守口市 公立保育所幼稚園の民営化は維新がはしゃいでいるが… 西端市長の市議時代編

橋下徹 認証済みアカウント ‏@t_ishin 12:46 – 2016年10月6日

大阪維新の会のメンバーである西端守口市長。ついに来年より0から5歳児の保育料、幼稚園料を無償化!!財源は公立保育所を民営化する改革でねん出。維新吉村大阪市長は今年より5歳児無償を実現。大阪府では私立高校の無償は既に実現。維新の首長は着実に教育の無償化を実現している。

を受けて、
吉村洋文(よしむらひろふみ) 認証済みアカウント ‏@hiroyoshimura 0:57 – 2016年10月7日

吉村洋文(よしむらひろふみ)さんが橋下徹をリツイートしました

大阪市では来年4月から、4歳児の教育無償化を実現させる。これで大都市大阪において4歳児、5歳児の教育無償化実現。徹底して「未来への投資」をする。守口市はすごいね。公立保育所幼稚園の民営化をやりきってその財源で0から5歳児まで無償化。

と、党の操り人形として、自分では何も決めさせてもらえないかわいそうな吉村氏がはしゃぎだした。

私は吉村氏は一般的な協調型の首長だと見ている。

つまり特筆すべき大ナタをふるわない、悪く言えば官僚天下りや自民市議の成り上がりがなっても同じ結果が出る政治姿勢であり、その前の独善的な色合いの強い人とは正反対の姿勢で議会と向き合っている。

だからこそハシシタ市長では妥結に持ち込めなかった政策を議会承認させているのはご承知の通り。

このような維新的でない協調的姿勢を維新信者がなぜ支持するのか、全くもって不明であり、これまでの関・平松市政運営と何が違うのかを回答して欲しいものである。

看板さえ維新とかかっていれば、中身は何でもいいのであるから、“信者”なのだから、回答しようもあるまい。

芸能人が高級食材か庶民的価格のものかを当てる番組がある。

これら“信者”も、スタバコーヒーとドトールコーヒーの違いが分からず、スタバ店内ならマクドコーヒーが出てきてもありがたく、「やはりスタバでないと・・・」などと独り言つのだろう。

それでは話題の守口市の公立保育所・幼稚園廃園に伴う問題点を見てみようか、いや、その前に西端勝樹・守口市長のご紹介から。

shicyo西端勝樹.jpg
  • 出身地 守口市
  • 生年月日 昭和38年4月19日
  • 最終学歴 大阪産業大学附属高等学校卒業
  • 前公職 守口市議会議員
    (1期目 平成19年5月1日~平成23年4月30日)
    (2期目 平成23年5月1日~平成23年7月27日)

彼は2007年4月の市議選で初当選した守口市議が前職であった。

2期目途中どころか、当選直後とも言える2011年、体調不良による市長辞職に伴う大阪府守口市長選(8月7日投開票)に48才で出馬し、大阪維新の会推薦で当選する。

出馬前まで所属していた会派は志政会。

作田芳隆(民主)と池嶋香(自民)3人の寄り合い所帯。

守口市には自民会派が自民と自民・もりぐちと二つもあったのに、なぜ池嶋氏だけが独りぼっちだったのかしら?

少なくとも1期4年間は市議であった西端氏、さぞや改革に燃えていたのだろうね。

あれ?

市議の活動はどこで公開しているのだろうか?

2011年の市長選出馬前に調べた戸田久和・門真市議のサイトではこう書かれる。 

 西端議員は2007年4月からの市議活動で何か実績を上げたのか?
 何か改革をしたのか?
 48才という比較的若いと言える年齢で、「改革」を言う割りには自分のHPはブログを作ろうとしないのはなぜ?

 「西端勝樹」(にしばた かつき)でいろいろ検索しても、同氏のHPやブログは見あたらないし、戸田が少々検索した限りでは、守口市議会での質問追及が全然出て来ない。
 ほとんど大したことは何もしないで守口市議を4年と少々やってきただけの人なんだろうと思わざるを得ない。

 守口市議会の議員達の中での、議員能力に関する評価も、かなり低いようだ。

 「議員報酬の3割削減」という市長選挙公約にしても、2007年市議選、2011年市議選で
西端氏はそんな事を言ってきたのだろうか?
  (そんな事は言ってない可能性大だと戸田は推測する)
 もし言ってきたとしたら、なぜ「隗より始めよ」で今まで自分で実行しなかったのか?
 (報酬の3割を受け取り拒否して供託すればいいのに) 

 守口市 公立保育所幼稚園の民営化問題については、再度調べるが、西端氏の市議時代の評価でもお知らせしておく。 

 「守口市政改革」を掲げて守口市長選挙に躍り出た西端(にしばた)候補はどういう人間なのか?

 彼の選挙公報を見ると、48才若手でイケメンな好男子であり、「行動力と熱い志で改革を断行」と謳い、「市長・議員の報酬30%カット」等の俗受け宣伝だけでなく、
  「広く開かれた議会・委員会の運営」
   議会を中継し、しがらみのない政治を実現

と書いてある。 ↓↓↓
http://www.hige-toda.com/_mado04/2011moriguti_sityousen/2011-08-04photo/nisihata.jpg
 
 これだけ見ていると、「熱心な改革派議員」だったみたいに思える。
 しかし、その実態は、

●1:2007年4月市議選での初当選以来の4年間で、本会議一般質問をしたのはたった1回だけ!!  それも西口市長へのヨイショ質問でしかなかった。

●2:常任委員会でもほとんど質疑質問をせず!

●3:守口市門真市消防組合議会の議員に2008年度~2010年度の3回就任しているが、
   ここでも全く質疑質問せず!

