維新の歳費削減反対&パフォーマンスとしての定数削減 箕面市にて 

なぜ大阪の有権者が維新が改革してくれるイメージに騙され続けるのか、全くもって理解できないのですが、維新が何かを変えられる(ゼネコン方向では良くとも、市民にとっては良くないのですが)のは、大阪府市のように、首長&議会第一会派を取っての議会のみです。
これは、吉村洋文・大阪市長が苦労しているように、強行的に数の力で採決を押し切っているからで、審議に耐えうるような提案ではないことを示しています。
ハシシタ改革などとの妄想には、後に痛みが伴います。
ハシシタ・大阪市長の負の遺産 訴訟での大阪市の損害合計額
2016年11月15日
で示したような、強権政治の後始末をさせられているのが吉村市長ですから、私は彼に同情的でもあります。
ですが、彼はハシシタイメージの強権型ではなく、他会派とも話し合う、平松型というか、従来の首長と同じ姿勢ですので、維新支持者にとっては物足りないはずです。
府市統合などと言ってますが、松井一郎・知事が実績として宣伝する保証協会統合も、中小企業の貸金を削減しただけでで、実績どころかいじめでしかなく、お仲間である大企業の本社機能移転も含めて、ドンドン大阪から企業は消えて行っております。
これは神戸も苦しい所でしょうが、京都ではロームや任天堂、狂徒セラミックですら、本社をそのまま置いていますね。
住吉区の病院統合も、結論だけを先に決めて、後で11億円を解体する旧住吉病院建物へと無駄に支出せねばならない状況となっています。
銭に汚いといった面では、政務活動費返還以外でも
公認会計士でもある、水ノ上成彰(維新)堺市議は、「供託は死に金」との明言を残しつつも、後に維新会派は選挙前の賞与だけを全員供託し、いつもながらの見せかけだけな「身を切り改革」を実行しておりますし、
東大阪で政務活動費(¥8万/月)を受け取っていないのに、他の自治体でそんな減額をしているのは政活費ネコババで百条委員会にかかっている小林由佳(維新)堺市議だけだし、
議員歳費カットにしても、貝塚では田中学(自民)に「2割でも3割でも議会に出せ! こっちは5割カットで出すから、賛成せぇよ!」とどやされて、直ちにやめる始末。
こんな恥ずかしい真似が続くのは、議員自身が考えてやっているのではなく、党の指示にただただ隷従しているからです。
こんな仕事ぶりを議員とは呼べませんし、まさに就職です。
そんなに党のロボットになりたいのであれば、落選して長堀の本部にいる尾田一郎・元府議のように党職員になればよろしい。
それでは犬のおじさんこと武智秀生氏が幹事長を務める箕面市議会維新会派は、
堀江優、尾﨑夏樹、今木晋一、尾上克雅、神代繁近の6名。
この人たちが議会でどんな恥ずかしい主張をしているか見てみましょう。
先に書いておきますが、箕面市では倉田哲郎市長が自民にも維新にも寄り添う、泉佐野市の千代松大耕・市長型で、議会は、23議席中、自民5、自民や維新とも寄り添う箕面政友会4、公明3、共産3、無所属市民派の増田京子&中西智子がそれぞれ一人会派となっている議会構成です。
つまり維新と自民が市長与党となっているので、組めば11となり、林恒男(自民)議長を抜いてもあと4で過半数となる状況です。
中西智子・箕面市議の報告より
10月6日

お維新がさっそく「定数削減」「政務活動費の廃止」を議案提案してきた。
箕面では議会改革検討会議という場で議論することになっているのに、そこには一度も提案せず、単にパフォーマンス!
そして、連日のように街宣している。

定数削減の根拠は説明できず、
箕面の政務活動費の不備を質問すると、
「箕面はちゃんとしてきているが、市民感情はそうでないため」という無責任な答弁。
市民が納得できない、ボーナスの役職加算手当や、競艇運営協議会の報酬見直しをどう考えるのかと質問すると、それは変える意思がないようすで、まともに答えない。
前日、議会改革の議員研修があったが、
お維新は、講師に自らの提案の是非を尋ねるどころか、
政務活動費の公開制を高めるべきと考えている、と真逆のことを述べたので、もうビックリ!
つくづく、お維新は理念なきパフォーマーだと思う。
上から出せと言われたから、しゃーないねん。
とのことですが、これのどこが改革政党やねん?
旧態依然とした組織体質、
組織の力で議員になれたから、組織には逆らえません、ってか?
あ〜情けなや。
市民:
中西様。議会会改革検討会議とは、一般市民でも傍聴する事は出来るのでしょうか?もしくは、過去において箕面のライブ画像を保存いているのでしょうか?
箕面市議会議員 中西とも子
みのおch議会改革検討会議や。その専門部会は傍聴可能です。ただ撮影はしていません。
私は検討会の会議概要を市議会ホームページに公開するよう提案してきましたが、多数決で却下されました。

