石原慎太郎はまだほざく “裕次郎の兄”以外に存在価値のない彼に捧ぐ、忘備録

青嵐会時代から逃げの醜態をさらしてきた、小心者&裏切り者の石原慎太郎閣下が、豊洲問題で、TVや取材から逃げ回った姿には、老害とか老醜とでも名付けてあげれば満足だろうか?
追加の恥はこちらで見てほしい。

豊洲問題で石原慎太郎が「文藝春秋」に責任転嫁の言い訳手記を発表! 一方「週刊文春」は石原とゼネコンの癒着指摘
2016.11.19 リテラ
より
再三にわたるヒアリング要請を「高齢」「体調」を理由に拒否。東京都は先月25日、石原に送った質問状への回答を公開したが、そのほとんどが「記憶がない」「聞いていない」という“ゼロ回答”で、「晩節を汚す行為」と非難を浴びた。

さんざっぱら一家で都税や国税を食い、政治を家業としてきた彼が、蟄居しておればいいものを、まだ産経に駄文を書きなぐっている。

【石原慎太郎 日本よ】三島由紀夫氏と一致した「自己犠牲の美徳」をあの男に見た – 産経ニュース
2016.12.19 07:13
http://www.sankei.com/column/news/161219/clm1612190005-n1.html  
では、未だにミシマにすがって食うのかと呆れる他ない。

すがられて迷惑千万であろうミシマは、「インテリが触れてはならぬと自戒しているいくつかの思想的タブー」が武士道=『葉隠』、国学では平田篤胤 神学(復古神道)、

その後の政党右翼思想、天皇崇拝であり、
明治の開明主義者が西欧的合理主義の移入者であり代弁者であるところに、
自己のプライドを根拠を置いてきた明治初期の留学生の気質によって、決して西欧化になじまぬものは、アジア的なもの、蒙昧なもの、いまわしいもの、醜いもの、卑しむべきもの、外人に見せたくな いものとして、押し入れの奥に片づけておかれている(『行動学入門』「革命哲学としての陽明学」)と、ウルトラ国家主義の軸から、自民党のような戦後保守を批判している。
産経駄文にあるような「男としての最高の美徳」などとよくも書けるなとしか言いようのない、自身の生き方を「男として」どころか霊長類として振り返っても恥しかない、齢を経ても円熟とは無縁な腐臭が増すだけで、ヨゴレじじぃと化したイシハラなど、このミシマ批判の刃にかかる以前の問題であろう。

折角なので、イシハラまとめをしておく。

ハマコ―からの批判

石原氏は78年、福田赳夫政権によって「中華民国(台湾)」との平和条約が破棄され、「中華人民共和国」との平和友好条約が結ばれた際、この平和友好条約を採択した「国会本会議」に先立って行なわれた「外交委員会」の採決で、賛成起立しました。
自民党から共産党までの圧倒的賛成多数による可決に反対したのは、やはり「青嵐会」に所属していた中山正暉ただ1人。
その後行なわれた衆議院本会議に石原慎太郎は欠席。
この衆院であくまで反対を貫いたのは林大幹・浜田幸一・中山正暉の3人のみ(ともに「青嵐会」)。
参院では玉置和郎(「青嵐会」)・源田実の2人だけでした。
つまり、日中友好に青嵐会の血判状仲間を裏切ってまで賛成しているんです。

これをハマコーに著作で書かれている。

石原慎太郎くんへキミは「NO」と言えない -
浜田幸一・元衆議員は著書石原慎太郎くんへキミは「NO」と言えない 』ぶんか社(1999、22頁)の中で次のように書いています。
 国民に選ばれた国会議員が、二国間の友好条約を決定する場に出席することなく、賛成・反対を表明しないことが正しいことであろうか? それは国民の判断に任せるしかない。だがしかし、ひとつだけ許せないことがある。
 石原くんはあらゆる場において「NOといえる日本になりたい」といっているけれど、それではなぜ、血判まで求めた青嵐会幹事長の彼が、本会議に上程される前の外務委員会において、日中友好条約に起立賛成したのだろうか?

 
 「中華人民共和国」を「シナ、シナ」と呼び続け「対中強硬派」を演出する石原慎太郎。しかし、その石原は政治家としてもっとも大切な瞬間に尻尾を巻いて逃げ出していた! これは口達者な石原が百万言を費《つい》やしても決して否定できない「事実」です。日本国が存続する限り公式文書として「証拠」が保存され続ける石原慎太郎の「汚点」です。

自分には優しく、弱者には強く ベトコンは殺してしまえ!
都知事時代も社会的弱者の首を絞め続けた石原氏だが、若い時からその性根であった。

報道写真家の石川文洋著
ベトナム戦線Dゾーンのチャンバンの砲兵陣地で、訪れた我々日本記者団に向かって、試みに大砲の引き金を引いて見ないかと副官にすすめられたことがある。 (中略) 番が私に廻って来そうになった時、同行していた石川カメラマンがおだやかな微笑だったが、顔色だけは変えて、 「石原さん、引いてはいけません。引くべきでない。あなたに、この向こうにいるかも知れない人間たちを殺す理由は何もない筈です」
といった。
躊躇(ちゅうちょ)している私に、陽気な副官は鉄兜をさし出し、”Kill fifteen V.C.!”
と叫んだが、幸か不幸か突然射撃中止の命令が入り、その時間の砲撃は止んでしまった。
私は今でもその時の石川君の、私を覗(のぞ)くように見つめていた黒いつぶらな瞳(ひとみ)を忘れない。童顔の、あどけないほどのこの若いカメラマンの顔に、私はその時、なんともいえず悲しい影を見たのだ。
彼がもし強く咎(とが)めていたら、私は天邪鬼(あまのじゃく)にその後まで待って引き金を引いていたかも知れない。
広告

投稿者:

watchdogkisiwada

あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中