大阪府での殺処分についての大阪府回答

2014年に調査していましたが、詳細がアカウントともに消えてしまったのと、大阪ねこの会から予想に全く反する多大な殺処分数を提示されたので、再調査してみました。

以前の関連ブログ

『岸和田での動物愛護状況 その2 』

『野良猫や不幸な猫を増やさない対策』 

前回の番組でも札処分数の表が映し出されていました。

殺処分数.jpg

大阪ねこの会の荒井代表にも「活動当初は170万頭が殺処分されていて、市民ではお手上げだと思っていたが、徐々に数を減らすことができた」と教えていただいています。

ならば、この8万頭をゼロに限りなく近づけるゴールも希望の光が見えてきますね。

以下、殺処分についての回答です。

中核市未満の自治体では関係ないかもしれませんが、殺処分ゼロに向けた取り組みも注目されているところですので、各動物愛護団体や市民の皆様におかれましても、回答をご利用いただければ幸いです。

回答:

大阪府環境農林水産部動物愛護畜産課動物愛護グループ 担当;武田

2年ほど前、森ノ宮の動物愛護センターへの直接電話問い合わせでは、「殺処分機は稼働させておらず、疾病罹患等でどうしても殺処分しなければならない場合においても、個別注射によって行っている」との回答を得て、安心しておりました。
ところが、動物愛護団体の調査によれば、2014年度で1454匹と知らされ、これは大阪市2051匹、堺市161匹、東大阪312匹、豊中市101匹、高槻市73匹、枚方市33匹を含めると、府下全体で4185匹(内3786匹が子猫)で、全国ワーストワンの殺処分数となる事を知りました。

1. 5年の殺処分数推移をお示し下さい(増減がある場合、それについて影響を及ぼしたと考えられる理由)。

【回答1】
年度 犬  猫

23年度 384、2540

24年度 411、2078

25年度 238、1678

26年度 172、1485

27年度 71、1161

*平成24年度以前は豊中市、平成25年度以前は枚方市を含む
  
引用されておられました、2014(平成26)年度で1,454匹という数字は、おそらく環境省事務提要27年度版(平成26年度データ分)の「Ⅲ統計4.犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容状況(3)犬・猫の引取り状況(都道府県・指定都市・中核市)」表中の数字かと思われます。

環境省では、引取った犬猫の殺処分数と自然死数の合計を「殺処分数」として計上しております。
また負傷動物として収容した動物の状況は同4(3)の別表「犬猫の負傷動物等の収容状況(都道府県・指定都市・中核市)」に分けて計上しております。
そのため、猫については4(3)「犬・猫の引取り」表中の数字1,454匹と「犬猫の負傷動物等の収容状況」表中の数字286を足したものがその年の猫殺処分数と猫自然死の合計数となります。
したがいまして、平成26年度は上記の合計数から自然指数を差し引いて
1,454+286-255(自然死数:回答4参照)=1,485が本府管轄地域での猫殺処分数となります。
(その他の年度についても、同様の考え方により計上しています。)
 参照:環境省「動物愛護管理行政事務提要」
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/statistics/gyosei-jimu.html

2. 殺処分としての選定基準をお示し下さい。
【回答2】
本府では、病気や負傷等に対して治療その他必要な処置を講じても回復等の見込みがなく、苦痛が著しい状態である動物は大阪府の動物愛護および管理に関する条例第12条第2項の規定に基づき、また、攻撃性がある等して希望者又は愛護団体等に譲渡することが、動物の愛護及び管理に関する法律第1条および第2条の趣旨に照らして適切ではないもの又は譲り受けたものが同法第7条第1項の責務を果たすことが極めて困難であると判断されるものを譲渡不適として殺処分しています。
3. 殺処分方法を、手法別匹数と共にお示し下さい。

【回答3】
本府で平成22年度以降実施した殺処分については、全て動物管理指導所でお聞きになったとおりの個別注射による殺処分を行っております。
4. 泉佐野などの中継地点をお示しいただき、捕獲から森ノ宮までの間で病死・事故死、殺処分等の死亡があれば、その匹数をお示し下さい(5年間)。

【回答4】
 本府では、動物管理指導所箕面分室、四條畷分室、藤井寺分室、泉佐野分室にて犬猫の引取り業務及び犬の捕獲業務、負傷犬猫の収容業務を行い、収容した動物を動物管理指導所に送致しております。なお、猫の捕獲業務は行っておりません。
収容中の自然死数については以下のとおりです。
年度 犬 猫

23年度  68、180

24年度 63、255

25年度 34、253

26年度 19、255

27年度 12、277
5. 今後、羽曳野ハーモニーランドへ殺処分も承継されると見込まれますが、森ノ宮からの移行予定をお示し下さい(2017年〇月頃羽曳

野が稼働、〇月頃全面移転、または併用は〇年までなど)。
【回答5】
 大阪府動物愛護管理センター(仮称)(愛称 :アニマル ハーモニー大阪)は、平成29年8月の開所を目指して現在整備中。センター開所に併せ、動物管理指導所(森之宮)については廃止する予定です。
6. 羽曳野移行によって、譲渡など殺処分数減少が見込まれる施策があれば、お示し下さい(譲渡用ケージの増設など)。

【回答6】
 動物愛護管理センター(仮称)では、動物とのふれあい、飼育体験教室、講習会、譲渡会などを開催できる施設を設けることで動物愛護の普及啓発や譲渡の拡充、引取り数の削減を図り、社会全体で殺処分がなくなることを目指します。また、動物の飼養にあたっては、個別飼養を基本として、観察室、譲渡対象動物の飼育室、保護犬専用運動場などを設けることとしています。
7. 自治体ごとに地域猫施策や、不妊手術助成などが行われていますが、府として、どのような施策が行われていますか?
【回答7】
府では、大阪府動物愛護推進計画に基づき、市と連携しながら所有者のいない猫対策に取組む地域を支援する体制を検討中です。
8. 高齢者の多頭飼い、飼育放棄などの問題も露見しておりますが、府としては具体的にどのような施策を行っていますか(基礎自治体への指導も含む)?
【回答8】
所有者に対しては終生飼養の考え方を各種イベントや小学校への出前授業等にて啓発しています。

また、個別案件については市町村福祉担当等の関係部署と連携して、解決を目指しています。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中