ペットと暮らす家 内覧会に行ってきました。

殺処分ゼロ! ペットの人権も守るたかひらです。

 

ペット同居では、家で一緒に暮らすのが主流となりつつありますね。

注文建築では、ペットに合わせて設計がなされている家もあり、内覧会をやっているので見てきました。

建築は、堺市東山(ベルランド総合病院のある付近)のコア―建築工房。

ここのブログを見ていると、建築された「愛犬と暮らす夢の家づくり日記」へのリンクが張られています。

マンション住まいをトイプードルのカイとミュウ、金魚の金太郎たちのために平屋の家を建築されたご夫婦のブログ、「金太郎とゆかいな仲間たちwithカイ&ミュウ」から、「こだわりの犬スペース」 2013-05-30付け

を見てみましょう。

犬部屋が確保できないので・・・と、洗面所兼の犬スペースをつくってはります。
キッチン、寝室、脱衣所、トイレ、WICへの扉5カ所+物干デッキへの掃き出し窓という、扉と窓に囲まれた部屋です。
広さはだいたい3.5畳くらい。

犬スペース1
床は、犬のトイレで汚れやすいため、一部タイルの胡桃の床。
本当は全体タイルにしたいところですが、いくらヒヤッとしないサーモタイルとはいえ、冬に人に優しくないということで、一部分だけ。

犬スペース2
トイレを置くタイル部分横にはオリジナルの収納。
ご褒美用のおやつ、トイレシーツ、お掃除用品、脱臭器などを置く予定です。
掃き出し窓の向こうは物干デッキと裏庭。

犬スペース3
エアコン完備!
マンションと違って、そんなに空気がこもる感じはしないとは言われましたが、何しろ温室育ちの彼らなので。
真夏に38℃とかなる時、いくら北側でも暑くなってしまうんじゃないかなぁと。
そんな時、クーラーのあるLDKか寝室にサークルを移したら、それこそ大空間クーラーかけっぱなしになってしまっては大変。
など考えて、今のマンションの書斎で使っていたエアコンを移設してもらいました。

犬スペース4
最初の設計段階では、犬が出入り出来る扉と勝手口を付ける予定でしたが、留守中勝手に外に出るのは心配だから、それこそ物干デッキ全体柵をしてもらわないと、なんて考えるとますます予算オーバーで・・・。
結局、見晴らしも良いように掃き出し窓にしました。
しかし、風を通せるように、シャッターをスリット入りのものに変更したので、結局は予算オーバーなままでしたが・・・。

(引用ここまで)

写真は、元ブログでご覧ください。
ブログ主の金太郎さんは、「こんなに頑張った犬スペースだけど、彼ら満足してくれるかなぁ・・・?」と少々不安げですが、カイ&ミュウちゃんにとっては、エアコンもあって快適な場所でしょうね。

最近は、大阪も亜熱帯化しているので、ワンニャンだけでなく、ウサギを飼っているお宅でも、エアコンは無人の時にも必須となっているようです。

それでは、私が見学してきた「ご家族と3匹のネコが快適に暮らす、土間玄関の家」のレポートを始めます。

ニャン用に工夫がなされているのは、壁をクロスでなく珪藻土にして、ひっかきへの耐久性をつけたのと、1F~2Fロフトへの大工手作りなキャットタワーです。

15109499_大工手作りキャットタワー コアー建築工房.jpg

床面が1部屋を除いて全てクルミ(確かそのはず・・・)の木製ですので、掃除も楽でしょうね。

キャットタワーは、吹き抜けにズドンとあるので、そこだけ大型のペットショップのような感じでした。

昔は表で放し飼いであったのでしょうけれど、家で住むということは、それだけ工夫してあげてお金もかかるという事。

ペット先進国のドイツを見ると、動物病院以外のペットショップでの出費、犬のトレーニング費、犬の税金などトータルすると、犬一匹にかかる経費は、年間約€1000(約12万円)と言われています。

日本ではもう少し安いでしょうが、「それだけの出費を15年間程度の終生、負担し続けられるのか?」についても、飼い始める前に十分検討が必要です。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 防災士として、あなたの命を災害や犯罪から守り、 行政書士として、トラブルを予防し、 柔道整復師として、健康に過ごすお手伝いをし、 市民として、行政や議会を正しています。 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中