田中学・貝塚市議(自民)の沖縄研修に異議あり!! 行く前編

学さんは金に汚くはないと思っているが、この使途はどうなの?と疑問があったので、対話してみた記録です。
当然ながら金に汚い多くの議員らは、視察という名の慰安旅行の報告すらしていません(岸和田市では政活費を使えば報告書が必須ですが、パンフなどと小学生の作文程度の稚拙な文章があるのみです。 稚拙な文章は議員本人が書いているとの証拠でもあり、役人に代筆してもらっていないとの証明かもしれませんが、いずれにしても行く意味が市民に理解される文章ではありません)。
学さんは議員の仕事の見える化をFBでしているので、良心的です。
だからこそ無駄に使ってほしくないですね。
田中 がく
5月30日 の7:51

おはようございます。
今日と明日は、我が会派で、研修会に出席する為に、これから沖縄へ行って来ます。
しっかりと勉強して、6月議会で行う一般質問の参考にさせて頂きます!!

この「研修」、実は他の地域でもやってます。

しかも市の報告がネット上にある。
学さんは視察中の報告はあっても、学びの市民との共有がない。
各市議らの参加報告
平成28年4月28日(木)、都内で開催された行政改革推進協会主催の「教育行政基礎講座」に参加し2講座を受講致しました。
午前中の部は「新たに始まった新教育委員会制度とは」(議員として押さえておきたい教育委員会の組織論と現実論)
午後の部は「小中一貫教育」と「チーム学校」の要点と解説を受講。
講師の水野達朗先生は30代の若さにもかかわらず、文部科学省の委員をはじめ大阪府大東市の教育委員も務められておられ、また不登校の復学支援や予 防・開発的な家庭教育支援を精力的に行っておられる。既に著書も多数あり、講義内容も自らの実践に基づく内容で非常に説得力がありました。私も当市の教育 委員会の傍聴を先生から講義いただいた視点で行いたいと思いました。(写真:講師の水野先生)

立川市議会議員 山本みちよ
教育行政基礎講座
2016年 4月 28日
http://www.komei.or.jp/km/tachikawa-yamamoto-michiyo/2016/04/28/%E6%95%99%E8%82%B2%E8%A1%8C%E6%94%BF%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E8%AC%9B%E5%BA%A7/

午前中、若葉町地域を回り、ご挨拶。
ご相談やご意見を伺いました。
 
お昼から国立経由で東京駅に向い、教育行政基礎講座を受講。
講師は家庭教育支援センターペアレンツキャンプ代表理事で
大阪府大東市教育委員の水野達郎氏。
今回は「小中一貫教育」と「チーム学校」について2時間半にわたり
学んできました。
image
 
小中連携と小中一貫教育の違いや義務教育学校についてなど
基礎的な事から、現状や課題と展望について明快な解説を伺いました。
 
また、世界一多忙な日本の教員が子ども達と向き合い、
「教える」ことに専念できるような環境整備のためにも「チーム学校」の実現を
進めていく必要性を改めて強く感じました。

最も詳しい
千葉県議会議員 安藤淳子 民主党

開かれた教育委員会を目指して
2016年05月11日
http://andojunko.net/junko_column/567/

講師は不登校支援や教育委員会改革に実績のある水野達朗さん。『新たに始まった新教育員会制度とは』『「小中一貫教育」と「チーム学校」の要点と解説』の二つの講演を拝聴しました。そのレポートと安藤じゅん子の気づきをまとめたいと思います。

1. 教育委員会制度の歴史のまとめ

2. 新教育委員会制度の4つのポイント

    教育委員長と教育長を一本化した新「教育長」の設置
    教育長へのチェック機能の強化と会議の透明化
    すべての地方自治体に「総合教育会議」を設置
    教育に関する「大綱」を首長が策定

3.  教育委員会の現状(平成25年度教育行政調査より)

・「構成する委員数
    1819市町村のうち90%が5人体制。
    地域事情に関わらず、5人が適正なのか、疑問なところです。
・構成する委員の年齢構成、男女比
    平均は60歳前後、女性委員は、平成17年度調査時点で3割弱であったものが4割に増加
・委員の職業構成
    市町村では35.4%、都道府県では12%が、定年退職された等の無職の方。
・年間傍聴者
    市町村では673.4%が傍聴0人、平均傍聴者数は3.7人。都 道府県の平均傍聴者数は64.9人。

