草の根観光会議 第4回シンポジウム 第2部 分科会にて

入場時に受付の男性から挨拶されたので、お返事を返すも、「誰だっかなぁ…。 見覚えもないしなぁ…」とそのまま入場し、その彼は司会を担当。
後に判明する彼は、上甲誠(青志会)阪南市議でした。
 
そんなことは知らずに
第2部 パネリストと語る分科会&親睦会編
へと突入。
 
約10名の円卓で討議。
各円卓ごとにテーマが違い、私が座った円卓では、「古い街をどう活かすか」といったテーマ。
「(観光客が減少している)だんぢリの魅力発信」がテーマとなった別の円卓では、「町会長や曳行責任者の意識改革」との結論が、町会長経験者から出ていました。
 
 
観光で人に来てほしいということは、都合の良い部分だけを見せるのではなく、見られたくない部分も見られたり、調査されたり、顔見知りだけでなく部外者がドンドン生活圏に入ってくるとのリスクも引き受けねばなりません。
 
私は瀬戸内海の離島出身ですが、今では架かってしまった橋に否定的です。
橋の完成後、私は一度も島へ帰っていませんが、「それまで鍵などかけた事のないのに、かけざるを得なくなった」、「治安が悪くなった」などの声が、風の便りに聞こえます。
しかも、盆正月に帰る者からすれば、車で直接家の前まで行けるようになり、利便向上したものの、島から度々出て行かない居住者には、交通事故の危険性が増したリスクの方が多いんじゃないのと思いますし、観光収益が上がったとの話も聞きません(島から本土に渡る手前にある大きな島はミカンや釣りなどの話題でTVで見たことはありますが…)。
 
しかも古い街並みであれば、火事や津波時などでの消火や救助がスムーズにいかない、行政から指定されるように、住民の基本的合意があるなら別としても、自由に建て替えもできない不便などの問題があり、アミューズメントパークのように無人地帯又は従業員として、一括管理された地域になっていない限り、その不便さやリスクを上回る利益がなければ、そのままを残す合意は得難いでしょう。
 
安易に「観光」と言っても、その覚悟を問われるのです。
その覚悟が地元住民にあるようには見えず、ええとこだけを見ているように、言い換えれば「都合のいい時に手を出すので、そこに投げ銭してくれ。 手を出さない時は、生活の平穏を乱すので寄ってくるな」に見えてしまうのです。
 
それが田舎の過疎地域であれば、またIT企業の移住で有名になった徳島県神山町のように定住する居住者であれば、地域も歓迎しましょう。
しかし、宿や店を開いていない、単なる住民にとっては、単に喧噪だけが増えることとなり、後々過剰に外国人や韓国客を嫌うような禍根を生むのではないでしょうか?
私の座ったテーブルでは、阪南市の最後の仇討ち場所を観光資源位できないかとの熱心な方が主導権を握って、話が展開しました。
 
その場所の説明については↓
紀行歴史遊学
各地の史跡を訪ね、その意義を考えます。
最初の日本最後の仇討

 
そもそも仇討ち自体がイスラム方式の「目には目を歯には歯を!」の具現化であり、幕府や藩が加害者を見つけられない場合に、許されていた制度ですから、そもそも発見自体が容易でないし、成功率も数%だったと言われています。
しかもその半分ほどは、浮気した妻と浮気相手だったとか。
夫の浮気は、ええんかい!って制度。
 
西欧の決闘とは異なり、今でも死刑を廃止していない日本で、それをことさら喧伝すれば、「今でも昔ながらの伝統で、血で血を洗う復讐刑を行ってます。 しかも国家がやっているので、国歌に歯向かう者へが主ですが、それを誤魔化すために仇討ち感もまぶしてます。 冤罪で、無実の人たちもずいぶん殺してきました」との説明も必要で、それは、恥を掘り起こして発信しまくることになるのではないのかしら?
 
