堺市庁舎の11F議場&議員控室にある喫煙室が、ようやく撤去に向かう

「根拠法施行から何年経ってんねん!」と言いつつ、近年になってようやく敷地内全面禁煙が広まってきた感があります。

根拠法:
健康増進法 (2002年7月26日可決成立・8月2日公布・2003年5月1日施行)
第五章第二節 受動喫煙の防止
第二十五条 学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店その他の多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙(室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされることをいう。)を防止するために必要な措置を講ずるように努めなければならない。

堺市でも他の施設は敷地内全面禁煙で、役所も原則そうなのですが、たった1ヶ所だけ残った場所があります。
それが表題の本館11F議員控室フロア。
これがやっと廃止されます。

堺市役所で喫煙室が全滅!?市議会喫煙室撤去決議案を全会一致で可決 – 産経ニュース
2016.12.21 07:43
より

 堺市役所本館11階の議会フロアに設置された喫煙室の撤去を求める議員提出の決議案が20日の市議会本会議で、全会一致で可決された。

庁舎管理者の竹山修身市長は、撤去時期について明言は避けたものの「議長らと協議し、早急に対応する」と述べた。

10年以上設置され続けた庁舎屋内唯一の喫煙室がついに消えることになった。

 喫煙室がある議会フロアを含む市役所本館は、平成12年から建て替え工事が行われ、16年2月に完工。

15年の健康増進法施行を受け、市が16年1月に建物内を全面禁煙にすると議会に説明したところ、議会側が「議会フロアに喫煙室1カ所を設けてほしい」と要請。

同3月に急(きゅう)遽(きょ)、本会議場そばに喫煙室が設置された。

 喫煙室は窓から市内を眺望できる約20平方メートルの一角につくられ、整備費は約210万円。

灰皿のほか、テーブルや空気清浄機が置かれ、市議だけでなく、傍聴に訪れた市民らも利用していた。

 だが、議会フロアを除くと、市役所屋内は全面禁煙となっており、市民から「議員だけ特別扱い」などとする批判も起きていた。

このため、市議会の議会運営委員会が今年8月から喫煙室の撤去の検討を始めたが、結論は出ていなかった。

こうした中、最大会派の大阪維新の会市議団(13人)、公明党市議団(11人)、ソレイユ堺(8人)、自民党市民クラブ(7人)と黒瀬大議員(無所属)が16日に吉川守議長に喫煙室撤去を求める決議案を提出していた。
可決された決議では、健康増進法で受動喫煙防止が求められ、厚生労働省が東京五輪を控え今年10月に受動喫煙防止対策を強化する姿勢を示したことをあげ、「市議会としても受動喫煙防止に取り組む必要性を感じる」として喫煙室の撤去を求めている。

堺市議会事務局が今年6月現在の堺市以外の19政令市の状況を調べたところ、議会フロア(棟)で喫煙ができないのは、千葉市や横浜市、京都市、大阪市、神戸市など8市だった。
(引用ここまで)

決議翌日に撤去されたりはしないでしょうけど、私は吸わないので、現地確認の意味も込めて見に行ってきましたので、報告します。

11Fまでのエレベーターに1Fから乗り込むと先客が。
地下駐車場か、食堂から乗ったのでしょうか、野村友昭(自民)市議でした。

meibo_higaimg_nomura野村友昭.jpg
東区菩提町5丁119番地101号
電話:072-285-5120

私は初対面でしたが、「野村さんですよね? たかひらです」と声をかけると知っていてくれたようで、名刺交換し、早速誰が反対して続けていたのかと質問すると、
野村さんは、
「自民が反対と言われているが、そうではない」と回答してくれました。
しかし、維新や他党の誰かが反対なら「〇〇さんが反対している」などというはずで、やはり自民内や公明などの協力会派に反対者がいたのだと推察された次第です。

エレベーターを降り、野村さんとは別れ、喫煙室を見に行くと、男性がプカプカと使用中。
見覚えがないので議員ではないと考え、「職員ですか?」と問うも「違う」との返答でしたので、彼が写り込まないように撮影。

しばらくするとの野村さんが彼を迎えに来た後、すぐまた私の元に戻ってきてくれました。
議員出席電光掲示板では、自民会派で他に来ているのは西村昭三さんだけでしたので、「呼びに行って来て」とでも言われてたんでしょうね。

