和泉市議選 松本利裕・維新候補のチラシ

維新が大好きな、ポピュリズム丸出しの有権者をバカにしたチラシですね。
「議員報酬3割削減! 議員定数2割削減!」
報酬については党からの指示ですが、貝塚市議会で歳費減額を提案してきた維新軍団に、田中学市議(自民)はこう言って撃退しています。
「何ぃ~! 2割でも3割でも出せ! その代わり自民は5割カットで出したるから、賛成せぇよ!!」
貝塚市議会で自民は多数派な会派ですから、出せば通ります。
それが分かっている維新は「党から言われたので出した。 でも引っ込めます。」と腰砕けになったそうです。
私 なら「お~、チキンレースか? どうせなら無償で出せよ! 維新と自民のどっちが銭ゲバかハッキリさせたろうやないかい! 維新は党からモデルケースとし て生活保障はしてもらえるんやけど、自民は自分党やからなぁ~。 学さんは生活力あっても、他の議員はどうするんやろうなぁ? ついでやから国会議員も無 償でするようにお互い党本部に出してみるか?」
と迫りますけどね。
こんなものブラフのかましあいなんですから、引いた方が負けるのは子どもでも分かりますし、意見も何もない岸和田市議会の自民議員ら
と違って、腹の座った学さんを相手にするなら、それぐらいの心の準備は要りますな。
そんな幼稚な交渉しかできなかった維新市議のお二人
h27nakagawagiinn 中川 剛 貝塚維新.jpg
 中川 剛(なかがわ つよし)
期数・年齢:1期・41歳
会派・党派:大阪維新の会 貝塚市議会議員団・大阪維新の会
連絡先
住所:〒597-0031久保352番地10
電話:070-5263-1433
h27ushiogiinn牛尾 治朗 貝塚維新.jpg
牛尾 治朗(うしお じろう)
期数・年齢:1期・31歳
会派・党派:大阪維新の会 貝塚市議会議員団・大阪維新の会
連絡先
住所:〒597-0013津田北町10番6号
電話:072-422-5778
歳費についてはまた書きますが、ここでは堀口和弘・府議(自民)の言葉を失わせたコメントから抜粋しておきます。
「職員の平均賃金か課長クラスに下げ、その分を政務活動費とすればよろしい。
これこそ議員活動の見える化であり、泉南市の様にまさか賛成するとは思わずに選挙前の手柄にしようと恥ずかしげもなく提案してきた政務活動費の廃止とは違います。」
維新提案で問題なのは、カットの数字の根拠が全く不明だという事。
私は各自治体の職員賃金をベースとしていますので、わかりやすいでしょ?
定数についても、削減第一なら「議会自体を廃止する」とか、「議員は一人で良いか?」との疑問に回答しなければなりませんが、そこはさすがに「NO」と言うでしょう。
ならどんな積算方法によって、何人が適正人数なのかを示せばよいのですが、それは説明がありません。
私は多様な意見を議会に熟議するためにも、議員数は1万人でも良いと考えています。
会議場に入りきるのかは問題がありますが、経費については増加させず人数割りすればよいのです。
多ければ特権はバレますし、そんなに金はないのでなくなります。
議員個人は、今のように守備範囲が膨大でなくなり、特化した調査をすればよいので、サラリーマンと兼務もできるでしょう。
私程度の調査でも仕事をしながらできているので、それは証明済み。
若しくは屋上屋を重ねるようですが、議員の仕事を監視する日当制の市民議員を設置し、議決権以外を渡せばよいのです。
そんなに議員みたいな職を増やせば成りたがる人が続出する?
公人ですから、写真も連絡先も市のHPにアップされますし、市民から批判もされるんですよ。
自分が顔出しして、議員批判の意見を発表している人は、議員ですら少数です。
市民が大勢押しかけるようなオイシイ仕事ではないでしょう。
岸和田市や南大阪で、私のようなチェックする市民がドンドン出てくれば、その人たちは候補でしょうが、今のところ私の知る限りでは片手にも余るんじゃないですか?
