維新の不都合な真実 視察は税で宴会してもいいじゃん。特権は最大限利用せよ!有権者にバレぬように

で書き、和泉市では小林昌子・市議の協力で改定された、旅費で、宴会暇で賄って、釣りが出ればネコババな議員特権について、またぞろ維新が馬脚を現したので、お知らせします。
岸和田・堺では宿泊費は渡し切りで、食事付き旅館でも岸和田1万5千円、堺1万6500円より宿泊費が下回った場合、議員に返金されます。
日当もついていて(岸和田3千円、堺3200円)、半分は昼食代ですが、これもお釣りが返さ れます。
政務活動費による視察では、宿泊代を領収書を超えて上限まで経費としている議員もいますし、ホテル代領収書を貼り付けていても上限まで経費計上している議員もいます。

和泉市の改定前:
和泉市議会では視察時の議員ネコババを廃止 私の提言で小林議員が議会を動かしてくれました!

より
議会事務局で調べていただいたところ、議員の旅費の額及び至急方法については、和泉市職員旅費条例の規定を準用するとなっているそうです。
したがって日当は一日につき2,000円。
宿泊料(一夜につき)14,000円となっています。

但しここで問題があることが分かりました。
14,000円の中身ですが旅行社に依頼するときに夕食つきで、14,000円以内になるよう依頼していたそうです。
但しこれが13,500円等端数が出ても議員には返金はありません。
また日当分は昼食代金等に当てたり、タクシー等を使ったときは旅費から出ないそうで 、それに当てたりしているそうです。

ちなみにホテル代は、
内閣総理大臣と東京都知事:国内1万9100円、海外4万200円
大臣:国内1万6500円 海外3万2200円(副大臣2万9千円)

ちなみに大阪府知事・市長は、維新にありがちな見える部分はクリーンで、国家公務員と同じ規定を使い、東京都、大阪市、名古屋市、横浜市、京都市及び神戸市のうち人事委員会規則で定める地域その他これらに準じ、人事委員会規則で定める地域では、1万3200円、それ以外の地域においては1万1600円の支給となっています。


岸和田市で今も続くネコババ制度を私が指摘し改善要求したのは、2014年10月で、あれから約3年が過ぎようとしていますが、今でも合法でネコババが行えるのですから、どの議員も喜びこそすれ、変えようとの意識はありません。
政務活動費や選挙公費について、議長申入れを行いました。
より
4. 1万5千円渡し切りの宿泊費の実費切り替え及び、大阪府知事・大阪市長に準じ、国家公務員等の旅費に関する法律に基づく甲地方1万3200円・乙地方1万1600円を上限とすることと、府外出張手当て3000円の廃止。
(領収書金額のみの実費支払い、費用弁償と同様に合理的理由のない手当て  例:青和会・自民党会派における6000円の宿泊費)

