教育勅語カルトにお伝えする言葉

・あんた方が、(勅語の引用元)儒教マニアの中国シンパだって、言わなくともわかってます。
そうでない?
あんたらは、日本の古典やら和語でなく、漢語や儒教ルーツのものばかりを恭しく祀りたがってるけど、どういうこと?
祖先崇拝だとか仏壇だとか位牌だとかも儒教ベースで、道元式仏教であって、釈迦・南方仏教ではないよ。
 
・中身はわかってんだろうね? 解説書『勅語衍義』って出てるんだけど、読んだ?
 
・教育勅語発行の4年後の文相になった西園寺公望は、
勅語の価値観を「文明の進歩に少なからず障害を与える。皆さんは注意し、古く偏った考えを打破し、世界の文明に合わせた教育を進め……」(1895年4月、東京高等師範学校での訓示)と批判し、
「女子教育を充実させ……外国人に親切に」などと書き込んだ「第2次教育勅語」の草案を書いている。
 
しかも、明治天皇自身が西園寺の指摘を受け入れ、草案の起草を命じてる(改定前に西園寺が病気になって改定できず)んだけど、まさかこの改定前の勅語を礼賛してないよね?
 

改定前勅語(いまあるやつね)の礼賛は、明治天皇の意思に背くことになっとるよん。

 
趙博さんのコメント
あのな、何度でも言うたるけどな、『教育勅語にもええこと書いてある』と言うてるボケども、よう読めよ。
そう、『教育勅語』にもええこと書いてあるねん。その通り!
親孝行せぇとか、みな仲良うせぇ、義務を果たせ、とかね。
ほんでな、そいういう「ええこと」は、古今東西、人間の歴史あるところ、そこかしこに(どこでも・いつでも)書いてあるし、言われてきてん。
お前らアホやから知らんやろうけど、ハムラビ法典にも、旧約聖書にも、コーランにも、阿弥陀経にも、皇国臣民の誓詞にも、毛沢東語録にも、法華経にも、女大学にも、歎異抄にも、軍人勅諭にも、アメリカ合衆国憲法にも、マグナカルタにも、共産党宣言にも、山口組綱領にも、モルモン教信仰箇条にも、大本教の教えにも、蓮如の御文にも、文部科学省の指導要録にも、町内の掲示板にも、JRのポスターにも、公共広告機構のCMにも…等々、∞ ∞∞、「ええこと」は書かれてある、あるいは言われてんねん。
これを「道徳律」あるいは「徳目」と言うの。
因みに「道徳の黄金律」って知ってるか?
「盗むな・殺すな・嘘つくな」やねんけどね。こういうことを「歴史貫通的」と言うの。

さて、『教育勅語にもええこと書いてある』として、明治天皇が臣民に下し賜えた勅語を肯定・賞賛・礼賛するのは、その御稜威(お前ら、読めるか?)を称えてるわけや。
せやろ、ちゃうか?
勅語の持つ教育力は絶大やった。
その国家主義的強制力を、お前らは褒め称えているわけや。
やんな。
明治23年から昭和20年にいたる半世紀以上の期間、教育勅語は大日本帝国臣民の教育的支柱であり、精神的模範やってん。
解りやすく言うたら「大和魂」の素は、お前らが大好きな『教育勅語』や。
日本の軍国主義の基礎であった勅語が絶大な威力を発揮した時代があった。
これを「歴史規定的」と言うの。
ほんでな「歴史規定的」やからこそ、戦争に負けて勅語は廃止・破棄されてん。衆参両院で、その謄本すら回収する と決議されたの。
国家意志として、「歴史規定的」な勅語の時代は終焉してん。
わかるか?
「歴史貫通的」なものは、人間が人間である限り、社会が社会であるかぎり、否定されることはないねん。
せやろ?
教育勅語は「歴史規定的」な文言やったからこそ、否定され得てん。

ほんで、こっからがオッチャンの説教や。
ええか、『教育勅語にもええこと書いてある』と言うてるボケどもよ。
お前らな、教育勅語の「歴史貫通性」を証明してみぃ。
ほんだら、オッチャンも『教育勅語にもええこと書いてある』と認めたるわ。
できもせんくせ(実はできない、絶対に)に、真理を体現したようなツラさらすなよ。
その前にな、お前らもっと勉強せぇ~よ。中一程度の学習内容でええから、ドタマをもうちょっと鍛えてからモノ言いや。
それが「大人」や。