いつでもどうすればよいかお伝えしますから、やりたい方がいれば連絡ください。
人を刺せば、どれだけの返り血を浴びるか、実感できますよ。
と言うことで、松本氏のチラシについて
実績として、泉北環境整備施設組合に33年勤務。
2007年に局長指導で、5年累計50億円超の3市(泉大津・和泉・高石)分担金を削減した。
のだとか。
これって、局長や組合議会の成果であって、一職員の松本さんの手柄とはなりませんよね?
たまたまそういう組織でそんな仕事にコマの一部として関わっただけでしょ。
そんあ大計画から労働者として学んだ部分がないとは言えませんが、個人の市民として惰眠をむさぼってきたので、書くべきことがないから、書いただけと見えます。
議会改革を掲げるなら、市民として何をしてきたか書くべきです。
和泉市民でない私ですら、政務活動費や委員会出張費(宿泊時の夕食代を廃止)の是正は、小林昌子市議のような市民派市議と組んでしていますよ。
それでは公約を見て行きましょう。
→後はたかひらのコメント
・環境政策 ごみ有料化のあり方を考える
ゴミ袋代の処分費徴収は税の2重取り
一般財源化せず、焼却炉改修費やゴミ減量化、資源化定着財源とすべき。
→使用者負担を2重取りとするなら、循環バスもサンサンプールの利用料も公民館賃貸料もそうなりますよ。
総量としてのゴミ量が減少傾向にある事に触れていませんが、まさか知らんわけではないでしょう。
量が減っているからこそ、分別項目を増やし、リサイクルなどいわゆる3Rを徹底できやすくなっています。
例えば生ゴミだけをバクテリア処理して、堆肥化やごく少量にまで分解させるとか。
これを市内でやれば、農業の盛んな自治体として循環型モデルにできますよ。
私は15年ほど前に、仙台市までそんな処理工場を見学に行きました。
数百mの通路を生ごみが少しずつ移動し、堆肥化されていました。
宮城県白石市では、農林水産省の補助を得て、2003年から生ごみをメタン発酵させ、発生したガスで小型のガスタービンを燃焼させることで,電力と熱を発生させる、生ごみ資源化事業所(通称シリウス)の稼働を開始しています。
電力は,施設の維持に使用され、燃焼時の廃熱は隣接する農業ハウスに送られ、苺などを育てるとともに、学校給食センターの温水にも使用しています。
また、メタン発酵させたあとの生ごみの「絞りかす」は,処理前とくらべると5%まで減っており、最終的には焼却されて3%ぐらいに減量されます。
そのまま焼却施設で燃やした場合,焼却灰は10~12%程度になると言われていますので,最終処分場の延命化にも貢献しています。
デメリットして処理する量が少ないと運転コストが上がるようですが、和泉市ではそんな問題はないでしょう。
一般財源化して、どこに使ったか不明するなとの主張には賛同します。
2.習い事助成 和泉市版教育バウチャーへの取り組み
スポーツやダンス、音楽、そろばんや習字など、課外授業助成で、校区外の友人もできる。
大阪市で先行してやっているのですが、「学校外支出が多いと学力も良い」などという神話の呪縛を感じます。
坂本健治公約批判でも書いたように、好成績県で行われているのは、生徒同士の熟議であったり、勉強の教えあい、家庭と連携して家庭学習を充実させていることです。
既に塾に通っていて、好成績な生徒の受験マシーン化を促進するのが健全でしょうか?
そ してボトムアップこそが教育には必要で、それは塾に丸投げするよりも、学校や地域で部外講師や大学生などと協力したり、複雑な家庭環境の子どもがいること も想定して、子ども食堂やシェルターのような居場所とも連携しての雰囲気づくりから立て直すのが、急がば回れだと考えます。
3.待機児童解消へ
→和泉市の待機児童定義がどのようになっているかまでは調べていませんが、「保育所入所待機児童等の状況について(大阪府福祉部子ども室子育て支援課)」を参考にすれば、顕在化している数値は御多分に漏れず、0・1歳児が多い。
この解消に「民間の保育事業参入を積極的に支援し」ですって?
