維新が堺市長に予定している、シミケンは堺市長になっても持つのか?

「ついにシミケンこと清水健・読売TVアナウンサーが堺市長になるカウントダウンが始まってしまった!!」
2016年12月3日

でメディアに先駆けて書いた、シミケンの堺市長選挙への道だが、当の本人が市長就任後「ポンポン痛いの~」と辞めそうなほど精神的に弱いとの情報が回ってきた。

既に全国ネットでもこのように書かれている。
「読売テレビ・清水アナの退社は本当に美談か? 堺市長選に維新から出馬の見方、党幹部と事前運動の情報も」

2016.12.27  リテラ

より

 実は清水アナは、2013年9月にあった前回の堺市長選でも、地元・堺出身の有名人として、維新側から二度にわたり出馬を要請されていた。手記によれば、清水アナは「一瞬立ち止まってしまった」ものの、「現時点ではキャスターとして頑張りたい」と固辞。振られた維新は急遽、元市議を候補者に立て、当時の橋下徹代表が先頭に立って選挙運動を展開したが、大阪都構想に堺が組み入れられることに危惧を覚えた市民から「NO」を突きつけられ、惨敗している。

それから3年。再び出馬の動きがもちあがっているというわけだ。維新はすでに清水アナのマニフェストを用意。3月頃までに出馬を表明するとも言われている。今回の会見で、清水アナは政界への転身について「今は基金のことで頭がいっぱい。行政に活かすことは考えていない。全くないです」と否定したが、この言葉を額面通りに受け取る政界関係者はほとんどいない。

実際、清水アナは出馬に向けた事前運動としか思えないような動きもしている。堺市は現・日本維新の会幹事長である馬場伸幸衆議院議員の地元なのだが、清水アナはその馬場幹事長に連れられ、市内を挨拶回りする姿が今年夏頃から頻繁に目撃されていたのだ。

また、10月10日には現職の竹山修身市長がこんなツイートをしたことが大きな波紋を広げた。

〈高校生が企画する「サカイティーンズフェスティバル」が合庁前広場で開催されご挨拶。その後、読売TVtenキャスター清水健氏が高校生と堺の魅力を提言する座談会があり聴かせて頂きました。終了後清水さんにお礼を申し上げましたが、後方に馬場代議士や多数の維新市議が控えているのが異様でした〉

10月22日には「シミケンサポーターズ」なる応援組織が堺市内の会館で設立イベントを行い、12月3日には同組織主催の「チャリティーライブ」が開かれている。ライブには清水氏と交流のある6組のミュージシャンが集まったが、いずれのイベントも主役は清水アナ。選挙には一切触れないものの、「シミケン頑張れ」という雰囲気が溢れていたという。設立イベントに誘われて出席した市民は語る。

「堺のことや癌患者支援のことを話すわけでもなく、亡くなった奥さんの闘病ビデオを流して、ゲストの芸能レポーターとどうでもいい立ち話をするだけ。本人は『ありがとうございます』『辛くて苦しいけど頑張ります』『皆さんの思いは無駄にしません』とひたすら頭を下げているだけの、何がしたいのかようわからんイベントでしたね。奥さんを亡くしたことはそりゃお気の毒やけど、どうも腑に落ちない。選挙のことは一切触れませんでしたが、選挙に向けて顔と名前を売るためのイベントとしか思えませんでし
た」

一方、維新側はこの動きを悟られまいと必死だ。地元出身で、候補者選定の中心的役割を担う馬場幹事長も、今月初めのテレビ出演では「意中の人はいない。堺のために働きたいという人を選びたい」とはぐらかし、今月20日には、その馬場幹事長を維新が擁立する可能性がある、という松井一郎・日本維新の会代表(大阪府知事)の発言を朝日新聞が報じた。

「これらは完全に陽動作戦だといわれています。維新はどうも、出馬を隠し、清水アナにギリギリまで番組に出演させ、最高のタイミングで出馬を表明するという作戦を考えていたらしい。いま、橋下徹元大阪市長がやっているのと同じですね。民間人のふりをして冠番組を持ち続け、ギリギリのところで、国政に出馬する。そのローカル版をやろうということだったんでしょう」(全国紙政治部記者)

まったく呆れるやり口だが、しかし、その清水アナのニュース番組を放映する読売テレビはテレビ局としてこんなことを許していいのだろうか。橋下氏の『橋下×羽鳥の番組』(テレビ朝日)も放送法違反に当たる可能性は十分あるが、清水アナは読売テレビの社員、局アナである。そういう立場の人間が選挙の事前運動まがいのイベントを開き、維新の議員に挨拶に連れまわされたり、イベント出演時に後ろを固めてもらっているのは、もっと問題だろう。

