田中学(自民)貝塚市議とのお茶会検証編  議員報酬増額しなくても市の財政には25%しか貢献しない?

学主張
人事院勧告並びに報酬と交付税制度
「議員報酬を上げずにいた場合の市の経済効果は25%。 交付金で75%減るんやから、市の財政にかかる分は少ない。 」
これは、12月議会で議員ボーナス増額を阻止した私としては、聞き捨てならん話です。
岸和田市財政課 回答:
交付金の額は、市の人口規模などによって決まります。
人事院勧告で職員賃金上昇が見込まれる場合、その手当も加味されますが、実際に賃金を上げたかどうかは交付金の額には関係ありません。

ですので、上げなければ、その分は丸ごと市としては収入となるので助かります。
25%といった分け方はされていません。

自信満々で教えてくれましたが、間違ってますやん!!
今となってはどうでもいいけど、その発端となった会話もアップしときますね。
参考:
田中 がく
人事院勧告を受けるのに、承諾が要るの?

たかひら 正明
人勧通りに自動的に増額されるような、地方法や自治法無法地帯に貝塚市はなってるんですか?

ならなぜ議会で条例改定したのかしら?

しかも尋ねているのは、「なぜ自分で自分の報酬増額してるのに、市民に知らせないのか?」ですよ。

田中 がく
人事院勧告は、下がる時も有れば上がる時も有る?
その度に、報告をするのですか?
仕事をしていない議員は、疚しい心があるかも知れませんが、0.1ヶ月分のボーナスが上がって仕事もしてないのにと言われるなら、選挙で落とせば良いですよ!
たかひら 正明
そりゃそうでしょ。
自分で自分お報酬を決めているのは、議員だけだし、全体年棒を貝塚でも議会だよりなどに掲載してないでしょ?

情報開示を市民にせずに、「選挙で落とせば良い」とは、橋下イズムが浸透してるんじゃないですか?

田中 がく
他市に住んでるので、知らんだけですよ!
議員の報酬は、年に1度広報に掲載されます。
ちなみに、議員の報酬は下げるのは議会で決めますが、上げるのは報酬審議会にかけるんです。
何度も書いてますが、今回は人事院勧告です。
人事院勧告に従うのを反対するのは、それこそ維新に洗脳されてるね!

たかひら 正明
月額とかでしょ?
総額で書いてるんですか?
議会だよりの写メ載せてくださいよ。

審議会かけても、原則、お手盛りで上げてるんですから、チェックになってませんよ。
アリバイにはなってるか知らんけど。

「人事院勧告に従うのを反対するのは、それこそ維新に洗脳されてる」って、岸和田の自民に言うてあげたらどないですか?

選挙は市議の仕事の評価ではありませんよ。
人気でしょ。
仕事の評価なら、監視や調査を徹底した議員が、選挙運動せずに票を伸ばして当選してる議会を教えてください。

田中 がく
審議会がお手盛り?
全く解って無いね!
選挙が仕事の評価でない?
選挙運動をせずに、当選していた、摂津の三宅君が居てましたが、3期目で落選しました。
選挙運動は、仕事の評価の1つです。
落選をする人は、やっぱり仕事をしてないと噂をされてるからね!

たかひら 正明
審議会が機能しているのとの主張なら、首長と議会が都合の良い人選をしているメンバー選抜方法、審議会でどんな討議をしているのか、人勧をそのまま議会に出さなかったあるいは修正した事実を提示してください。

自民が言う「選挙運動」とは、冠婚葬祭出席や盆踊り周りや、道の修理やらの口利きでしょ?

そんなことが議員の仕事ですか?

それを是認するのは、議員と近い人だけで、しかも地方議員の周囲に限られます。

国会議員もそんなことをして万単位の票を稼いでいるんですか?
学さんみたいな地方議員が、奴隷のごとく使われて、万単位にしているでしょ?

