茨木市議選候補予定者について 民主編

現職は、
民主ネット(4人)
幹事長 田中総司、友次通憲、安孫子浩子、中村信彦

民主田中&中村だが、中村氏が引退で、新人の稲葉氏を後継とする。
他二人は民主ではないが、連合大阪から推薦してもらっている。

1. 安孫子浩子
いかにも民主にありがちな胡散臭い人。
民主公認で2006年選挙初当選したくせに、民主が落ち目になると、さっさと見限って出ていくあたりは、既存の政治家らしい当選目的が丸見えである。

ゆめ・みらい通信 特別号
http://www.hiroko-abiko.jp/wp/wp-content/themes/abiko_hiroko/pdf/ymt-S001-201612.pdf
では、

2012年04月08日投開票の茨木市議会議員補欠選挙で自民候補者であった辻由紀子氏の応援を受けているとある。
辻氏も安孫子氏と同じく、当選すれば何でもいいのであり、そのネトウヨ臭を今も
「親学の一歩・いばらき」代表なる肩書で撒き散らしている。

子ども食堂サミットIN関西 雑感 その2

他にも
11月 週刊13号
http://www.hiroko-abiko.jp/wp/wp-content/themes/abiko_hiroko/pdf/ymt-w013-201611005.pdf
では、

11月26日(金)ハーモニーライオンズクラブ主催の恒例行事、児童養護施設(子どもの家・レバノンホーム・救世軍希望館)の子どもたち のランチバイキングイベントに参加いたしました。
100人ほどの子どもたちが参加してくれました。
などとの記載も見受けられる。

2017年1月 週刊31号http://www.hiroko-abiko.jp/wp/wp-content/themes/abiko_hiroko/pdf/ymt-031-201701.pdf

2016年11月6日(日) 「天橋立・伊根湾めぐりのバスツアー」に行ってきました。
などとあるように、バスツアーを開催したり、高齢者や子どもに近づきたがるのは、票だけ目当てで何もせん議員によくみられる手口だ。
自民系に多いのだが、彼女も辻氏とつながるようにそんな手口と親和性が高いのだろう。


2. 稲葉通宣
引退の中村氏の後継候補として、落下傘で舞い降りたのだろうが、さっそうと・…ではないね。

チラシ(民進プレス号外)を見ても事務所住所が印刷されているのに、「問い合わせ先」欄が空白など、いかにも間に合わせできましたって感がありありと伺える。


どうせ間に合わせだったら、2016年8月21日投開票の箕面市議選で
836票落選した、藤原徳祐貴(民主・新人)氏にすればよかったんじゃないの?
民主唯一の候補で、参議院選挙で7000票あったので、それに乗ろうとしていた割には、桁違いの得票だったけど。

やっぱ、アホの足立こと足立康史・衆議員(維新)の元秘書だと民主や維新からも言われていたようではダメだったのね。

箕面市議選に行ってきた。  パンダパンダ

で、後継だから勝てると踏んで、真打登場?
彼とは面識があるので、書いてあげたんだけど、元市議ではなく候補ね。


稲葉通宣・元大阪市議(住吉区)・民主党にブロックされる。

トンズラ魂溢れる稲葉氏も議員なりたい病だよね。
それとも藤原氏を指して私に言ったように、自分自身も党の駒を自覚してるって?

チラシのフレーズも「政活費は全面改革を! それまでは全額返上!」って、私が民主関係者に必ず言うセリフ「ネトウヨ議員は維新にくれてやって、市民の声を聞く政党としてやり 直せ!」との指摘通り、維新と同じような公約を掲げてますね。
で、堺・大阪府市・阪南等の不正を書いてますが民進党大阪府連副代表の大毛十一郎 &幹事長の木畑匡・堺市議は、政活費返還してるよね。
自ら右翼を自称する大毛さんは、どこぞの返還させられまくった会派に名義貸しをしたと思われる市民からの監査請求で、市政だよりの印刷代や人件費など約153万円を市に返還。


大毛さんの監査結果が出ました。 大毛さんの言い分

こちらもネトウヨと呼んであげている木畑さんは、私の黒田征樹(維新)宛監査請求のあおりを受けて、同じく青年会議所会費を返還。
堺市議5人、政務活動費計66万円返還へ 収支報告を訂正 – 産経ニュース 2014.11.15 07:01
http://www.sankei.com/region/news/141115/rgn1411150037-n1.html
より

 堺市議会は14日、平成23~25年度の政務活動費について議員5人から金額訂正を伴う収支報告の訂正があり、計約66万円が返還されることを明らかにした。いずれも「堺市議会の指針には反していないが、他の議会の動向に照らし合わせて議員個々が判断した」としている。
 政活費の返還が生じる訂正を行ったのは、ソレイユ堺の小堀清次、木畑匡、中井國芳、大阪維新の会堺市議団の黒田征樹、米田敏文の5氏。
 小堀、木畑、黒田の3氏は青年会議所などの年会費で計約57万5000円。中井氏は市政報告用のプロジェクタースクリーンの案分比率変更などで約8万円。米田氏はタクシー代や事務所の茶・菓子代など約7800円をそれぞれ返還する。
なのに、それらには触れないなんて、ここでも維新チックだわ。
それと民主系議員で、同じように政活費を「全額返上」してる議員なんているの?
どんな議員活動してるか教えてほしいものだわ。
 
しかも稲葉氏が住吉区で立候補した時も、既に政活費は大きな争点になってたんだけど、おなじような公約で闘ったんかいな?
茨木市議選に合わせたポピュリズムにしか見えんわ。

中村市議の28年間の燃えカスでも拾いたいんだろうけど、有権者は中村さんだから投票しているのであり、どこの馬の骨かもしれん、野々ちゃんの言葉を借りれば茨木市と「縁もゆかりもない」稲葉氏が、その票を丸っぽ横取りしようったって、そうは問屋が卸さんでしょ。

泉北で、中井国芳さんの後を貰い損ねた富平卓朗氏の票は2748票。
2011年の中井さんの票は4128票だからね。

中井さんから譲ると言われて、(田中丈悦氏の票を食うても仕方がないので)断った私だから言うけど、中井さんの人柄についている票は、仮に私が富平氏の代わりであっても同じことだっただろうね。

ナンボ党の駒でも、ヒトとしての羞恥心を持ちなさいよ。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中