オードリー春日さんに見る、TVの無茶ぶりはもう止めよ!

2016年7月3日、埼玉・和光市総合体育館において64回目となる2016年全日本社会人選手権が行われ、マスターズの部も実施されました。
 
マスターズレスラーにとっては1月の全日本マスターズ選手権に並ぶ大きな大会ということもあり、多くの選手が出場されました。
 
また、マスターズの部A(35歳~40歳)76kg級(参加8名)にお笑いコンビ「オードリー」の春日俊彰さんがレスリング歴約半年ながら参戦し、8月6日に「炎の体育会TV」では、「春日レスリング全国大会へ!として激動の215日間に密着」として放送されました。
 
 
私も映像を見ましたが、今時ちびっこサッカーでもこけ方や、こけた際の受け身の練習をするのに、受け身を十分習得させずに試合に出させるTV番組のイージーさに、先ずはあきれました。
 
春日さんは、大会直前の練習中にタックルに入ったところをつぶされ、頭からマットに突っ込んで首を負傷し、そのまま救急車で救急搬送され病院に直行。
バーナー症候群という軽症で、大会直前の約1週間はスパーリングができない状態となったものの大会には出場し、4位となったのですが、投げられたりとっさの時に首を反らすのは、完全に受け身が身についていない証拠です。
 
通常はどんな投げなどを食らっても、先ずは顎を引き、受け身の態勢を取るのが、初心者であれば徹底的に身体にしみこまされる基本です。
それをおろそかにしているのですから、軽傷で済んだことを喜ばねばなりません。
首を鍛えるブリッジも鼻がマットにつきそうになっていたので柔軟性は練習したのでしょうが、彼がやってきたボディビルでは方から首にかけての僧帽筋は鍛えても、首自体の強化は必須ではありません。
ですからレスラーに特有の「首が太い体形」とまでは言えず、自分が突っ込んですかされてマットに突っ込んだだけで、相手の体重がかかっていない程度の衝撃にも耐えられずにケガをするのです。
 
ビー トたけしさんやテリー伊藤さんらが、80年代の無茶な演出を「さすがに今ではもうできない」と懐かしむ場面が時々放送されますが、そんな猛獣に近づくとか いった系統よりも、スポーツ系に有名人(特に芸人)が挑戦する姿は、感動も得られるので、TV局も本人も達成感があり、「24時間TV」の100kmマラ ソンや、「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!での ドーバー海峡横断部、「世界の果てまでイッテQ」イモトアヤコさんの登山など、各種スポーツに挑戦しています。
 
「炎の体育会TV」でも、新挑戦だけでなく以前行っていたスポーツの再挑戦や、いま行っている練習の発表の場として、番組は使われてきました。
春日さんのボディビルやフィンスイミングもそうです。
それがケガの少ない競技であれば、問題は露呈しないままで済んできました。
しかし、格闘技は違います。
だからこそ同番組でも
シュートボクシングでは今田耕司さん、柔道ではオテンキののりさん、レスリングではエネルギーの森一弥さんや、くまだまさしさんといった経験者によって番組作りをしてきました。
 
それを素人の春日さんに、タイトな日数で挑戦させるなど、事故を誘発しているようなものです。
しかも番組として格好をつけさせるために、倒されたり投げられたりして、どんな態勢でも最低限の受け身はとれるとの基本を省いて、攻撃を主にしてしまった。
それがどれぐらい酷いかといえば、吉田沙保里さんから必殺技を身に着けるならと紹介された安部学院高等学校女子レスリング部で、高校2年生の須崎優衣(49kg級)さんらに秒殺されたほど。

76㎏級の春日さんからすれば、体重差は約30kgに及ぶ。

しかもこの期に及んで基本技のがぶりを教わるとは、絶句するしかない。
攻撃の基本は、タックルとタックルを切ること、がぶりで、次が投げだろう。
牛殺しを得意技にしていたようだが、余程腕(かいな)力が強かったり、技術の差がないとそんな技はか からない。
頭を上げるのが基本姿勢なので、相手が頭を下げて技がかかりやすくしてくれるようなくれる場面などないからだ。

更に基礎トレーニングでも、懸垂で腕を伸ばして行う場面は見られなかった。
これでは綱のぼりなどできないだろう。

そもそもなぜ女子選手とばかり当たっているのか?
吉田沙保里を訪ねて名古屋の至学館大学に行くのはTVとしてわかる。
しかし、安部学院は東京都北区だ。
関東で練習をするなら、練馬の自衛隊
体育学校や、世田谷の日本体育大学に行き、日本のトップクラスの選手の指導を受ければよい。
基礎練習にすらついて行けはしないだろうし、それが本気で取り組むということだ。

そして試合だが、大森良太(関西学院大クラブ)さんとはスパーリングをしたことがあるので、感想を言えば当たりが柔らかい。
柔和な性格がそのまま試合に出ているような感じとも言える。
試合では、TVのように一本背負い×2で、春日さんを瞬殺している。

