原発再稼働ありきの水素推進の合理的説明できるんか? 高温ガス炉&情報開示編

「高温ガス炉について」
たかひら
高温ガス炉についても、完成できるのか、それとももんじゅの如く意地で完成の
見込みなくやり続けていいるのか、ヘリウムをどう長期供給できるのか、作業被爆、ヘリウムが漏れた場合の処置、黒鉛火災への対処法、製品水素へのトリチウム混入といった疑問があります。



高温ガス炉を利用した水素製造は、数ある研究テーマのほんの1部に過ぎません。
その他の多くは一般的・常識的に見て「環境にやさしい」と思えるものです。

高温ガス炉を利用した水素製造の研究は、3.11以前から行われており、他の方法も何十年も前からたくさんの研究開発がおこなわれてきている。
高温ガス化炉は数ある研究テーマのうちの1部であり、日本にはエネルギー資源がないので、科学技術を資源とするほかない。

これからの水素製造の主流は、水の電気分解になるのではないか。
水素を利用したパッケージシステム(太陽光や風力電力などを使って水から水素を作り、貯め、必要な時に電力や熱として取り出す設備のセット)を、貧しい地域にいきなりドーンと導入してしまおうという動きがあります。
飲料水や生活用水の確保と電力・熱を同時に得ることが出来ますので、調理をしたり入浴したりすることが可能になるでしょう。
また、水素は持ち運びができますので、わざわざ電柱を立てて電線を引くような大掛かりな工事は必要なく、一定の集落ごとに小規模のシステムを入れれば、緊急非常時は互いに協力し合うことで、いつでも電気・熱を使うことが出来ます。


たかひら
高温ガス炉の製品化に約70年間もかかるからできないとは決めつけていませんが、もんじ
ゅですら運営する日本原子力研究開発機構の不適格と是正勧告がされています。
同機構が、同じ原子力分野で、適格なのかの疑念も湧きますし、事故が顕在化していないだけではないかとも思えてきます。
同機構による情報公開のオープンさも、教えていただければありがたいです。


国立系の研究機関のオープンさに偏りはないと思われます。
例えば、医療の研究だろうが、農業の研究だろうが、福祉ロボットの研究だろうが、オリンピックで金メダルを取るためのスポーツの研究だろうが、宇宙開発の研究だろうが、何もかもの情報を公開しろと迫ったところで、「企業と共同開発中の機密情報なので開示できません」とか「個人情報を含みます」とか言われるのがオチではないですか?

あなたの会社はどうですか?

シュレッダーの使用は禁止、会議室の音声と映像をすべてYoutubeに投稿できますか?


たかひら
高温ガス化炉の安全性の担保について、教えて下さい。
もんじゅですら運営する日本原子力研究開発機構の不適格と是正勧告がされていますので、より危険な高温ガス炉をどこが運営するのか?
代替運営機関をお示しください。

上記に示したように、すでに水素エネルギー社会が動き出していて、政府の最終目標であるフェーズ3が近づいていますから安倍首相は「高温ガス炉」のことなんて重要視してないですよ。
そんな小さい研究テーマよりも、今の安倍首相は、水素の大量輸入・輸送・貯蔵・利用(fcv普及や大型水素発電)のことを考えています。国会でも注目されています。
つまり、今の日本政府は高温ガス化炉で水素を作るより、他国から水素を大量に輸入しようとしているのです。
現地では化石燃料から水素を製造しますが、co2はccsという技術で地中に埋める計画です。
ccsに突っ込みが入りそうですが、人間が化石燃料を使い続ける以上、こうした対策が必要です。


私は「公」に近い立場の技術者として震災・原発事故後に福島県に移り住みました。
震災復興・地元支援・県内企業の雇用支援・エネルギー地産地消システムの土台作り&まちづくり・再エネを子供たちに触れさせるイベント、農地再生とバイオマスエネルギー生産の融合技術などを開催・後援・ボランティア参加してきました。
福島県は県内エネルギーの100%地産地消実現を掲げています。
そのために「水素」は欠かせない存在です。

「水素爆発」ほど福島県民を傷つける言葉はありません。
こんな雰囲気の中で水素エネルギーが普及するのか?と以前は私も考えていました。
でも、今、フクシマは「水素」に夢を抱いています。
現実的な技術であることが証明されているし、周辺設備の技術も確立されてさらに進化しているし、

その波に乗って、震災後元気のなかった企業が水素関連の商品開発に没頭しています。
原発に頼らない社会を実現すること。それを世界にアピールすること。それが真の復興と言われています。
私は彼らの支援を技術屋の立場として続けていきます。

たかひら

福島に沿うような発言の後、「フクシマ」とも表記しておられますが、そのような片仮名表記こそ福島の人が嫌う表現ではないのですか?
被災された方々は口々にそうおっしゃいますけれども、県外避難の方々と現地で住まわれている方々とは考えが違うのでしょうか?
同じ声は福島在住の方からも聞くのですが。