しばらく話してみましたが、やはり反対者については「私は喫煙者ではないし、喫煙室にも前から反対しています」と口を割ってくれず。
「議会さぼって、議場から出てる議員もこの前見かけたけど、ここで吸ってるんでしょ?」には「昔ならいざ知らず、今はそんな議員はいませんよ」と返されたので、「なら、その昔さぼってた人って誰? 自民だった馬場君?」と再質問すると、返答せず。

「野村さんは、自民でもマシな方だと思っているので、安倍奴隷でおったらアカンで!」との問いかけには、「TPPもIRも反対だ」と強く意見表明してくれたものの、後で彼のブログや自民党青年局長としての発言などを検索してもそのような主張は見つけられず。

良かったのは、「せっかく部屋になってるんですから、補正予算つけて撤去しなくても、電話室にでも使えばどうですか? それだとステッカーを『喫煙室』表示の上から貼るだけでいいから、安くつくでしょ。 この場所は他に使わないから喫煙室として囲ったんだから、撤去する必要もないし。 煙草臭さは消す必要があるかもしれませんが、換気扇を止めるだけで、置いとく方がマシでしょ?」と提言すると「撤去ありきで考えていましたが、残す手もありますね」と答えてくれたこと。
無駄な出費をせずに、ツケを払うよう議会で決めてくださいね。

ここで喫煙室問題について、時系列で見てみます。

長谷川俊英アクション日記
9月27日 (火)  久しぶりの快晴。暑くなって31.2℃の真夏日。各地で熱中症のニュース…
より
■議会フロアの喫煙所について…私の主張
今朝の朝日新聞「ニュース短信」に、堺市議会の喫煙室廃止をめぐる議論の様子が紹介されています。改めて、これまでの議論を振り返ってみました。

●2004年9月(市民グループ「たばこれす」が「議会喫煙所の廃止」の請願提出)
長谷川はこの請願の紹介議員となり、本会議や総務委員会で「請願を採択して喫煙所を廃止しよう」と論陣を張りました。
しかし、自民党、公明党などの反対で請願は不採択。
なお、「たばこれす」は、同年3月に「新庁舎の議会スペースに喫煙場所を設置するための190万円支出は違法」として、住民監査請求も行っています。
監査 委員は請求を認めなかったものの、「本庁舎の建物内禁煙の実施に際し、一部例外措置を残さざるを得なかったことは残念であり、このことについては市民に対して説明責任を果たす必要がある」との意見を付けました。
ちなみに、その折の監査委員は、西村昭三議員(自民)や松本光治議員(公明)もメンバーでした。

●2012年9月(決算委員会・討論)
この年6月、橋下大阪市長(当時)が市議会に「喫煙所廃止」を要請して実現しました。
そこで、「堺市議会でも、唯一、本庁舎内にある議会フロアの喫煙スペースのありようが問われている」と主張。
「大阪市会の喫煙場廃止を堺市議がどのように受けとめるべきかを、議会運営委員会等で議論をしてほしい」と提案しました。

●2012 年12月(本会議や健康福祉委員会で発言)
私が前年5月の議会で提唱した「堺市がん対策推進条例」が、この年9月に可決成立。
「これを契機に、竹山市長も橋下市長と同様、議会への要請をすべきだ」と求めたのですが、市長は「議会で十分御議論していただいて、その結果、適切な判断をされるのが第一」と逃げました。

●2014年3月(決算委員会健康福祉分科会で発言)
松井知事が府議会に上程した「受動喫煙防止条例」について議論。
同条例が成立すれば、堺市議会フロアの喫煙所は「違法」となることを確認。
しかし、条例案は撤回されました。

●2016年9月(議会運営委員会)
私が次議会に向けて維新の会に促したのは、正式には「議会フロア喫煙所の廃止決議案」か「 舎内禁煙条例」のようなものを提案して議論すべきだということです。
(引用ここまで)

