都合が悪いとごまかすのが共産党と証明された話。

 日本共産党の朽原亮(くちはら・まこと)大阪府議が政務活動費として支出した領収書のなかに「自筆領収書」があった問題で、朽原府議、日本共産党大阪府委員会の柳利昭副委員長、宮原威府議団長は26日、府政記者クラブで会見し、朽原府議が領収書を実際の額より上乗せして作成し、私的に流用していたことを明らかにしました。同府議は同日付で議長あてに辞職願を提出し、「自筆領収書」分(2011年度から5年間)の全額を返還すると表明しました。

 問題の領収書は朽原府議が「府政ニュース印刷代」と「書籍代」として党東大阪地区委員会と地区委員会内の「あづま書房」に支払ったとされるもので、朽原府議は当初、金額の上乗せや他に流用はしていないとしていました。しかし、その後の党府委員会の調査で確認できた11年からの5年間、自筆の領収書で交付された政務活動費287万7048円に対し、実際に地区委員会に支払ったのは66万円だったことが判明。印刷代での差額220万8525円を家計の出費に流用していました。朽原氏は「家庭の特別な事情による家計のやりくりに困っていた」と説明しています。

 朽原氏は会見で「府民、国民の皆様に心からおわび申しあげます。申し訳ありません」と頭を下げて謝罪しました。

 柳副委員長はこの問題での16日付コメントで「領収書の記入によって、金額を上乗せしたり、他に流用した事実はない」としていた点について、党府委員会として、すぐに調査を始め、「中央委員会からも、さらに詳しく調査し、報告するよう求められた」とのべ、調査の結果、誤りであることが明らかになったとして、同コメントを「おわびして撤回します」と表明しました。

 また、府議会議員への指導・監督責任がある大阪府委員会として議員の生活を日常的に把握し、必要な指導と援助を行う点で不十分さがあったとし、二度とこうした事態を生み出さないよう「政治とカネ」についていっそう厳格な態度を貫くと述べました。

(引用ここまで)

連絡先 (事務所) 〒577-0007 東大阪市稲田本町2-9-1 布施北センタービル3F 

Tel 06-6732-4420

厳しい批判や調査報道をしていて、私も情報源にしている赤旗なんだから、自民や維新以上に自党の政治家には厳しく追及・検証しないと、市民は「どっちもどっち」となると、関西総局 (大阪市天王寺区空掘町2-3  06-6761-5079)に告げた。

「今後、原因追求と徹底した調査報道で膿を出し切る!」との言葉は聞かれなかった。

斬っただけでなく、説明責任が必要ですが、それは果たしていないので、「たまたま、まざったんだと思います。もう1回調べて、返せばいいだけのこと」と言い放った平田正造・元東大阪市議会議長(公明)と同じです。
しかも同時期に政活費の組織的ネコババもバレてますね。
共産党の大阪府議団と大阪市議団、堺市議団が、税金が原資の政務活動費で党の機関紙「しんぶん赤旗」などを購入していたことが23日、分かった。政党の機関紙を購入することに違法性はないが、支出として認めていない自治体もある。共産党は事務所での閲覧用などと説明しているが、政党交付金を受け取っていない共産党の対応として、疑問視される可能性がある。

 大阪府議会が公開している政務活動費の領収書などによると、平成26年4月から27年3月までの1年間、共産党の大阪府議3人が政務活動費から「しんぶん赤旗」「しんぶん赤旗日曜版」などを1部ずつ定期購入していた。府議3人と府議団の購入額は1年間で約31万6000円に上る。

 共産党の大阪市議団、堺市議団も同じ。大阪市議会が公開している27年度の政務活動費の領収書などによると、大阪市議6人が「しんぶん赤旗」などを購入していた。

 また、堺市議団が独自に公開している27年5月から今年3月までの政務活動費の領収書によると、市議5人が「しんぶん赤旗」などに支出していた。いずれも1部ずつだった。

 大阪市議団事務局は産経新聞の取材に「ほかの新聞を購読するのと同様に、情報を得るための資料費として計上している。あくまで事務所用として取っている」と説明。堺市議団事務局も「個人の購読分は個人として別に私費で購読しており、政務活動費を充てているのは事務所の閲覧用。きちんと分けている」と強調した。

