ええ加減、税でカルチャーセンターみたいな間遠はやめよ! 第56回大阪府市議会議員研修会

2004年10月9日(土)、新日本プロレス両国大会

『PRO-WRESTLERS BE STRONGEST by general』
観衆=1万1千人(超満員) で、
WJが崩壊して長州力さんが電撃的にリングに登場した際、対抗しに出てきた永田裕志さにと張り合いになった後、

「永田、さすがにお前は新日本の天下を取り損ねた男だ。」

と言い、以来、永田さんには「天下を取り損ねた男」なるネーミングが付きまとってしまっています。

阪南では、10月30日投開票の市長選挙で、争点となった旧ヤマダ電機店舗を巨大子ども園にするのかについて、議会では賛成に回りながらも、前言撤回で反対しさえすれば、一度は市長になれたにもかかわらず、市民からの呼びかけにも応えず尻込みした上甲誠・市議に「市長になり損ねた男」なるネーミングをつけて差し上げたい。

維新&ネトウヨチックな南出賢一・泉大津市議は、神谷昇・元市長が退いた後、自民から応援を得ようと、12月18日投開票の市長選挙に名乗りを上げています。

彼もタイミングを待っていたのでしょうが、同様に上甲氏も市長をもくろんでいるのですから、今回はベストタイミングであったのに躊躇した。

そんな上甲氏が議員研修会なるお楽しみ会を投稿し、他の参加議員らもコメントしていたので、こんな税の無駄遣いをどう考えているのか訊いてみました。

第56回大阪府市議会議員研修会
会場は、、吹田市にあるホテル阪急エキスポパークで、
14時~15時40分まで
講師は時事通信社特別解説委員 田﨑史郎氏で、
演題は『揺れ動く内外情勢とこれからの日本経済』

上甲 誠

11月21日 16:19
本日は大阪府下の市議会議員全員が対象の研修会に参加。
阪南市からは
16人中3人(!)の議員が参加しました。

として、自身のブログ記事が貼られている。
毎年ホテル阪急エキスポパークで行われている、この会の様子をブログから抜き出す。
毎年このブログに「他の市からはバスで来たりしていて大勢の議員が参加している。阪南市議会議員ももっとたくさん参加し、他市との交流や社会情勢などを積極的に勉強すべきだ」と書かせていただいている研修会です。
今年の阪南市からの議員参加は3人だけ、正副議長と私。数的にはワーストタイ記録です。。。orz
さて、内容はというと、よくテレビにも出ておられます時事通信社特別解説委員の田崎史郎氏による講演でした。
・政治は「情・利・理」で動くものである。
・天皇制がこの国の最後の平和装置。
・議院内閣制は大統領制より優れている。
・政治は川の流れである。
などなど、、この他にも大変勉強になりましたし、阪南市政にも通ずるところたくさんありました。
他の議員も記事からも引いてみる。
戸田さんに法律シバキされている共産党な門真市議会議員 福田英彦ブログ
第56回大阪府市議会議員研修会
2016-11-21 16:52
より
講師は、時事通信社特別解説員の田﨑史郎氏で、「揺れ動く内外情勢とこれからの日本経済」をテーマに90分の講演でした。

政治を見る視点やどのような情報を頼りにするかなどの取材源、天皇の生前退位問題、TPPなど経済問題、安倍政権はいつまで続くのかなどの内容でしたが、予想通り安倍政権よいしょの話が大半で、正直あまり身になる話はありませんでした。

ただ、質問の「地方政治についてどのように考えるのか」に対する回答で、市町村議員は市民に一番身近な存在でその声を反映できること、国政に翻弄されないことについて述べたことについては、少し共感できました。

(引用ここまで)
この会の原資がどこから出ているのか大いに興味があるが、仮に直接会費が議会予算から支出されていないとしても、「こんな懇親会に議員報酬を使うのかい?」と言いたくもなる。
参加者がコメントしていたので、見てみよう。
田中 がく
貝塚市は、公務扱いなので、毎年全員参加ですよ?