より市民に開かれた教育委員会にするためには、運営上の工夫が必要ではないでしょうか?
大東市教育委員をつとめる水野氏は以下のような取り組みを実践したそうです。

    仕事をしている方も傍聴できるように夜間開催を実施
    当日に資料を渡すのではなく、事前に資料を配布
    委員のデスクを委員会内に設置し、委員が活動できる環境を作る 等

4. 選任に関する課題
議会の承認を必要としながらも委員会等で審議されずに決定されていく教育委員人事。
地域割や会派バランスの慣行、教育や学校関係者が多く、子育て世代の委員が少ない、委員会業務と両立が難しいなど克服すべき課題が満載です。

安藤じゅん子は教育関係者だけでなく、子育て世代の声が届く教育委員会にするべきだと考えます。

ここから学さんと私の対話。

たかひら 正明

沖縄に行くなら辺野古で自民議員だと分からないようにして、警察やアルソックに対峙してみてください。

自民が飼っている警察が、市民にどう対応しているか、肌で感じることこそ現場主義ですよ。

で、各県警を置く自民県議らに、どれだけ丁寧に応対されたかを報告してあげてください。

田中 がく

名護は遠いから、行く時間が無いわ(((^_^;)

たかひら 正明

確かに遠いですな。

では、那覇で無作為に「自民党はよくやってますよね?」アンケートしたり、県警本部に辺野古の市民排除状況を訊くことはできますね。

田中 がく
会場に入ると、外に出ないからね(((^_^;)
たかひら 正明
飯屋でも飲み屋でも空港でもユイマールでもバスでも、無人地帯ではないので、市民へのアンケートはできますよね。

県警本部や辺野古のベース前参加者へは、後の電話調査も可能です。

田中 がく
時間があって沖縄の人に会えば聞くよ!

私の知人M氏

那覇~名護は高速で1時間くらい。
車で、ちょっと混んでいる時間帯に、岸和田から梅田や府庁に行くのと、時間的には、あまり変わりません。

那覇で深酒をせず、早起きして翌朝、名護の大浦湾に行かれたら
朝陽がめちゃ??美しいですよ

政務活動費を使って行かれるのでしょうか?

基地に対する賛否はともかく、現場に1時間程度でいいから見てこられたらいかがでしょうか?

せっかく
沖縄まで行って、名護までいかないのは、
JRでユニバーサルシティ駅まで行って、USJを見ないようなものです(笑)

すいません、僭越ながら。

田中 がく
私は、アルコールは一滴も飲みません!!
明日も、午前10時から、研修会が行われるので、時間的に無理ですね!!
M氏
そうでしたか。
ノンアルコールなら、
なおさら大丈夫ですよ。

今は夏至も近いので、日の出は午前5時台です。
大阪の日の出時刻と30分も変わりません。
未明のドライブ、気持ちいいですよ(^_^)/

会議当日でも十分に間に合います。仮に会議翌日も沖縄におられるなら、ぜひ。
政治家は体力的にもタフじゃないと勤まらないし、大変だとは思いますが。

ご存じだと思いますが、
昔、「踊る大捜査線」で、
織田裕二扮する青島刑事が
「事件は会議室で起きているんじゃない。現場で起きているんだ!」と叫ぶ有名なシーンがありました

まあ、そんな心境です。
ネットの歪んだ情報だけをうのみにするのではなく、
現場を見に行かれてはいかがですか?
百聞は一見にしかず、です、
と申し上げているのです。

現場は24時間体制で警備が続いています。
反対派の人もいるでしょうが。

名護が遠ければ、
普天間基地はいかがですか? 
那覇の市街地から30分で行けますよ。

島南部にある「ひめゆりの搭」や「ひめゆり記念館」もいいですよ。お国のために身を捧げた方の御霊に敬意を表するのも…

もし、当初のスケジュールに入っているのであれば恐縮ですが、

ご一考いただければ幸いで す。

田中 がく
ここ3~4年で2回、行きました。
言われなくても、解ってるよ!

