維新の議員向けに保護動物や殺処分についての要望をアピールしましたよん。 勉強内容編2

■基調講演(2) 「猫問題からみた大阪の現実と課題」
大阪ねこの会代表 荒井りかさん
「ねこ問題」は「社会問題」です。
1. 福祉の問題→多頭飼育崩壊
多頭とは、府条例では10匹以上となっているが、ケースバイケースで、5匹でもそう呼ぶべき事案がある。
人の生活や健康状態に支障があるほど飼っていれば、“多頭”となろう。
2. 環境の問題→飼い主のいない猫(野良猫)
3. 教育の問題→動物への虐待
動物にある程度共感できないと、人に対しても気持ちを推し量ったりできないのではないか?
1. 福祉の問題
特定のヒトたちだけではない!
高齢者:
社会的に孤立
猫の生態に無知で、不妊去勢手術をしないと、生後半年で出産するようになり、すぐに多頭となる繁殖力を知らない。
ブリーダー:
ブームの犬猫を繁殖させ、ブームが去ると経営破綻に追い込まれる。
ボランティア:
自分が救わなくてはかわいそうと考え過ぎて、住環境や経済のキャパを超えてしまう。
一般人:
高齢者と同じく原因は猫を知らない事。
出産を繰り返させているのに、依存症的になり、里親にも出さずに抱え込む。
精神的に弱く、頑なに人の介入を拒む
最近の事例:
大阪市淀川区の公営住宅で、50代の一人暮らしの男性が、猫50匹と住んだまま急死。
体調悪化で入院の準備をしようとして、里親を探していた(多頭飼育していなければ、早期入院でき、命も助かったかも)
猫は20匹がボランティアに引き取られ、30匹が保護団体に引き取られた。
しかし、この団体が問題で、引き取った数日後に猫の行方を問うと、「全て里親に引き取られた」と返答したが、そんなに早く30匹もの里親など見つかるはずがない。
保護団体を利用する場合、その見分け方として、拠点が確認できるか、里親探しの手法、保護している現場についてを訊くこと。
HPのきれいさと、団体の運営や保護がきちんと行われているかは別。
行政にも相談窓口があり、大阪市では 街猫制度として、不妊去勢手術費用の一部(オス5千円、メス8千円)を大阪市が負担している。
お案軸安価で手術してくれる獣医もいるが、個人で持ち込むのとは異なり、大阪市が介在すると、
・地域住民や関係者の理解を得るために地域における説明会に参加して地域での合意形成とルールづくりを支援します。
・事業活動が円滑に行えるよう、地域への助言を行います。
・タイミングがあるが、捕獲した猫を病院に届けてくれる。
との支援が受けられる。
この制度を利用しても自治会が頑として地域猫の話に無理解であれば、個人で獣医に持ち込むしかない。
大阪府の10匹以上飼育の届出制度って・・・
届出すると行政から何か指導など嫌なことがあるのではないかなどと勘ぐってしまうので、届け出ている人は少ない。
届出メリットがないと活用されない。
動物愛護推進委員って・・・
府(66名)大阪市(30名)がおり、荒井氏も大阪市の委員だが、委員の殆ど(市では20名以上)が獣医師。
最近では3月に府市合同で、研修があり、府の動物アクションプランの説明を受けたが、実際に活動はしていない。
これは推進会議で具体的に委員が何をするかを決めていないからで、目的は防災や狂犬病がパンデミックを起こした場合を想定しているので、平時には活動内容が決まっていない。
緊急時には使えるが、普段は使えない組織となっている。
獣医師らは防災組織を別に作って委員となってもらい、別に普段の活動委員会を新設すべき。
提言:
行政×地域福祉×ボランティアの連携を!
多頭飼育など不適正飼養者の早期発見と崩壊防止(この提案をすると、ボラは「ボラの負担が増える!」と言うが、どうにもならないようになって結局ボラ頼みになるなら、早期に関わる方がマシ)
府: 
10頭以上の飼養者の届け出制の強化(「5万円以下の過料」となっている罰則の広報・周知)
届出者への特典
動物愛護推進委員の活性化
地域福祉活動との連携:
高齢者福祉の観点から多頭飼育の問題を啓発
地域の見守り活動に、犬猫問題を加える。
ボランティアとの連携:
登録ボラ制度を導入し、行政とボラが連携
相談・対応マニュアルの作成
 
