天王寺動物園からコアラも消え、衰退を危惧する。

大阪からコアラいなくなる? エサ高過ぎ、天王寺動物園が飼育断念へ – 産経ニュース
2017.1.23 11:35
http://www.sankei.com/west/news/170123/wst1701230034-n1.html

より

 動物園の人気者コアラが、繁殖の困難さや高額な餌代などを理由に、大阪府内で今後、見られない可能性があるという。府内で唯一コアラを飼育している大阪市天王寺動物園(同市天王寺区)が維持コストの高さを理由に、現在残る1匹を最後に飼育を取りやめることを決めたためだ。

 天王寺動物園に残るコアラは10歳の雄のアーク。昨年6月に4歳の雄のコアラ「そら」が香港の動物園に貸し出されたため、天王寺動物園で唯一のコアラとなった。来園者のコアラ人気は高いが、実は、同園では一昨年、飼育動物の選定計画を検討する有識者会議で、コアラについて「維持困難」と判断、自然減による撤退を決定した。

 理由は繁殖の難しさと高額な餌代だ。

 コアラは繁殖協力のため、他園と貸し借りされるケースが多いものの、北方系と南方系の2種のうち同系統のコアラとしか繁殖ができない。天王寺動物園の場合、同じ南方系を国内で唯一飼育している「淡路ファームパーク・イングランドの丘」(兵庫県南あわじ市)と繁殖協力をしているが、交配は容易ではない。

 一方、餌代も年間数千万円かかる。天王寺動物園では、3匹を飼育していた平成27年度の飼育費が約6千万円で、このほとんどがユーカリの栽培委託費だ。

 ユーカリは、寒さに弱く、オーストラリアとは風土が異なる日本での栽培が困難なことに加え、台風などで収穫できない場合に備え、数カ所に分散して栽培せざるを得ない。天王寺動物園では、大阪府や鹿児島県など4府県5カ所でコアラの餌のためだけに約20種のユーカリを委託栽培しているが、「リスクヘッジを考えると栽培地の数は減らせない」(同園)としている。

 牧慎一郎園長(45)は「コアラは人気は高いが、維持コストが高い。新しい雌を連れてこない限り繁殖は無理。長期的にみて撤退は仕方がない」と話している。

 国内の動物園でのコアラ飼育

 昭和59年10月、東京都立多摩動物公園など3園がオーストラリアからきたコアラの飼育を開始。日本動物園水族館協会によると、最盛期には国内の9園で96匹が飼育されていたが、平成27年には8園49匹に減少した。天王寺動物園では元年6月、姉妹都市の豪州・メルボルン動物園から3匹が来園したのを機に9匹を飼育していた時期もある。関西では、ほかに神戸市立王子動物園と淡路ファームパークでコアラを飼育している。

天王寺動物園 種類数推移を、 
第 14 回大阪府市統合本部会議資料 天王寺動物園 ~これまでの検討状況~ 2012 年 6 月 19 日 文化施設TF(A項目・動物園WG)報告資料
http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/15336/00101638/03-10-2_shiryou-dobutsuen.pdf
で見ると、
飼育動物数: 208 種 880 点 希少動物飼育数: 50 種 152 点 ( H23.3.31 時点)
近年のピークは2003年で300種、1600点であったので、半分とまでは行かなくとも、かなりの減少ぶりであることがわかる。
2005年に大きな減少のピークがあり、そこからは横ばいである。

飼育員も2002年度の36名から32名に削減しているのも気になる。
マニュアルがあれば、すぐ一人前になれる職種でなく、飼育員の目が不十分であれば人や動物の死亡事故にもつながりかねないので、減数や民営化を机上で決めて良いものかと首をかしげる。

現在、動物園は盛況であるようだが、それも牧園長のアイディアの目新しさによるもので、市民が本来の役目である「野生動物保全のための研究と実践・環境教育」を理解しているわけでもなく、“見世物”との感覚は全く払拭されていないことから、近い将来、企画でも当の動物でも集客できなくなるのではないか?
その時、市民は、「そんな“見世物小屋”は遊園地にさせればよい」と言い出すのではないか?
「民間では、赤字になれば動物を減らし、種の保存といった博物館としての役割を果たせないではないか!」との意見を持つ市民が、どれだけいるのか?

市議もこの程度の認識であろうし、益々世界の動物園との乖離は広がり、自然や環境への配慮や教育は日本から忘れ去られるとの懸念をもつばかり。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中