たかひら 正明

たまたま研修場所が沖縄であって、沖縄で研修がないかと探したわけではないでしょうからねぇ(学さんの沖縄行直前の5月19.20日には博多でも行われている)。

まして辺野古は自民政治家としては、田中さん個人がどうか知りませんが、食野雅由さん、田畑庄司さんとの3名の合意はとり難いんでしょうね。

是非とも安保や米軍基地問題について、大阪自民の地方議員が、市民と語る会をしてほしいですね。

田中 がく
過去に2度、辺野古に行きました。
その時に、歩いている老人に基地移設について、質問をしたことが有ります。
二人に聞きましたが、特に反対をしてませんでしたね!
今回の研修会は、目的が違うので行けませんが、機会が有れば行きたいと思います。
たかひら 正明
時期と人の選択(人名やシチュエーション)を示さないと論拠になりませんよ。

基本的には私人でもどこの誰でどのように調査と関係するかをメディアは示します。
日本のメディアは、世界の非常識ですが。

シチュエーションや発言者が誰かを隠せば、米兵犯罪の被害にあった遺族を、遺族の立場を隠して、街の声としてインタビューして、怒りに満ちた声を拾って、「こんなに怒りは街に満ちている」と言うこともOKとなります。

これは調査の基本です。

田中 がく
別に調査をしてる訳では無いからね(((^_^;)
たまたま、通りすがりの方に聞いただけですよ!
たかひら 正明
いやいや、議員としてそれを主張するなら、読者が判断できるようにすべきだとの主張です。

私は私人としてもできるだけ、自分の主張が間違ってないかを読者に監視してもらえるように、できるだけ顕名で書いてます。

表現をぼかすと、それが創作なのか事実なのかが不明になるとの日本メディアがゴマカシている、世界メディアルールです。

田中 がく
特に公表する為に、聞いてないから別にいいでしょ!
公に公表する時は、たかひらさんのように根拠を示しますよ!!
たかひら 正明
ネット上で書いているのは、「公表」と同義ですよ。

ここが「公表」に当たらないなら、ここで田中さんの名誉棄損をする書き込みをしても、犯罪事実要件に当たらないとなりますが、そんなはずはありません。

私自身がそのような刑事告訴状作成を業務としていますし。

田中 がく

たかひらさんに聞かれたから書いただけですが…
いちいち揚げ足を取るような事ばかりしてるなぁ(((^_^;)
たかひら 正明
揚げ足?

私はそんな言葉尻を捉えたり、揚げ足を取るようなネトウヨ式議論は好みませんし、相手方がそうしない限りそんな手を使いませんよ。

「書くならデマと言われないように、根拠や背景を提示するかできるようなものであること」、これは表現のルールですよ。

だから、テント前で内地から来た人何人もにだけ訊いて、辺野古の意見として「辺野古で基地賛成者はいなかった」と書いても、学さんは容認するのかと問うたんです。

売り言葉に買い言葉と思っているのかもしれませんが、政治家だろうが私人だろうが、表現の責任は当然ながら発信者にあります。

揚げ足でやらなくとも、岸 和田の救 急を貝塚に借りまくっているとか、本部に指示書取りに行かないと患者の元に向かえない体制になっているとの学さん情報が間違っていると、岸和田消防本部に確認していますので、そういう点で、「デマだ」とやりますよ。

学さんの主張の雑駁さは理解しているので、あえてそんなことをやりません。
主張の裏付けは発信者がどんな信用できる人であってもするし、できない場合は出典を明らかにして引用形式で提示します。

いずれにしても文責は発信者が負うのですから、私はそこには慎重でありたいし、「たかひらデマ」と言われないよう気を付けているつもりです。
訂正もしますしね。

田中 がく

確かに言うてる事は、おっしゃる通り!!
ただ、沖縄の件は通りすがりの人に、どちら様ですか?などと聞いて無いので、今さら言われても確認が出来ないわ(((^_^;)
たかひら 正明
そうでしょうね。

だからそういったあやふやな情報は、「田中の言葉はデマ」だと今井豊さんたちに言わせないためにも、気を付けて発言願います。

スレ違いですが、ついでに書くと、水野達朗・教育長の話、京西さんらが南議連で講師に役人を呼んだ時に、「勉強にならん」と言ったのであれば、水野さんが役人でありながらそうではないと証明が必要ですよ。

私は誰からも学べるものはあると考えておりますので、野宿のおっちゃんからも学ばせてもらっています。

京西さんは「俺が呼んだ講師に文句つけるなら、同じく役人の話を聞きに行くな!」と学さんによぉ言わんでしょう。
私は南議連 にすら無 関係ですので、そこは突っ込みませんが、「沖縄まで行く必要あるか」については明らかにしてもらいたいと思い、学さんの所にスレ立てしましたので、よろしくお願いします。

関係ありませんが、柳本さんの釜ヶ崎での活動発言デマも化けの皮がはがれつつあります。

自分が裏取りしないので、聞いた人もするとは思っていないのが自民党政治家の宿痾だろうとは、過去の事例から思っております。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中