子ども食堂サミットIN関西 雑感 その2

③ 司会のお披露目がメインか?
当日の司会進行は、辻由起子さん(大阪府知事認定子ども家庭サポーター)であった。
その司会の挨拶には、A4冊子の1P丸ごと割かれている。
基調講演のワザワザ東京から来た栗林さんや、荘保さんはその半分以下のスペース。
他の方は更にその半分以下となっている。

サミットの主役は、子ども食堂主催であるのは言うまでもないが、辻氏はそうではない。

私は「西成」、「辻」のキーワードから、ネトウヨな団体の理事長である辻淳子・大阪市議(維新)とのつながりを勘ぐってしまった。

「NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会(百人の会)」は、
・理事長が、維新の会の大阪市議:辻淳子氏、
・事務局長が、元「在特会関西支部長」で、小学校校長脅迫・車庫飛ばし・保険金詐欺で3回も逮捕されている右翼ゴロの増木重夫氏、
・理事にヘイト行動常連、徳島県教組事務所襲撃一味で刑事被告人の「おつる」こと中曽千鶴子氏が入っている
という、まさに「ザイトクと維新の会の結託をあからさまに晒している」とんでもない団体。

由紀子氏に戻ると、淳子氏とは無関係でも茨木市公認団体「親学の一歩・いばらき」代表とあり、ネトウヨ思想の共通点はありそうだ。
「親学」自体がネトウヨ学者である高橋史朗・明星大学教授の提唱する、児童の二次障害が、幼児期の愛着の形成に起因するとした親学の考え方を広めるための組織である。

ネトウヨとの親和性は、こちらのリンク先で見てほしい。
下村元文科相も傾倒するトンデモ思想「親学」とは何か – NAVER まとめ

日本会議、改憲の先に目指す社会 「親学」にじむ憲法観:朝日新聞デジタル
2016年6月17日05時02分

そして辻氏と高橋氏は、櫻井よしこしのネットTVで対談もしている。
辻由起子・親学アドバイザー × 櫻井よしこ | 言論テレビ
第71回放送 2014.02.28

他にも彼女は茨木市政と関わっているのだが、借入金5千万円を資産報告書に記載せず、親族の税金を1000万円以上も滞納をしながら督促すらしていなかったことがバレて、維新から見捨てられ落選した、ネトウヨ思想丸出しの木本保平・元市長が当選したのは2012年。
2011年7月~2013年6月
茨木市次世代育成支援推進協議会委員
2013年7月~2016年3月
茨木市市政顧問 
当初は違っても、その後木本バックアップがあったのではないかと想像するのは、ゲスの勘繰りか?

そして今回のサミットも辻氏の選挙用売名にも使われているのかと思ったら、既に辻氏は立候補していた。
彼女のHPには立候補は抜け落ちているが、2012年04月08日投開票の茨木市議会議員補欠選挙である。
「NPO法人あったか子育てカヌシャガマの会」理事として自民党から立候補するも次点で落選しているばかりか、辻ゆきこ名で自費出版の文芸社から『たった5日で選挙に出ました』と出版までしている(2013/02発売)。
所轄庁がなぜか奈良県になっているこのNPO法人は、2012年12月22日に「社員総会の決議」として解散している(清算結了年月日2013年4月30日。
代表者名は辻氏ではなく、高杉千代子(清算人)となっていて、当時の理事が高杉氏だけだと示している。
登記簿まで見ていないので、何とも言えないが、選挙用の名ばかりNPOであったかもと考え、もう少し見てみると、高杉氏は助産師で、市本貴志・天理市議(民主)が副理事を務めていたようだ。
NHKも取材に来ており、実態はあった様子。

自民党当時は、犬のおじさんこと武智秀夫・箕面市議(現在は維新)ともつながっていたようだ。
武智氏については、以前も紹介した通り。
『箕面市議選  最高に面白い候補 武智秀生(維新) その1』

こちらは自民なままの原田亮・府議のブログで紹介されていた。
『箕面の方々へご挨拶!辻ゆきこさん、武智秀生さんと』
2012..4.27

「そして、挨拶回り中に、同じ自民党の同士である武智さんに偶然お会いしました!
武智さんといえば、いつもワンちゃんを散歩されている、英国紳士のような方です。
そこからは街中を武智秀夫・辻ゆきこ・原田りょうという奇妙な組み合わせの3人で挨拶回りへ。
箕面の名物ともいうべき武智さんの知名度はすごかったです。

原田りょうももっともっと頑張っていかないといけないと痛感しました。

また武智さんからも色々と箕面の方をご紹介いただいたので、
本当にありがたいです。ほんまにもっと頑張らないと、たくさんの方々の応援を裏切ることになってしまいます。もっともっと、勉強も、活動も全力で取り組もうと思います。

ちなみに、辻さんとは、茨木市議補欠選挙のお手伝いをさせてもらって知り合いました。

人をぐっと惹きつける魅力のある方で、本当に辻さんにはファンが多い。
私もすぐにファンになりました。
幅広い人とのつながりをお持ちです。
また、子育て支援のエキスパートでもいらっしゃるので、
色々と今後もお話を伺わせていただこうと思います。私も箕面の子育て支援や教育に特に力を注いでいきます。」

こう書きながらも辻氏は、2013年1月27日投開票の茨木市議選には出馬していない。

そして彼女は自民党公認だけでなく、ネトウヨな龍馬プロジェクトのメンバーでもあった。
神谷宗幣『選挙応援に行ってきました!』
2012-04-06 17:20:11

「龍馬プロジェクトのメンバーの辻ゆきこさんが立候補してはるので、応援に行ってきました。
辻さんとは親学や教育の勉強を一緒にしてきた仲間です。
三十代の女性がなかなか政治にかかわってくれないので、
貴重な人材です。」

落選後もこのネトウヨらとの関係は続いているようだ。
2016年4月29日には池袋近くの生活産業プラザで、「子供家庭支援の現場から」と題する講演をしている。
他の人とパックで1時間ほどだが、この入場料が一般:4000円。
市民運動とはかけ離れた感覚はこの団体だけか、彼女もそうなのかは不明だが。

ついでに他の講演はこんな感じで、ネトウヨ講演会そのもの。
江崎道明氏:「経済と防衛は連動している」
河添恵子氏:「世界の権力構造の転換と日中関係のこれから」

永井浩介・神奈川県海老名市議(自民)が写真付きで紹介していますので、そちらを参照してください。
『素敵な講師人からの学びもたくさん(^^)』
2016年4月30日11時25分

そりゃこんな人や市議らが絡んで開催されたものなら、「子どもの家事業が、ハシシタ維新市政下で予算が打ち切られて廃止になった」などの恨み節は言えんわな。

何だか人々の善意を政治的思惑が上手く利用している裏事情が見えてしまったみたいで、調べていて後味悪し。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 防災士として、あなたの命を災害や犯罪から守り、 行政書士として、トラブルを予防し、 柔道整復師として、健康に過ごすお手伝いをし、 市民として、行政や議会を正しています。 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中