大阪市の児相問題は、維新市政の具現化に住民が納得しなかったもの。

今日のとくダネで大阪市が3箇所目に開設予定の児童相談所が報道。

小倉さんの「問題児」発言は軽率すぎるが、それ以上に思うのが、この手の報道で、反対住民の生の声は取り上げるが、児童相談所を必要としている人たちの生の声は伝えないことだ。

対立を煽らずに、何が社会に必要か本質を報じてほしい。

吉村氏のTWより

ここに反論しておいた。

問題の「本質」は、大阪市がZenith Osaka(ジーニス大阪)住民の期待を裏切って、当初の高齢者施設いきいきエイジングセンターが年間利用8万人もいるのに閉鎖し、不信感を持たせた行政の説明責任不足。

築13年の今でも坪単価200万円超の高級分譲タワーマンションで、期待値を裏切り、価格低下を招くおそれのある施設を開設すると言えば、住民の反対は免れない。

確かに児相は必要施設であるが、住民の“誤解”を増長させる政策をとってきた大阪市が、「住民の児相への理解不足」「住民の利己的なNIMBY(Not In My Back Yard)」だなどとは言えまい。

子どもの家事業を切り、子育てを日本の伝統である「地域で育てる」でなく家庭だけに押し付け、しんどい家庭を「自己責任」だと斬り続けた維新政治の「本質」が維新のお友達である金持ち連中にも見透かされているに過ぎない。

維新政治塾で「自己責任」以外のどんな言葉を塾生に伝えてきたのか?
また、自己責任論者でない維新政治家に、維新や親玉の安倍政府による子育て政策の未熟さを説明させてみよ!

出自が自民である以上、松井代表以下の自民時代の政治家としての姿勢も問われるが、それに耐えうる子育て政策を、彼や他の自民発で現維新な政治家の誰が胸を張って言えようか?

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中