648万円の支出差し止めのための監査請求書を提出。
現実には、支出自他がなされる前に止まったので、監査請求が効力を発揮しなかったのだが。

森友学園への府の補助金支出差し止め監査請求しました。 https://watchdogkisiwada.wordpress.com/2017/03/10/%e6%a3%ae%e5%8f%8b%e5%ad%a6%e5%9c%92%e3%81%b8%e3%81%ae%e5%ba%9c%e3%81%ae%e8%a3%9c%e5%8a%a9%e9%87%91%e6%94%af%e5%87%ba%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%ad%a2%e3%82%81%e7%9b%a3%e6%9f%bb%e8%ab%8b%e6%b1%82%e3%81%97/

ここも、↓で書いたように、府の自浄作用でなく、籠池のオッサンに維新側から恫喝をかけて、ネトウヨ小学校の認可取り下げをさせ、府は腹を探らせんようにした疑いがある。
どこまでいっても、民営化論者の胡散臭い腐臭はぬぐい切れない。
オマケ:
以下の維新チンピラの殴り込みによって、「市民協働による身近な公園づくり」は、5年間も工事着工を延期(通常は、廃止と言う)し、再度、地域住民と協議を行い、その総意を確認したうえで計画を決定することとし、当初、花壇の整備と桜の植樹を行うこととしていた計画について、最終的には花壇の設置を取りやめ、2017年3月に桜の植樹のみが実施されている。

村上栄二(東淀川区)&市位謙太(淀川区)の維新合作、もろだし学園番犬の恫喝公式記録

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 防災士として、あなたの命を災害や犯罪から守り、 行政書士として、トラブルを予防し、 柔道整復師として、健康に過ごすお手伝いをし、 市民として、行政や議会を正しています。 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中