2013年からピタリと動かない堺市の人権施策&市主催の市民勉強会

この後、堺市は、鳳の堺市立西文化会館 (ウエスティ)にて、在特会系の獅子座なお氏らの主催による「検証・いわゆる従軍慰安婦展」に対して、会場を貸す。
私は、チェンジオーグで署名を集め、1000通の署名を堺市文化部・人権部宛てに抗議文を届け、話し合いももったが、2014年、7月26日ー27日の二日間、展示は開催されてしまいました。
当時既に、在特会らのウソ歴史がヘイトだとの判断は出ていたのにです。
参考:
① 7月24日(現地時間)、スイス・ジュネーブの国連欧州本部で、国連の「市民的及び政治的権利に関する委員会(国連人権委員会)は、「日本政府は、日本軍慰安婦被害者に対して、公式に謝罪し賠償しなければな らない」、「韓国人に対する、差別を助長する極右団体のヘイトスピーチや死刑制度について改善せよ」と勧告しています。
 国際機関による同様の勧告は、初めてではなく、過去にも国連人権委員会・人種差別特別報告書の勧告(2006)、人種差別撤廃委員会の勧告(2001、2010)、国連人権理事会普遍的定期検査の勧告(2009,2013)、社会権規約委員会の勧告(2013)と何度にも亘っているにもかかわらず、是正がなされていない状態にあります。
② 山形県生涯学習文化財団は2013年6月、在特会の地元支部から申し込まれた、在特会会長の講演会開催による県生涯学習センターの利用申請を拒否しました。 理由は、その直前の5月、在特会が参加する東京.新大久保のヘイトスピーチデモで逮捕者が出たことなどを踏まえて「申請団体が過激、暴力的な言動を行う危険性が否定できない。センターを利用する子どもに悪影響を及ぼす恐れがある」と結論づけたものです。
③ 門真市は本年5月、在特会とつながる排外主義グループによる「朝鮮の食糞文化を尊重しよう」と題する集会に対し、市民文化会館の使用許可を取り消しました。
への公共施設貸 与はとの理由からです。 門真市市民生活部は、表現の自由に配慮し利用申請をいったん受理したものの、在日コリアンの尊厳を傷つける内容を疑問視する声が出たので、会館の指定管理者などと協議した結果、会館設置条例で利用を制限できる「公の秩序または善良な風俗を害する恐れがある場合」などに該当する「差別的」催事だと判断しました。
法的根拠:
ヘイトスピーチを含むヘイトクライムは、13条・14条で提起される人間の尊厳を犯すものであり、これら条文を無視して、21条を解釈すべきでなく、21条については12条とセットで保障されていると解釈するのが正しい。
これについては、日本も批准している自由人権規約こと市民的及び政治的権利に関する国際規約(ICCPR)でも、第19条2項は 憲法21以上と同文として解釈し、3項については、憲法12条に記される責任があると解釈されます。

また、その責任については、とりわけ日本国籍を有するマジョリティに責任が課せられ、国家は現実に行われ、懸念される差別について不作為を容認されているはずはなく、差別禁止法など何らかの措置をとることができると解釈できます。

今に至るも、堺市は人権週間に有名人にバイトをさせ、ティッシュ配りをさせるのが人権施策だと勘違いしたままであり、南大阪では和泉市が最も市民への人権教育に熱心であるままだ。
2013年2月27日 の13:23

最近、和泉市立人権文化センター「ゆう・ゆうプラザ」の人権に関する催しに行く機会があったので、堺市ではどうかと訊いてみた。

人権教育課では、予算請求も含めて、人権ふれあいセンターでやっていると言うので、そちらに訊き直す。

和泉市のように定期的な研修は開いておらず、「書道、手話、社交ダンスなど多彩な講座を受講する前に、4月9月、定期的に人権教育を行っていて、講座の中でいろいろな問題について触れ合いながら学ぶ」と言うので、
「ならば、そちらの受講生の皆さんは、人権教育について堺市を代表するペースリーダーとして卓越した知識をお持ちなんですね?  

勿論、その担当部署の職員さんは、更に知識をお持ちということになりますね。  
では、先日『ハンセン病回復者と家族・遺族』への差別について、堺市は主催となっていますが、そちらの質問をさせて頂いてよろしいですか?  
何?分からない? 
では、戦後の人身売買についてはどうですか? 
精神障がいの方や累犯の障がいを持つ方については?」
と訊くも、
勿論答えは「分かりません。」だったので、
「人権教育範疇に入るものは、ドンドン新しいものが出てきています。 それを少しでも膾炙させる為にも、政令指定都市としてやるべきでしょ?」と話し、

今からでは3月議会に間に合うはずもなく、予算請求できなのは分かっていたが、「予算措置をとるべし、取らないのであれば、その理由もお聞かせ願いたい。」とした。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中