大阪市の維新市議らのネコババまとめ

昨年の情報ですが、まとめとして忘備録用にアップ。
2015.7.28 05:00   産経WEST
より
 大阪市議の伊藤良夏(よしか)氏(35)=大阪維新の会、住吉区選出=が、トヨタ自動車の高級車「レクサス」の購入費用の一部計80万8450円を政務活動費で支払い、不適切な支出だったとして全額を返還していたことが27日、分かった。

 おかしな点

1. リース契約なので、契約者名も「リース」と名前が入っているはずだし、引き落としもトヨタリース(ここを使ったと仮定する、以後同じ)といった社名で引き落とされる。
銀行通帳を見ていないとは言わせないよ。

2. 車検証も所有者がトヨタリースで、使用者が住吉区の伊藤氏の名義となっているはずであり、ローン購入であれば所有者名は大阪トヨタ(株)(こちらもここで買ったと仮定した社名)となっているはずで、一目瞭然である。

3. そもそもレクサスを政務活動費でリースすべきものか?
軽四やアクア、プリウス程度で十分だと思われるが、車種規制はないので、ランボルギーニでも構わない状態(最大支出額の規制はある)。
税による支出なのだから、車種についても大枠の規制はかけ、3ナンバー等中型乗用車以上の車種に対しては、車種選定理由の付記を必須とすれば良い。
 

4. 対象の車を特定せよ。
政務活動費領収書を見ても、車名や車番は不明だ。
公明や共産など、党の宣伝カーを多用する政党所属議員らは、そのような党の車のリース代やガソリン代を政務活動費から支出しているのではないか?
だが、車間証の写しや、車自体の画像添付は義務付けられていないため、どの車か特定できず、どの政治家がどんな車に乗っているのかは不明である。

例として、『中山泰秀代議士のお仕事の成果は外車など11台』
を示すが、彼の資産報告書では、所有車は1台となっている。

ZAKZAK 2007/10/27付から引いている。

「大臣一族・中山外務政務官、3度のメシよりクルマ好き 高級外国車など11台所有」

閣僚らの資産公開で自民党の中山泰秀外務政務官(37)が車11台を所有し、うち7台はポルシェなどの高級外国車であることが分かった。
趣味がカーレースで「3度のメシよりクルマが好き」という中山氏だけに、外国車のほとんどがレース用だ。

ポルシェ3台、ベンツ3台、ダッジ1台…。
かなりぜいたくに思えるが、中山氏によると「ほとんどが中古で、レース用に所有しています」。

ポルシェはカーレース愛好家に人気の高い「カレラ」で、ベンツ「ゲレンデヴァーゲン」は山道レース用に改造してある。
「幼いころ、漫画『サーキットの狼』を読んでレースにあこがれた」という中山氏は成城大卒業後、広告会社最大手の電通に入り、入社直後からカートのレースを始めた。
その後、2005年の総選挙で初当選し、当選2回。
自民党ではモータースポーツ振興議連に所属し、筑波サーキットで開かれた国会議員のレースに出場したこともある。

5. 誰から指南を受けたのか?
伊藤氏は、2期目になりたての市議であり、先輩からの指南を受けずにこのような小細工の発想が沸くのだろうか?
そうだとすれば、根っからの詐欺根性の持ち主となろうが、そうではあるまい。
どのパイセンからこのやり口を学んだのかまでを、メディアは取材で明らかにすべきである。

大阪市の維新新人議員だけでも多数の政務活動費の違法使用が明らかにされており、全て新人が自ら考え実行したとは考え難いからだ。

『維新などの大阪1年生市議の政務活動費 おさらい』
2012年07月02日付 読売新聞より

大阪府議会(定数109)と大阪市議会(同86)は2日、2011 年度分政務調査費の収支報告書と領収書を公開した。

昨春の統一地方選で大量に初当選した大阪維新の会1年生議員の使途公開は初めてで、本革のいすや英国製 高性能掃除機など、高額な事務所備品を購入するケースが目立った。
「政策立案能力の向上」を名目に大学院学費に政調費を充てた維新、自民市議も2人いた。

初当選組の池下卓維新府議(37)は本革のいすや机などの購入費計20万円の9割を政調費から支出した。
「事務所に来る方に失礼のないように、中古品でできるだけ安い物を選んだ」と話す。

梅園周維新市議(33)は、「安物を買って壊すより、良いものを 長く使い続けた方がいい」と、英ダイソン社製高性能掃除機7万4800円の8割を政調費から支出し、事務所に置く。

丹野壮治維新市議(39)は『坂が多い選挙区を普通の自転車で回るのはしんどい』と言い、電動アシスト自転車7万9800円の75%に政調費を 充てた」

市位謙太維新市議(31)は、タブレット型端末とパソコン を2台ずつ計37万3000円で購入、8割を政調費で支払った。
「資料をペーパーレスにして自分と秘書で情報共有するため」と話す。

武直樹民主系市議(39)はスマートフォン5万円の85%を政調費から充て、「私用携帯をスマホに機種変更すれば済むが、使いこなせ そうにない。インターネットの調べものに限って使っている」と言う。

府・市両議会とも事務所備品の購入を認めているが、府議会では1点10万円以上、市議会では同30万円以上の購入は「資産形成にあたる」として禁じている。
ただ、エアコン3台を買い替えて政調費負担が31万2000円に上った民主系市議もいた。

政調費で認められた「地方行財政に関する調査研究費」にあたるとして、川嶋広稔自民市議(45)は、市立大大学院創造都市研究科の入学金22万2000円全額を政調費で支出。
「都市政策について知識を深め、市政に 還元するため」と話す。

京都大大学院経営管理教育部に入学した今井篤維新市議(27)は、入学金28万2000円の半額 が政調費からの支出だ。
「経営学や組織の経営管理を学ぶ。議員として必要だ」と言う。

政調費の支出は議会事務局が書類チェックを行い、問題点を 指摘するが、最終的には各会派、議員の判断が優先される。
市民グループ・見張り番の松浦米子代表世話人は「政調費の使い道は政策立案・調査に限定するべきだ。 議員の資産になる備品は、議員報酬で買うのがあたりまえで、政調費を充てるのはお門違いだ。 税金を使っているという意識が抜け落ちている」と話している。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中