緊急書名! 芦屋市は、籠池理事長らと考えを同じくする日本の歴史文化研究会を後援しないでく

以下署名を緊急に集めて、芦屋市に届けようとしています。

どうぞ署名、拡散など協力をよろしくお願いします。

 3月19日(日)に、芦屋市市民センターでは、森友学園の籠池泰典こと康博理事長を登壇者とする、「日本の歴史文化研究会 第50回記念講座 これからの歴史教育を話し合おう」が開催されようとしています。

 当初、籠池泰典理事長が登壇予定でしたが、騒動の後、籠池氏が「理事長職を引き継ぐ」としている長女の町浪さんに変更されています。

訂正1. 

管理係が申請を受けた1月19日時点で、登壇者は町浪さんであり、泰典理事長名ではなかったとの指摘がありました。

これについては、裏取りを起こった私の責任です。)

 この団体は、2014年3月1日、 芦屋市民センターで行われた第30回 日本の歴史文化研究会 記念講演「台湾に生きる日本の志」では、
【主催】平成・美しい日本を護る会
【共催】my日本、日本李登輝友の会愛知、日本教育再生機構 兵庫
など日本会議系団体と協力し合っているほか、

「百万人の歴史講座」として、日本だけを礼賛する、いわゆる“歴史修正主義”の立場に立つ黒田裕樹氏らのみを登壇させている団体です。

 日本教育再生機構とは、

八木秀次麗澤大教授を理事長とする、新しい歴史教科書をつくる会から分派した団体。

子どもたちに愛国心を押し付ける道徳教育の充実を掲げ、歴史改竄主義の育鵬社歴史教科書の採択運動を展開するなど“極右教育”を推進している。

 また今回登壇予定の山田憲司(自民)衆議員は、

2014年8月に行われた自民党のヘイトスピーチ対策等に関する検討PT初会合では、

「国連に“チンコロ”しているのはどんな団体か。ネットで調べると、ほとんどが朝鮮総連など朝鮮系の団体だ」
「右翼車両よりもむしろ左翼のほうがうるさい。取り締まりや、排除をすべきではないか」

といったトンデモ&ヘイト発言で注目を浴びた政治家です。

 このような団体と登壇者がどのような歴修正主義に則った、またはヘイトな内容を話すのかは、想像がつきます。

 この後援について芦屋市に対して、前述のような団体であるとの説明を行ってもなお、教育委員会管理課管理係 タカハシ係長は、

・ 芦屋市には教育委員会会議とは別に教育委員会協議会があり、そこで後援は承認された。

 出席者は教育長、教育委員4人、教育委員会部長3人。

 会議は非公開、議事録なしに毎月2回開かれている。

(たかひら注: 後述カニノ係長が証言しているように、この後援については、2017年1月に審議されています。

ところが、教育委員会本会議については、2月のものが芦屋市HPで公開されているのに、1月分は狭義かい名目だからか、非公開となっています。

更に3月3日の教育委員会本会議でも話題に出たようですが、これもいまだに議事録が非公開となっています。

これは意図的に情報隠ぺいをする必要性を市が認めている懸念があります)

訂正2. 

後援は教委や協議会の議決を経ないで、要綱に基づき、事務方が決めています。
1月19日 3月19日集会の後援申請が、市と教委にある。
2月17日 日本の歴史文化研究会の社会教育団体登録について、教委が議決。
議事録も芦屋市HPにあります。

これについて、「事務方の決済だけでなく、審議を行わないのか?」とも管理係に訊きましたが、「協議会に提起するとしても、制度として後援自体が議決するものではないので、事務連絡のみとなります」との回答でした。

要綱のみによって、事務方が決裁する仕組みが問題とは言えますが、これは本件とは別問題です。)

・ 主催団体に便宜は図っていない。

・市の後援と、市教委の後援は続ける。
芦屋市市民参画課 タニノ係長は、

・ 1月に初申請があった当時、籠池氏の名前があったが、今のように報道されておらず知らなかった。

・ 会の趣旨や会則等も書面審査し、
営利でないか、
特定の政党・宗教を応援していないか、
経済的負担を過度に参加者に求めていないか、
広く参加してもらっているか
等を審議して、後援決定した。

としています。

 しかし、

・ 日本の歴史文化研究会は2016年12月に芦屋市社会福祉団体に登録されており、芦屋市条例によれば登録団体は3割引で市民センターを借りられる=便宜便図っている。

訂正3. 