しかも日本は米の保護領ですから、そのうち「米は死刑廃止したのに、いつまでやっとんねん! 継続してるのは、中国、共和国、アラブ地域位やぞ!」と言われて、廃止になるのは目に見えています。
米が廃止や中止しているのは、冤罪をなくすための超法規的手続き(スーパーデュープロセス)を死刑裁判には課しているから。
人権に敏感でなくとも、緻密に調査したりするので、経費がかり、「裁判所予算が不足するのでやめとこか」となっている事例も多々あり、根本的にはどうかとは思わんでもありませんが、それでも日本のように判事や裁判員が反対しても多数決で死刑判決を出せるような制度より随分マシです。
 
日本でも「袴田事件」で 死刑判決文を書いた熊本典道・元判事が、「死刑執行するなら、3審すべての判事が死刑同意しなければならない」と言うように、「判事間でも判断がぶれるような事案を死刑にいしてよいのか?」との議論が、感情でなく、刑事訴訟法の観点から議論されるべきです。
閣法の説明すら二転三転した挙句、維新に助けてもらって強行採決するしか芸のないような金田勝年・法相って、そもそも法律を学んでるんですか?
2013年3月29日の参院予算委員会、小西洋之(民主)参議員の質問で
「安倍総理、芦部信喜さんという憲法学者ご存じですか」
「私は存じ上げておりません」
等と答えたばかりか、
小西「では、高橋和之さん、あるいは佐藤幸治さんという憲法学者はご存知ですか?」
安倍「まあ申し上げます。 私はあんまり憲法学の権威ではございませんので、学生であったこともございませんので、存じ上げておりません」
小西「憲法学を勉強されない方が憲法改正を唱えるというのは、私には信じられないことなんですけれども・・・。 今私が挙げた三人は、憲法を学ぶ学生だったら誰でも知ってる、日本の戦後の憲法の通説的な学者です」
など、自分の無知をその反知性を通り越した恍惚ぶりで逃れようとしたのか、笑みさえ浮かべて恥ずかし気もなく答え、成蹊大学法学部卒(政治学科)のレベルを貶め、学生やOBからも「恥ずかしいから出身大学を名乗るな!」と抗議を受けた、安倍晋三首相の内閣構成員だから仕方ないのかも知れまへんな。
自民の法相と言えば、こんな人もいましたな。
2010年11月16日、柳田稔法相が地元の選挙区内で開かれた会合で国会軽視とも取れる発言をしたとして、衆院法務委員会で野党が反発、法相が謝罪に追い込まれる場面があった。
問題の発言は14日、広島市で開かれた「法相就任を祝う会」で飛び出した。
法相はあいさつで、国会答弁について「法相は二つ覚えておけばいい。『個別の事案については答えを差し控える』と『法と証拠に基づいて適切にやっている』。これはいい文句だ。分からなかったら、これを使う」などと語ったもの。
そんな話も持ち出しつつ、議論は進んだ。
 
終了直前、司会がマイクで話したい人の募集を呼び掛けると、私の隣席の仇討ちさんが話した後、「隣に熱い人がいるので、マイクを替わります」と、突然、選手交代。
打ち合わせも何もなく、いつもの「城の向かいの建物に、腹の底からコールタールのようにどす黒い市長や議会が、その特権を謳歌して居座っているからこそ、岸和田市が良くならない。 『女・子どもは黙っとれ!』の温床である地域ボス等こそ、こんなシンポジウムで発言すべきだし、それらをひっくるめて市民に内緒にしている情報をドンドン公開して、改善を図っています」とやり、司会が上甲さんだとわかったので、「阪南市議会でも庄司和雄、見本栄次(ともに自民)らのネコババ議会体質を是正しなければなりません。 上甲さん、頼んまっせ!」と、挨拶した。
 
会の役員からは「抑えて、抑えて」とか、
その後上甲さんにも「市長選で、尻込みしてたらアカンがな! 何で、維新に乗っ取られた水野謙二(現市長)や、早々に寝屋川市議選に向けてか、トンズラこいた吉羽美華氏でなく、『保育所統合など許せん!』と、立ち上がらんかったの? 保護者も当初、期待してたでしょ?」と、挨拶したら「シ~ッ!!声が大きい!!」
などとも言われつつも、何人もの参加者から挨拶や名刺交換を勧められ、会を終了したのでした。
 
 
ちなみに上甲さんについては、以下のようにこれまでも書いてきているし、彼も当然読んでいます。


それでも挨拶を交わすのは、人として当然でしょう。
岸和田市議らは、そんな人としての礼節もできないトンズラするだけの人が何人もいますが。
広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中