塩村文夏・都議の殺処分視察を検証。 ホンマだったんだろうけど…

殺処分ゼロ! ペットの人権も守るたかひらです。
殺処分に関して、塩村文夏・都議(東京みんなの改革)の以下ブログを時々シェアしている人がいて、ホンマかいなと思っていました。
2015年10月30日 金曜日
「TOKYO ZEROキャンペーンにて、某自治体の視察。殺処分の様子も視察をさせて頂いた。本日この自治体で殺される犬は10。」
ブログはこのような書き出しで始まり、まとめて殺処分される様子が写真とともに記されています。
これを何度も見ているうちに、あまりにも気にかかるので、塩村さんに訊いてみることにしました。
 堺でどうしているか、岸和田から泉佐野を経て送られる森ノ宮の府施設でどうしているかご存知ですか?
 大阪市も含めて、引き取り手を探す努力もしていますよ。

 最後の「生体を売るな」には同意しますが、あまりにもセンセーショナルに煽る為の画像とも受け取れます。
 どこの場所かかも示していませんし(東京都には5箇所有り)。
 しかも写真は犬ですが、多くは猫です。
 
 塩村さんは地域猫の取り組みはしているんでしょうか?
 それなしであれば、単に選挙用ポピュリスム利用のためのブログとしか言えない。

 このブログの記載について、写真をどこかから引用し、さも自身が視察に行ったのではないかとの疑義があります。

 塩村さんは都議ですので、都に訊いてみました。
 東京都動物愛護相談センター本所(世田谷区)回答:
 塩村ブログは見ていない。

 都内で殺処分をしているのは城南島出張所しかない。
 殺処分機は使用していない。
 犬の引き取りはほぼないし、猫なども含めて殺処分する場合は、1匹ずつ麻酔注射で行っている。

 2015年10月30日付け御ブログ「殺処分の現場へ(処分の写真を含みます)」について、視察先を隠す理由を教えてください。

 また本文では読者が都内だと錯覚しますが、東京都動物愛護相談センター本所(世田谷区)回答では、
 視察先ではないと確認できます。

 視察先を明らかにしないことによって、都の愛護センターが殺処分を継続的に行っているような誤解が生じますが、誤解を与えるような表現を公人として発信していることについて、どのようにお考えでしょうか?

電話がつながらなかったので、このようにメールで質問しましたが、返答なし。
それで、ますます写真をパクったのではないかとの疑念が膨らみました。

彼女自身は、以下の自分の産経デマ報道について訂正を求めているのだから、自身の疑義には当然ながら他の議員よりも回答すべきなのです。

産経新聞の報道について 2【謝罪と訂正を求めます】
2015年8月10日 月曜日
より
本日、都議会議会局総務課長と話をし、確認いたしました。
結論からいうと、産経新聞の【恣意的報道】か【誤報】のいずれかであり、既に産経新聞には謝罪と訂正を求める旨の連絡をいたしました。 産経新聞の記事によると「セクハラやじ被害の塩村都議、議会質問写真の無償提供あるのに撮影依頼」とあります。

塩村さんが怒っている、産経の記事
セクハラやじ被害の塩村都議、議会質問写真の無償提供あるのに撮影依頼 – 産経ニュース
2015.8.8 12:00
より
 ■政活費から支出
 セクハラやじ問題で注目を集めた東京都議会の塩村文夏議員(37)=無所属=が、アイドルの撮影などを手がける有名スタジオに、政務活動費から3万4400円を支出し、議場で一般質問する自らの姿を撮影させていたことが7日、都議会が開示した昨年度の収支報告書で分かった。写真は広報誌やホームページに掲載したという。

それではと、視察主催のTOKYO ZEROキャンペーンへと訊ねてみました。
ここは電話番号はなし。
「以下、塩村都議のブログについて、質問をしましたが、返答がなく、視察自体に疑義が生じておりますので、共闘されている御組織がご存知ではないかと考え、質問させていただきます。
このブログの記載について、写真をどこかから引用し、さも自身が視察に行ったのではないかとの疑義があります。

しかもブログの書き方で、御組織が主催であるとも読み取れますので、疑義を晴らすためにも、回答よろしくお願いします。

視察先を明らかにしないことによって、都の愛護センターが殺処分を継続的に行っているような誤解が生じますが、誤解を与えるような表現を公人として発信していることについて、どのようにお考えでしょうか?」
メールで回答をいただいたものの、返答者が誰かの記載は、訊ねても回答せず。
それでも塩村さんの疑惑は、一応晴れたとしときましょう。
視察に行ったか行かないか程度の説明責任すら果たさないので、何だか納得がいきませんが。
回答:
たかひら正明さま

 この度はお問い合わせをいただき誠にありがとうございます。TOKYO ZEROキャンペーン事務局です。
 弊キャンペーンでは昨年10月30日、関東地方のある動物愛護センターへの視察を実施しております。実施内容については弊キャンペーンのサイト(http://tokyozero.jp/1579/)でも公表しており、呼びかけ人である塩村あやかさんも参加しています。
 なお「関東地方のある動物愛護センター」と表記しているのは、視察先であるこの動物愛護センターから視察を受け入れる条件として「どこのセンターを視察したのかがわからないよう、自治体名等は伏せてほしい」と提示されたためです。同センターによると視察やメディア等による取材を受け入れる際にこうした条件を提示するのは、「殺処分をしている施設として実名を公表されると、問い合わせ電話等が多数かかってきて業務に支障が出るということが過去にあったためです」とのことでした。
 どうぞよろしくお願い致します。
 TOKYO ZEROキャンペーン事務局
たかひら:
TOKYO ZERO キャンペーン事務局 御中
担当者名をお示し下さい。
回答ありがとうございます。
現地調査に塩村さんが実際に行かれたと本回答で確認させていただきます。
塩村さんは都議であるにもかかわらず、質問に対して返答がなされないので、写真だけをどこかから引用したのではないかとの疑義がありました。
また都議ブログでもあるので、視察先を匿名にするにしても都内であるかどうかとか日にち明示や、関東地方・東日本など特定されない程度の場所の概要説明は必要です。
もし視察に政務活動費が利用されているのであれば、領収書は公開されますので、場所が特定される蓋然性があり、ブログで施設と公人参加者の写 真すらないような視察実態が確認できない報告は、カラ出張ではないかとの疑義も生じるからです。
ハリス(鈴木絵美)さんのような私人ですら、視察同行を御サイトで確認できるようになっているのですから、公人であれば尚のことです。
視察条件としての匿名であったとしても、どこで何匹が年間殺処分されているかは行政の公開情報ですので、全国的に示す事が可能なはずです。
そのような一覧は、HPで公開されているでしょうか?
また、お持ちであれば、情報提供お願いします。
たかひら 拝
回答:
たかひら正明さま

 
 お返事をいただきありがとうございます。TOKYO ZEROキャンペーン事務局です。
 各自治体における殺処分に関する情報は、それぞれの自治体のホームページや環境省のホームページで公表されているかと思います。
 どうぞよろしくお願い致します。
 
 TOKYO ZEROキャンペーン事務局
広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中