堺市出張費 比較.jpg
再度書きます。
岸和田市はホテル代1万5千円、出張手当2千円/日です。
具体的にどの程度のネコババとなっているか、堺市議会の例で示します。
堺市出張費で宴会表.jpg
岸和田市の例として、このように実費がいくらだったのかは、市議と議会事務局が結託して、市民には知らされません。
堺市も同じく公開されませんが、これを議会で質問した長谷川俊英・市議のようなまともな市議がいれば、公開されます。
銭にクリーンだと言いたいだろう京西“言論封殺&似非維新”一派もホテル代などネコババに賛成どころか、自身らも率先して“ネコババ”している証拠をアップします。
京西 2016 手土産代.png
この手土産代2008円ってなぁ~んだ?
視察旅費1880円は、在来線の切符代ですから、例え初乗り運賃だけであったって問題だと指摘を受けることはないでしょう。
しかし、社会福祉法人友愛福祉会おおわだ保育園への視察は、税支出を受けている機関に、税からだんじりやの饅頭を買って持って行くのですから、広義で言えば官官接待と言われかねません。
手土産を持って行く必要があるのかどうかについては、仮に視察先が役所や議長であったとしても、岸和田銘菓や岸和田市の宣伝として持って行ってもいいんじゃないのかと思わんでもない。
ここで歯切れが悪いのは、教科書通りに言えば、官が受け取ると利益供与と言われかねないし、公立病院で医師らが患者から付け届けを受け取ることは固く禁じられているのですから、役場でも同じじゃないのかとなるとも言えるし、訪問して案内してもらうんだから、手土産ぐらい持って行けよとも言えるから。
いずれにしても、税で手土産出してると相手方が知ったらどう考えるでしょうか?
ねぇ?
市民感情としては、「そんぐらい自腹で出せよ、1000万以上報酬を得てるんやから!」となるんじゃないんですか?
ちなみに堺市では、運用指針を2017年4月に変更しています。
で、「視察先の謝礼品を明記」って、悪くなっとるやないかい!!
それにしても維新や自民でそんな支出の記憶がないのですが、調べると支出してたのは公明でした。
さすが国政では自民、大阪では維新の下駄の雪として、駆け引きするだけの議会活動しかしない、コーモリだけありますね。
ネコババについても下駄の雪だと本人たちは思っていたのかもしれませんが、維新や自民自体が支出していなかったとの、とんだ恥かきでネコババな支出ですね。
維新の無様な失態については、参考にて。
ちなみに今頃になって岸和田市議会も議員報酬減額について議論がなされているようですが、中核市に名乗りを上げている場合じゃないってわかったのは9月でしょ。
それをこの約1年間、放置しておいて、今更低い削減率でアリバイ作りをしようなんて虫が良すぎるわ!
「質問はせん!」と公言している井上源次(自民)氏のように、2011年以降、2015年改選まで質問ゼロ、今期も派閥の代表質問1回だけの今まで仕事もせずに報酬だけを食んできた議員が多数いるんだから、その罪滅ぼしに2期目以上の議員は半額にしてもいいぐらいだわ!
参考:
より
6月13日
●維新提案の2条例で質疑
ところで今日の本会議では、大阪維新の会が「職員の政治的行為制限条例」と「議員報酬特例(20%減額)条例」を提案。維新市議団による、まさに市長選前のパフォーマンスですが、質疑を通して、維新議員たちの無責任ぶりが浮き彫りになりました。
彼らは、「大阪府議会が30%の報酬削減をしているから、堺市議会で20%削減をするのが合理的」と主張します。でも、そのような大幅削減は他会派の同意が得られす、「否決」されることを見越しての提案です。
私は、昨年の健康福祉委員会の視察旅費の内訳を示し、定額支給された宿泊料16,500円と実際の宿泊費の差額が夜の宴会費用に充てられたことを指摘。大阪府や大阪市が宿泊料の上限を13,200円とし、日当(堺市は1日3,200円)も廃止していることを示して、「身を切る改革」というなら、これも改善することを試みたらどうか!と迫りました。
6月14日 (水) 16.6℃~26.2℃。一日の気温差が10℃近くになりました。梅雨どこに?
昨日の本会議で、大阪維新の会議員が、自らの提出議案について、答弁やヤジで発した言葉は実に陳腐なものでした。質疑に立った他会派の議員からは、「ほんとうに議案を通す気があるのか?」との疑問が呈されました。また、質疑の模様をインターネット中継で見ていた市民の方が休憩中に電話をかけてこられ、「維新議員の無責任な答弁にあきれた。もっと手厳しく指摘してほしい」との注文も受けました。
下の写真は、そんな維新市議団の議席に向かって議論している場面ですが、維新議員たちによる、「滑稽」では済まされない責任放棄発言の一部を紹介します。
●池田克史議員=職員組合の正当な活動を「違法」な「立法事実」だと主張
「職員の政治的行為制限条例」について最初に質問した公明党の松本光治議員は、過去2回の提案に際にも条例制定に必要な「立法事実」がないとされたことについて、「新たな立法事実があるのか」と質しました。答弁した維新・池田克史議員が持ち出したのは、堺市職員労働組合が発行する「ニュース」。そこに掲載されている「住民不在の都構想」とか「維新政治の危険な実態」などの記述をとらえ、「このニュースを配っているのが立法事実だ」主張しました。