また、市民からも抵抗勢力はこのように予想されています。

『議員特権?@議員は特別扱い? 堺市議会の喫煙室、廃止論に意見対立』
2016-09-26 堺 だいすき ブログ
http://amba.to/2hFDay9
より
ちなみに、吸うのは、たぶん、公明、星原、田淵、成山?
自民、西村、平田、野里、ソレイユ、きばた、小堀、大毛、

まだまだいるけどね
よく来る幹部、田村副市長、議会事務局長。

田村副市長は、議会なくても、ちょくちょく見かける…(; ̄O ̄)

最近は知らないが…(; ̄O ̄)以前は、就業中でも、見かけて、えっ、とびっくりした記憶がある。職員はダメなのに。

ちなみに、議会開催中でも、議場でて、タバコプカプカしている議員もいるんだよね、

サボってね、
電話しながらタバコプカプカ。

だから、議場で、質問している時に、タバコプカプカ。

これは、問題だと思うんだよね。

そこをつっつけば、いいのに。

最近は知らないが、サボりの居場所に、タバコ部屋がなっていた。

職員は我慢しているのに、禁断症状が出てる議員。
どうなんだろうか?

議場にいずにタバコ部屋にいる議員を指摘したら、おもしろいのにね

(引用ここまで)

市民でもここまで名前を出しているのに、議会関係者が誰と言わないのは不自然なので、あちこちに訊き回った結果、具立的に名前が出てきましたのでまとめます。

撤去に反対してたのは、西村昭三(自民 当選6回)、星原卓次(公明 当選6回)両市議と推測されます。

meibo_simg_nisi西村昭三.jpg
自由民主党・市民クラブ
連絡先 堺区大浜南町2丁2番16号
電話:072-227-5770
meibo_niimg_hosi星原卓次.jpg
公明党
西区鳳東町7丁771番地1 レスタージュ鳳801号
電話:072-228-7203
期数で言うなら、彼らに匹敵するのは、米谷文克(ソレイユ堺 11回)、長谷川俊英(非所属クラブ 8回)、乾恵美子(日本共産党 7回)、城勝行(日本共産党 7回)、松本光治(公明 6回)、吉川敏文(公明 6回)で、うるさいのは長谷川さんぐらいでしょうし、数の力で言うなら、自民と公明が反対であると7+11=18/47議席となり、元が自民の維新もに西村昭三氏と、連携を持ちかけている公明に正面切って縦突きにくいでしょうから、両者の思惑が続くことになります。

更に喫煙者や彼らの応援団というか手下が後ろに続きます。
野里文盛、平田大士、信貴良太(以上自民)と、大林健二、裏山正利(以上公明)というところでしょうか。

公明でも喫煙者である田渕和夫さんなんかは、例外的にそこには追随しなかったのではないかとも考えられます。
これは百条委員会委員長としての働きぶりから見える真面目な人柄より。

第3会派である民主党系ソレイユ堺は、小堀清次さんが、喫煙自体に対して反対のようです(下に議事録発言あり)。
山口典子さんもそんな感じですので、木畑匡、米谷文克、大毛十一郎、吉川守と言った面々も「吸わせろ!」とは言いにくいかったのではないでしょうか?
反対会派自体が市議が、議会で態度を明確にしており、います。

8月議会での維新の反対提案については、いつも通り長堀本部からの指示だったと推測されます。
次にそれを後押しするつもりで、請願者が動き始め、これらの動きに危機感を持った西村&星原氏らが、議運委員長の吉川敏文氏と共謀して、「決議案」をまとめた構図が浮かび上がってきます。

決議案では、喫煙所の「撤回」と同時に、屋外喫煙所が受動喫煙防止に必要な「基準を満たす」(当初の文言)ことを市当局に要望するとしています。
そして、後段が実現するまで喫煙所を撤去させない…という戦略で、維新をこれに巻き込んだと考えられます。
維新は、決議が成立すれば、長堀に良い顔ができますし、いつまでも喫煙所廃止が実現しなければ、市長選の争点として、単純で格好の素材ができることになるでしょう。

置いてけぼりにあった形のソレイユは、後から「4会派共同路線」として、乗らざるえなかったのではないでしょうか。
もっとも、本会議での山口発言からすると、請願よりも、「自分たちの手で廃止」という思いがあったかもしれません。

この推察はどこまで当たっているのか?