2. 環境の問題
TNR活動とは?
より
「さくらねこTNR(Trap/捕獲し,Neuter/不妊去勢手術を行い,Return/元の場所に戻す,その印として耳先をさくらの花びらのようにV字カットする)」を実施することで,繁殖を防止し、「地域の猫」「さくらねこ」として一代限りの命を全うさせ、「飼い主のいない猫」に関わる苦情や、殺処分の減少に寄与する活動です。
大阪市での飼い主のいない猫対策
不妊去勢手術助成や、自治会との話し合い仲介、公園内で給餌をする場合には「公園猫適正管理推進サポーター制度」認定が必要など。
大阪ねこの会
会員数 もうすぐ千名(誰でも無料で会員になれ、たかひらも会員です)
2016年のTNR数 1891匹
猫問題を考えるタウンミーティングを2016年は15か所で開催(のべ358名参加)
岸和田でも春木市民センターで6月25日(日)14~16時まで開催(入場無料)。
大阪ねこの会でも宣伝していただいております。
より、私の発表を書いていただいた部分を抜粋

調査の仕方、質問の仕方なども教えて頂きました。

調べて頂いた結果は表にして頂きました。

 

やはり、猫が多い、しかも幼猫。

ここは、やはりTNRしていかないとアカンでしょう!!

 

この方は、ものすごく熱い人。

議員でも行政でも団体でも不正は許さない。

と、いう活動をされています。

 

6月25日には岸和田市で、タウンミーティングを開催します。

この熱い方が主催ですので、一度見てみたい皆さま(笑)

ぜひどうぞ、ご参加ください!

(引用ここまで)

提言:

猫(の好き嫌い)問題でなく、“生活環境”問題

行政主導による手術費用の助成制度の発足を!

行政主導で、住民の合意形成

行政×ボラによるタウンミーティングなどによるTNR活動の啓発

ボラによるTNRの継続

ボラ活動継続を阻害する最大の要因である、医療費助成が急務

使い勝手の良い手術費用の助成

TNRで猫による環境被害を軽減し、住民にその効果を実感してもらう。

TNR先行型で糞尿被害を軽減

商店街など猫問題に悩む自治会や町内会への啓発

トップランナー千代田区に学べ!

2011年、全国初の猫の殺処分ゼロを実現し、以後6年間達成継続中!

保護・譲渡の事業で行う動物愛護のトップランナー

行政が会員集め(800人超)

手術費用の助成金制度や譲渡会場の貸し出し

手術費用をボラに負わせない。

動物病院内の預かり費用 上限4万円

医療処置費用 上限6千円

TNRの最優先を徹底的に行う。

3. 教育の問題

動物の壱岐・虐待は犯罪!
2016年5月23日付 生経通報(政府から警察庁への通達が示され、2017年3末まで掲示されていた)
生経通報.png
この中に現場警官への例として「愛護動物の対応要領」があります。
警察庁動物愛護の対応要領.png
「野良犬や野良猫も対象となります」と書いてあるのを見逃したらダメよ!
現場警官は法について無知な場合が多く、「野良は動物愛護管理法の範囲外」と言う場合がありますが、飼い主がいない動物でも虐待されていれば、それは犯罪として警察官は取り締まらねばなりません!!
しかし、学校教育での取り組みは?
動物愛護管理法を教員が知らず、世話をするにも異動や業務過多で手が回らず、飼育予算が「その他の備品費」といったオマケ扱いで予算もなく、動物飼育がヒト、モノ、カネの面で困難になっています。
「動物の視点から見る」ことが教育目的なら、身近な犬や猫が良いのでは?
提言:
地域と学校教育で新たな取り組みを!
思いやりと想像力を育む教育×地域に根差した啓発活動の仕組みづくりを!
行政と教委との連携
ボラ活動に対する意識啓発
ボラとの協働による保護動物の世話
ボラ活動に対する共感と賛同の拡充
保護者及び町内会での合意形成
区民祭りなどでは福祉関係や緑化関係のブースと共に動物関係のブースも!
弱者へのイマジネーションを育てる動物愛護教育の啓発
動物愛護管理センターでのふれあい授業
課外授業としての取り組みの推奨
まとめ
「ねこ問題」は「ひと問題」でもあります!
その視点から、猫たちを見直してください。
ネコの福祉に関して取り組み多くの成果を残してこられてきているが、従来の動物福祉活動の問題点を踏まえ、成功するためにいろいろの工夫配慮の話をされた。
広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中