昔の家庭はいい家庭か?

ネトウヨって、どうしても『3丁目の夕日』に戻りたがるんだけど、凶悪犯罪も多くて治安も悪いし、過労死やDVなどがカテゴライズされてなかったので顕在化せず、さも問題がなかったかのように思える、今よりさらに人権侵害な時代に戻りたいのかね?

議員も儲ける盗人に追い銭なプレミアム商品券や、選挙対策での¥3万投げ銭、テロ助長のために海外にばらまく銭があるなら、こんな事に使え!
との子ども食堂の記事に対するコメントやり取り。

記事はこちら

1食300円 子どもの貧困救う『子ども食堂』全国に広がる
週刊女性2016年2月2日号 2016/1/22
http://www.jprime.jp/articles/-/6641

Yasushi

「テロ助長」以外同意ですね。

商品券や3万円支給は庶民をバカにした官僚の浅知恵で庶民も馬鹿にされたものです。

ところで子供食堂の事ですが、こういった取り組みは必要なことですが、あくまで応急的な対策と見做されるべきで、それが社会の原則化されるべきではありません。

こういう社会現象があまりもてはやされると、なぜ子供の貧困が発生するのかという根本原因から目を背けさせ問題解決を遠のかせてしまいます。

テレビの報道や、雑誌などを読み解く限りでは、全てとは言いませんが、子供の貧困問題の根本原因は、多くの場合親の行く先を考えない勝手な行動にあるように思えてなりません。

例えばですが、団塊世代以上の夫婦は子供がいれば自分たちは離婚したくても子供の将来のことを考えてそれを我慢します。母親は離婚した場合の経済的な心配をしたものです。しかし、最近の若い世代にはその我慢がないと、私の近所のおばさんたちは指摘しています。

近年日本での離婚率は上昇の一途を辿っているようです。テレビを見ると芸能人たちがバツイチを自慢げに言ったり、~するのも自由といった無責任なリベラル風潮が離婚を後押ししている気がします。

利己主義を蔓延させるリベラル風潮こそが子どもの貧困を生み出す本質的な原因である以上、団塊世代以上が当たり前に考えてきた日本の伝統的家庭観をもう一度見直すところから始める必要があると思います。
たかひら 正明
 「テロ助長」は、後藤・湯川さんの身代金目的誘拐事件をテロに昇華させ、わざわざいすらえるの旗の横で「テロとの戦い」を叫び、国民を危険に陥れた功績を称えて、このように称しています。

私は子ども食堂が暫定的であってほしいと願っています。
ですが、大阪で独裁市長が補助金を断ち切った子どもの家事業もなくてはならないものとなっています。
それほど行政施策は貧しい。
政治家は見にも来ず、地域自体に足を踏み入れません。

また、根本原因は食えないことであり、個人資質に原因を求めるなら、コントロールするしかなくなります。
離婚したら死刑とかね。

 

恋愛感情など一時のもので、我慢して続けるものでしょうか?
子どもの前で親父がオカンをしばきまくる構図は、昔からありました。
それでも昔の人が別れられなかったのは、社会福祉政策が企業任せになっていて、そこから外れたシングルマザーを、社会は抹殺したからです。
 
結婚したら、妊娠したら会社を読めるのが社内規定になっていた、数十年前、離婚した女性はどうやって食えたのでしょうか?
今の状況で、女性の社会進出が選択できても、昔の人は「我慢」したか?
ヒトは環境に左右される生物で、人種や目に見えるような短い時代で、生物学的進化の様な異なる資質にはなりませんから、環境が同じであれば、同じ行動をアフリカの人もアメリカ人も日本人もします。
そうでないと行動学や心理学など成立しません。

どうしても家族性を保持したいなら、ホッテントットのような母系原始生活を目指すべきでしょう。
自給自足で。

都市生活のままなら、フランスや欧州の様なシングルマザーや同性愛者が子どもを育てるのにストレスのない社会をつくるしかないでしょうね。

インドやアフリカ、中国と日本の生活レベルや社会環境が同じだと言わない限り、人口増で成功している都市国家で、水木しげる氏が好きだったパプアニューギニア式の母系原始社会を手本んしている国はありませんから。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中