2017年2月17日の教委審議を経た3月1日付で社会教育関係団体として登録がなされています。

よって、その後に続く、「3割引で市民センターを借りられる=便宜便図っている」についても、登録団体となった今後、その可能性はありますが、3月19日集会は、1月19日の登録前の申請ですので、減免はなされておりません。)

・ 後援を決めた教育委員会を非公開で行っており、公開の原則に反する。

「尼崎市も非公開だ」と管理係は言うが、

そもそも、教育委員会に本会議と協議会の2つあることを知っている人自体が少ない。

市教育委員会HPにも協議会がいつ、どこで開かれたかの掲載がない。

ちなみに近隣市では、宝塚市は協議会の傍聴自体はできないが、宝塚市HPに日時と場所と議題は公開していて、非公開自体が不当です。

 このような市民に事実を隠すような形で、日本の歴史文化研究会に便宜供与をし、後援まで行う行為は、籠池氏らと思いを同じくするような団体を市が応援していると対外的に示していると同じです。

 芦屋市は、籠池理事長らと考えを同じくするような内容の集会を行う、日本の歴史文化研究会を後援しないでください!!

 3月19日の告知は以下のようになされています。

「日本の歴史文化研究会」第50回記念講座 これからの歴史教育を話し合おう http://heigokai.blog.fc2.com/blog-entry-2011.html

より

次世代になう子供たちの偏見のない健やかな情操を育むため、
先人の営みの何を、どのように伝えればいいか、
その望ましいあり方を参加者みんなで考えましょう。
就学期のお子様をお持ちの親御様、祖父母様など教育に関心のある皆様のご参加を歓迎します。

日時:3月19日(日) 13:30~16:30
会場:芦屋市民センター301号室
会費:500円(会場費及び資料代、学生は無料です)

プログラム
13:30 基調講演「小学校歴史教科書を具体的に検証する」
      日本の歴史文化研究会副会長 石本秀雄
14:00 シンポジュウム「これからの歴史教育を話し合おう」
      パネリスト(50音順)
      一色俊哉(たかひら注:FBでは自由民主党芦屋支部 青年部長。 勤務先: 芦屋青年会議所)
      稲岡正信(たかひら注:甲南大学非常勤講師の肩書で、この手の集会講師として度々登壇)
      籠池町浪(たかひら注:籠池夫妻の娘)
      水谷真逸(たかひら注:同会の2011年11月23日にサンシビック尼崎で行われた第9回 「アメリカの視点で読み解く占領統治」では、近江高校地歴・公民科教諭とある)
      山田憲司 (たかひら注:自民衆議員。 ホンマは「賢司」ではないのか?
16:00~パネリストと参加者の質疑応答

主催:日本の歴史文化研究会
共催:日本教育再生兵庫
後援:芦屋市、芦屋市教育委員会

 なお、芦屋市での開催は初めてではなく、何回か行われており、直近では2015年10月4日(日)にも、芦屋市民会館で、
第四十一回 日本の歴史文化研究会
シリーズ 大日本帝国斯く戦えり
特別編Ⅰ 大日本帝国の教育制度
――今、大日本帝国の教育制度に何を学ぶべきか。――

との集会が開催されています。

 まさに芦屋市が、このような勢力に無防備であったが故の事象であり、公の施設を貸し出すこともヘイト法への抵触が懸念される中、後援まで行うべきでないのは明らかです。

たかひらの主張:

これまでこの会が行ってきた集会における登壇者自体が籠池主張と親和性が高く、共催団体も同様で、日本会議とのつながりも伺わせる。つまり、団体自体が自治体の後援を受け得る体にない。

芦屋市が、審査を団体提出書面のみで行い、団体名などをネット検索すらしていないのは、仕事が粗い。

市への提案:

当日までにこう言えばどうか?

「職員を参加させ、録音なども行う。

それを元にヘイト法に抵触しないかを審議し、抵触する場合、発言者、内容とともに、「ヘイト行為があったので、後援を取り消す」旨、市のHPに記載する。

会場発言者のヘイトについても、毅然と対処しなければ、団体の行為とみなす。」

こう予告すれば、相手方から後援依頼を取り下げるはずだ。 交渉ノウハウがないのだから、ゼロサムだが、これでやるのが手っ取り早い。 もし、このまま後援を続け、事後も手を打たねば、市としてヘイトを擁護・応援しているとなるし、私もそう宣伝する。

タニノ係長は、「上司と相談します」、

タカハシ係長は、「考え直さない」との返答。

考え直してくれることを祈るばかりです。

追記:

2017/3/7 07:10神戸新聞NEXT (前川茂之)
より
 大阪市の学校法人「森友学園」への国有地払い下げ問題に絡み、兵庫県芦屋市で19日に開かれるシンポジウムに出席予定だった自民党の山田賢司衆院議員(兵庫7区)と、同法人「瑞穂の国記念小学院開校準備室長」を務める籠池泰典理事長の親族が出席を辞退していたことが、6日までに分かった。
 シンポジウムは「これからの歴史教育を話し合おう」と題して、「日本の歴史文化研究会」が芦屋市民センター(同市業平町)で開催。芦屋市と同市教育委員会が後援している。