駅前ビルにすし詰めにしておけばいいとでも思っているのでしょうか?
待機児童解消モデルとされる横浜市では、周辺環境も施設内環境も無視され、保護者自身が預けられるとするなら嫌悪感をもよおすような施設を乱立させ、待機児童定義も厳しくして「ほらね、いなくなったでしょ。」とイキッています。
それを真似たいとでも思っているんでしょうか?
八尾市では市が認定した保育ママに預けた赤ちゃんがうつぶせ寝で心肺停止となり、3年後に死亡しています。
話し合いをしても市や社会福祉協議会は知らんふりで、保育ママも逃げたので、遺族は裁判しています。
そこで援助会員(保育ママ)や市や社協が「私たちには問題はない。病気だったんでしょう。」と反論。
酷いものです。遺族は、「認可園にくらべ、認可外保育所の事故は45倍、保育ママの事故は200倍」とも説明しています。
私も遺族のお話を直接伺いましたが、松本氏はこのような実態を知っているのかと問うしかありません。
4.子ども医療費助成の拡充
「外来時小学校6年生まで、入院時には中学3年生までの助成」を「外来、入院時共に中学3年生までの助成」に拡充。
→具体的で良いですね。
4年後に「達成した!」と言いたいのか知りませんが、目標は高く、18歳までにすれば良いとは思いますが。
5.小中学校のエアコンと防犯システムの設置
ACは良いとして、監視カメラはどこにつけるんでしょうか?
和泉市の校内ってそんなに危険地帯なんですか?
ならいっそのこと、飛行機の搭乗ゲートのように、入場時に金属探知機をくぐらせて、ガードマンに身体検査をさせればよろしい。
アメリカの空港式でやれば、いかにバカらしいかよくわかりますよ。
意味がないと思いますがね。
6.高齢者雇用の促進
企業・団体とマッチングをシルバー人材センターと行い、地域雇用促進。
子供(本文のママ)たちの教育現場での支援を地域連携で行う。
→何をさせたいんでしょうか?
和泉市がハローワークをするんですか?
どうやって企業募集需要を掘り起こすのかしら?
維新のパーティー券を買ってくれてるタニマチ企業でも連れてきますか?
それよりもブラック企業の労働環境を是正させ、社会的弱者とされる人々の雇用確保の方が急務ではないのでしょうか?
同じ生活保護を受けているとしても、先に若年層に就職してもらわないと、支出年数は高齢者よりも明らかに高いのではないですか?
地域でのボランティアを有償化するというなら賛成です。
元逗子市長で現在は福知山公立大の副学長である富野暉一郎氏から直接聞きましたが、市民生活を円滑をするためのボランティアにはフリーライダーが存在するので、クーポンでも基金でも作って、奉仕者には報い、それを産業ともすべきだとの考え。
それを聞いていた50名以上の近畿地区の市民派議員らも新発見のように感嘆していましたが、松本さんが、冨野さんと同等の発想をお持ちなら、冨野さんですら具体策を思索中ですので、是非とも教えてください。
7.防犯カメラ・防犯灯の設置
防犯灯というか街灯のLED化は賛成しますが、監視カメラについては何度も書いていますが、犯罪抑止効果は立証されているものですら自動車ドロのような特定犯罪だけです。
和泉市は自動車ドロが多発しているんですか?
それとも市民監視をして、私のように自由に物を言う者に対し、いつでも立小便とか駐車禁止とかの別件で犯罪者に仕立て上げ、逮捕・勾留してテロリストにでも仕立て上げたいのかしら?
暗くて事故が起きそうだとか、足元が見えにくい場所には勿論街頭は要りますよ。
設置も松本マネーや維新マネーで刷るのではなく、税支出なんですから、設置理由や費用対効果などの説明が必要ですよ。
広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 防災士として、あなたの命を災害や犯罪から守り、 行政書士として、トラブルを予防し、 柔道整復師として、健康に過ごすお手伝いをし、 市民として、行政や議会を正しています。 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中