赤ちゃん用防災チェックリスト&オムツ替えに役立つ便利グッズ3つ&ミルク代わりの飲み物レシピ

M7余震に注意!絶対備えたい「赤ちゃん用防災チェックリスト」 | It Mama(イットママ)
2016/11/22 ItMama 編集部
より

日本史上最大級の被害を出した東日本大震災から5年経ちますが、その余震は未だ続いており、なんとマグニチュード7クラスの揺れも、年1回は起きているとのこと。

赤ちゃんを持つママは、「もし地震にあったら……」と思うと、背筋が寒くなる思いがしますよね。

しかし、地震はいつなんどき来るか分からないもの。その時のために、備えがあるかどうかがカギとなります。

そこで今回は、赤ちゃんを持つママなら準備しておきたい、“いざという時のための備え”についてご紹介していきます。

ママなら絶対用意しておいて!備蓄品10のリスト
備えを作る上でまず考えるべきは、地震が起きたら「何が必要になるのか?」ということ。

一般的に、地震発生後はガスや電気・水道などのライフラインがストップし、時には避難所で数日過ごさなければならない時もあります。

最悪のケースを想定して、下記のものはきちんと準備しておきましょう。

(1) 飲料水(3リットル×3日×人数分)
(2) 非常食(3日分)
(3) おむつ・生理用品
(4) ミルク・母乳パッド
(5) 除菌シート・ティッシュペーパー
(6) マスク
(7) ビニール袋
(8) 救急セット・薬
(9) カイロ
(10)懐中電灯

しかし、赤ちゃんがいる以上、一通りの備蓄ではやはり足りないのです。

赤ちゃんの衛生面・栄養面を考えて、更に準備しておきましょう。
オムツ替えに役立つ便利グッズ3つ

覚えておいて安心!ミルク代わりの飲み物レシピ

緊急時、最も困るのはミルクがなくなってしまうことですよね。

ミルクがない状況でも、赤ちゃんには最低でも“水分”と“糖分”が必要になります。

そんな時に作りたいのが重湯と砂糖水です。

(1)お米から糖分を!「重湯」の作り方

材料:お米、水、火と鍋、スプーン、皿

1:お米の分量に対し、水5~10の割合で火にかけ、おかゆを作ります。

2:おかゆができたら、お皿などで冷ます。

冷ましたおかゆから米粒を取り除き、白く濁った液体が“重湯”になります。

スプーンを使って飲ませてあげましょう。

(2)手っ取り早い「砂糖水」の作り方

材料:白湯(100cc)、砂糖(5g)、スプーン、カップ。

1:100ccの白湯に5gの砂糖を溶かし、約5%の濃度になるようにしましょう。

それを1回につき20cc~40ccを目安にスプーンで少しずつ与えてください。

少ない材料でできるので、知っているだけで赤ちゃんを守れます。

ぜひ、覚えておきましょう。

いかがでしたか?

事前に防ぐことができない地震。

キチンと備えをしておかなければ、命に関わることもあります。

この機会に、家の防災を見直してみてくださいね。

【参考・画像】

※ 東日本大震災の余震か 1週間程度はM7級の可能性 – 朝日新聞

※ eSampo – いざ知恵

※ milaphotos, Dziurek, Halfpoint / shutterstock

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中