私ならどうしたろうかと考えてみた。
春日さんは投の防御ができていないのだから、TV受けする大技を仕掛けたろうか。
例えば逆一本背負いとか。
春日さんは身体の軸がぶれているので、肘が折れるほどもこらえきれず、きれいに投げられてくれたろう。

大森さんとスパーリングした際、受けきれると予想して両腕をカンヌキにして投げた。
変にこらえると肘から折れるかもしれず、投げられた後も上手く投げられないと頭からマットに刺さる技だが、大森さんは自然に投げられてくれ、その後はヒィーヒィー言わされるほどの逆襲を浴びたのだった。
このようにスパーリングでも試合でも、予想だにしない突発的な技や、技が崩れて危険な体制になってもケガをしないように受けられる技量が格闘技では求められる。
私も試合では、投げられたりタックルに入られたりして膝や肘が逆方向に曲がって折れたり脱臼している場面に何度も出くわした。


私自身は相手にも自分も救急車を呼ぶほどのケガに遭遇したことはない。
但 し、「レフェリーに見えなければ、どんな手を使っても勝て!」と教えられてきたので、体を密着させて外部に見えないようにしてから反則の関節技や絞め技、 肘で顔面をグルグリ擦るなどのただただ痛いだけの心を折るための嫌がらせ、反則に見えないようなヘディングで相手に鼻血を出させたりといった“小技”を 使ったことはある。
私もやられたことがるので、お互いさまで、そんな“小技”にかかるほうがどうかしているのである。

そして最大に「どんな初心者のまま試合に出ているのか!」と驚愕したのは、倒れて上に乗られた際に相手に向かい合いつつ、相手の頭を押さえて踏ん張っている姿である。
レスリングは背中がつけばフォールとなり、どんなに点差があっても終了する競技だ。
倒れれば即座に腹ばいになるよう教え込まれる(柔術や総合格闘技では、倒れてものしかかられても向かい合うのが基本)。
しかし相手が見えないままなのは不安だし、体重が乗る前に逃げたいとの自然な防御心から、初心者は首を取ったり、頭を押さえたがる。
そして乗られてもブリッジをしない。
セコンドから「ブリッジ!!」と声が飛んでいたにもかかわらず。

こんな初心者の域から脱していない人を、半年やったとは言えないし、試合に出すのもケガをしに出てくるようなもので無謀のそしりを免れない。

 
受入側も誰がこんな無責任かつ安直に受け入れたのかと日本レスリング協会公式サイト(2016.6.4付)を見ると、全日本マスターズレスリング連盟の村本 健二事務局長名で、「指導の統括は当連盟の宮原(筆者注:厚次)強化委員長、監督は鈴木光さん、コーチはFFCの伊東克佳さんを中心に、本多尚基さん、宍 戸将春さんが行っております。 連盟の担当として、内藤理事と村本事務局長が企画、調整を行っております。」と記されている。
 
女子レスリングは注目されていますが、男子は全くと言ってよいほど世間に知られることもなく、協会自体も予算要求が厳しいのでしょう、何とかメジャースポーツにするためにはと功を焦ったのではないかと伺えます。
し かし、十分時間をかけずに競技できるスポーツではなく、春日さんがもし車椅子生活を強いられるようにでもなれば、番組はお蔵入りで、レスリング関係者もそ の責任を問われたことでしょうし、安易な挑戦は誰もが不幸にもなる結末を迎えるおそれがありますので、番組作りをするなら熟慮して行うべきだと、元選手の 立場からも提言したい。

最期にダメ押し。
受け身からキチンとやれ!

レスリング(格闘技)なめんな!
広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 防災士として、あなたの命を災害や犯罪から守り、 行政書士として、トラブルを予防し、 柔道整復師として、健康に過ごすお手伝いをし、 市民として、行政や議会を正しています。 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

“オードリー春日さんに見る、TVの無茶ぶりはもう止めよ!” への6件のフィードバック

  1. これまでレスリングの関係者の方々は良い人が多いという印象を抱いていましたが、最後の「やれ!」「なめんな!」でレスリングをやる男性は器が小さくスポーツマンでもないなとがっかりしました。だから男子は五輪にも出てないのでしょうか。

    いいね

    1. なめんなさん、コメントありがとうございます。

      これって私の言葉が汚いってことでしょうか?
      それはすみませんと言うしかない。

      しかし、私の知る限り、日本のスポーツ選手で主権者たる人民の鏡になるような人はほぼいません。
      企業がスポーツクラブ部員を採用するのは、上司の言う事に隷従し、他の批判的な社員を抑える力を発揮するからです。
      まさに社内総会屋として。
      そんな位置に疑問も持たず、熱望さえするような選手を育てているのが日本のスポーツ界です。

      しごきかいじめか知りませんが、それについても指摘されていますね。
      落合博満&桑田真澄の体罰に対する考えがスゴイ!殴ることで証明されるもの、指導者の力量不足 – NAVER まとめ
      2014年01月21日
      http://matome.naver.jp/odai/2135791002863231601