 党中央委員会が総務省に提出した26年の政治資金収支報告書によると、約236億7000万円の収入のうち約82%が「機関紙誌の発行事業・新聞雑誌」によるもの。購読料は事実上、党費の性質がある。最近は党員減から部数も減少しており、志位和夫委員長は先月の第6回中央委員会総会で、「しんぶん赤旗」の2万部増を来年1月までの目標に掲げている。

 政務活動費の政党機関紙への支出は、司法の判断が分かれる微妙な問題だ。19年12月に仙台高裁で「政党活動に基づくものと解され、支出は認められない」という判決が出た。一方、16年9月の京都地裁判決では「政党を経済的に支援し、政党の方針および意向を学習するとの側面があるとしても、政党活動に当たるとはいえない」となっており、見解が分かれている。

(引用ここまで)
これって、私が
で、参議院選挙中に返還させた自民党の女性局機関誌 『りぶる』購読代や、岸和田公明党が私の指摘にも関わらず以後も購入し続けている党機関紙と同じですよ。
20年前に堺市議会共産会派控室で「政務調査費で同じ本を何冊も買っているようだが、全てそろえて見せられるんだろうね?
まさか1冊を使い回ししてたり、不要になった端から古本屋に売ってマネロンしてないだろうね。」
と問うたことが思い出されます。
それでも共産会派は、説明を避け、購入本の照合もしませんでした。
当時、市民派議員な長谷川俊英氏や吉井玲子氏は既に政務調査費の使途や領収書公開をしていたが、共産会派は「ルール上決まっていないので、見せない。 決まれば見せる。」といいながらもルール化を議会で推進したことはありませんでした。
また、入卒業式では国歌斉唱時に起立する議員ばかりで、不起立だったのは 奥村健二(元大阪府議・元市議)ぐらいではなかったか?
私も式に何度か参列したが、井上敏江市議(高倉台)は起立しており、式終了後に「」いつから共産党は天皇制容認になったのか?」と詰め寄ったことが思い出されます。
彼女は「来賓で呼ばれているので・・・。 立ってはいるが歌ってはいない・・・」などと弁解したが、同党の奥村氏も市民派議員の田中丈悦氏も同じ立場なのに起立はしなかった。
教委に確認したが、これまで父兄などから市議ら来賓の不起立苦情はないとのこと。
会派に訊いてみた。
事務局ヒラマツ:
会派では不知。
個々の議員に訊いてください。
たかひら:
ならば質問するので、取りまとめ若しくはここに返答してくれ。
石本京子・市議がいたので替わってもらう:
立っています。
その理由は内心の自由でお答えする必要はない。
個々の議員に訊いても、それを回答するかどうかも議員の自由。
たかひら:
プレミア消費券を購入したかどうかには、議会事務局経由で、共産党含めどこの会派も回答した。
それと同じ起立をしたかどうかの事実行為の確認であって、理由について書きたければ書けばいい。
もし議員が保護者として参列しているなら、私人としてその姿勢をあえて説明する必要はないのかもしれぬが、来賓として別の席についているのは、市議の看板があるからであって、落選した市議候補を学校も来賓とはしないだろう。
つまり、公人として公務で死期には出席しているとも言えるので、その時の態度は事実行為として公にすべきものである。
石本:
もうお答えすることはない。
忙しいので切る。
再度ヒラマツ氏に電話を替わってもらう:
回答するかどうかも会派会議で決める。
たかひら:
回答しない場合、回答しないとの回答をくれ。
ヒラマツ:
内心の自由でそれを右翼も訊いているが、あなたのやっている事はそれと同じこと。
もう切ります。
よほど触れられたくない質問であったのだろう。
ここで電話は切れた。
ちなみに電話のはじめから終わりまで岡井勤・市議もそばにいて、電話応対中であった。
私の質問は、政党が1番に掲げている事についての市議の具体的行動への質問である。
それをおざなりにして、それ以上の話とはどんな内容だろうか?
このような言行不一致のほころびや秘密主義が蟻の一穴となって、今回の件がバレたのではないでしょうか?
もし共産党に良識があり、自らをクリーンだと強弁するなら、検証を期待したい。
共産党にこの市民の素朴な疑問が
わかるかなぁ~、わかんねぇだろうなぁ~
俺が昔夕焼けだった頃、弟は小やけだった。お父さんが胸やけで、お母さんは霜やけだった
広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中