原発に頼らない社会を実現すること。それを世界にアピールすること。それが真の復興と言われています。

私は彼らの支援を技術屋の立場として続けていきます。

たかひら

では勿論、福島への最終処分場計画には反対されているんでしょうね?
どのような運動に参加されているか教えてください。
東電関係者だとお見受けしますが、そのような立場で参加すれば、集会などで発言を求められたり、特別視されるのは必至でしょう。

そのような方の話を私は知らないので、どうぞ現地で闘っている市政について、ご教授ください。


高温ガス化炉の安全性とか、原子力機構の代替機関とかは専門の方にお聞きください。私は専門外です。
私は長くこの仕事に携わっていますがそんな議論を耳にしたことはありませんよ。
まだまだその程度のレベルの研究なんです。
それとも、水素もミドリムシも実現しないと言い切るあなたは、高温ガス化炉はすぐ実現すると信じていらっしゃるのでしょうか?
もう少し理科の勉強をなさるとよろしいかと。世界が広がりますよ。

たかひら

 高温ガス化炉について、「安全性の担保」が最も問題施あり、それが重要なネックとなり開発がとん挫しているのですが、そこについて伺うと「高温ガス化炉の安全性とか、原子力機構の代替機関とかは専門の方にお聞きください。私は専門外です。」と仰る。
これは「原発は推進と発言するが、危険性など知らん」と言っているに等しく、無責任な回答です。
しかも、これまでのやり取りで、高温ガス化炉について否定していないにも関わらず、今回に及んで突然別の方法を提示する。
これでは議論のルール自体について、まずコンセンサスを得ておく必要があるのかと思わせます。
でないと、次々に「それではなくこっちの方法がある」とやられては、議論になりませんから。

で、「まだまだその程度のレベルの研究なんです。」?
こう書くのならば、当初よりそう書くべきで、高温ガス化炉についてを争点にすべきではありません。

ちなみに 議連を使って水素社会についても含まれる閣議決定が、14年4月になされており、それを受けて、水素生産エネルギーとしての原発再稼働と高温ガス炉に言及がなされていますので、政府は高温ガス炉についてあなたのように軽視してはいないようですよ。

A   

その他、ご質問にあるような数値とか現状とか過去のデータとかの質問に関しては、まず自分で調べてください。
どこに聞いたらいいのかも、自分で調べてください。

たかひら

これを回答とするなら、はじめから私の主張に対してコメントすべきではないでしょう。
単なる自論展開をするなら、自分でスレを立ち上げてなさればよろしい。


(情報開示について)
私は、行政機関に対しての情報公開請求や、それをもっての是正措置分野について、少しやってきたので、これらについてもどんなものか想定できますが、名前などの「個人情報」であっても、それが特別に不利益でなければ開示されますし、墨塗り部分においても、訴訟をもって随分開示がなされるようになってきました。

国家部門で開示がなされにくいのは、軍事・外交・司法部門です。
しかしそれについても例えば、バクダッドで半年居残った空自が何を運んでいたかは開示命令判決が出され、政府が「復興のための物資」と答弁していものが武装米兵や武器弾薬などであるとバレました。

72年沖縄返還密約については、資料こそ出てこなかったものの、署名した故吉野文六・外務省北米局長が、日米1部ずつ作成された米側の公文書について、「そのB.Y.サインは私のものだ。」と裁判で証言し、それまでの外務省答弁が嘘であると明らかになりました。

また、民主党政権下でも公開されなかった官房機密費についても、一部公開判決が出ています。

このように公開が進んでいる公の文書について、原子力分野
以外の研究が全く不存在や墨塗りで出てくるとは考え難いし、それを容認する判決が出る蓋然性はないでしょう。
宇宙開発は、軍事ですから特定秘密となりますが、農業やスポーツなどが、原子力関連と同等には秘匿されえません。


私が勤務するのは私企業です。
私の情報と公の情報を同一視はできません。

道を歩いていて、通りがかるスーツの人に「あなたの名前は? どこの部署で働いてるの?」と聞けないのと同じです。
公務員に対しては、原則として、勤務中の肖像権侵害もなく、名前や職場提示義務が生じます。
警官であれば、警察手帳規則に基づいて手帳提示を一般市民から求められれば、提示を拒めません。

サラリーマンに答える義務はあるでしょうか?
弁護士などバッジ職に対し、市役所の市民課は、依頼人から戸籍を取得しに来た場合、それを問い、回答させる事はできますが、弁護士会館や裁判所ですれ違った弁護士に、関係もない通りすがりの人が「あなた、どこの事務所? 名前は? 期数は? 弁護士番号は?」と聞いて、回答の責務はありますか?

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。