カシノはアカン

私は、カシノに行ったことがないわけではない。
ベガスのような華やかなカシノも、国道沿いに突如として現れる場末のカシノで、ネイティブアメリカンの人々が、うつろな目をしてスロットにコインを入れている姿も見た。
一般のテーブルとは別の部屋にある、1枚のチップが万単位の熱いバカラの現場で、いかにもヤクザちっくな日本人らがカードを折り曲げつつ数字を見ている後ろに、さも知り合いのようなふりをして立ったこともある。
ベガスでは、飛行機待ちの間に、最後の一勝負と$を¥に換金して更にすってしまっている友人も知っている。
カシノの入り口に飾られた高級車の上の数字が$何百万にもな っているのはどこでも見かける。だが、それが大当たりしている場面を見てはいない。
どこぞの空港では$100を超える高額なロトで、ベンツやスーパーカーが当たると飾ってあるのも見ている。
日本の宝くじとは違って、寺銭を50%も取らないし、確立も何千分の1なのだとか。それでもロトを買おうとは思わなかったけど。日本にできるのは場末のカシノではない。
だが、その顧客を外国人2:日本人8と想定している時点で、何だか高級な紳士淑女の社交場でなく、パチンコ屋でもイメージしているのだろうと推察する。
そして日本にできるカシノについては、「儲からんよ」との視点から以前も書いた。

カシノ法について 松井一郎知事の発言と、説明責任を果たせない維新・自民ら賛成議員

今回、カシノ法について桜田照雄・阪南大学教授のお話を聞いた方がいて、短くまとめていたので、パクる。Sさんの投稿より

カジノに一兆円投資されたとして、現実の海舟がどうなされていくかでも戦慄なので記しておく。

事業計画の常識的な水準として、7年間で回収するとして、
年間1400億円が損益分岐点。

カジノの粗利はおよそ5%なので、
1400億円が20倍、
2兆8000億円の「掛け金」がまうと状況をつくり出さなければならない。
一時間で3億2000万円。

ラスベガス並みの売り上げを作るとすれば最低でも一時間に4億8000万。
一時間に!500万円、24時間365日、注ぎ込んでくれる客が1,00人いれば年間で4兆3,800億円。
50万円なら1000人が24時間。現実には一人4時間として6000人、毎日、毎日。
集まるかー。

地盤が沈下して大阪の豊洲ともいわれるあの夢洲。。。 やりたい人は何を夢みてるんだろ。 依存症対策といって、医療対策をする。。本気でいってるんだろうか。 すでに壊れているのは、
だれなのか、 腹立たしい。(引用ここまで)

そういえば、維新は公営交通民営化にとか言っているのだよね?

そのために京阪から京福電鉄(京都市)の藤本昌信・副社長を呼び寄せ、大阪市交通局長に据え、京阪に売る下ごしらえを勧めたいたんじゃなかったかね?

2015年3月16日には、市交通局のイベント計画で不適正な随意契約を結んで知人業者に800万円を支出したり、事業を受注した会社の役員と会食をしたりしたとして、藤本局長を減給6か月とし、最後は更迭せざるを得なかったのだけど、

カシノ誘致は、維新が掲げる交通局の未来像にとってもチャンスだよ。

どうぞ、民間鉄道事業者に夢洲までの鉄道を敷設してもらえばよい。

万博やカシノで大勢の人が来るんなら、そのチャンスを民間鉄道に提起して、民営化の素晴らしさを大々的にアピールすればよい。

そんな赤字鉄道、民間が敷くはずがないけどね。

夢物語で市民を惑わせる維新とは異なり、既にカシノ誘致をしないと公言する首長もいる。
軽井沢町長「カジノ、推進しない方向」 | 信濃毎日新聞[信毎web]
1月14日
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20170114
より 北佐久郡軽井沢町の藤巻進町長は13日の町議会1月会議のあいさつで、カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法の成立に触れ、カジノや国際会議場、宿泊施設などが一体となった「特定複合観光施設」の設置が可能な区域整備について「推進しない方向で検討する」との考えを明らかにした。藤巻町長がカジノに関し言及するのは初めて。

 保健休養地としての環境を踏まえた意思表明。藤巻町長は、地域経済への波及効果を見込む考え方がある一方、ギャンブル依存症や反社会勢力の関与などの懸念が示されている―とした上で、「引き続き善良なる風俗を維持し、緑豊かな高原の自然を守りながら、国際親善文化観光都市の建設を最優先する必要がある」と説明した。また、町の風紀に関する有識者会議「町風俗審議会」で意見も聞くとした。

 町はこれまでに、一般住宅を宿泊施設として活用する「民泊」を巡り、同様の理由から、貸別荘を除く民泊施設を町内全域で認めないことなどを定めた基準を、町の自然保護対策要綱(1972年制定)に盛り込んでいる。 (引用ここまで)

そして、桜田照雄さんのお話が聞ける勉強会の告知をしておく。是非とも、推進したい維新や自民議員らは、ここに出かけ、自身の論がいかに合理的かを示されたい。

3月25日(土)に大阪でカジノ反対の大集会(エルおおさか大ホール)を開催しましょう。ネットワークから実行委員会への参加を訴えます。 「カジノ誘致を許さない大阪集会」(仮称)実行委員会参加のお願い
 2017年1月 
                 
貴団体の日頃のご活動に敬意を表します。
私たち「カジノ問題を考える大阪ネットワーク」は、2013年に「大阪にカジノはいりません」という思いで、団体・個人で結成し、街頭宣伝、学習会、シンポジウム、政党への申し入れ活動などをすすめてきました。2014年からは「全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会」とも連帯し、全国の運動とも共同し、国会へ向けてのとりくみなどを行ってきました。
昨年12月の国会で、「カジノ合法化法案」が強行採決されましたが、その直後の私たちの街頭宣伝でも「カジノはいらない」という市民の声が多数を占めています。今後、カジノを実際に設置するまでには、細かな手続きが必要で、すでに政府自民党は、関連法案を1月20日からの通常国会に提出しようとしています。

 私たちは、昨年、台湾の膨湖島(ほうことう)の住民が、住民投票で「膨湖島にカジノはいらない」という意思を示したように、日本で、大阪で「ありえへん!ばくちで景気回復」の声を大きくし、カジノ誘致の動きを根絶したいと考えています。
そのためにも、今まで運動をすすめてきた私たちだけでなく、大阪の様々な分野で運動をしておられる方々と力を合わせ大きな集会を開きたいと考えております。
集会に向けた実行委員会を開催しますので、ぜひ貴団体でも実行委員会へのご参加検討をお願いします。
緊急の取り組みでもあり、集会の日程と場所はこちらで仮押さえしておりますのでご了承ください。
「カジノ誘致を許さない大阪集会」(仮称)の日程と場所は以下の通りです。
3月25日(土)午後  エル大阪ホール
カジノ問題を考える大阪ネットワーク
代表  桜田照雄・阪南大学教授
事務局長  薮田ゆきえ  
連絡先:大阪いちょうの会
大阪市北区西天満4丁目5番5号マーキス梅田301号
(06-6361-0546)

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下一高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中