息を吐くようにウソを言う維新議員 維新の政務活動費政策

維新は政務活動費を既得権益としてターゲットにしてきた。

しかし、彼らは当選前の市民としても議員としても、監査請求などネコババ議員らから返還させる努力をしていないし、他の利権については右に倣えで受け取っている。

現在受け取っていないのは、東大阪の市議団と百条委員会にかかっている小林由佳・堺市議のみ。

東大阪は月額15万円、堺は30万円だ。

東大阪は全員新人だし、小林氏は事務所自体を持たず、チラシは架空、人件費も勤務実態がないとして返還させられているので、使途はポッポないないか、秘書だった黒瀬大(現堺市議、維新からは追い出されているのに、議決行動は同じ)ら仲間内で分け分けしたのだから、そもそも使い道に困っていたのではないか?

小林氏に関しては、4年間の任期中に2度の出産で、後援会などないとも夫の西野ビッグマザーから私が直接聞いているし、選挙についても事務所は屋根付きガレージ様の狭い場所で、運動員も若い人が数人いただけで、ビッグマザーが一人で留守番をしている状態であった。

しかし受け取り拒否している以上、少なくとも15万円は、他の議会でも減額できるのだとするのが維新の姿勢であり、それを他議会でもやればいいのだが、そんなことができるはずがないし、実行している議員はいない。

だいたい、東大阪市議団や小林氏の政治活動を示してみよと言いたい。

東大阪市議団は昨年、提案をしている。

維新特有の「否決させることが目的」な提議である。

大阪維新の会、東大阪市議会で政活費の後払い制度導入を検討 – 産経ニュース
2015.10.16 22:44

これを制度化すれば、維新の功績と称えよう。
しかし、監査委員が認めても訴訟では返還させられているように、審査は甘い。

見張り番のように実績あるオンブズに監査させずに、内部監査的会計士や弁護士などに外部監査させても、抜本的改革とはならぬ。

領収書をすべてネット公開して、住民監査請求ではなく、誰でも監査できる条例でも施行すれば評価したい。

当時、私はこう書いた。

そして、1年後、これしかやることがないので、また同じ議案を出しているようだ。

中原健氏・市議のFBより

★政務活動費問題★

皆さんお疲れ様です
中原けんじです

先日テレビでやっていた政務活動費の はなし。

政治家と金は常に切っても切れない。
しかし、我々政治家は税金で報酬を頂いている限り、その使い道は公表し透明性、尚且つ風通し良くして、広く市民の皆様に知って頂く事が重要で当たり前の事です。

なぜここまで政治家は腐ってきたのか。
そして大阪維新の会の存在意義は何なのか!!!

今回も10月17日本会議最終日にて東大阪市政務活動費【廃止条例】を【議会】に提出致します!

何回も何回も言いますが
①東大阪市議会議員報酬70万円です。
これだけの高額な報酬を頂いていながら
なぜまだ政務活動費プラス15万円が必要なのか?

②なぜ他自治体でも始まっている政務活動費を何に使ったかをネット公開しないのか?嫌がる理由がわからない。

③そもそも使うか使わないかわからない15万円をなぜ前払いで貰うのか?
民間企業で考えられますか?

もちろん我々、大阪維新の会
東大阪市議団は政務活動費15万円は1円も頂く事なく活動をさせて頂いてます。

そして充分活動ができるのです

身を切る改革
維新だからできる

これが維新の政治理念
維新スピリット
維新の挑戦に終わりなし

大いなる力には大いなる責任が伴う

大阪維新の会
東大阪市議会議員
中原けんじ

更に支持者からの質問に端的に目的をこのように回答している。

「廃止にして一旦止めて作り直すと言うことです。」

仮に悪法であっても、そんな手法を採るものはない。

改正は、全廃からゼロベースで作り直す事ではないし、そうしても創設した法の大部分は前の法を叩きとして創られるので、幾つかの部分をいじったのと同じである。

条例をつくるのも議員の仕事なんだから、法策定とは何か程度は学んでから立候補して欲しいのだが…

しかも維新には、弁護士も法学部卒業性も多数いる。

吉村・大阪市長が、政活費ルールの変更がなされている堺で、東大法学部での井関貴史・堺市議が、改正でこんな手間がかかるだけのゼロベースガラガラポン創設をするというのか?

法学部やロースクールなら、「小学校からやり直せ!」と叱責間違いなしな提案を、よくも恥ずかしげもなく議会に出すものだ。

こう政活費についてかきながら、気付いたことがあった。
そう言えば東大阪の市議は畑治彦・森脇啓司・大坪和弥さんが、市民に3か月の居住要件を満たしていないと申し立てられ、選管は本人や周辺住民の聞き取り調査から市内に居住実態が確認できたとして当選有効としていたのですね。
民主から鞍替えした笹谷勇介さんだけが、議員名簿で別記載だったので8人が7人になったのかと思ってしまいましたわ。
東大阪で当選無効はいないとなっていますが、他の選挙区ではいますね。

当選無効と言えば、井上貴博・元京都府城陽市議も6月2日に最高裁第一小法廷(大谷直人裁判長)に上告棄却され、当選無効が決定していますね。もう一丁、当選無効つながり。

森忠久・元寝屋川市議も10月6日に当選無効決定がなされています。

選挙:寝屋川市議選 当選無効に 「生活拠点でない」 /大阪 – 毎日新聞
2016年10月15日 地方版 【米山淳】
より市選管によると、森氏は昨年1月、大阪市城東区から寝屋川市に転入。

しかし、転入先は知人が住む部屋の一角を本棚で仕切っただけで家財道具はなく、部屋で食事を取ったこともなかった。

市選管は昨年7月、「生活拠点でないのは明らかで住所とはいえない」と当選無効を裁決した。

25 森忠久.JPG

八坂町20番13-601号

TEL:090-2519-4947

この森さんの寝屋川市内と城東区のマンションを毎日監視していた人から聞いたのですが、実はもう一人、居住一帯が確認できない人がいたのだと。

その情報を知ったのは、時すでに遅しで、見逃してしまったと悔しがっていました。

当選無効が選管から決定されると無所属に早変わり(維新の会HPには記載がある)いするのは、

白昼不倫が市長の仕事な中野隆司・柏原市長

201303mayor 中野隆司.jpg

や、

運営していた整骨院で療養費をだまし取ったとして、詐欺容疑で逮捕された羽田達也・池田市議

hadahp 羽田 達也.jpg

池田市緑丘2丁目1番70号

072(751)2228

と同じ手口ですね。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中