上甲 誠
うちも公務扱いの筈なんですけどね…

田中 がく
地方議員は、もっと勉強しないとね?

たかひら 正明
まさか、これが「勉強」だと言わんでくださいや。
政策提言したことのない、「親睦会な南議連」などと言えないお粗末さではないですか?

田中 がく
位置付けは、勉強会です。
ですが、今回はなんの勉強にもならなかった?
もちろん、今回の会長市、貝塚市議会議長並びに、事務局にクレームを入れました。

たかひら 正明

さすが学さん、よくぞ応えてくれました!!
今回はなんの勉強にもならなかった❗>>
でしょ。

今回、貝塚が議長だったんですね。
これって会費は議会予算からの支出ですよね?
監査請求ものでっせ!

正直に苦言を呈していない参加議員らにも猛省を!!

田中 がく
仮に監査請求しても棄却されるね!
講演の内容にクレームを着けるのは、後付けになるので難しいと思う!
全国市議会議長会でも、期待外れの内容は多々有るからね(((^_^;)

たかひら 正明

棄却されても、どのような考えで講師を選んでいるのかが、一定明らかにされますので、その意味はありますよ。
更に住民訴訟になれば、もっと詳細の説明をしなければならなくなる。
ついでにそこまでやれば、毎年やられるとたまらんので、講師選定が非常に慎重になります。
これは税の無駄遣いで、細目自体をなくさなくとも支出削減のためにオンブズがずっとやってきた手法ですし、私も成功体験してますから。
全国でなく近畿ですら市議長会など、田母神さんや加藤のオトキさん、スポーツ選手を呼んでる会があります。
むしろ行政に密接した人を呼んでる会の方が圧倒的に少ない。
しかも岸和田では電車でなく、公用車代わりのタクシーで5万円以上かけて大津まで行ってますしね。
「政務活動費や選挙公費について、議長申入れを行いました。」

田中 がく
ぜひ、頑張って訴えて下さい!

たかひら 正明

貝塚市民じゃないから、監査請求もできまへんがな。
やるなら住民でもある学さんでしょ。
「議会でやる」とは逃げられませんぜ。
自分で議長会のバカバカしい人選を提起してんだから。
どう変える努力をしたかの具体と、その効果を示せるなら別ですが。
幹事が貝塚市だから、張り切っていただきましたが、結局ブーメランと相成ってますやん。
貝塚市での議長采配をしているのは、学さんらとそのお仲間なんですし、そもそも自民の看板を大々的に掲げてるんだから、コミットできるはずです。
やらない大人の事情何て公に書けないでしょ。
それなら、そういう返答をどうするのかも勉強させてもらってんですから、想定内で終わらせんでくださいよ。
想定内で行くなら、はじめから太田式でどうぞ。
でもこれは学さんの守備範囲内だから、こういう手法は採れませんよ。

田中 がく
貝塚市民は、関係ないよ?
大阪府市議会議長会なので、府民なら訴えれるのと違いますか?
貝塚の議長や事務局には、クレームを入れたと書いたが、当番だけで権限は無いと言われたしね!
なので、後付けになるので訴えるのは難しいと書きましたよ?

たかひら 正明
すみません。
そうでしたね。

学さんと対話してるので、貝塚市民と矮小化してしまいました。
ごめんなさい。

府下の参加自治体住民なら、誰でも資格がありますね。

訴訟案件や刑事告訴・告発状案件が山ほど溜まっていて、訴状だの準備書面だのを弁護士に振ったりもしていますが、本人訴訟分も終わったと思えば、また新たな分が出てきたりして、自分の事務処理能力のなさを嘆いております。

でも、これも頑張りますわ。

問題を、監査請求や訴訟で提起するのは簡単ですよ。
勝つのは仰る通り困難ですが。

前述したようにどう歯止めにするかが、市民の机上の限界だとは理解してますし経験済みです。

(たかひら注:

アカンがな…

また宿題が積まれてしまいました…

ですが、これって、叩きを書けば、府下33市で一斉に住民監査請求できますやん。

是非とも共闘して欲しいですので、ご連絡お待ちします。)

 

学さんとは長くやり取りしましたが、他の方は誰もコメントしてくれず。

記録として再録しておきます。

貝塚 敏隆(阪南市議・公明)
スミマセン。??参加予定でしたが、車が故障でレッカー移動。修理代が何と20万円弱。18万キロ走行の車ですが、さて、どうしたものか???