「読売テレビは、辛坊治郎の番組を複数放送していることからもわかるように、局ぐるみで維新べったりですからね。清水アナの動きも知っていながらずっと黙認していたんです。しかし、この秋に堺市市長にツイッターで暴露されたあたりから、局に批判が多数寄せられるようになり、かなり慌てていたようです。新聞などからも取材が入っていたらしく、このままいくと、BPO案件にもなりかねない。それで、清水アナに決断を迫ったんじゃないでしょうか。実は、維新サイドはもっとギリギリのタイミングでの退社を考えていたと聞いています」(在阪テレビ局関係者)

一方、こうした批判の声に、清水アナ自身もかなり弱気になって、出馬に躊躇し始めたという情報もある。だとすると、今回、清水アナが政界への転身を完全否定したのも、目くらましでなく、迷いの表れということなのか。

(引用ここまで)

で、堺の地場情報。

維新との関係や市長選出馬について聞かれ泣いてしまったTV局退職会見後の飲み会の席で記者たちに。

「可能性は半々。出たくないのは、一つは体調不良。痩せてきて果たして激務に耐えられるか。二つ目に子どもとの時間も持ちたい。しかし松井知事からは『出なければ馬場(維新幹事長)を出さざるをえなくなる、馬場も「今度は逃さない」と言ってる、退路を絶て』と迫られている」と。

そして年末には堺市幹部にまで自ら応援依頼。

維新は既に、2月か3月には出馬発表のスケジュール前提で市長選マニフェスト作成済とか。

どうやら本人は揺れに揺れているようです。

(引用ここまで)

現状読売TVで、年棒1500万ほどは得ているのではないか?

×20年+天下り分の銭は市長では得られない。

衆議員に転向するつもりか知らんが、先ず市長時代に議会から叩きに叩かれるだろうが、それに耐えられるのか?

しかし自民筋からも人柄が悪いと揶揄される馬場君では、選挙は厳いだろうし、市長選挙に落ちて府議に逃げた西林克敏氏と違い、またあがり席の衆議員に戻るのも恥ずかしかろう。

となれば、落選浪人で市長に固執するしかなく、馬場君のいた17区で衆議員席に誰を放り込むのかともなる。

中身がない者は山ほどいて、それらにあてがうとしても、党内で「何であいつやねん!」との不満は出ようし、メディアネタもしでかしてくれ、維新凋落を進めるだけだ。

維新の誰かが堺市長になったとしても、維新自体があと何年持つのか?

既に中山泰秀氏は、裏切り風見鶏ボンボンの本領を発揮し、維新と協力していくとしている。

維新との関係「くだらないケンカやってる時間ない」…中山泰秀・自民党大阪府連会長に聞く – 産経ニュース
2016.12.29 11:00
http://www.sankei.com/west/news/161229/wst1612290012-n1.html

より

「維新とは、何も非協力関係を結ぼうとは思っていません。

国会で(平成27年9月の安保法制に絡み)安倍内閣に不信任決議を共産党と一緒に提出した維新の関係者が、年末のクリスマス・イブに安倍首相と昼食をともにしているのですから。大阪の景気や経済状況を考えると、くだらないけんかばかりをやっている無駄な時間はないと思っています。

是々非々できちっと議論してやっていけばいいのです」

いがみ合っているように見せかけている大阪自民府連も、このように第2自民である維新との協力を表に出してきた。

となれば、維新が安倍政権にすり寄っているように自民と維新の違いはなくなり、維新投票者は離れるだろう。

徐々に維新は自滅していっているが、2017年は維新の党なる政党自体が消滅のカウントダウンとなるルビコンな年だとハッキリするのではないか?

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下一高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

“維新が堺市長に予定している、シミケンは堺市長になっても持つのか?” への2件のフィードバック

  1. これだけ清水氏を批判して出馬しなかったら
    それ相応の謝罪文くらい掲載しないと
    人としてどうなんでしょうか 笑

    いいね

    1. あsfさん、コメントありがとうございます。

      しみけんは、自身で出馬しないと言っている(2万%とは言ってないが)のですから、出馬しないのが当然で、それについて私が何も言う事もないし、ましてや謝罪などする理由すらありませんよ。

      出馬した際に、しみけんがどう弁解するのかこそが、皆さん楽しみなんじゃないですか?

      私はしみけん自体への批判でなく、本人に強要して選挙の道具に使っている維新にどうかと迫ってるんですがね。
      前回の堺市長選挙候補者である西林氏も「それは党が決めることで…」と、言ってましたしね。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中