 山田氏や準備室長は大学教授らと歴史教育についてパネル討議する予定だった。同研究会によると、準備室長は「諸事情により欠席」という。

また、山田氏は「騒動の中 では参加を見合わせた方がいいと判断した」と話している。
(引用ここまで)
籠池一家が出ないから問題解決ではなく、この団体自体を地方自治体が後援してよいのかとの部分が問題です。
訂正について
3月16日 17時
教委管理係タカハシ係長より指摘を受け、3点、訂正致しました。
謝罪して訂正します。

誤りの指摘について、芦屋市へも電話などをしていただいているようですが、ご迷惑おかけしました。

芦屋市市民センターでは、森友学園の籠池泰典こと康博理事長を登壇者とする、「日本の歴史文化研究会 第50回記念講座 これからの歴史教育を話し合おう」が開催されようとしています。 当初、籠池泰典理事長が登壇予定でしたが、騒動の後、籠池氏が「理事長職を引き継ぐ」としている長女の町浪さんに変更されています。

 

 この団体は、2014年3月1日、 芦屋市民センターで行われた第30回 日本の歴史文化研究会 記念講演「台湾に生きる日本の志」では、
【主催】平成・美しい日本を護る会
【共催】my日本、日本李登輝友の会愛知、日本教育再生機構 兵庫
など日本会議系団体と協力し合っているほか、

「百万人の歴史講座」として、日本だけを礼賛する、いわゆる“歴史修正主義”の立場に立つ黒田裕樹氏らのみを登壇させている団体です。

 

 日本教育再生機構とは、

八木秀次麗澤大教授を理事長とする、新しい歴史教科書をつくる会から分派した団体。

子どもたちに愛国心を押し付ける道徳教育の充実を掲げ、歴史改竄主義の育鵬社歴史教科書の採択運動を展開するなど“極右教育”を推進している。

 

 また今回登壇予定の山田憲司(自民)衆議員は、

2014年8月に行われた自民党のヘイトスピーチ対策等に関する検討PT初会合では、

「国連に“チンコロ”しているのはどんな団体か。ネットで調べると、ほとんどが朝鮮総連など朝鮮系の団体だ」
「右翼車両よりもむしろ左翼のほうがうるさい。取り締まりや、排除をすべきではないか」

といったトンデモ&ヘイト発言で注目を浴びた政治家です。

 

 このような団体と登壇者がどのような歴修正主義に則った、またはヘイトな内容を話すのかは、想像がつきます。

 

 この後援について芦屋市に対して、前述のような団体であるとの説明を行ってもなお、教育委員会管理課管理係 タカハシ係長は、

・ 芦屋市には教育委員会会議とは別に教育委員会協議会があり、そこで後援は承認された。

 出席者は教育長、教育委員4人、教育委員会部長3人。

 会議は非公開、議事録なしに毎月2回開かれている。

(たかひら注: 後述カニノ係長が証言しているように、この後援については、2017年1月に審議されています。

ところが、教育委員会本会議については、2月のものが芦屋市HPで公開されているのに、1月分は狭義かい名目だからか、非公開となっています。

更に3月3日の教育委員会本会議でも話題に出たようですが、これもいまだに議事録が非公開となっています。

これは意図的に情報隠ぺいをする必要性を市が認めている懸念があります)

・ 主催団体に便宜は図っていない。

・市の後援と、市教委の後援は続ける。
芦屋市市民参画課 タニノ係長は、

・ 1月に初申請があった当時、籠池氏の名前があったが、今のように報道されておらず知らなかった。

・ 会の趣旨や会則等も書面審査し、
営利でないか、
特定の政党・宗教を応援していないか、
経済的負担を過度に参加者に求めていないか、
広く参加してもらっているか
等を審議して、後援決定した。

としています。

 

 しかし、

・ 日本の歴史文化研究会は2016年12月に芦屋市社会福祉団体に登録されており、芦屋市条例によれば登録団体は3割引で市民センターを借りられる=便宜便図っている。

・ 後援を決めた教育委員会を非公開で行っており、公開の原則に反する。

「尼崎市も非公開だ」と管理係は言うが、

そもそも、教育委員会に本会議と協議会の2つあることを知っている人自体が少ない。

市教育委員会HPにも協議会がいつ、どこで開かれたかの掲載がない。

ちなみに近隣市では、宝塚市は協議会の傍聴自体はできないが、宝塚市HPに日時と場所と議題は公開していて、非公開自体が不当です。

 

 このような市民に事実を隠すような形で、日本の歴史文化研究会に便宜供与をし、後援まで行う行為は、籠池氏らと思いを同じくするような団体を市が応援していると対外的に示していると同じです。

 芦屋市は、籠池理事長らと考えを同じくするような内容の集会を行う、日本の歴史文化研究会を後援しないでください!!

