長期欠席市議は、許されるか? 堺市議会と井上孝三郎・岸和田市議の場合

南大阪の議会では、長期欠席市議に対して、減額などを行っているのでしょうか?

堺市議会では

長期欠席に対しての報酬減額制度はありません。

長期欠席の前例

本松洋一市議(ネコババの親玉・吉川守、山中優子・市議らとあたらしい風

200712月議会から欠席し、08年 830日辞職(2011115日死去)

欠席期間の報酬11328800

記録がないので不明ですが、9月議会以降、議会出席の機会がないので、欠席期間の報酬はもっと増えると思います。

当時、本松氏は市民に政務調査費のネコババで住民訴訟を提訴され(この頃の監査委員は議員に大甘でした)、2013227日に324286円(会派全体では3921192円)の返還判決が出ています。

http://www.ombudsman.jp/data/130227.pdf

また、長期欠席についても、「復帰できないなら、辞職せよ!」との声もあったと記憶しています。

岸和田市議会ではどうでしょうか?

たかひら:

長期欠席に対しての報酬減額制度ありますか? 

議会事務局:

ありません。

たかひら:

なぜですか?

事務局:

・・・・・・・

たかひら:

各議員に意見を尋ねても、鳥居議長が阻止するでしょうから、鳥居さんに聞いてください。

鳥居さんが太っ腹で、自分が議員に対して良い顔できるので、税をくれてやれってことですか?

事務局:

・・・・・・・

後日、鳥居宏次・議長から直接電話がありました。

「今まで長期欠席の事例はないが、今後検討したい。」

明らかに紙を読んでいる感じでした。

私は「検討すると言いながらも、具体的にいつどのような形で検討すると言えないのは、何もしないと言っているのと同じですよ。」と返答しましたが、

「返答はしたので・・・・・」と言葉を濁す。

再度「メールで返答してください」と食い下がるも、

「事務局に伝えておきます」

と逃げました。

そして、鳥居さんをはじめ、歴代議長や議会が放置している間に、本当に長期欠席市議が出現しました。

井上孝三郎さんです。

14847井上孝三郎.jpg

昭和12年10月16日       

岡山町48   

445-8135      

8期目

井上さんは2016年に脳梗塞で倒れ、2017年3月議会に出てくる予定でした。
車椅子での出席とのことで、議会事務局もスロープや車いすでの席の準備を検討していましたが、体調が思わしくなく、3月22日に辞職願が出され23日の本会議で認められました。
2016年は農業委員で、会議について、井上さんの病室を訪ねて意見を聞くこともあったようです。
欠席状況は、
平成28年第3回定例会:本会議5日・文教民生常任委員会1日
平成28年第4回定例会:本会議4日・文教民生常任委員会1日
平成29年第1回定例会:本会議5日・文教民生常任委員会1日・予算特別委員会7日
文教民生常任委員会の視察2日

で、ほぼ1年間、議員活動をせず、年収1015万2千円を得たことになります。

その後、議員を辞めてからどこかに寄付したとの話も聞きませんし、岡山町でポスティングをしていると、「休んでたのに丸々報酬を受け取って…」と怒っている人に何人も出会いました。

議会事務局 スガモト回答:

たかひらQ.いつから休んだか?

A.私人になられてますので、その辺のところは回答を控えさせてください。

たかひら:

元議員の肩書は、一生ついて回る。

勲章は辞職・引退後だし、死去時も新聞掲載される。

.議会欠席という議員活動の客観的事実を、回答しない理由は何か?

A.・・・・・

後日、2回目の回答:市議会事務局総務課長【市議会事務局総務課参事(調整)】 今橋 章吾

先日は手違いがあって申し訳ございませんでした。

先日の対応については、こちらの認識不足・誤りであったと思います。以後、気をつけたいと考えています。

お問い合わせの件については、以下のとおり回答します。

まず、本市議会の「議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の特例に関する条例」については、井上孝三郎議員の欠席が理由で制定することになったわけではありません。
他の市議会における長期欠席議員の報酬を減額する条例についての記事があり、本市議会としても対応を協議し、平成29年4月1日の条例施行に向けて取り組んだものです。
井上孝三郎議員がいつから休むようになったのかは、前回の回答のとおり、平成28年第3回定例会からです。なお、欠席は病気療養のためです。

つぎに、平成28年第4回定例会において提案された議員と特別職の報酬増額についてですが、議員の期末手当増額分は188万3千円、特別職の期末手当増額分は39万4千円です。なお、議員の期末手当増額分については修正議案が可決され、増額されることはありませんでした。

************************
岸和田市議会事務局 総務課 今橋

電話 072-423-9667(直通)
FAX  072-423-5528
E-Mail gikaisoumu(a)city.kishiwada.osaka.jp
住所 〒596-8510 岸和田市岸城町7-1
************************

注意:

増額が「188万3千円」となっているのは、私の打ち間違えではなく、市の回答そのままのコピペです。

疑問を再度質問したら、これを書いているたった今、回答がありました。

今橋章吾 市議会事務局総務課長【市議会事務局総務課参事(調整)】 回答:先日回答しました議員の期末手当増額分188万3千円は、全議員26名分です。
その内訳としては、議長7万9千200円・副議長7万5千600円・議員(24名分)172万8千円です。

この回答で、長期欠席市議の報酬減額がなされているように見えますが、前述した通り、そんな規定はありません。

今後も長期欠席市議に対しても、満額報酬が支払われます。

井上さんの引退への花向けに、以前の違法ぶりを再度示しておきますね。

井上孝三郎さん (新生)

蕎麦原屋保友さん (幸福実現党)
山田幸夫さん (自民)

の違法プレハブ選挙事務所です。

また、池内矢一さん(青和)は、プレハブも違法で、私の指摘に、市が絶対出さない建築確認だけを申請してたばかりか、設置した場所も、尾生町の祭礼関係団体が使っている場所だったので、おかしいと思って調べたら、水利組合の代表お3方の名前の土地じゃありませんか!

つまり、固定資産税を免除されている“公有地”を私的流用していたんです!!

市もこれを黙認しているので、私は、「次の選挙で、私はプレハブ事務所を市役所の中庭とか、公立小中学校の校庭に建ててもええんやね? 黙認って、そういうことやん!」と指摘しています。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 防災士として、あなたの命を災害や犯罪から守り、 行政書士として、トラブルを予防し、 柔道整復師として、健康に過ごすお手伝いをし、 市民として、行政や議会を正しています。 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中