議員の仕事は、行政監視です。
条例づくりは、議会事務局程度のサポートではできませんから、外部 力の調達ができる議会なら含めてもいいが、原則、議員条例は難しいですね。

それをなすための調査が、1にも2にも必要です。
それがなされていないから、自民議員は討議から逃げるんでしょ。
学さんも回答できないと、返答なしトンズラですからね。

で、脊髄反射的に書くのはいいけど、
1. 議員報酬年額が掲載された貝塚市公報
2. 人勧に反対した岸和田自民会派に送る言葉
も回答されていないので、よろしく。

田中 がく
議員報酬が掲載されるのは、5月公報なので城南前の公報は持ってません!
岸和田の議員は、市民であるタカヒラさんが自ら行って下さい!

報酬審議会については、もう何十年も貝塚市議会は報酬が上がってないので開いてないよ!
何度も書いてますが、?は報酬を上げる時に開くんです。
ですが、結果的に下げろになるかも知れません!
私が議員になって、10年間では、議員の報酬は下げる議論だけなので、審議会は、開かれてません!

たかひら 正明
人勧に反対した岸和田自民について、「人事院勧告に従うのを反対するのは、それこそ維新に洗脳されてるね!」と指摘した、自民党の田中学市議に訊いているんです。

自党や中山太郎秘書だった京西さんの様な出自が自民の維新スパイどもに、この発言をした学さんが送る言葉を訊いているのであって、私はそもそも「任期中に上げるな!」が大前提だから、学さんの受け取りにも反対しておりますので、私の立場からすれば、いずれもネコババだとしか言いようがない。

議員報酬総額は、今までも公開してるとの意味ではないの?
来年度から初めて公開するんですか?

なら、「他市に住んでるので、知らんだけですよ!
議員の報酬は、年に1度広報に掲載されます。」
は、「そ の予定です」だよね?

日本語は正しく使いましょう。

報酬とボーナスを分けたわけね。
上手い詭弁になってませんよ。

ボーナスは報酬の一部だと社会通念では認識されているので、そこから税も健保も引かれてますからね。

今回の論点は、ボーナスであり、自ら報酬だと考えて審議会を持ち出して、審議会議案でないとは、矛盾する回答ですね。

田中 がく
毎年、5月公報に乗せてます。
全く理解が無いのが、残念です。

たかひら 正明
昨年の掲載している部分を転載願います。

私が理解できないのではなく、説明責任のある学さんが、説明すらできんのですよ。
責任転嫁はよしてくださいね。

「5月号」でなく、2月号ね。
ここでも月額報酬は掲載されているけど、約1千万の年棒など掲載されてませんよ。
 
資料提示したいなら、あやふやなものを出さんように!
字の打ち間違い程度は目をつぶりますが、自身の主張根拠(しかも根拠になってない)すら、まともに提示できんって、調査とか誰かにさせてるんですか?
 
平成28年広報かいづか > 2月号(No.915) > 9ページ

学さんの選挙運動とか、議員の仕事の例
交通違反もみ消し・裏口入学… 口利き依頼は日常茶飯事:朝日新聞デジタル
2016年1月30日05時04分
http://www.asahi.com/articles/ASJ1Y565YJ1YUTIL03V.html
より

 甘利明・前経済再生相の事務所の現金授受問題は、辞めた公設秘書らによる「口利き」の有無が焦点の一つとなっている。議員秘書や役人によると、議員側の役所などへの働きかけは日常的にある。どのような「口利き」が法に抵触するのか、識者の見方も分かれている。

 「新技術を開発した地元業者がいるから会ってもらえないか」。ある農林水産省幹部には、そんな依頼が国会議員の秘書から年10件以上寄せられる。予算配分や官僚人事に関与する議員側の依頼は断りにくく、業者には「基本的に会わざるを得ない」。だが、それ以上の要望は断るという。

 「支持者の子が大学を受ける。何とかなるかなあ」。別の中央省庁幹部は数年前、国会議員秘書から電話を 受けた。 「難しい」とやんわりと断ったが、中には菓子折りを渡してくる議員も。要望は聞き、ほぼ同額の菓子を返す。「自分の身を守るため、細心の注意を払っている」

