議会推薦をなくしても、農業委員会事務局は、議会とネンゴロで議員を委員にするか?

農業委員の議会推薦枠は、法律でなくなった。
しかし、その趣旨を捻じ曲げてでも実質的に議員枠を温存する自治体があります。
前回の中村春樹(維新)大東市議ブログに沿って、調べてみました。
1. 農業委員会法改定の趣旨を近畿農政局に訊いてみた。

近畿農政局 経営・事業支援部 農地政策推進課 回答:
【選挙・選任方法の見直し】
→農業委員の選出方法について、適切な人物が透明なプロセス を経て確実に就任するようにするため、選挙制度を廃止するとともに、議会推薦・団体推薦による選任制度も廃止し、市町村議会の同意を要件とする市町村長の選任委員に一元化する。

その際、事前に地域からの推薦・公募等を行えるようにする。
これに伴い、農業委員の過半は認定農業者の中から選任し、また、利害関係なく公正に判断できる者を必ず入れる。

また、機動的な対応を可能とするため、農業委員会は現行の半分程度の規模にする。

さらに、女性・青年農業委員を積極的に登用する。
なお、委員にはその職 務の的確な遂行を前提としてふさわしい報酬を支払うよう報酬水準の引上げを検討する。

・人数
農業委員の定数については、条例で定めることとされていますが、農業委員会の会議を機動的に開催できるようにするため、推進委員を委嘱しない農業委員会を除き、現行の半分程度にすることとされました。

・人数上限
農地利用推進会員については、農地集積の推進活動を行い、もっと活発に活動するので、報酬を上げる。
都道府県農業会議府の農業会議や農業員会で、任命後に研修を受けさせている。

・議員枠の設定について
会派推薦でなく、議会全体からの推薦であれば運営に対してしようがない年が確認できれば、市の判断。
偏りがな ければ可能との解釈はあり。
透明と公平は市が回答すべき。

2. 各自治体の運用を訊いてみた。
実質議会枠を残している自治体の話
(1) 高石市農業委員会事務局

・現農業員委員の議員枠
畠中政昭(ネトウヨと自民の混在する最大会派 高志会)
山敷恵

・法定定員27人中
7月改選時期以後の募集人数 13人

これは現状の議会推薦2人を含んでおり、従前の人数と同じ。

ここに議員が市民として応募する可能性はある(議会が2人 と絞って応募させてくれば、事務局は忖度せざるを得ないだろう)。

本来は市に透明・公平の説明責任はあるが、議会ぐるみでやるならば、議員に説明を求めるべし。

本来は市に透明・公平の説明責任はあるが、議会ぐるみでやるならば、議員に説明を求めるべし。

・視察
3年に1回
農業の先進地区の日帰り

・視察の成果
防災協力農地登録制度
避難場として市民に示す。
農地減少を、位置づけて食い止める
南海トラフ地震で津波が来れば、飲まれる低地にあるのに、農地保全は意味あるが、南海トラフ地震の準備をしなければならない浜側の自治体として、避難場所としては意味が薄いのではないか?

(2) 開き直ってたまげる自治体の例

箕面市農業委員会事務局 ノザワ 回答

7月改選
議会承認を得ているので、公平と透明が確保される。

たかひら:

全員一致ならまだしも、過半数では、白黒はっきりしないで、グレーなだけ。

・現在は議会推薦だが、7月以後は、議員を議会でなく、市内の農業者団体が推薦するようになっている。

23市議中4人が農業委員

神代繁近(維新)、上田春雄(民主)、二石博昭
元職:西田隆一 (公明)
岸和田の26議員で農業委2人と比べても多すぎるでしょ!
Q.農業団体が傀儡となって、議会推薦を農業団体推薦として提出しているだけではないか?

なぜ農業団体が議員を推薦できるだけ知ることができるのか?

そこがブラックボックスになっているから、説明を求めている。

A.法に従ってやっているのであって、それ以上説明することはない。

Q.議員監査委員が、自分のでなくとも政務活動費の監査請求がなされれれば、監査から外れるのと理屈は同じで、議会承認がいるのに、その議決から外れることなく、自分で自分を承認することになるので、議会枠を法の趣旨として近畿農政局は、透明と公平が担保できないだろうとしており、それができると言うなら市の勝手なので、市が説明せよと突き放している 。
それ ができないから、多くの市では議会枠をやめている。

それを手続きを経ているので、などと基礎の地べたの話を持ち出したのは、箕面市だけだ。
課長職が機関委任事務は知っているが、法定受託事務って何だと胸を張って訊き返すだけあるわ。

最低限の手続きだけを示して、法を犯してないと言うのは、法の抜け穴を突いているから、違法ではないだろと言ってるのと同じだ。

A.何を訊きたいのか、わからない。 
道義的責任を説明などしようがない。

農業委員会法 第8条 (委員の任命)に基づいて、公正に選任を行っており、問題はない。
8条では、認定農業者の縛りもない。

こんな開き直りありますか?
高石市の方が、私を知っているのもあって、けなげに恥ずかしそうにしていて可愛げがありましたわ!!

いずれも改善・追求すべしです!!

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下一高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中