神奈川県の相模原市で起きた障がい者殺人事件について

7月26日深夜2時過ぎ、神奈川県の相模原市で19人も無抵抗な障がい者に対する殺人事件が起きました。

それに対して、吊るせとのコメントがネット上に飛び交っています。

それを言い募るのはネトウヨが多く、いつものように加害者は在日だなどとも書き散らしています。

しかし、加害者はネトウヨや新自由主義や差別主義や自己責任論者で、ネトウヨの同志だろうと返すしかありません。

そして被害者や遺族、つまり当事者でない大多数の人々が考えるべきは、そのような安易な加害者個人に対する怒りの感情論でなく、社会としてそのような加害者を生んだのではないかとの振り返りだと考えます。

2011年7月22日にノルウェー連続テロ事件を起こし77人を殺害した、単独犯としては現在世界最大の大量殺人犯である加害者は、禁錮最低10年、最高21年の判決を受け、現在はオスロ大学の通信教育を受けています。
未だ改心はしていないようですが、それでも吊るせば終わりとはなりません。

殺害現場に訪れた犠牲者となった子供の親御さんが泣き叫んでいると、犯人の母親が花束を持ってやって来ます。

見守っていた警察官や関係者達はどうなるのだろう、と困惑したが、「最もつらいのはあなただ」と被害者の親たちといっしょに抱き合って悲しみをわかちあいました。

加害者の母親を罵る人は誰もいませんでした。

この凶行の直後、全国民が悲しみに暮れる中、ノルウェーのイエンス・ストルテンベルグ首相は悲しみに暮れる国民に、こう宣言しました。

「悪は人を殺すことはできる。しかし、決して人々を征服することはできない」

「今回の犠牲者の多くは私の知り合いだ。失われた一つ一つの命が国家の悲劇だ。この危機に立ち向かい、互いを思いやる国民の姿を誇りに思う。私たちはまだ動揺の中にあるが、より民主的で開かれた社会のために諦めない」

「ひとりの男性がこれだけの憎悪を表すことができたのです。私たちが共にどれだけ大きな愛をみせることができるか考えてみてください」

これはこの事件の被害者で奇跡的に助かった14歳の少女は 「一人の人間がこれほどの憎悪を示したのなら、私たちはそれを上回る愛情を示そう」との言葉を借りたものです。

他にも被害者の母親の一人が事件後のインタビューで同じようなことを述べ、更に「私の友人たちも知り合いも、みな同じ態度で臨む」と言っています。

この社会と日本の違いを深く考えることこそが必要ではないでしょうか?

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中