      格闘技ではありませんが、1991年、千葉県の幕張で開かれた世界卓球選手権で、共和国と韓国の統一コリアチームを結成させた萩村伊智朗さんは、まさに尊敬に値する方です。

      いいね

  2. 春日さんも今田さんとシュートの試合に出ましたよ。強くて2回目からは呼ばれませんでした。Kー1では6戦しています。お笑い芸人が格闘技をやると、一般選手よりも更にどの様なエグイ目にあうかは体験して身に染みています。だからこそシュートボクシングも今田さん品川さんと違いガチでやり、後からバラエティーだからと怒られました。格闘技ですらないルール無用の喧嘩である地下格闘技も2回やりました。だから格闘技なめてないと思います。

    いいね

    1. あGAOさん、コメントありがとうございます。

      私は春日さんが「なめ」ているとは考えていません。
      むしろ仕事として選べる立場にないでしょう。

      お示しの試合への挑戦で言えば、打撃系と組み技系の格闘技の違いがあります。
      打撃はガードをするのは、ヒトとしても本能ですし、サンドバック状態になればレフェリーが止めます。
      しかし、組み技系で受け身が取れないのでは、投げられている最中に止めることなどできず、どうしようもないまま受け身を取り損ね、大きなケガにつながる蓋然性がある。
      そこを私は指摘し、レスリング協会とTV局に警鐘を鳴らしたものです。

      いいね

  3. 春日さんにむけてだと思って怒っているファンが何人かいますね
    読めば違うとすぐわかりますが「鏡になる人がいない」や「人民」など過去コメントからもちょっと怖いあっちの人ですか
    男子レスリングもオリンピックに出ているのに誤解してる人がいますね
    柔道家の謙虚さとレスリング経験者のこちらの文章が比較されていましたが、レスリングもオリンピックメダリストは謙虚な方でしたので種目差ではないですよね
    あくまでも個人で様々な性格の人がいる、あるいはオリンピックメダリストなど超一流選手は鏡になる人も多いが中途半端な能弁家レスリング経験者程度が最もうるさい
    格闘技あるあるかも知れないです。一般の三流選手ほど挑戦者や部外者に保守的、かじった程度が最も薀蓄を言いたがる

    いいね

    1. たろうさん、コメントありがとうございます。

      大森さんや優勝した山崎善太さんは、直接存じていますが、模範的スポーツ選手と言える人格者です。
      しかし、それが試合に出るかどうかは別です。
      監督のような管理者が勝利至上主義者の場合、選手はロボット化し、優しい性格などを試合中に出すことはないでしょう。

      謙虚さも同じく。

      また、私がスポーツ選手で問題だと考えるのは、批判的精神を持たせない心根が染みつく部分です。
      それは主権者や社会人として必須なのですが、それが骨抜きにされます。
      管理者に批判的では、指導からも外されるでしょう。

      だからこそ性的犯罪やセクハラが発覚し、抜本的改革が求められるような柔道界ですら、山口香氏を重用しません。
      私は柔道関係者には常に「全柔連のトップに内柴氏を据えるような体制が残ったままであり、それを変える気があるなら、山口氏をトップにせよ!」と提言しています。

      オリンピックメダリストなど超一流選手は鏡になる人も多い>>
      これを言うなら、誰と名前を出すべきです。
      少なくとも私はレスリング関係者でそんな人を知りません。

      私が直接金メダルを見せてもらった、小林孝至・ソウルオリンピック・レスリングフリースタイル48kg級金メダリストのようなヒトとしては優しい人ですら、日本レスリング協会広報副委員長であるにもかかわらず、指導改革や役員や会計などにメスを入れることはありませんから、「鏡になる人」とは言えません。
      日本レスリング協会は公益財団ですから、どんな組織にでもあり得る不当な会支出のおそれは少ないでしょうが、役員に女性は皆無(数人いるので絶無とはしないが)で、馳さんや松浪さんをはじめ政治家は自民系(例外は谷岡郁子氏ぐらい)では、民主的組織とは言えないでしょう。

      現会長の福田富昭さんについても、日本オリンピック委員会副会長として提灯持ちをしている、竹田恒和同委員会会長に対して、「あなたとこの旅行社は、どうやって日本のスポーツ界から仕事を取っているのか? それは談合ではないのか? あなたがやっている馬術には、億単位の銭がかかっているが、その出処はどこか? あなたの息子は皇族詐欺と呼ばれているが、その通りに皇族であった時期など全くないのだから、そう言うべきではない。 またネトウヨ主張を繰り返しているが、明仁氏は逆主張であるのだから、それについて批判もすらしないのは皇族詐欺として、皇族の名を使っている恥の上塗りではないのか?」などと、星野野球や陸連・マラソンへの批判するより先に、隣席に訊けばいかがかと問うしかない。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中