「日本の歴史文化研究会」報告3 残り2/6人の発言とパネルディスカッション 熊谷正秀編2

日本をめぐる紛争では、万宝山事件がある。

入植中の朝鮮人とそれに反発する現地中国人農民との水路に関する争いで、死者なく収まったが、朝鮮日報の「殺された」と記述したので、中国人排斥運動が起き、109名以上が死亡し、60名以上が負傷した。

(たかひら注):

これも端折りまくってます。

先ずは報道の訂正から。

193172日に長春北西に位置する万宝山で起こったこの事件は、日本の指図を受けた長春駐在の金利三韓国特派員が朝鮮日報で「万宝山で同胞200人余りが中国官民800人余りに殺傷されたという誤報号外を出した。

更に翌日、「同胞受難ますます激しく/二百人余り再び被襲/中国農民が大挙暴行」という題する号外が再び発行される

興奮した韓国人はソウル・平壌・仁川などで中国人排斥暴動を起こし中国人142人が殺害されて546人が負傷し、91人が行方不明になった。

数が正確でないのならピタリと数字を言わんことですわ。

これも原因があります。

ウィキには、本事件に関する日中韓報道の比較があるので、そちらを見てください。Http://dictionnaire.sensagent.leparisien.fr/%E4%B8%87%E5%AE%9D%E5%B1%B1%E4%BA%8B%E4%BB%B6/ja-ja/

1931年に日本が中国人郝永德を買収し長農稲田会社を設立(無許可営業)して問題は始まります
この人は、「日本語版中国新聞」でも「無頼の徒」となってますね。

で、地元中国人から土地をだまし取って、朝鮮人小作農に又貸しして、耕作をさせ、その朝鮮人が水路を幅9m、長さ500m(中国式記載で20里)掘ったので、中国農民約400人余りが共同で、溝を埋めて、堤を壊したので争いとなる。 

また、後日談があり、

714日 金利三朝鮮日報長春支局記、誤報であったとして謝罪訂正記事発表。

715日 金利三、日本警察巡査(朝鮮人 朴昌厦)に殺害さる。 

となってます。

まったく熊谷主張と異なった図となります。

(たかひら注:ここまで)

教科書は、自分の国や歴史を良い国だと思わせるもの。

だが、日韓修好条約、下関条約が日本の教科書には出てこない。

(たかひら注):

就航条約かと思ったりしましたが、正しくは「日朝修好条規」。

ウィキ程度でも主張のおかしさがバレますわ。

1876年に結ばれたこの条規は、当時東アジアで結ばれた多くの条約と同様、不平等条約で、朝鮮が清朝の冊封から独立した国家主権を持つ独立国であることを明記したが、片務的領事裁判権の設定や関税自主権の喪失といった不平等条約的条項を内容とすることなどが、その特徴。

多分、朝鮮側には不利な内容となっていても、それまで世界とは限定的な国交しか持たなかった朝鮮が開国する契機となった条約だし、その後朝鮮は似たような内容の条約を他の西洋諸国(米、英、独、帝政ロシア、仏)とも

締結しているので、日本が先駆けとして良い事をしたとでも言いたいんでしょうね。

下関条約は1895年締結の日清講和条約。

要は朝鮮や台湾を清でなく日本の植民地に変える約束を強盗同士の争いで決めただけで、住民の事など奴隷程度にしか思ってなかったとわかる内容。

これを熊谷主張通り教科書に掲載すれば、より日本帝国の強盗ぶりが明らかになるだけなんですけど…)

教科書は昭和53年より変化している。

国交回復により介入が始まった。

「国民感情に配慮」が続き、ようやく改善されつつある。

(たかひら注):

日中国交正常化は、1972=昭和47年なんだけど、53年って何があったのかしら?)

「アジアで初の立憲国家」や「アジアで初の憲法」といった記述を行う教科書が減少しだして、「戦前日本は半封建的な社会だった」とするイメージが喧伝されだすと言いたいんでしょうね。

この頃の変化と言えば、学習指導要領を改訂をしています。

昭和4344年改訂:教育課程の精選化、構造化を進め、基本的な知識・技能の

習得、体力の増進、判断力や創造性、情操や意志の養成を重視。

昭和5253年改訂:教育内容を精選し授業時数を大幅に削減、道徳教育を充実。

昭和59年 内閣総理大臣の諮問機関として臨時教育審議会を設置。

改革を進める視点として、個性重視の原則(個人の尊厳、自由・規律、自己責

任の原則)の確立、生涯学習体系への移行、変化への対応(国際化、情報

化)を答申。

これをやった内閣を見てみます?

1976年(昭和51年)1224日~1977年(昭和52年)1128日 福田赳夫内閣 

1978年(昭和53年)127日~1980年(昭和55年)717日 大平正芳内閣 

1980年(昭和55年)717日~1982年(昭和57年)1127日 鈴木善幸内閣 

1982年(昭和57年)1127日~1987年(昭和62年)116日  中曽根内閣 

こんなもんでいいですか?

全部自民党ですし、大平・鈴木両氏は宏池会で中道ややハト派ですが、福田氏はタカ派岸系憲法改正を主張し、1985年8月15日戦記念日に、戦後の首相として初めて靖国神社を公式参拝した中曽根氏もタカ派です

教科書表記も「侵略」でした。

この時代の背景

1965年提訴~1997年、第三次訴訟の最高裁判所判決をもって終結した家永教科書裁判。

1982626高等学校の歴史教科書(実教出版『世界史』)の「華北への侵略」という文字が、教科書検定において「進出」に変えられた、と誤報。

それがきっかけとなり、中韓台湾などで大きな反対運動となる。

文部省の記者クラブの合同取材に際して、実教出版を担当した日本テレビの記者がそのような検定が行なわれたと勘違いし、それが各メディア一斉の報道となった

この報道の数週間前の531日から65日にかけて趙紫陽総理が訪日して、将来の日中関係の発展を約したり、914億円の円借款を中国が日本に要請していた段階で、この問題が提起されていた。

「国民感情に配慮」については前述。

(たかひら注 ここまで)

もう一人残ってますが、力尽きそうですわ。

芦屋市に「あんたらが後援したのはこんなにひどい集会だ」と示さにゃならんので、しかたなく文字起こしを続けますが、不毛ですな(泣)

集会参加者らは、私に家庭教師代金を支払うように!

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中