大阪環状線専用新型車両323系は、大混雑な失敗をする!!

私は鉄オタではない。

ニュースで環状線の新型車両試乗会の様子を見た時も、特別な感情は湧かなかったが、鉄道労働者と話す機会があり、その欠陥について教わったので書きます。

新型車両については、JR西日本が大宣伝をしている。
初の大阪環状線専用新型車両323系が12月24日、いよいよデビュー!:JR西日本
2016年11月28日

これが、3か所ドアで、大混雑必至の混雑路線では使えない欠陥品だと証明されるだろうとの指摘を受けた。
朝のラッシュ時(7:30~8:30頃)の大阪駅で問題は大露見するだろうとのこと。

旧型車両と写真を見比べてみる。

写真は新しい201系ではなく103系だが、いずれも現在の主力である。

確かにドアは4か所。

37a82 JR東日本、山手線に新型ステンレス車両E235系.jpg

写真は山手線新型車両E235系

他の鉄道でも、南大阪在住者にとっては、4か所ドアがなじみ深い。

山手線、南海(ラピートなどは2か所)、泉北鉄道、近鉄、大阪市営地下鉄(ニュートラムは1か所)。

3か所ドアは、阪神、阪急、京阪(5000系はラッシュ時5か所、特急は2か所)。

ドア数を減らした理由について、写真も引用した記事から。

大阪環状線に新車両が導入される本当の理由 満を持して2016年度に「323系」がデビュー | 通勤電車 – 東洋経済オンライン
2014年12月14日 大坂 直樹 :東洋経済 記者

より

新型車両導入には、もう1つの大きな理由がある。それは、2020年までに全国のホームドア設置駅を800駅まで増やしたいという国の事情だ。
全国のホームドア設置数は2014年9月末時点で596カ所に達した。山手線には29駅中14駅にホームドアが設置されている。一方、JR西日本のホームドア設置駅は、東西線の2駅と山陽新幹線の1駅にとどまる。大阪環状線の駅にホームドアは設置されていない。
ホームドア導入拡大の起爆剤?
その理由は103系、201系がどちらも4ドア車であるのに対し、大和路快速など環状線に乗り入れる他路線の車両は3ドア車であることだ。つまり、環状線を走る車両には3ドア車と4ドア車が混在しており、これがホームドアの設置を阻んできた。
今回導入される323系は3ドア車である。導入に伴い、103系と201系は環状線の運用を外れるため、環状線は3ドア車で統一される。これによって、環状線へのホームドア設置が一気に進むことが期待される。
西日本を代表する鉄道会社であるJR西日本でホームドアの導入が進めば、全国でホームドア導入の機運が高まるに違いない。JR西日本の新型車両には、こうした波及効果も期待できるのだ。

(引用ここまで)

これについては、産経新聞でも当時書かれている。

2014.5.11 14:33
より
複数の路線が乗り入れ、ドア枚数の異なる電車が混在して走るJR大阪環状線について、JR西日本が片側3ドアの車両に統一する方向で検討を始めたことが10日、分かった。通勤時間帯での3ドア車の導入試験の結果、「3ドア車でも遅延や大きな混乱はない」と判断した。平成29年度までに導入する新型車両を3ドア車とする方向で検討しており、4ドアの古い車両を順次置き換える方針だ。11日に開業140年を迎える大阪駅での整列乗車を促進し、混雑を緩和する狙いがある。将来のホームドア導入にも弾みがつきそうだ。
JR西によると、大阪環状線を走る電車は、4ドア車が6割、3ドア車が4割。このため、電車によって駅ホームの乗車位置マークが「△」と「○」で異なり、利用客の多い大阪駅などではラッシュ時の混雑が問題になっていた。一般的にはドア枚数が多い方が乗降がしやすいとされ、利用客の多い路線では4ドア車が使われる。
JR西はドア枚数を統一するため、2月17~21日、通常は4ドア車で運転している朝の通勤時間帯の普通電車を、3ドア車に統一する実証試験を実施。ラッシュ時でも列車遅延などの影響がないことを確認した。3ドア車で統一できれば、整列乗車の促進と乗降時間の短縮が期待できる。乗客のホーム転落や電車との接触を防ぐホームドアも設置しやすくなるという。
環状運転が始まって3月で50年を迎えたが、大阪環状線の4ドア車はいずれも国鉄時代の製造で、特に103系は昭和44年の使用開始から45年が経過している。一方、3ドア車は主に関西国際空港や和歌山、奈良方面に向かう快速電車を中心に運用されており、JR発足後に製造された新しい車両が多い。3ドア車の新型車両を導入し、国鉄時代の4ドア車を置き換えれば、将来的には3ドア車に統一することができる。

(引用ここまで)

ここで「ラッシュ時でも列車遅延などの影響がないことを確認した。」と書かれているが、現場職員は、前述のように問題があることと、災害時にも4か所ドアの方が早く車両より退去できると指摘した。

導入時にも現場の意見として強く主張がなされたようだが、経営陣は無視して3ドアを導入するに至った。

JR西日本が3ドアにしたいのは、自社開発のホーム柵への利便だとするが、3ドアでも4ドアでもホーム柵は利用可能なのだから、4ドアにしておけばいいのに、なぜか快速のように3ドアで統一する意向らしい。