9月16日·
昨日の本会議。
お維新が提案した定数削減(23人⇒19人)と政務活動費廃止案に対し、私を含め4人が質疑。
提案者は、
「財源を確保するため」
「身を切る改革」
が、目的とのことですが、
質疑では、
「議会改革検討会で一度も提案してこなかったのに、何故唐突に出すのか」「検討会で丁寧に議論すべきではない」
「財源確保が目的なら、議員報酬カットや、市民に説明のつかない報酬を廃止・見直するへきではないか?」
「そもそも箕面の政務活動費の運用には何か問題があるのか」
「政務活動の公開、説明責任を果たすうえで、これを廃止すると、各議員や会派の活動実態が見えにくくなる」
「定数削減で、各委員会での構成が少人数になり過ぎるため、適正な議論ができない」
「市民の声が届きにくくなる」
などなどの質問に対して、
「迅速な対応のため、提案した」
「委員会構成のことは、これから考える」
「他市ではもっと少ないところがある」
「箕面の政務活動費は、きちんとしているが、市民感覚では廃止がよい」
「議会事務局の負担軽減になる」
「個々の議員が、活動を公開したらよい」
「役職加算や競艇運営審議会報酬は、提案者が議会改革検討会に提案したらよい」
などと、提案者・お維新の、ええ加減で、無内容、とにかくパフォーマンスありき、が露わになりました(怒)
お維新の「改革」とは、市民受けするスローガンを並べて、本当に身を切る改革については見て見ぬふりをするちゃっかりさんのようです、
とにかく同じ議員として情けない!ということ。理事者の答弁より酷く、答えになっていないばかりか、議員として無責任すぎる対応でした。
良識ある市民の、厳しいチェックも必要です。

12月6日
昨日は民生常任委員会。
珍しく所管の案件が少なく、3時頃に終了。
マイナンバー制度を活用したコンビニ交付についての条例改正の審査で、
委員外発言(野次)や、
古参議員の理解しがたい発言、
委員長のまさかの発言など、
議会改革を検討している議会とは思えない有り様に、うんざり。
傍聴者からも失笑が。

その1      委員長が私の質疑を妨害
「コンビニ交付は、個人番号カードが必要。
現在の自動交付機は、来年11月末で廃止するという市の方針だか、現状では9割の市民が、個人番号カードの申請をしない、という選択をしている。
今、持ちたくないと考えている9割市民にとっては、サービス低下に繋がるが、そういったことをどのように考えているのか」
と質問したところ、理事者がどのように答弁したものかと戸惑いをみせた。
すると委員長が突然、
「こんな質問、いいんですか。
9割がカード持ちたくないと決め込んだ質問なんて」
と、理事者に向かって質問した!
(一同、唖然。議員傍聴席からは、そうだという声も)
はぁ?  呆れた私が「これは私の質問ですからもんだいありません」
(私は副委員長なので、アドバイスを行いました)
「いや。でもこんな質問、9割が云々・・・」(詳細ははっきり覚えていません)
ま、もちろん答弁して貰いましたが、委員長が委員の質問が有効かどうかを理事者に尋ねるなんて、前代未聞!あり得ないことです。
その2    古参議員が質疑に立ち、私たちの質疑がいかによくないかを、滔々と述べたあげく、質問しないで着席。
それって、意見でしょ。だつたら「意見」の時に、発言なさったらいかが?
この傾向は、もうお一方の長老の方にも言えることで、私らの質疑への不満を、理事者に投げかけたり、
「これだけ質疑する人は、きっと議案に反対しないでしょう」と、意味不明なことを述べられます。
客観的にみると、皆さんこぞって「ボクちゃんたち、野党議員の発言を打ち消してるでしょ?頑張ってるでしょ!」と言いたげなようです。(個人的感想ですけど  笑)
まぁ、情けないというか・・・
因みに委員長さんはお維新の会の方です。
定数を削減すると議員の質が上がると訴えておられる会派。
結局、数の論理で物事が決まっていく議会。
改革の裏側で、硬直化が進んでいます。

ちなみに中西さんが指している委員長とは、維新の尾上克雅さんだと補足説明しておきます。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中