石川 勝(地域政党「龍馬プロジェクト×吹田新選会」 代表、吹田新選会)
本日は、ようこそ吹田市へ!
お会いできて嬉しかったです。??

たかひら 正明
程度は、今はなき柿花(道明 ザイトクな荒巻氏らと共闘するレイシズムあふれる人)氏に合わせてますということでしょうか?

中本さんや後継の五十川さんにレベルを合わせてもらえませんかね?

私からトンズラしている神谷(宗幣)レベルでは、神が降臨しても、実務にはつながらんでしょ?

たかひら 正明
 「TV見に来てんちゃうぞ!
税で来てんねんから、実務に直結する話せんかい!」とは誰も言わない体たらく。

誰が主催か不明ですが、「カルチャークラブか!監査請求かけっぞ!」と市民に言われても致し方ない「勉強」ですね。

議長会や市長会なども同じですが、有名人を呼んで、話の文字起こしを市民に見せられないような会は、恥ずかしい。

政策提言したことのない、「親睦会な南大阪振興促進議員連盟」などと言えないお粗末さではないですか?

そして、コメントが参加者同士の褒めごろしなのも、違和感大あり!!

ちなみに中西智子・箕面市議の投稿では、
「ただ今、田崎史郎のセクハラ発言が続いて、ややうんざり。」と評していた。
他にも

「安倍総理とのお食事仲間なので、情報が入ってくる、というような意味のお話をされていましたね。
来年1月の総選挙は無いと言ってましたね。11月解散12月選挙だと思うと。公明党をチェックしていたら分かる、と。」
だって。
ホンマ、税の無駄使い!!
ついでなので、他の議員らのブログでのコメントも紹介します。
本文にも登場している田中学(自民・貝塚市)
第56回 大阪府市議会議員研修会
2016年11月22日 08時27分26秒

大阪府下の市議会議員が年に1度、ほぼ全員が集まって勉強をする会なので多くの同志にも会えました。
今回の田崎史郎さんの講演は、地方議員としての勉強と言うより国政政党に関する選挙が殆どだったので、無所属の議員たちは興味が無かったと思います。
私も、話は面白かったですが、特に政治家として参考になる話は全くなかったですね!
田口敬規(自民・枚方市)
今日は朝から現地調査活動。その後、市役所に戻ってヒアリング。お昼からは時事通信社 田崎史朗さんを講師に迎え「揺れ動く内外情勢とこれからの日本経済」をテーマにホテル阪急エキスポパークにて大阪府市議会議員研修会。この後、夜には党活動という「熱い」一日が続きます。

それにしても、、、キワどい田崎史朗さんの話でした。

森本 勉(自民・四条畷市)
今年は所要で研修会に出られませんでした。ずいぶん面白い講演だったそうですね。

田口
いいたい放題でした。創価学会がどうとか共産党がどうとか(;・д・)。

共産議員の評価

村川 まみ(箕面市)

エキスポパークで、府内の市議の研修会に初参加しています。
すごい人数で改めてびっくりします。

知らなかったので、参加してしまいましたが、最初のくだりから、テレビの裏側とかで、すっぴんは浅黒いなど話されていて、気分が悪くなりました。

福田 英彦 お疲れ様です。
田﨑史郎氏の安倍政権よいしょ講演でしたね(笑)

福田 英彦(門真市)
11月21日 の16:53 ・

午後は、大阪府市議会議員研修会に参加しました。

講師は、時事通信社特別解説員の田﨑史郎氏で、「揺れ動く内外情勢とこれからの日本経済」をテーマに90分の講演でした。

政治を見る視点やどのような情報を頼りにするかなどの取材源、天皇の生前退位問題、TPPなど経済問題、安倍政権はいつまで続くのかなどの内容でしたが、予想通り安倍政権よいしょの話が大半で、正直あまり身になる話はありませんでした。

ただ、質問の「地方政治についてどのように考えるのか」に対する回答で、市町村議員は市民に一番身近な存在でその声を反映できること、国政に翻弄されないことについて述べたことについては、少し共感できました。

今日は庁議があり、遅れていますが間もなく12月議会に提案予定の議案の内容が明らかとなります。

しっかり準備します!

