拉致疑惑を日本で最初に報じた人

前回までの口直しに、ネトウヨの皆様に耳よりな情報をお伝えします。
今でこそ共和国の拉致問題は大きな問題となっており、安倍政権も解決しないようにピクリとも動かない姿勢で、毎度選挙ネタとして消費しておりますが、これを当初伝えたのは、石高健次・朝日放送プロヂューサーです。

1995年5月、ドキュメンタリー「闇の波涛から」を制作し、その過程から北朝鮮による日本人拉致事件で初めて実行犯から犯行を認める証言を引き出す。
 1997年、東京支社 報道部報道部長の時に、報道スペシャル「空白の家族たち–北朝鮮による日本人拉致疑惑」を基にした、「空白の家族たち」で1997年度日本新聞協会賞編集部門を受賞。

横田めぐみさんが生きているとの情報を、最初に両親い伝えたのも石高さんです。
朝日って愛国だなぁ。
ネトウヨは拉致被害を言い立てるなら愛国メデイアな朝日に一札入れてから使うようにね。
特にオツルこと中曾千鶴子さんや在特会関係の立候補者らは、前面に出して使っているんだから、朝日に寄付でもしとかなきゃ仁義にもとるんじゃないの?
北方領土もよく使われるけど、ダレス恫喝に乗っかって日ソ国交正常化に反対する自民党吉田派に負けた鳩山一郎首相が、2島返還でなく全島返還なしで日ソ共同宣言を迎えてしまったのだけれど、その後も日本国内で返還の声は上がらなかった。
国内の返還運動の始まりは、1966年の根室市役所領土対策係による署名運動&全国キャラバン
北方領土の日が制定されたのは、1981年で、77年の200海里問題頃より世間認知されだしたのではなかったか?
いずれにせよ、発生後長らく忘れられていた問題にスポットライトを当てたのは、ネトウヨでも自称愛国者でもイシハラ某のような老害を晒す前から仲間を裏切る小心者政治家らでもなかった事だけは、覚えておかねばならない。
広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中