六甲道駅の新型「昇降式ホーム柵」JR西が報道公開 神戸市 – 産経ニュース
2014.12.16 11:14
より

 JR西日本は16日、JR東海道線六甲道駅(神戸市灘区)で、ホームの支柱に張られたワイヤを上下させて乗客の転落を防ぐ新型の「昇降式ホーム柵」を報道陣に公開した。JR桜島線桜島駅(大阪市此花区)での試験運用の結果を踏まえ、車両数やドアの位置が異なる列車が混在して走る路線に初めて採用した。

 JR西によると、昇降式ホーム柵は、電車が到着するとホームに設置された支柱が約1メートル伸び、ワイヤがドアより高い位置に上がり乗客の乗降を促す仕組み。

 これまでは車掌がセンサーに手をかざしてワイヤを作動させていたが、新型は電車が停車すると自動的に車両の数やドアの位置に合わせてワイヤが上がるように改良されたという。

 六甲道駅には6、7、8、10、12両編成の快速や普通列車が停車。車両形式によっても片側4ドアと3ドアの列車が混在しているため、従来の「ホームドア」の導入が困難だった。

 JR西の担当者は「来年3月まで安全性や実用性を検証し、今後は利用客の多い駅などへの設置も検討していきたい」と話した。

これを経て、ホーム柵を拡大。

全国初、JR西が昇降式ホーム柵を本格導入 「実用化可能」と判断、高槻駅の新快速専用ホームにも新設 – 産経ニュース
2015.3.19 11:28
より

 六甲道駅には6、7、8、10、12両編成の快速や普通列車が停車。車両形式によっても片側4ドアと3ドアの列車が混在しているため、従来の「ホームドア」の導入が困難だったが、昨年12月から試行運用したところ、「結果は良好で、実用化が可能」(JR西)と判断したという。

で、利用者の話と、この語のホーム柵設置展望。

昇降式ホーム柵は転落防止の救世主となるか (1/3) – ITmedia ビジネスオンライン
2016年12月08日 09時50分
より

 運用開始から1年半以上が経過した六甲道駅をよく利用しているという神戸市東灘区の主婦、戸政久子さん(55)は「乗客が乱れることなく、駆け込み乗車も見られなくなり、ホームでのマナーが良くなった」と話す。また、同市灘区の看護師、金丸あゆみさん(25)は「開閉式の可動式に比べて圧迫感がなく、違和感のない柵で安全が保たれているのが好感が持てます」と話していた。

全日本視覚障害者協議会の理事、山城完治さん(60)は「幅が広いので、ドアを探すのに時間がかかってしまう」と昇降式ホーム柵に対する不安を訴える。

 昇降式ホーム柵には安全対策として、稼働する際には「ロープが上がります」「ロープが下がります」とアナウンスが流れ、柵に近づいたり触ったりした乗客に対しては「ロープから離れてください」「ロープに触れないでください」との音声が流れるようになっている。

 日本盲人会連合総合相談室長の工藤正一さん(67)は「視覚障害者はしっかりしたものに触れることで安心感を覚える。いきなり音声による警告を受けて、うろたえるケースも少なくありません。車内のポスターなどで乗客にサポートをお願いする啓発を図ってほしい」と指摘する。

 国土交通省は、視覚障害者がホームから転落する事故が相次いでいることを受けて平成23年8月、1日当たりの乗降客10万人以上の駅を対象にホーム柵の設置基準(優先して速やかに実施)を示した。しかし、全国にある約9500駅のうち、ホーム柵を設置したのは1割にも満たない665駅(平成27年3月末現在)にとどまっている。コスト面だけでなく、多様な駅ホームの状況・条件などがネックとなり、ほとんど設置が進んでいない。

 特に関西地方ではホーム柵の設置がかなり遅れており、JR西日本ではホーム柵を設置しているのは11駅しかない。同社は「昇降式と可動式のホーム柵整備は、並行して進めていく」としており、来春には大阪駅(大阪市北区)と京橋駅(都島区)で可動式ホーム柵を導入。京都駅(京都市下京区)や三ノ宮駅(神戸市中央区)、西明石(兵庫県明石市)では昇降式ホーム柵の設置準備を進めるなど、駅の状況によって設置するホーム柵を変えていく方針だ。

 また、阪急電鉄も平成31年春までに13駅(大阪市淀川区)に可動式ホーム柵を設置することを決めている。

 同省によると、平成27年度に乗客がホームから線路上に落ちたり、ホームで電車に接触した事故(自殺を除く)は全国で198件も起きている。これは鉄道における人身傷害事故件数の半数近くを占めている。

(引用ここまで)

ホーム柵設置で、転落事故が減るのは良いが、不必要な3ドア化で混雑度が増すのはいただけない。

4ドアよりも混雑度の酷さを感じたら、以下にどうぞ。

■JR西日本お客様センター
0570-00-2486
(固定電話からは市内通話料でご利用可能)
078-382-8686
営業時間: 6時から23時 年中無休

メールはこちら

https://www.jr-odekake.net/info/info.html

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中