名手 宏樹(箕面市)
私も参加していましたが、中身がないなあと言う周囲の声でした。解散の時期をめぐって、与党側の情報??が聞けたが、最後は川の流れのようにどうなるか?っと逃げもしっかり用意されまとめてられましたね。

内容も含めて、最も詳しく書いてあった藤原美知子(池田市)のブログ
より

 毎年この時期に行われる研修会ですが、講師の先生にも当たりはずれがあるのか、議員活動にプラスになれる先生の場合もあれば、もう一つという先生もありました。今回は最後までどこで腹に落ちるところに行きつくかと思ったまま終わりました。

 今年の講師は、TVの情報番組でお馴染みの、時事通信社特別解説委員・田崎史郎氏。沢山のTV番組に出ているので講演の依頼も多いとか。

 政治を見る視点、政治は何なのか、政治家の人間性、人格が政治に反映する。信用されているか見極める。一緒に行動する人が多いか、ついていく人が少ないと実現性は薄い。今脚光を浴びている政治家は小池百合子。勝負感は天才的c0133422_1432634.jpgだが一緒に仕事をする人は辟易している。来年は都議会選挙があり夏以降大変厳しくなるだろう。政治家は情と2つのり(利・理)が必要。理にかなっていても言い出した人との人間関係が良くなければだめ。正しいから通るとは限らない国会議員は情と打算が必要…だそうです。

 安倍首相とのつながり、菅官房長官、小泉進次郎議員党とのつながりが自慢のようで、「権力の中枢を改名し何を伝えるかが自分の仕事」とおっしゃるように、自民党の中枢ににどっぷりつかっておられるようで、上記のような政治の見方になっているようです。全く違うとは言わないけれど、とても誠実に国民の声を届けるのが議員の役割だなんて忘れさられている様子。
 政治とはなにかを情と利・理だけで見ていいのか、何よりも国民の命や暮らしをまもり発展させるという視点が抜けている…と私は思います。

 安倍政権は2021年9月まで続くだろう。議院内閣制始まって以来の長期政権となる。解散総選挙は来年中が8割、再来年は2割とみているが、ほぼ再来年はないだろう。しかし来年の1月解散はない。創価学会が選挙態勢を解除したから。定数是正・削減の前か後か、11月解散12月選挙が可能性は高いとみている。
 自民党は29を超える議席を減らし、民進党は勢いは回復しないが議席は増やすだろう。それは共産党が候補者を下ろすから…と足元を見ている。参院選でも民進党は増えたが共産党と組んだからで得票率は伸びなかった。共産党と組んだことがマイナスに働いたとみている。喉から手が出るほど欲しいが近づかない。民進党の内規で①政策協定しない②相互推薦しない③同じ選挙カーには乗らないと決めているらしい。共産党は野党共闘が必要と述べている…供託金を失い小選挙区で戦う力を失ってるからだそうです。しかし民進党自身の党勢回復が先だろう。というのが田崎氏の見方です。

 こんな話をTV番組でもしておられるんでしょうね。国民の安倍暴走政治への怒りや市民運動の高まりなどは気にもかけず、政治家の間の情報をつたえるのが自分の役割だと思っておられるんですね。政治とは誰のためのものなのか、与党の政策が国民にとってどう影響するのかなどの視点は見られませんでした。

 そして市議会議員の研修会なのに市議会議員の果たすべき役割などはほとんど触れることはありませんでした。唯一会場からの地方分権に関する質問に対し、「市町村会議員の果たす役割は大きい。有権者の一番近くにおり、その声を市政に反映させるのは市町村議員しかない。国や府を頼りにしないことだ」と述べたことくらいでしょうか。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中