高木佳保里・参議員候補の政務活動費支出の疑義

高木佳保里さんの政務活動費返還が、6月25日付の朝日新聞朝刊で報道されましたのでお知らせします。
135358 2016年6月25日付の朝日新聞堺・泉州版.jpg
後述の産経記事では、レクサス購入に政務活動費80万円あまりを充て、バレて返還した伊藤良夏・大阪市議と候補者争いをして、党本部も高木氏の政務活動費支出に自信をもってクリーンだと考えていたようだが、化けの皮ははがれた。
なぜ幾人もの維新議員の政務活動費ネコババを返還させている実績がある私に確認を頼まなかったのかねぇ?
選考で伊藤良夏氏は、高木佳保里氏らほかの応募者が面接する前日に呼び出され、「幹部から『今回は引いてくれ』といわれたようだ」(維新議員)という。
 27年には自身の政務活動費をめぐり、法的には充当が可能なリース契約と誤認したまま、高級車「レクサス」の購入費の一部を不適切に支払っていたとして、返還する騒動があった。この「レクサス問題」も執行部側が難色を示した理由という。

そして、堺市監査委員会に提出済みの高木佳保里・参議員候補の堺市市議会議員時代の政務活動費領収書の疑義

(1)人件費 125万2900円
高木さんの雇用する人件費は二人に支給されていると推察されるが、個人名によって非公開のため、その名前については便宜上AないしBとする。
 
人件費を2014年4月~2015年3月までの12か月間、Aに対し毎月8万5千円ずつ合計102万円及びBに対し合計23万2900円支出している。

これは、堺市監査委員が「政務活動費の返還請求について 平成26年12月25日」で佐治功隆・前堺市議及び小林由佳堺市議に「雇用実態、勤務実態等を確認することができなかった。」と示したものと同様に、源泉 徴収票、雇用保険領収書などの公的書類が添付されていない。

これらについて、賃金支払い根拠がなく、勤務実態も不明である。

(2) 市政報告について 61万3560円
堺市南区の世帯数は、約6万世帯である。

チラシ13号までは2つ折及び6つ折が、駅頭やポスティングなど手配りの枚数と推察される。
それが約1万枚で、残りは折込されており、枚数の整合性がある。

しかし、14号においては被請求人の選挙区である南区よりも1万枚も多い7万部を印刷し、折込もやめ、配布状況も明らかでない。

前号までの実績より高木事務所のポスティング実力は1万枚であるとみなされる。

この7万部はどこにどうやって配布したのでしょうかね?

チラシ15号の領収書は3月23日付で印刷部数6万枚。

そ して2015年4月3日が高木さんも立候補した堺市議会議員選挙告示日であり、チラシの題名を「4年間の市政活動」としているとおり、また他の現職市議に おいてもそうであるように、選挙前に高木さんを選挙区内有権者に周知させる媒体としての使用が主目的と推察されるものである。 つまりこの選挙向けチラシは、告示日までにまかねばなりません。

しかしこれまでの配布実績からも、公職選挙法に抵触しない4月2日までの9日間で被請求人が6万部を配布できる蓋然性に欠ける。

しかも高木さんにおいては、当該選挙で当選が確定しているわけでもないので、選挙後にも約1ヶ月残るの任期中に配布するとの主張があったとしても、それは合理的ではない。

(3)2013年度 事務・事務所費について 1万9607円

カメラ・レンズとの但し書きがあるが、購入先が非公開になっているのは個人からの購入とみなされる。

カメラやレンズの型式など詳細な情報も、60%との按分率についての説明もなく、購入自体の実態が不明であり、違法かつ不当であるのは明らかである。

(4) 資料購入費について 3600円
高木さんは按分率を100%としているが、領収書に記載があるように『りぶる』は高木さんが所属する政党である自民党の女性局機関誌である。

所属政党で発行する新聞、機関誌等の購読料については、徳島県議会、横須賀市、青梅市、福島市及び四日市市議会等の使途基準においては支出できないものとHPや「政務活動費の手引き」などで周知されているところである。

また2013年11月18日福岡地裁判決においても、自党の機関紙を購読することは政党活動と同視すべきだとして、その全額が政務調査費から支出できないとし、確定しているところである。

以上について、監査請求したところ、直ちに(4)の自民党機関誌代金については返還し、これが冒頭に新聞記事になっています。

ですが、選挙中でもあり、その他小林由佳・堺市議のチラシ問題に類すると思われるチラシ代などについては報道されていません。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中