 

 3月19日の告知は以下のようになされています。

「日本の歴史文化研究会」第50回記念講座 これからの歴史教育を話し合おう http://heigokai.blog.fc2.com/blog-entry-2011.html

より

次世代になう子供たちの偏見のない健やかな情操を育むため、
先人の営みの何を、どのように伝えればいいか、
その望ましいあり方を参加者みんなで考えましょう。
就学期のお子様をお持ちの親御様、祖父母様など教育に関心のある皆様のご参加を歓迎します。

日時:3月19日(日) 13:30~16:30
会場:芦屋市民センター301号室
会費:500円(会場費及び資料代、学生は無料です)

プログラム
13:30 基調講演「小学校歴史教科書を具体的に検証する」
      日本の歴史文化研究会副会長 石本秀雄
14:00 シンポジュウム「これからの歴史教育を話し合おう」
      パネリスト(50音順)
      一色俊哉(たかひら注:FBでは自由民主党芦屋支部 青年部長。 勤務先: 芦屋青年会議所)
      稲岡正信(たかひら注:甲南大学非常勤講師の肩書で、この手の集会講師として度々登壇)
      籠池町浪(たかひら注:籠池夫妻の娘)
      水谷真逸(たかひら注:同会の2011年11月23日にサンシビック尼崎で行われた第9回 「アメリカの視点で読み解く占領統治」では、近江高校地歴・公民科教諭とある)
      山田憲司 (たかひら注:自民衆議員。 ホンマは「賢司」ではないのか?
16:00~パネリストと参加者の質疑応答

主催:日本の歴史文化研究会
共催:日本教育再生兵庫
後援:芦屋市、芦屋市教育委員会

 

 なお、芦屋市での開催は初めてではなく、何回か行われており、直近では2015年10月4日(日)にも、芦屋市民会館で、
第四十一回 日本の歴史文化研究会
シリーズ 大日本帝国斯く戦えり
特別編Ⅰ 大日本帝国の教育制度
――今、大日本帝国の教育制度に何を学ぶべきか。――

との集会が開催されています。

 

 まさに芦屋市が、このような勢力に無防備であったが故の事象であり、公の施設を貸し出すこともヘイト法への抵触が懸念される中、後援まで行うべきでないのは明らかです。

 

たかひらの主張:

これまでこの会が行ってきた集会における登壇者自体が籠池主張と親和性が高く、共催団体も同様で、日本会議とのつながりも伺わせる。つまり、団体自体が自治体の後援を受け得る体にない。

芦屋市が、審査を団体提出書面のみで行い、団体名などをネット検索すらしていないのは、仕事が粗い。

市への提案:

当日までにこう言えばどうか?

「職員を参加させ、録音なども行う。

それを元にヘイト法に抵触しないかを審議し、抵触する場合、発言者、内容とともに、「ヘイト行為があったので、後援を取り消す」旨、市のHPに記載する。

会場発言者のヘイトについても、毅然と対処しなければ、団体の行為とみなす。」

こう予告すれば、相手方から後援依頼を取り下げるはずだ。 交渉ノウハウがないのだから、ゼロサムだが、これでやるのが手っ取り早い。 もし、このまま後援を続け、事後も手を打たねば、市としてヘイトを擁護・応援しているとなるし、私もそう宣伝する。

タニノ係長は、「上司と相談します」、

タカハシ係長は、「考え直さない」との返答。

考え直してくれることを祈るばかりです。

 

追記:

2017/3/7 07:10神戸新聞NEXT (前川茂之)
より
 大阪市の学校法人「森友学園」への国有地払い下げ問題に絡み、兵庫県芦屋市で19日に開かれるシンポジウムに出席予定だった自民党の山田賢司衆院議員(兵庫7区)と、同法人「瑞穂の国記念小学院開校準備室長」を務める籠池泰典理事長の親族が出席を辞退していたことが、6日までに分かった。
 シンポジウムは「これからの歴史教育を話し合おう」と題して、「日本の歴史文化研究会」が芦屋市民センター(同市業平町)で開催。芦屋市と同市教育委員会が後援している。

 山田氏や準備室長は大学教授らと歴史教育についてパネル討議する予定だった。同研究会によると、準備室長は「諸事情により欠席」という。

また、山田氏は「騒動の中 では参加を見合わせた方がいいと判断した」と話している。
(引用ここまで)
籠池一家が出ないから問題解決ではなく、この団体自体を地方自治体が後援してよいのかとの部分が問題です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 防災士として、あなたの命を災害や犯罪から守り、 行政書士として、トラブルを予防し、 柔道整復師として、健康に過ごすお手伝いをし、 市民として、行政や議会を正しています。 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中