私が市当局の見解を質したところ、総務局長は「ニュースの配布対象は職員で、地公法56条で不利益の取扱いが禁止されている職員団体の正当な情報宣伝活動だ。従って、維新提案の条例に抵触する立法事実とはならない」と明快に答弁。使用者側のこの見解からすると、維新の主張は不当労働行為にもあたるもので、批判者に対する言論弾圧とも言えるものです。
●水ノ上成彰議員=報酬特例条例と旅費規程改定を巡るダブルスタンダード(二重基準)
議員報酬を20%削減する「報酬特例条例」については、多くの会派が、「なぜ、議会力向上会議などで他会派の合意を得ようとしないのか」と問いました。これに対して水ノ上成彰議員は、「条例提案で各会派に投げかけた」と答弁。ならば、と思って私が問いかけたのが、昨日の日記に書いた視察旅費の見直しです。大阪府議会や大阪市議会と同様に、日当の廃止、宿泊料の引き下げを提案しないのかと迫ると、水ノ上議員は「議会力向上会議等でしっかり議論すべきだ」と逃げました。まさに、ご都合主義のダブルスタンダードです。
●黒田征樹議員=ヤジで、はしなくも露見した「特権意識」
ところで、私が、1万6500円の宿泊料(公費)の余り9000円を宴会経費に充てるような視察旅行は市民から批判を受けないかと質した際、黒田征樹議員から「旅行ではなく視察!」とのヤジが飛んできました。すかさず、「旅行だから旅費が出るのだ」と一喝しましたが、以前、議員の海外視察旅行で議論した折、当時は堺市議だった維新の馬場幹事長が同じセリフを吐いたことを思い出しました。きっと、「議員」が出張するのに「旅行」と言われるのは腹に据えかねるのでしょう。裏を返せば、「俺様は議員だ」という特権意識の表れだと、私は思います。
●池田議員が平気で発する答弁矛盾
また、「政治的行為制限条例」をめぐる議論で、池田議員はソレイユ堺の西哲史議員に対して「修正案を出してくれ」と言い返しました。ところがその後、自民党の野村友昭議員から「修正に応じるのか」と確かめられたら、「その気はない」と答弁。無責任な矛盾答弁さえ平気です。
とは言え、堺市議会では、2人の議員に辞職勧告するなどの不祥事が続いています。市民への責任感を示すためにも、議員報酬の減額は必要なのではないでしょうか。議案が付託される総務財政委員会で、他会派が妥当と思える額を調整し、ぜひ修正案を出してほしいと提案しました。
6月26日
●「20%減額」を提案しながら、維新議員が地震で被災した熊本市に送ったのは「5%」
昨年もこの議案は否決されました。「提案はパフォーマンス」と批判された維新の会議員は、その後、議員報酬の5%を地震被災地の熊本市に送ると発表したのですが、批判に対する証とするなら、どうして20%を寄付しなかったのでしょうか。
また、維新議員は、今議会で私が議案質疑の際に質した「旅費規程」の見直しには無関心で、「それは議会力向上会議で議論」と逃げました。他方、「議員報酬を議会力向上会議で議論しよう」という他会派の提案には、「いや、条例提案で示した」と言うのですから、まさに「ダブルスタンダード。実現できそうな「身を切る改革」はやりたくないのでしょう。もしかしたら、議員報酬の削減もほんとうはやる気がなく、「否決」を見越して提案しているのでは…という他会派の指摘が当たっていそうです。そんなにいい加減な維新提案には協力できない旨を表明。また、市長に対して、旅費規程の見直しを行うよう要請しました。
6月27日
●やっぱり必要な「議員報酬の減額」
もう一つは、議員報酬の減額特例条例についての議論の際、私が議案への質疑や討論を通して一貫して主張、提案していることです。
①人(「凡人」というべきかもしれませんが)は誰しも、本音は自分の収入は1円でも多い方がよいと思っている。しかし、堺市議会議員として今自覚すべきことは、政務活動費不正事件などが続き、市民への責任の取り方としても報酬減額を考えるべきである。
②人口規模が堺市よりも大きい大阪府や大阪市の議会議員が大幅な減額措置をとっているのに、堺市議会だけが減額しないことは、市民の納得を得られることではない。
③議員報酬の額の妥当性は「理屈」で論じることはできない。市民の思いを推し量る「政治的感性」が私たちには求められているのではないか。
④これらのことを全議員、各会派が理解し、相互に調整して、可決できる「減額案」を早急に練り上げ、実際に報酬削減を実現するべきだ。
とは言え、残念ながら私は一人「会派」。堺市議会の水面下で、会派間の調整などを仕掛ける立場にはありません。余談ですが、本会議が終わってからのトイレで立ち話はしました。たまたま一緒に小用を足すことになった某会派の幹部に、「前回も一致できた5%減額くらいでまとめられないのですか」と水は向けておきました。
オマケ
小林由佳&黒瀬大リコール運動から
6月21日
●「選挙で入れたのに、裏切られた」と…

後で知ったのですが、先に書いた④番出入口で署名された女性は、「橋下さんが好きだから、選挙では小林よしか候補に投票した。なのに、あまりにひどい。こんな裏切りをされるとは思わなかった。早く辞めてほしい」と大変なお怒りだったようです。ご自宅からやって来る際、「主人からも、署名して来てと言われた」とのこと。代筆ができないことを説明したら、「きっと、どこかで署名するように伝えます」と言って帰られたそうです。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中