全貌を知るであろう、西村&星原氏が語るのを待つばかりです。

資料:
小堀反対発言:
平成21年第 1回定例会-03月05日-04号

◆7番(小堀清次君)
現在、本市は我が会派の増栄議員の提案を受けて、路上喫煙等に対する啓発、取り締まりと罰則規定を盛り込んだ、(仮称)安全・安心・快適な市民協働のまちづくり条例素案の策定にあたっています。
我が会派は路上喫煙防止条例についてはもっと早期に単体で実施をしてほしかったという思いを持っております。
実際、今や関西では4つの政令市の中で堺のみが路上喫煙防止条例を持ってはおりません。
早急にこれの成立を望んでおるわけでございますが、私はこの(仮称)安全・安心・快適な市民協働のまちづくり条例、これにたばこのみならず、ごみのポイ捨てに対しても啓発、取り締まりと厳しい罰則規定を設けるべきだと考えますがいかがでしょうか。

星原吸いまくる発言:
平成28年 6月20日健康福祉委員会-06月20日-01号

P229
◆星原卓次 委員

皆さん、お疲れでございます。
公明党の星原でございます。
私も数年ぶりにこの当健康福祉委員会に所属させていただきます。この1年間よろしくお願いしたいと思います。
先ほど長谷川委員の質問の中でも、私も数少ない喫煙者の1人でございまして、なかなかいつも会うたびに、まだたばこ吸ってるのかと、先ほどの市長の幹部の方って大体おおよそ誰やなというのは予測はつくんですけれども、よく言われるんですが、なぜか妙に長谷川議員から言われると反発したくなりまして、誰がやめるかと思いながらも、やっぱり自分自身の体のことでございますし、先日も4歳になる孫が、じいじ、たばこやめたらという、体によくないということを言われまして、恐らく娘もしくはばあばである私の妻が言わせてるんだろうなと思うんですけれども、そう孫から言われると、そうやなと思いながら、やはりこの子ども、孫の成長も見届けたいなと。やはりその小学校、中学校、高校、大学と卒業して、結婚式の姿も見てみたいなと。さらには、またその子ども、ひ孫の顔も見たいなって思うのが常でございまして、この1年、当委員会に所属する中で、やめられたらいいかなということで、やめるとは断言はいたしませんけども、この1年間よろしくお願いしたいと思います。

池尻反対発言:
平成22年 7月20日子ども・青少年健全育成調査特別委員会-07月20日-01号

◆池尻秀樹 委員
ここの市役所にも、下の入り口のとこに喫煙場所ありますけれども、私ら、たばこ吸うてない人間からすれば、そこ通るたんびにたばこの煙を吸うんですね。

そんな状況が、ほんまに今の状況がええんかどうか、もう1回本当に考えていかなければいけないんだと考えております。
そういった中で、教育委員会ももう1回腰を据えて、本気でぜひこの問題に取り組んでいっていただきたいと思っております。
なかなか一歩を踏み越えて何でもやっていくのはいろんな、まだ法律上の問題はあろうかと思いますけれども、この青少年の健全育成に関しても、たばこ問題にしてもね、ほんまに本気で取り組んでいかなければ、一つも改善できません。
そやから、もう私は今回、文教委員会外れましたけれども、先ほど永田委員が言った統一した小中一貫の生徒指導に関しても、このたばこ問題に関しても、これからも、本当にこれはもう私の議員生命かけて戦ってまいります。
本気でやりますんで、ぜひまたよろしくお願いします。
本日はありがとうございました。
平田(自民)反対発言:
平成18年第 4回定例会-06月14日-07号

◆48番(平田晶君)
この市役所内も全面禁煙になりました。1つのことを決めた理由があります。

しかも市役所で決めました。職員がその決めたことに対して、あとどういう対応をするか、私は非常に興味があります。
禁煙というのは、もちろん健康の問題ですから、その人のためにもなるし、まして受動喫煙、たばこの煙を吸わされる方が、吸っている人よりも害が大きいということになれば、人に迷惑もかける。
だからその人の人間性の問題にもなります。
迷惑をかけておるのを知っていながら、たばこを吸っておるという人は私は嫌いです。
少なくとも、そういう人間は私は余りいいことはないと思ってる。
広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中