You should know better.
☆御名御璽☆
p.s. ネトリベ諸君も、ね(笑)。
 
更に趙博さんの追記
三島由紀夫『英霊の聲』、中野重治『五勺の酒』この二作品にヒントがいっぱい詰まっていると思います。思想的立場を全く異にする2人の作家が、天皇(制)を如何に描いたか、今こそ議論の対象とすべきでしょうね。
教育勅語てなもんは、全く以って低次元な代物なんですよ、実は。
4.11 追記:
では、
もろだし学園が運営する塚本幼稚園(大阪市)で、首相夫人の安倍昭恵氏が名誉会長を勤める「鈴蘭会」(福岡市)が販売した教材が使われていたことが明らかになった。
同会の広報担当者が3月2日、ハフィントンポストの取材に対して認めた。

鈴蘭会は、中国の古典「四書五経」などを読み上げる「素読(そどく)」を普及させるために2009年に誕生。

安倍昭恵氏が当初から名誉会長を務めている。
2014年、塚本幼稚園に対して「大学 -素読-」のテキスト200冊を計10万円で販売していた。
とある。
ここでも重用されているのは、中国古典だ。
更に昭恵氏つながりで言えば、
彼女は、森永砒素ミルク事件の森永=
砒素混入のミルクで中毒症状(神経障害、臓器障害など、少なくとも1万2344人(うち死亡者130名)の赤ちゃんの被害者をつくった企業の社長御令嬢です。
しかも悪いことに森永は裁判でも砒素混入は砒素を持ち込んだ下請け会社の責任を主張し、自ら赤ちゃんを殺した責任を一切否認し続けた。

森永側が原因をミルク中のヒ素化合物と認めたのは、発生から15年経過した1970年の民事裁判中のことである。
その際、森永側は、第二燐酸ソーダの納入業者を信用していたので、自分たちに注意義務はないと主張していた(工業用第二燐酸ソーダの納入業者は「まさか食品に工業用の薬品を使用するとは思わなかった」と証言)。

森永に救いの部分があるとすれば、公害病はあまたあれど、公害被害者救済方式として、三者会談方式による救済事業を行っているのは森永だけで、このような不完全な救済が日本では最高とされていることも忘れてはならない。

同様の食品公害であるカネミ油では、1万4千人の申告に対し、認定患者は2千人もおらず、今では患者の子や孫もいるが、自身が患者の子孫だと知らされておらず、救済の声もあげれずに苦しんでいる人も多数いると予想される。

参考:

特集ワイド

2017年3月28日  毎日新聞 東京夕刊  【吉井理記】
より
「皇国史観」と「国家への服従」思想 明治期、「古くて偏向」と改定の動き 戦時期には「玉砕」を助長
 まず教育勅語を読んでみよう。戦前・戦中は小学校令などでは勅語の写し(謄本)に最敬礼するのが義務だったが、今は平成の世である。落ち着いて読んでほしい。
 教育勅語は、1890年に明治天皇が国民に与えた。
戦前教育のベースとされたが、敗戦後の1948年に「主権在君や神話的国体観に基づき、基本的人権を損なう」などとして、戦後の選挙で国民が選んだ衆参両院の議員が議論し、排除・失効を決議した。
 その教育勅語、森友学園の人々だけでなく、稲田氏も「教育勅語の核は取り戻すべきだ」(3月8日、参院予算委員会)と評価した。安倍首相自身、排除された経緯に触れながらも「『夫婦は温かい家庭を築き……』など大変素晴らしい理念が書いてある」(2006年6月2日、衆院教育基本法特別委)と褒めているし、閣僚の多くが関わる保守団体「日本会議」の小堀桂一郎副会長は「教育勅語を復活すべきだ」(月刊誌「正論」03年11月号)と訴えるのだ。
 だが、以下の事実を知っても、彼らの認識は「素晴らしい」と思えるだろうか?
 「教育勅語は、明治期ですら政府内で内容が問題視され、改定が議論された。それを今に至って政治家が称賛するとは……」と絶句するのは、日本教育史が専門の日本大教授、小野雅章さんである。
 実際、教育勅語が出た4年後に文相になった西園寺公望は、勅語の価値観を「文明の進歩に少なからず障害を与える。皆さんは注意し、古く偏った考えを打破し、世界の文明に合わせた教育を進め……」(1895年4月、東京高等師範学校での訓示)と批判し、「女子教育を充実させ……外国人に親切に」などと書き込んだ「第2次教育勅語」の草案を書いた。
 驚くことに、明治天皇自身が西園寺の指摘を受け入れ、草案の起草を命じたという。
しかし西園寺の病気で実現しなかった(文相参事官を務めた竹越与三郎著「西園寺公」1947年)。
 小野さんが解説する。「西園寺の懸念は勅語にある『皇祖皇宗、国を肇(はじ)むること……』ににじむ皇国史観が『日本は特別な国だ』という内向き思考を招き、国際協調に悪影響を与える、ということです。教育勅語は数年で改定が議論される程度のものでしたが、天皇の権威が確立し、天皇の言葉の改定・撤回はありえない状況になりました」
 では内容はどうか。安倍首相いわく「大変素晴らしい」ものらしいが……。
 調べると、教育勅語が出た翌年、1891年に出版された解説書「勅語衍義(えんぎ)」に行き着いた。勅語の読み方を詳述したものだ。
 ただの解説書ではない。
宮内省帝室編修官を務めた渡辺幾治郎の「教育勅語渙発(かんぱつ)の由来」(1935年)などによると、明治天皇の命で時の文相・芳川顕正が哲学者・井上哲次郎に書かせた。
私著として出版されたが、明治天皇も「天覧」し、教育勅語が国民に何を求めているかを説明した事実上の「公式教科書」として扱われた。
 何を求めているか。例えば「一旦緩急あれば義勇公に奉じ」(国家に事変があれば、勇気を奮い一身をささげて皇室国家のために尽くすべし=尋常小学修身書)の項だ。
 「(臣民は)ただただ徴兵の発令に従いて己の義務を尽くすを要す……真正の男子にありては、国家のために死するより愉快なることなかるべきなり」。
もう、訳する必要もあるまい。
 「爾(なんじ)臣民父母に孝に」の項は「一国は一家を広げたもので、君主が臣民に命じることは一家の父母が子らに言いつけることと同じだ」、「以(もっ)て天壌無窮(てんじょうむきゅう)の皇運を扶翼(ふよく)すべし」(かくして天地とともにきわまりなき皇位のご盛運を助け奉るべきなり=同)も「臣民は君主の意を体し、逆らってはならない。服従は臣民の美徳である」など、あらゆる場面で「天皇主権」が強調される。
明治政府が勅語を通じて国民に求めたものを、現代ではどう感じるか。
 政治思想史に詳しい放送大教授の原武史さんは「現憲法の国民主権、基本的人権の尊重と正反対の内容です。『良いことも書いてある』と評価する人は、一体どういう読み方をしているのか」とあきれるのだ。
 なぜなら「父母に孝に……」などの「徳目」が並ぶ一文は「以て天壌無窮の……」で結ばれる。「つまり『良いこと』のように並ぶ徳目は、すべて皇室を支えるために臣民に課す、という位置づけです。戦前の小学校でも、これが教育勅語の核と教えられた。一部を切り出し、全体を評価することはできません」と解説する。
 元文部科学相の下村博文氏も14年4月に「内容はまっとうだが、昭和期に誤った使われ方をした」と述べたが、原さんは「確かに小学校で暗唱が課されたが、昭和期に語句が変わったわけではない。最初から問題のある思想を内包していた」と両断した。
 憲法学の専門家の意見を聞いてみたい。早稲田大教授の水島朝穂さんだ。
普段は温厚なのに本気で怒っていた。
 「戦前は学校の『奉安殿』に教育勅語の写しと天皇、皇后の写真が保管された。文部省学校防空指針では人命より重視され、空襲時に持ち出そうとして焼け死ぬ校長も相次いだのです。子供も勅語で『皇室国家に命をささげよ』と教えられ、兵士となって戦場では降伏せずに玉砕した。その勅語の称賛は、不見識を越えて不届き至極です」
 現憲法の精神に反する教育勅語をたたえる国会議員は、公務員に課された憲法尊重擁護義務から見ても不適格だ、と怒りが収まらない。
 「歴史修正主義者は、枝葉を否定して全体をも否定しようとします。日本でも戦前・戦中の歴史で同じような議論がありますね。逆に教育勅語では、枝葉を肯定することで全体をも肯定する。勅語肯定論と歴史修正主義は裏表の関係なのかもしれません」
 前出の原さんはこんな危惧を抱く。
「来年は『明治維新150年』です。明治天皇の言葉である教育勅語を再評価する可能性もある。結局、私たちが歴史を見る目を養うほかはないんです」
 個人の考えは自由である。だが閣僚や国会議員の歴史観や思想は注視すべきだろう。
教育勅語が人々を縛った時代の再来を防ぐためにも。
広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中