この期に及んでまだもろだし学園擁護をする、清水隆司・元岸和田市議を育んできたのは、今もネトウヨが跋扈する岸和田市議会

私自身も現場に足を運んだり、調査をし、籠池氏一家による21回にも及ぶ改名や、補助金申請数々のデタラメ、その性格などについてイメージがついてきた。
籠池理論では、
「法の欠缺(抜け穴)や行政の縦割り弊害として、細工をすれば補助金申請が何重にも、また課題にできるとの理屈のようであり、それを放置しているのは籠池氏側ではなくお国や大阪府の方なので、その流儀に則って“正しく”利用させてもらっているのであり、何の問題があるのか?」
ということらしい。
自分は何ら間違ってはいないので、あそこまで証人喚問でも堂々とした態度を取り続けられたのだとも考えられる。
階段下のせっかん部屋(鬼の部屋)についても、躾をしているとの間隔だったのだろう。
確かに塚本幼稚園の生徒は、同年齢の子どもと異常に礼儀正しいとの評判を随所で聞く。
その仕掛けがせっかん部屋だったわけだ。
まさに“調教”と躾を混同しているところなど、非人権一筋の自民や維新が好きそうなパラダイスであった。
だからこそ今でもネット上では「籠池のオッサンは悪いが、使っていた教育勅語は問題ない!」などとの主張が飛び交っている。
教育勅語は儒教ルーツである。
同じルーツを持つもので、“日本文化”と思われているものは他にもある。
最も慣れ親しんでいるのは先祖供養だろう。
仏壇や位牌は、道元が儒教から持ち込んだものだ。
しかしそれらは、日本では儒教ではなく仏教とされている。
同じように教育勅語の中身でネトウヨが「良い」という親孝行など儒教部分は、別の名前を付けて流布すればいいのであり、悪名高き「教育勅語」名を使い続ける必要はないのだ。
現に日本会議系は、「親学」なるオカルト新語を発明し、流布しているではないか!
そのネームバリューがないからと言って、教育勅語を使うなよと言いたいし、使うならその芯である「王政復古の何が悪いのか!」と開き直りとセットで使わねばその主張そのものが矛盾する。
そして、この期に及んでもこもろだし擁護な主張をする人がいる。
これが元岸和田市議であるところに、岸和田市議会のネトウヨ度の象徴が垣間見えよう。
ちなみに私がネトウヨだとしているのは、直接ネーミングを教えてあげた京西且哲氏のほか、西田武史(二人とも刷新)、河合馨(岸和田創生)、日本会議とのつながりをカミングアウトしている金子拓矢(刷新)、稲田悦治(岸和田創生)、反甫旭(自民)、更には在特会関係者とのつながりも在特会側から示されている岡林憲二氏(自民)だ。
他にもあからさまに非人権議員とは喧伝してはいなくとも、ネトウヨチックな議員や人権や弱者救済に無関心な議員が殆どだと言ってよいだろう。
もし、自身は弱者の立場に立って議会活動していると胸を張れる議員がいるなら、是非聞かせてほしい。
「なぜ、あなたはこれらネトウヨ議員を野放しにしているのか?」と。
これらネトウヨ議員と対峙しているのは、私以外に誰かいるのか?
このような議会構成が、「女子どもは黙っとれ!の街 岸和田」を維持し続けているのだと、強く主張し続ける。
   

それでは表題のブログを、後口悪くなる文章だが、指摘のため、仕方なく転載しておきたい。

清水隆司
『自分の子供を通わせたかった』
2017年03月25日(土) 11時32分42秒
http://ameblo.jp/risaki-yuho-miz/entry-12259502397.html
より
   以前、森友学園塚本幼稚園に視察に行った時に頂いたパンフレットが出てきました。   行くまで、このような幼稚園があることを全く知らない状況で行ったものですから、驚きの連続でした。

   キチンとした挨拶、揃えられた靴に始まり、論語を諳んじ、将棋を指し、運動ではラグビー、そして教育勅語。
   子供の能力を目一杯引き出していることに感心。

   ちょうど、息子が隣の市の私立幼稚園に通い始めたところでしたから、近くにこのような教育を受けることのできる幼稚園があれば行かせたかったと思った記憶があります。

   塚本幼稚園の子供達は、小学校に上がると、その小学校でリーダー的な役割を果たしていると聞き、子供に良い影響を与えるのに大きく寄与すると思った記憶があります。

   ただ、こうした子供達は、小学校の先生から見たらどう見えていたのだろうか?
   特に、日教組などの考えを持つ教育者達は面白くないだろう。
   今回の件の根底には、そぐわない教育の排除という部分があるのだろうと推測する。

   いずれにせよ、教育というのは、子供の持っている能力を最大限に育み、活かして行く。そして結果、地域、国、世界の繁栄へ寄与し、また、本人や家族がその繁栄を享受するという繰り返しを生み出す役割が最大のものだと思う。

   大人のエゴで、子供の可能性を摘んでしまうことは、決してあってはならないことです。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中