 国土交通省職員の一人は「政策を通すために政治家に理解してもらうことが大切。相手が与党か野党か、有力議員かで対応も違ってくる」と打ち明ける。

 議員側にも事情がある。「昔は交通違反のもみ消しは簡単にできた。見返りに選挙時、人を動員してもらい、票につなげるのが一般的だった」。自民党のベテラン秘書は語る。新潟県警幹部が議員秘書を介した依頼で交通違反の記録を消した事件があった2000年以降は難しくなったが、今も支援者の依頼はあるという。

 民主党議員の秘書も「従業員の入管手続きを早めて欲 しい」「子どもを私立大に入学させたい」などと口利きを求められた経験がある。「どんな依頼でもその場では断らない。頑張っているというポーズが大事。選挙で票になる。政治家側の問い合わせに役人は門前払いできない」

 閣僚経験もある自民党衆院議員の秘書は一昨年、口利きのお礼に地元の支援業者から「100万円単位の現金をもらった」と明かす。政治資金収支報告書に業者名を書く必要のない20万円ずつのパーティー券購入費に分散して領収書を発行し、一部を「手数料」としてもらったという。「雑所得として確定申告もした。何もやましいことはない」

■違法性、影響力行使の有無が焦点

 口利きをして見返りに対価を受け取ると、あっせん利得処罰法に触れかねない。人事や予算などで議員としての影響力を行使しているかどうかが焦点だ。

 04年に同法違反で一審で有罪判決を受けた愛知県尾西市議(当時)は、建設会社社長から100万円を受け取り、市幹部に発注工事の予定価格を漏らすよう働きかけた。「議会で大変なことになっても知らんぞ」と質問権をちらつかせたという。

 12年に一審で有罪判決を受けた大分県杵築市議は、知人から50万円を得て、消防組合側に知人の息子の採用を「なんとか頼む」と電話をかけていた。市議は組合の庁舎建設推進委員会の委員で「立派な庁舎が早くできるよう頑張る」と伝えていたという。

 甘利氏の件では、秘書が今年1月までに12回、独立行政法人都市再生機構(UR)の職員と面談していたが、口利きの有無は明らかになっていない。

 甲南大の園田寿教授(刑法)は、甘利氏の議員としての権限を背景に秘書が具体的に発言した裏付けがないと、違法性を問うのは難しいとみる。「頻繁な面談だけでは影響力の行使とは言い難い。口利きは広い意味での政治活動」と話す。

 元検事の郷原信郎弁護士は、明示的な発言がなくても立件可能とみる。「例えば、過去にUR側に民営化を求める言動があったとして、プレッシャーを感じさせた上で秘書が面談すると、影響力の行使にあたる可能性がある」とした。甘利氏自身については「秘書への指示や意思疎通が認められないと立件は難しい」と指摘した。

田中 がく
長すぎて読む気にも慣れません?

たかひら 正明
3期目にして、議案書を読んだことのないのかといつも思っていますが、貝塚で議会へのレクは、漫画ででも行われているんでしょうね。

自民でも、どんな漫画を使っているのか、教えて下さいよ。

文盲だとは言わないけど、自身の主張の正当性を説明できたことがない政治姿勢が、よく表れている逃げ口上だといつも嗤わせてもらってます。

それが保守の知恵を捨てんた自民の末路で、祖父と異なる点だと、奴隷から首領様にお伝えください。
マザコンや乳母の布団で甘える間があるなら、岸信介・祖父のように監獄内でも学んでみよとは、奴隷の集いでは言えないでしょうね。

かわいそうを通り越して、恥ずかしい組織で、それを補完しているのが、学答弁で、それが自民地方議 員レベルの低さを証明しているので、私としては、目的達成されてるけど、日本に住むものとして、こんな集団が政府かと哀れみを感じるしかない。

それは、公明も同じくではないですか?

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中