●4:議会改革のために何か取り組んだ事は全く無し!
  「広く開かれた議会・委員会の運営」を自らが訴え行動した事は全く無し!
   「議会の中継(報道)」を訴えた事も皆無!

●5:「しがらみのない政治」と全く正反対で、市長ベッタリ与党議員でしかなく、出された議案には全て賛成してきただけ!(それも質疑質問ほとんどせずに!)
  
●6:「48才若手市議」のくせに自分のHPやブログを開設しない、旧来型の「口先議員」でしかなかったし、今でもブログを開設していない「対ネット情報非公開人間」  しかない!
   今時ネットでの情報発信能力も持たない「48才若手」なんて、どんな「改革派」なんや?!
   
●7:「守口市を良くします!」と訴えて2007年、2011年と守口市議になっていながら、
  「守口市廃止の大阪都構想」を進める維新の会推薦候補として市長繊維出る事自体、西端の人間性のデタラメさ・不誠実さを示すものである。
   市議選の時には、「市長・議員の報酬30%カット」とか「議員定数を15人に大削減」、「開かれた議会」などには全く触れていないはずだ。

■市議時代は議会質問もロクにしない、「議会改革」とは無縁の、議員HPブログも作らない、これという実績は何も挙げていない、単に市長与党の一員というだけの、無能なダメ議員だった男が、橋下維新の会推薦で市長候補に祭り上げられたとたんに、あれこれの「改革」を口走って「改革派」を演じる・・・・・。

 よくも恥ずかしくないものだ、と思う。

  守口市の議員達の圧倒的多数は、「西端が市政改革を叫ぶなんて、チャンチャラおかしいよ」と西端を評しているが、実にもっともな事だ。

(たかひら: 続いて、西端市長選挙を応援した市議にも戸田氏は触れている。)http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=6585;id=#6585

 維新派・西端候補の選挙ポスターや広報を見ると、守口市議会での推薦議員として、

◎江端将哲(2003年初当選、2007年府議選に出て落選、2011年市議に2回目当選)
  (HPブログなし)
  守口市議会HPでの顔写真等 (志政会)
   http://www.city.moriguchi.osaka.jp/contents/gikai/giin_2011.html#04

◎甲斐 礼子(2011年市議選で初当選)
  (HPブログなし)
  守口市議会HPでの顔写真等 (志政会)
   http://www.city.moriguchi.osaka.jp/contents/gikai/giin_2011.html#04

◎竹内 太司朗(2011年市議選で初当選)
   ブログ http://ameblo.jp/41123295/
   守口市議会HPでの顔写真等 (無所属)
   http://www.city.moriguchi.osaka.jp/contents/gikai/giin_2011.html#12

の3人が載っている。(西端候補の広報)↓↓↓
http://www.hige-toda.com/_mado04/2011moriguti_sityousen/2011-08-04photo/nisihata.jpg

 この3市議はどういう人らなのか?
 まず江端市議。

 この人は、合併問題が沸騰していた2003年市議選で「合併反対!」を掲げて初出馬してダントツトップ当選した「保守系無所属」議員だ。
 同年門真市議選では「鮮烈市民派」として「合併絶対阻止!」を掲げた戸田が、これまたダントツトップ当選した。

 守口市では当然、江端議員への期待と注目が高まったが、合併反対運動に一員に参加し続ける以外ではさしたる実績を残す事もなく、たった1期4年市議をやっただけで、2007年4月に市議辞職して大阪府議選に出馬し、落選。
 この時当選したのが公明党候補と、同じく市議辞職の西田候補。
西田氏は府議当選して後に自民党から維新の会に鞍替えして、西端候補を市長に推す推薦人になっている。

●1:江端議員もまた、守口市議会では「極くたまにしか質問しない議員」として知られた、「実績のない議員」でしかない。
   議会改革に熱心に動いた事もない「議会改革に縁遠い議員」のひとりだ。
 
   市議選公約で、「市長・議員の報酬30%カット」等や「広く開かれた議会・委員会の運営」だとか「議会の中継」だとか訴えた事もないはずだ。
  
●2:甲斐議員と竹内議員は共に今年初当選の新人で、議員としての実績がまだないのは仕方ないとしても、つい先日に「「守口市を良くします!」と掲げて守口市議になったというのに、その守口市を廃止する維新の会政治の候補者を積極支援するとは、守口市民への裏切りではないか!

  竹内議員については、市民有志の勉強会での出会いを通じて何度か会った事がある。
 若いイケメンで、真面目で、腰が低くて、改革に熱心で誠実そうな人間だったが、実態は橋下のエセ改革に簡単に釣られてしまう程度の見識と上昇志向の人間だったとい
 うことだろう。
  彼自身がエセ改革派にしか過ぎないということだ。

●3:さらに、新人の甲斐議員は、今でも「自民党所属」なのに、自民党と対立している
  はずの維新の会の候補の推薦をするというねじれ振り。
   橋下人気に追随して自分のポジションを上げようというご都合主義と、橋下のエセ改革政治が守口市廃止につながっている事を理解しない程度の見識の女性なのだろう。

 3市議に共通するのは、守口市の存続発展のために尽くすべき地位にありながら守口市廃止の手先に進んでなったという他に、守口市議会の改革には全く汗を流そうとせず、議会改革に努力してきた三浦さんや共産党に協力しようともしなかったくせに、市長選になったとたんに自分を議会改革の先導者であるかのように打ち出す厚顔無恥さである。
 
 西端候補同様、戸田はこういう人間は全く信用できない。
 まあ、「類は友を呼ぶ」ということか・・・。
(引用ここまで)

戸田さんが調べていたものだけで今回は終了し、民営化問題は次に続きます。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中